メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索総合医科学研究所>分子遺伝学
 

総合医科学研究所 分子遺伝学

研究者リスト >> 倉橋 浩樹
 

最終確認日時:

編集

倉橋 浩樹

 
アバター
研究者氏名倉橋 浩樹
 
クラハシ ヒロキ
URLhttp://www.fujita-hu.ac.jp/~genome/mg/
所属藤田医科大学
部署総合医科学研究所 分子遺伝学研究部門
職名教授
学位医学博士(大阪大学)
科研費研究者番号30243215

プロフィール

ヒト生殖細胞系列の染色体異常(トリソミーなどの異数体、転座や欠失・重複などの構造異常)の発生メカニズムの研究をしています。非B型DNA(十字架型DNA、グアニン四重鎖など)と染色体機能との関連にも興味があります。臨床に近い分野では、次世代シーケンスによる着床前診断の開発研究を行っています。バックグラウンドは小児科医で、現在は大学病院・臨床遺伝科で、染色体異常症や不妊・習慣流産、出生前診断、着床前診断などの遺伝カウンセリングもおこなっています。大学院遺伝カウンセラー養成課程で人材育成も行っています。

研究キーワード

 
着床前スクリーニング , 着床前診断 , グアニン四重鎖 , 非B型DNA , 異数体 , 異数性 , 習慣流産 , PATRR , 染色体構造異常 , 不育症 , 不妊症 , 染色体再構成 , 反復配列 , t(11;22) , 回文配列 , 十字架型 , パリンドローム , 22q11 , 染色体転座 , 切断点 , 染色体欠失

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 
  • ライフサイエンス / 胎児医学、小児成育学 / 
  • ライフサイエンス / 医化学 / 

経歴

 
2003年4月
 - 
現在
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 教授
 
2001年7月
 - 
2003年3月
大阪大学 医学(系)研究科(研究院) 助手
 
1998年9月
 - 
2001年6月
フィラデルフィア小児病院 研究員
 
1991年9月
 - 
1998年8月
大阪大学 医学部 助手
 

受賞

 
2007年1月
愛知県医師会 難病研究者表彰
 

論文

 
Rie Kawamura, Takema Kato, Shunsuke Miyai, Fumihiko Suzuki, Yuki Naru, Maki Kato, Keiko Tanaka, Miwako Nagasaka, Makiko Tsutsumi, Hidehito Inagaki, Tomoaki Ioroi, Makiko Yoshida, Tomoya Nao, Laura K Conlin, Kazumoto Iijima, Hiroki Kurahashi, Mariko Taniguchi-Ikeda
Journal of human genetics      2020年4月   [査読有り]
Sex-chromosome discordant chimerism (XX/XY chimerism) is a rare chromosomal disorder in humans. We report a boy with ambiguous genitalia and hypospadias, showing 46,XY[26]/46,XX[4] in peripheral blood cells. To clarify the mechanism of how this ch...
Takema Kato, Miki Kawai, Shunsuke Miyai, Fumihiko Suzuki, Makiko Tsutsumi, Seiji Mizuno, Toshiro Ikeda, Hiroki Kurahashi
Cytogenetic and genome research      2020年4月   [査読有り]
We present 2 cases of double mosaic aneuploidy harboring 2 or more different aneuploid cell lines, but no line with a normal chromosome constitution. One of these cases presented mosaicism of sex chromosome aneuploid cell lines (47,XXX/45,X) along...
Maki Kato, Akiko Yagami, Tetsuya Tsukamoto, Yasuko Shinkai, Takema Kato, Hiroki Kurahashi
The Journal of dermatology      2020年3月   [査読有り]
We herein report a novel mutation in familial progressive hyper- and hypopigmentation (FPHH). The KITLG gene encoding the KIT ligand protein is a disease-causing gene for FPHH. Various disease-causing gain-of-function mutations, which reside withi...
Hiroki Miura, Tamae Ohye, Kei Kozawa, Fumihiko Hattori, Yoshiki Kawamura, Masaru Ihira, Hiroki Kurahashi, Tetsushi Yoshikawa
Journal of the Pediatric Infectious Diseases Society      2020年1月   [査読有り]
Immunocompetent sisters with chromosomally integrated human herpesvirus 6A (HHV-6A) transiently excreted HHV-6B genome in their saliva. They did not have past histories of exanthema subitum but had antibodies against HHV-6A and HHV-6B. This sugges...
Makiko Tsutsumi, Hiroyoshi Hattori, Nobuhiro Akita, Naoko Maeda, Toshinobu Kubota, Keizo Horibe, Naoko Fujita, Miki Kawai, Yasuko Shinkai, Maki Kato, Takema Kato, Rie Kawamura, Fumihiko Suzuki, Hiroki Kurahashi
BMC medical genomics   12(1) 182-182   2019年12月   [査読有り]
BACKGROUND: Female carriers of a balanced X; autosome translocation generally undergo selective inactivation of the normal X chromosome. This is because inactivation of critical genes within the autosomal region of the derivative translocation chr...

MISC

 
三浦浩樹, 小澤慶, 河村吉紀, 菅田健, 吉川哲史, 服部文彦, 倉橋浩樹
日本小児科学会雑誌   123(8) 1308‐1309-1309   2019年8月
別府 秀彦, 稲垣 秀人, 西井 一宏, 新里 昌功, 千原 猛, 毛利 彰宏, 齋藤 邦明, 高橋 久英, 倉橋 浩樹
機能性食品と薬理栄養   12(3) 209-209   2018年12月
松本 祐嗣, 池住 洋平, 近藤 朋実, 横井 克幸, 中島 葉子, 伊藤 哲哉, 吉川 哲史, 倉橋 浩樹
日本小児科学会雑誌   122(5) 936-936   2018年5月
松本 祐嗣, 池住 洋平, 近藤 朋実, 横井 克幸, 中島 葉子, 伊藤 哲哉, 吉川 哲史, 倉橋 浩樹
日本小児腎臓病学会雑誌   31(1Suppl.) 144-144   2018年5月
松本 祐嗣, 池住 洋平, 近藤 朋実, 横井 克幸, 中島 葉子, 伊藤 哲哉, 吉川 哲史, 倉橋 浩樹
日本小児科学会雑誌   122(5) 936-936   2018年5月

担当経験のある科目(授業)

 
  • 臨床遺伝学 (藤田保健衛生大学医学部)

所属学協会

 
日本産科婦人科遺伝診療学会 , 日本産科婦人科学会 , 日本分子生物学会 , 日本小児遺伝学会 , 日本遺伝カウンセリング学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
厚生労働科学研究費補助金: 難治性疾患政策研究事業
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 難治性疾患実用化研究事業
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
科学研究費補助金: 基盤研究B
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 臨床ゲノム情報統合データベース整備事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 成育疾患克服等総合研究事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月

委員歴

 
2015年10月
 - 
現在
日本人類遺伝学会  理事
 
2015年8月
 - 
現在
日本人類遺伝学会  GMRC制度委員会
 
2015年4月
 - 
現在
日本小児遺伝学会  評議委員
 
2014年4月
 - 
現在
日本人類遺伝学会  認定遺伝カウンセラー制度委員会委員
 
2014年1月
 - 
現在
Journal of Human Genetics,  Assiciate Editor
 

その他

 
その他教育活動上特記すべき事項
藤田保健衛生大学大学院・保健学研究科・臨床検査学領域に遺伝カウンセリング分野を新規開設し、2014年度に開講した。
教育方法・教育実践に関する発表、講演等
2012年〜 日本人類遺伝学会・臨床細胞遺伝学認定士制度委員として、染色体検査に携わる人材育成・知識や技術の向上などの教育に関する活動を行っている。
作成した教科書、教材、参考書
2011年〜 300人規模で毎年行われる遺伝医学セミナーのテキストを作成している。
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
2004年〜2005年「統合基礎医学」、2006年〜「臨床遺伝学」の講義をM2の学生に対し行い、基礎医学の講義でありながら、遺伝カウンセリングや疾患を中心とした内容でおこない、学生の評判は良かった。
2009年〜 医学研究科分子医学系専攻の大学院生のための分子生物学技術セミナーを開講
2013年〜 医学研究科大学院生のための分子生物学技術講座を開講
2014年〜 保健学研究科大学院、認定遺伝カウンセラー養成課程を開講