メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部総合医科学研究所産学連携推進センター研究支援推進センター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  中分類 
> 総合医科学研究所 

総合医科学研究所

研究者リスト >> 前田明
 

最終確認日時:0000/00/00 00:00

編集

前田明

 
アバター
研究者氏名前田明
ハンドルAkila
URLhttp://www.fujita-hu.ac.jp/~gem-1/
所属藤田保健衛生大学
部署総合医科学研究所 遺伝子発現機構学研究部門
職名教授
学位医学博士(筑波大学大学院)
科研費研究者番号50212204

プロフィール

私たちの体を作り、生きていくために必要なすべての蛋白質の設計図はmRNAです! ところが遺伝子から転写されたばかりのmRNA前駆体はイントロンと呼ばれる不要な部分でずたずたに分断されています。そのイントロンを取り除くスプライシングと呼ばれる過程は実に精巧に行われていて、ひとたびそれに狂いが生じると、細胞機能に障害をひき起こし、しばしば重い病気の原因になっています。私たちは、この重要なスプライシングが正確に行われる秘密を明らかにし、難治疾患に関与しているスプライシング異常がどのような機序で起こっているかを研究しています。

研究キーワード

 
SR 蛋白質 , hnRNP 蛋白質 , スプライシングエンハンサー , スプライシングサイレンサー , HMGA 蛋白質 , 選択的スプライシング , 転写後調節 , mRNA前駆体スプライシング , RNAプロセッシング , 遺伝子発現調節

研究分野

 
  • 腫瘍学 / 腫瘍診断学 / 発現解析
  • ゲノム科学 / 基礎ゲノム科学 / ゲノム発現
  • 生物科学 / 機能生物化学 / 遺伝子の情報発現と複製
  • 生物分子科学 / 生物分子科学 / 活性発現の分子機構
  • 生物科学 / 分子生物学 / RNA

所属学協会

 
The American Society for Microbiology , The RNA Society , The RNA Society of Japan , The Molecular Biology Society of Japan

論文

 
Fukumura K, Inoue K, Mayeda A
Biochemical and biophysical research communications   496(3) 921-926   2018年2月   [査読有り]
Yoshimoto R, Kaida D, Furuno M, Burroughs AM, Noma S, Suzuki H, Kawamura Y, Hayashizaki Y, Mayeda A, Yoshida M
RNA (New York, N.Y.)   23(1) 47-57   2017年1月   [査読有り]
Suzuki H, Aoki Y, Kameyama T, Saito T, Masuda S, Tanihata J, Nagata T, Mayeda A, Takeda S, Tsukahara T
International journal of molecular sciences   17(10)    2016年10月   [査読有り]
Fukumura K, Wakabayashi S, Kataoka N, Sakamoto H, Suzuki Y, Nakai K, Mayeda A, Inoue K
International journal of molecular sciences   17(8)    2016年8月   [査読有り]
A. Abe, S. Mizuta, A. Okamoto, Y. Yamamoto, T. Kameyama, A. Mayeda, N. Emi
International journal of laboratory hematology   38(2) e15-e18   2016年4月
Abe A, Yamamoto Y, Iba S, Kanie T, Okamoto A, Tokuda M, Inaguma Y, Yanada M, Morishima S, Mizuta S, Akatsuka Y, Okamoto M, Kameyama T, Mayeda A, Emi N
Genes, chromosomes & cancer   55(3) 242-250   2016年3月   [査読有り]
Abe A, Yamamoto Y, Iba S, Okamoto A, Tokuda M, Inaguma Y, Yanada M, Morishima S, Kanie T, Tsuzuki M, Akatsuka Y, Mizuta S, Okamoto M, Kameyama T, Mayeda A, Emi N
Cytogenetic and genome research   146(4) 279-284   2015年   [査読有り]
Yoshimoto R, Mayeda A, Yoshida M, Nakagawa S
Biochimica et biophysica acta      2015年10月   [査読有り]
Shimada MK, Sasaki-Haraguchi N, Mayeda A
International journal of molecular sciences   16(5) 10376-10388   2015年5月   [査読有り]
Rahman MA, Masuda A, Ohe K, Ito M, Hutchinson DO, Mayeda A, Engel AG, Ohno K
Scientific reports   3 2931   2013年10月   [査読有り]
Suzuki H, Kameyama T, Ohe K, Tsukahara T, Mayeda A
FEBS letters   587(6) 555-561   2013年3月   [査読有り]
Kameyama T, Suzuki H, Mayeda A
Nucleic acids research   40(16) 7896-7906   2012年9月   [査読有り]
Sasaki-Haraguchi N, Shimada MK, Taniguchi I, Ohno M, Mayeda A
Biochemical and biophysical research communications   423(2) 289-294   2012年6月   [査読有り]
Miyagawa R, Tano K, Mizuno R, Nakamura Y, Ijiri K, Rakwal R, Shibato J, Masuo Y, Mayeda A, Hirose T, Akimitsu N
RNA (New York, N.Y.)   18(4) 738-751   2012年4月   [査読有り]
Ohe K, Mayeda A
Molecular and cellular biology   30(9) 2220-2228   2010年5月   [査読有り]
Morikawa T, Manabe T, Ito Y, Yamada S, Yoshimi A, Nagai T, Ozaki N, Mayeda A
Neurochemistry international   56(6-7) 736-739   2010年5月   [査読有り]
Manabe T, Ohe K, Katayama T, Matsuzaki S, Yanagita T, Okuda H, Bando Y, Imaizumi K, Reeves R, Tohyama M, Mayeda A
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   12(10) 1179-1191   2007年10月   [査読有り]
Suzuki H, Zuo Y, Wang J, Zhang MQ, Malhotra A, Mayeda A
Nucleic acids research   34 e63   2006年5月   [査読有り]
Tarapore P, Shinmura K, Suzuki H, Tokuyama Y, Kim SH, Mayeda A, Fukasawa K
FEBS letters   580(2) 399-409   2006年1月   [査読有り]
Trembley JH, Tatsumi S, Sakashita E, Loyer P, Slaughter CA, Suzuki H, Endo H, Kidd VJ, Mayeda A
Molecular and cellular biology   25(4) 1446-1457   2005年2月   [査読有り]
Sakashita E, Tatsumi S, Werner D, Endo H, Mayeda A
Molecular and cellular biology   24(3) 1174-1187   2004年2月   [査読有り]
Kondo S, Yamamoto N, Murakami T, Okumura M, Mayeda A, Imaizumi K
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   9(2) 121-130   2004年2月   [査読有り]
Domsic JK, Wang Y, Mayeda A, Krainer AR, Stoltzfus CM
Molecular and cellular biology   23(23) 8762-8772   2003年12月   [査読有り]
Manabe T, Katayama T, Sato N, Gomi F, Hitomi J, Yanagita T, Kudo T, Honda A, Mori Y, Matsuzaki S, Imaizumi K, Mayeda A, Tohyama M
Cell death and differentiation   10 698-708   2003年6月   [査読有り]
Amada N, Tezuka T, Mayeda A, Araki K, Takei N, Todokoro K, Nawa H
Journal of biochemistry   133(5) 615-623   2003年5月   [査読有り]
Hu D, Mayeda A, Trembley JH, Lahti JM, Kidd VJ
The Journal of biological chemistry   278(10) 8623-8629   2003年3月   [査読有り]
Hou VC, Lersch R, Gee SL, Ponthier JL, Lo AJ, Wu M, Turck CW, Koury M, Krainer AR, Mayeda A, Conboy JG
The EMBO journal   21(22) 6195-6204   2002年11月   [査読有り]
Zhu J, Mayeda A, Krainer AR
Molecular cell   8 1351-1361   2001年12月   [査読有り]
Cowper AE, Cáceres JF, Mayeda A, Screaton GR
The Journal of biological chemistry   276(52) 48908-48914   2001年12月   [査読有り]
Bilodeau PS, Domsic JK, Mayeda A, Krainer AR, Stoltzfus CM
Journal of virology   75(18) 8487-8497   2001年9月   [査読有り]
Saunders LR, Perkins DJ, Balachandran S, Michaels R, Ford R, Mayeda A, Barber GN
The Journal of biological chemistry   276(34) 32300-32312   2001年8月   [査読有り]
Adams DJ, van der Weyden L, Mayeda A, Stamm S, Morris BJ, Rasko JE
The Journal of cell biology   154(1) 25-32   2001年7月   [査読有り]
Eperon IC, Makarova OV, Mayeda A, Munroe SH, Cáceres JF, Hayward DG, Krainer AR
Molecular and cellular biology   20(22) 8303-8318   2000年11月   [査読有り]
Dirksen WP, Li X, Mayeda A, Krainer AR, Rottman FM
The Journal of biological chemistry   275(37) 29170-29177   2000年9月   [査読有り]
Chew SL, Liu HX, Mayeda A, Krainer AR
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   96(19) 10655-10660   1999年9月   [査読有り]
Mayeda A, Badolato J, Kobayashi R, Zhang MQ, Gardiner EM, Krainer AR
The EMBO journal   18(16) 4560-4570   1999年8月   [査読有り]
Ismaïli N, Pérez-Morga D, Walsh P, Mayeda A, Pays A, Tebabi P, Krainer AR, Pays E
Molecular and biochemical parasitology   102 103-115   1999年7月   [査読有り]
Caputi M, Mayeda A, Krainer AR, Zahler AM
The EMBO journal   18(14) 4060-4067   1999年7月   [査読有り]
Koizumi J, Okamoto Y, Onogi H, Mayeda A, Krainer AR, Hagiwara M
The Journal of biological chemistry   274(16) 11125-11131   1999年4月   [査読有り]
Substrate specificities of SR proteins in constitutive splicing are determined by their RNA recognition motifs and composite pre-mRNA exonic elements.
Mayeda A, Screaton GR, Chandler SD, Fu XD, Krainer AR
Molecular and cellular biology   19 1853-1863   1999年3月   [査読有り]
Mayeda A, Krainer AR
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   118 309-314   1999年   [査読有り]
Mayeda A, Krainer AR
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   118 315-321   1999年   [査読有り]
Mayeda A, Munroe SH, Xu RM, Krainer AR
RNA (New York, N.Y.)   4(9) 1111-1123   1998年9月   [査読有り]
Regulated tissue-specific expression of antagonistic pre-mRNA splicing factors.
Hanamura A, Cáceres JF, Mayeda A, Franza BR Jr, Krainer AR
RNA (New York, N.Y.)   4 430-444   1998年4月   [査読有り]
Jokan L, Dong AP, Mayeda A, Krainer AR, Xu RM
Acta crystallographica. Section D, Biological crystallography   53 615-618   1997年9月   [査読有り]
RCC1 and nuclear organization.
Huang S, Mayeda A, Krainer AR, Spector DL
Molecular biology of the cell   8 1143-1157   1997年6月   [査読有り]
Chandler SD, Mayeda A, Yeakley JM, Krainer AR, Fu XD
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   94(8) 3596-3601   1997年4月   [査読有り]
Crystal structure of human UP1, the domain of hnRNP A1 that contains two RNA-recognition motifs.
Xu RM, Jokhan L, Cheng X, Mayeda A, Krainer AR
Structure (London, England : 1993)   5 559-570   1997年4月   [査読有り]
Lopato S, Mayeda A, Krainer AR, Barta A
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   93(7) 3074-3079   1996年4月   [査読有り]
Identification and characterization of three members of the human SR family of pre-mRNA splicing factors.
Screaton GR, Cáceres JF, Mayeda A, Bell MV, Plebanski M, Jackson DG, Bell JI, Krainer AR
The EMBO journal   14 4336-4349   1995年9月   [査読有り]
Function of conserved domains of hnRNP A1 and other hnRNP A/B proteins.
Mayeda A, Munroe SH, Cáceres JF, Krainer AR
The EMBO journal   13 5483-5495   1994年11月   [査読有り]
O'Keefe RT, Mayeda A, Sadowski CL, Krainer AR, Spector DL
The Journal of cell biology   124(3) 249-260   1994年2月   [査読有り]
The C-protein tetramer binds 230 to 240 nucleotides of pre-mRNA and nucleates the assembly of 40S heterogeneous nuclear ribonucleoprotein particles.
Huang M, Rech JE, Northington SJ, Flicker PF, Mayeda A, Krainer AR, LeStourgeon WM
Molecular and cellular biology   14 518-533   1994年1月   [査読有り]
Sun Q, Mayeda A, Hampson RK, Krainer AR, Rottman FM
Genes & development   7(12B) 2598-2608   1993年12月   [査読有り]
Pathways for selection of 5' splice sites by U1 snRNPs and SF2/ASF.
Eperon IC, Ireland DC, Smith RA, Mayeda A, Krainer AR
The EMBO journal   12 3607-3617   1993年9月   [査読有り]
Modulation of exon skipping and inclusion by heterogeneous nuclear ribonucleoprotein A1 and pre-mRNA splicing factor SF2/ASF.
Mayeda A, Helfman DM, Krainer AR
Molecular and cellular biology   13 2993-3001   1993年5月   [査読有り]
Fu XD, Mayeda A, Maniatis T, Krainer AR
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   89(23) 11224-11228   1992年12月   [査読有り]
Mayeda A, Zahler AM, Krainer AR, Roth MB
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   89(4) 1301-1304   1992年2月   [査読有り]
Mayeda A, Krainer AR
Cell   68(2) 365-375   1992年1月   [査読有り]
Krainer AR, Mayeda A, Kozak D, Binns G
Cell   66(2) 383-394   1991年7月   [査読有り]
Surveying cis-acting sequences of pre-mRNA by adding antisense 2'-O-methyl oligoribonucleotides to a splicing reaction.
Mayeda A, Hayase Y, Inoue H, Ohtsuka E, Ohshima Y
Journal of biochemistry   108 399-405   1990年9月   [査読有り]
Short donor site sequences inserted within the intron of beta-globin pre-mRNA serve for splicing in vitro.
Mayeda A, Ohshima Y
Molecular and cellular biology   8 4484-4491   1988年10月   [査読有り]
Mayeda A, Tatei K, Kitayama H, Takemura K, Ohshima Y
Nucleic acids research   14(7) 3045-3057   1986年4月   [査読有り]
Ohshima Y, Tatei K, Takemura K, Mayeda A, Kitayama H
Advances in biophysics   21 255-265   1986年   [査読有り]
U1 RNA-protein complex preferentially binds to both 5' and 3' splice junction sequences in RNA or single-stranded DNA.
Tatei K, Takemura K, Mayeda A, Fujiwara Y, Tanaka H, Ishihama A, Ohshima Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   81 6281-6285   1984年10月   [査読有り]

Misc

 
福村和宏, 前田明
実験医学   34(19) 3116‐3121   2016年12月
眞部 孝幸, 前田 明
臨床検査   55(9) 893-899   2011年9月
亀山俊樹、前田明
実験医学   28(10) 1597-1605   2010年6月
前田 明, 鈴木 仁
蛋白質核酸酵素   48(4) 404-413   2003年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
ノンコーディングRNA―RNA分子の全体像を俯瞰する(DOJIN BIOSCIENCEシリーズ)
前田明 (担当:分担執筆, 範囲:第25章 環状RNA (circRNA))
化学同人   2016年7月   ISBN:4759817255
前田明 (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 30 In vitro splicing assays)
Wiley-VCH   2012年2月   ISBN:3527326065
中村 義一編 (担当:分担執筆, 範囲:第2章 RNAプロセッシング)
羊土社   2003年6月   ISBN:4897069971

競争的資金等の研究課題

 
癌特異的mRNA再スプライシング現象から探る遺伝子発現系の秩序維持と大規模破綻
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 前田明
癌に関わるコーディング・エクソン内のスプライシング「エキシトロン」の全貌に迫る
日本学術振興会: 二国間交流事業共同研究経費支援(オーストリアとの共同研究)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 前田明
コーディングRNAから捨てられたノンコーディングRNAが生かされる仕組み
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 前田明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 前田 明
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 前田 明
癌細胞における異常蛋白質生成の原理を探る
武田科学振興財団: ビジョナリーリサーチ継続助成(2011年度ホップ)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 前田明
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 前田 明
癌細胞における異常蛋白質生成の原理を探る
武田科学振興財団: ビジョナリーリサーチ助成
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 前田明
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 前田明
網羅的ゲノム解析情報を用いたイント ロン長とスプライシング様式の進化学的解析
大川情報通信基金: 研究助成
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 前田明
ヒトジストロフィン遺伝子転写産物の スプライシング機構
ノバルティス科学振興財団: 研究奨励金
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 前田明
HMGA1 proteins as novel RNA-binding factors causing aberrant splicing
NIH–NIGMS: R01 grant (GM081596-01; not available for 2007-2011 in Japan)
研究期間: 2007年 - 2007年    代表者: 前田明
HMGA1 as a potential aberrant splicing modulator in breast cancer related genes
UM/Sylvenster Braman Family Breast Cancer Research Institute: Developmental Research Grant
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 前田明
Role of HMGA1 protein in the aberrant splicing of cancer-related genes
SCCC (Sylvenster Comprehensive Cancer Center): Developmental Research Grant
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 前田明
Regulation of Constitutive and Alternative Pre-mRNA Splicing of Human Genes
FDH (Florida Department of Health): Biomedical Research Program (DOH00-035)
研究期間: 2001年 - 2004年    代表者: 前田明
Mechanisms of Dystrophin Pre-mRNA Splicing
MDA (Muscular Dystrophy Association): New Investigator Development Grant
研究期間: 2001年 - 2004年    代表者: 前田明
Regulation of pre-mRNA Splicing by Splicing Activator RNPS1
ACS (American Cancer Society): Institutional Research Grant (IRG-98-277-04)
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 前田明
Human Frontier Science Program Organization: Long-term Research Fellowship
研究期間: 1991年 - 1993年    代表者: 前田明
The Long Island Biological Association (LIBA): LIBA Postdoctoral Fellowship
研究期間: 1990年 - 1991年    代表者: 前田明
mRNA前駆体スプライシング機構の研究
日本学術振興会特別研究員(PD): 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1989年 - 1990年    代表者: 前田明

担当経験のある科目

 
  • 大学院生のための分子生物学技術講座 (藤田保健衛生大; 2013–)
  • ‘Research Problems in Biochemistry and Molecular Biology’ (University of Miami; 2005, 2007)
  • ‘Interdisciplinary Biomedical Sciences Core’ (University of Miami; 2005–2006)
  • ‘Molecular Biology of the Gene’ (University of Miami; 1999–2006)
  • ‘Advanced Biochemistry and Molecular Biology’ (University of Miami; 2001–2005)
  • ‘Advanced Topics in Biochemistry’ (University of Miami; 2004–2005)
  • ‘Self-study Course for Senior Undergraduate’ (University of Miami; 2003–2004)

講演・口頭発表等

 
「生きもの」って、何だろう?
前田明
第4回 メディカル・サイエンス・カフェ(小中学生のための教室)、藤田保健衛生大学・総合医科学研究所   2018年4月   
The PSAP complex is a global guardian of pre-mRNA splicing fidelity.
Fukumura K, Mayeda A.
Gordon Research Conference: Post-Transcriptional Gene Regulation, Jordan Hotel at Sunday River, Newry, Maine, U.S.A.   2017年7月   
U2AF is replaced by SPF45 as general splicing factor to recognize weak pyrimidine tract and promotes splicing of human short introns.
Fukumura K, Yoshimoto R, Hirose T, Inoue K, Mayeda A.
The 23th Annual Meeting of the RNA Society, University of California–Berkeley, Berkeley, California, U.S.A.   2017年5月   
A repressor candidate of cancer specific mRNA re-splicing: a key factor for splicing fidelity or mRNA quality control.
Kameyama T, Fumura K, Inoue K, Hirose T, Mayeda A.
The 22th Annual Meeting of the RNA Society / International Symposium on the Hallmarks of Cancer: Focus on RNA, Prague, Czech Republic.   2017年5月   
癌特異的mRNA再スプライシング現象の発見と意義: 癌抑制遺伝子p53はスプライシング秩序の維持に働いているのだろうか?
前田明
国立がん研究センター(招待セミナー)   2016年12月   
Pre-mRNA splicing generates not only linear conding RNA (mRNA), but also circular non-coding RNA (circRNA).
前田明
Mini-Symposium on ncRNA, Academia Sinica (Taiwan)   2016年9月   
Considerable implications in unexpectedly prevalent multi-step splicing.
前田明
RNA Symposium 2016, National Cheng Kung University (Taiwan)   2016年9月   
遺伝子の無意味な配列の意味を探って30年余「たかがスプライシング、されどスプライシング」。
前田明
富山大学大学院理工学研究部(生命融合科学教育部セミナー)・富山RNA倶楽部特別講演   2016年9月   
遺伝子の無意味な配列の意味を探って30年余「捨てるイントロンあれば、拾うイントロンあり」。
前田明
熊本大学大学院自然科学研究科 (公開セミナー)   2016年9月   
遺伝情報の旅路で熟成される生命現象の暗号: DNA上の分散配列からmRNA上の収束配列へ。
前田明
熊本大学大学院自然科学研究科 (生物環境特別講義)   2016年9月   
「生きもの」って何だろう: 生命のふしぎとすばらしさ。
前田明
京都私立修学院小学校(夏季特別授業)   2016年8月   
The EJC as a master regulator of efficient and faithful splicing involved in mitotic cell cycle progression.
Fukumura K, Wakabayashi S, Kataoka N, Sakamoto H, Suzuki Y, Nakai K, Mayeda A, Inoue K.
The 21th Annual Meeting of the RNA Society / The 18th Annual Meeting of the RNA Society of Japan   2016年6月   
Cisplatin-stimulated cancer-specific mature mRNA re-splicing is under the control of tumor suppressor p53.
Kameyama T, Amemoto Y, Mayeda A.
The 21th Annual Meeting of the RNA Society / The 18th Annual Meeting of the RNA Society of Japan   2016年6月   
The functional circular RNA, ciRS-7/CDR1as, is biosynthesized from back-splicing promoted by Inverted MIR (not Alu) Elements.
Yoshimoto R, Hansen T B, Kjems J, Mayeda A.
The 21th Annual Meeting of the RNA Society / The 18th Annual Meeting of the RNA Society of Japan   2016年6月   
Topological constraint and solution to generate circular RNA (circRNA) from linear RNA (pre-mRNA).
Mayeda A.
NAIST International Workshop ‘New era of pre-mRNA splicing world’   2016年3月   
The evidence that the ciRS-7/CDR1as (circRNA sponge for miR-7) is generated from re-splicing of lariat RNA, but not from back-splicing.
Yoshimoto R, Kameyama T, Hansen T.B, Kjems J, Mayeda A.
Eukaryotic mRNA Processing Meeting, Cold Spring Harbor Laboratory   2015年8月   
Ultra-short G-rich introns with completely inefficient 5’ and 3’ splice sites are spliced in vivo, but how?
Shimada M.K, Sasaki-Haraguchi N, Mayeda A.
Eukaryotic mRNA Processing Meeting   2015年8月   
Hypoxia had an effect on cancer-specific mature mRNA re-splicing.
Kameyama M, Matsumiya S, Mayeda A.
Eukaryotic mRNA Processing Meeting   2015年8月   
遺伝子に隠されたスプライシング調節暗号の謎を解く「たかがスプライシング、されどスプライシング」。
前田明
神戸大学大学院理学研究科 公開学術セミナー   2015年7月   
生命現象を支える多種多様の蛋白質が正しく作られる仕組み。
前田明
神戸大学大学院理学研究科 大学院講義「現在の生物学I」   2015年7月   
遺伝子から多種多様の蛋白質が正しく作 られる仕組み:遺伝子に隠されたスプライシング調節暗号を解く。
前田明
日本DNA多型学会 第23回学術集会   2014年11月   
Novel mRNA re-splicing event: Important aspects for understanding robustness and catastrophe in gene expression systems.
Mayeda A.
理研シンポジウム(第15回 Tokyo RNA Club)   2014年10月   
遺伝子から多種多様のタンパク質が 正しく作られる仕組み。
前田明
筑波大学・生物科学特講I   2014年9月   
長鎖ノンコーディングRNA MALAT1 におけるスプライシング抑制機構の存在。
佐々木(原口)典子, 亀山俊樹, 眞部孝幸, 秋光信佳, 前田明
第16回 日本RNA学会年会   2014年7月   
ヒト微小イントロンは4種類の進化様式で出現した。
嶋田誠, 佐々木(原口)典子, 前田明
第16回 日本RNA学会年会   2014年7月   
癌細胞での成熟mRNA再スプライシング活性に影響を与える核外輸送因子。
亀山俊樹, 増田誠司, 前田明
第16回 日本RNA学会年会 2014年7月   2014年7月   
癌細胞における成熟mRNAの異常再スプライシングの発見と意義。
亀山俊樹, 前田明
平成25年度 個体レベルでのがん研究支援活動ワークショップ   2014年2月   
Novel mRNA re-splicing event as potential paradigm for understanding robustness and catastrophe in gene expression systems.
Kameyama T, Shiroki R, Emi N, Mayeda A.
The 2nd International Symposium on dynamical Ordering of Biomolecular Systems for Creation of Integrated Functions   2014年1月   
Switching of hnRNP L to hnRNP LL converts PTB-mediated exon exclution to inclusion in a congenital myasthenic syndrome.
Mayeda A, Alinoor Rahman M, Masuda A, Ohe K, Ito M, Hutchinson D.O, Engel A.G, Ohno K.
Eukaryotic mRNA Processing Meeting   2013年8月   
Ohe K, Miyajima S, Kuwasako K, Muto Y, Utsumi T, Hagiwara M, Mayeda A.
Eukaryotic mRNA Processing Meeting   2013年8月   
Splicing of Alzheimer’s disease: discovery, mechanism of action, therapeutic insights, and biological significance.
Mayeda A.
第4回 新潟大学脳研究所共同研究拠点 国際シンポジウム “RNA World in Brain”   2013年7月   
Resplicing of mature mRNA in cancer cells: Indication of the hidden splicing termination mechanism in normal cells.
Kameyama T, Mayeda A.
第4回 新潟大学脳研究所共同研究拠点 国際シンポジウム “RNA World in Brain”   2013年7月   
DMD遺伝子のホットスポットのスキップ産物とcircRNA。
鈴木仁, 亀山俊樹, 前田明, 塚原俊文
第15回 日本RNA学会年会   2013年7月   
mRNA前駆体スプライシング研究の最前線–異常スプライシングから見えてくる疾患の原因と治療。
前田明
東海血液疾患フォーラム   2013年7月   
mRNAの再スプライシング現象から探る未知のmRNA品質管理機構。
前田明
平成24年度 新学術領域研究「RNA制御学」班会議   2013年1月   
ヒト微小イントロンのスプライシングに必須なGに富んだ配列: ブランチ部位の認識に代わるイントロン認識機構か?
原口(佐々木)典子, 嶋田誠, 谷口一郎, 大野睦人, 前田明
第35回 日本分子生物学会年会   2012年12月   
がん細胞における成熟mRNA再スプライシングの発見から想定される正常細胞でのmRNA品質管理機構。
亀山俊樹, 前田明
第35回 日本分子生物学会年会   2012年12月   
ヒト遺伝子のイントロン長分析から明らかになった微小イントロンの存在。
嶋田誠, 佐々木典子, 前田明
第35回 日本分子生物学会年会   2012年12月   
グローバルスプライシング抑制因子hnRNP A1による統合失調症関連遺伝子群のスプライシング異常が引き起こすオリゴデンドロサイト分化・成熟の撹乱。
眞部孝幸, 森川智美, 前田明
第35回 日本分子生物学会年会   2012年12月   
ヒトゲノムに実在する極端に短いイントロンの同定とその特徴。
嶋田誠, 佐々木典子, 前田明
第14回 日本進化学会大会   2012年8月   
mRNAの再スプライシング現象から探る未知のmRNA品質管理機構。
前田明
平成23年度 新学術領域研究「RNA制御学」班会議   2012年1月   
Pre-mRNA splicing of human ultra-short introns: Are G-rich introns spliced without forming lariat structures?
Mayeda A.
Cold Spring Harbor Asia Conference ‘RNA Biology’   2012年   
Mayeda A.
Gordon Research Conference on the Biology of Post-Transcriptional Gene Regulation   2012年6月   
Characterization of evolutionary conserved unusually short human introns.
Shimada M.K, Sasaki-Haraguchi N, Mayeda A.
第13回 日本進化学会大会   2011年7月   嶋田誠, 佐々木典子, 前田明
Resplicing of mature mRNA in cancer cells: Two-step splicing mechanism to activate far distant alternative splice sites.
Mayeda A.
Eukaryotic mRNA Processing Meeting   2011年   
癌細胞で発見した成熟 mRNA の異常再スプライシング現象の普遍性と重要性。
亀山俊樹, 前田明
第33回 日本分子生物学会年会   2010年12月   
統合失調症患者で転写・スプライシング調節因子であるHMGA1aの発現が上昇している意義。
眞部孝幸, 森川智美, 山下祐子, 尾崎紀夫, 前田明
第33回 日本分子生物学会年会   2010年12月   
Evolution of spliceosomal proteins: High conservation and low modification, but drastic changes in parasitic genome.
Shimada M.K, Uchiyama I, Mayeda A.
第33回 日本分子生物学会年会   2010年12月   嶋田誠, 内山郁夫, 前田明
RNAスプライシング機構の進化: スプライシング因子保存性についての網羅的解析。
嶋田誠, 内山郁夫, 前田明
第12回 日本進化学会大会   2010年8月   
ヒト免疫不全ウイルス特異的なスプライシングに必要な新しい宿主因子の解析。
大江賢治, 鶴野親是, 倉光球, 高浜洋一, 浜田功, 大隅和, 前田明
第12回 日本RNA学会年会   2010年7月   
ヒトゲノムの微小イントロン: 新しい機構でスプライシングされている証拠を探る。
原口典子, 嶋田誠, 谷口一郎, 大野睦人, 前田明
第12回 日本RNA学会年会   2010年7月   
Aberrant splicing by an activation of the 5' and 3' cryptic splice sites in the far distant exons takes place after the normal constitutive splicing.
Mayeda A.
Gordon Research Conference on the Biology of Post-Transcriptional Gene Regulation   2010年   
Pre-mRNA micro-introns in the human genome: Are they spliced by the massive spliceosome?
Mayeda A.
The 15th Annual Meeting of the RNA Society   2010年   
Widely distributed pre-mRNA micro-introns in the human genome: Are they spliced in the conventional pathways?
Haraguchi N, Shimada M.K, Mayeda A.
第 32回 日本分子生物学会年会   2009年12月   原口典子, 嶋田誠, 前田明
Aberrant splicing by hnRNP A1 in Schizophrenia.
Manabe T, Mayeda A.
第32回 日本分子生物学会年会   2009年12月   眞部孝幸, 前田明
Are spliceosomal proteins required to splice extremely small introns, termed micro-introns, in non-metazoa? Workshop “Frontiers in RNA and intron evolution”.
Shimada M.K, Mayeda A.
第32回 日本分子生物学会年会   2009年12月   嶋田誠, 前田明
The shared mechanism triggered by aberrant U1 snRNP binding modulates the post-transcriptional pathway. Workshop “Diversity achieved by RNA program”.
Ohe K, Mayeda A.
第32回 日本分子生物学会年会   2009年12月   大江賢治, 前田明
イントロン長の集計によるスプライシング機構多様性の推定。
嶋田誠, 原口典子, 前田明
第81回 日本遺伝学会大会   2009年9月   
標準的なスプライシング複合体で遂行されるスプライシング反応系の中に新たな分子機構が存在する可能性を探る。
嶋田誠, 前田明
第11回 日本進化学会大会   2009年9月   
統合失調症の異常スプライシングにグローバルなスプライシング抑制因子であるhnRNP A1が関与している可能性を探る。
眞部孝幸, 前田明
第11回 日本RNA学会年会   2009年7月   
HMGA1aが、乳癌においてエストロゲン受容体αの異常スプライシングの誘導因子として機能しているかもしれない!
大江賢治, 内海俊明, 前田明
第11回 日本RNA学会年会   2009年7月   
成熟 mRNA の異常再スプライシング現象: 癌細胞で破綻しているスプライシングの終了機構は何だろう?
亀山俊樹, 前田明
第11回 日本RNA学会年会   2009年7月   
HMGA1a induces aberrant splicing of estrogen receptor α—increasing mRNA but decreasing protein product.
Mayeda A.
Eukaryotic mRNA Processing Meeting   2009年   
Aberrant re-splicing of mature spliced mRNA: What is splicing-termination mechanism hidden?
Mayeda A.
Eukaryotic mRNA Processing Meeting   2009年12月   
The shared mechanism triggered by aberrant U1 snRNP binding modulate the post-transcriptional pathway.
Mayeda A.
The 14th Annual Meeting of the RNA Society   2009年   
A novel function of the oncogene product HMGA1a: Aberrant exon-skipping mediated by U1 snRNP-HMGA1a complex binding. Symposium “Deciphering splicing codes hidden in the pre-mRNA”.
Ohe K, Manabe T, Mayeda A.
第31回 日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会   2008年12月   大江賢治, 眞部孝幸, 前田明
真核生物の RNA スプライシング機構は共通だろうか?⎯必須U snRNA 遺伝子の網羅的解析で見いだされた多様性と進化様式。
嶋田誠, 前田明
第 31 回 日本分子生物学会年会・第 81 回日本生化学会大会 合同大会   2008年12月   
非ヒストン DNA 結合蛋白質 HMGA1a の新機能:U1 snRNP–HMGA1a 複合体による U1 snRNP の解離阻害が導く異常エクソン除外。
大江賢治, 眞部孝幸, 前田明
第31回 日本分子生物学会年会・第 81 回日本生化学会大会 合同大会   2008年12月   
癌細胞で発見した成熟mRNAの異常再スプライシング現象。
亀山俊樹, 前田明
第31回 日本分子生物学会年会・第 81 回日本生化学会大会 合同大会   2008年12月   
非ヒストンDNA結合蛋白質 HMGA1a の新機能:U1 snRNP–HMGA1a複合体によるU1 snRNP の解離阻害が導く異常エクソン除外。
大江賢治, 眞部 孝幸, 前田明
第10回 日本 RNA 学会年会   2008年7月   
癌細胞における成熟 mRNA の異常な再スプライシング現象。
亀山俊樹, 前田明
第10回日本RNA学会年   2008年7月   
A novel function of the oncogene product HMAGA1a: Site-specific RNA-binding leading to aberrant exon skipping found in sporadic Alzheimer’s disease.
Ohe K, Manabe T, Katayama T, Mayeda A.
第21回 内藤コンファレンス   2008年   大江賢治, 眞部 孝幸, 片山泰一, 前田明
Molecular mechanism of aberrant exon-skipping mediated by U1 snRNP–HMGA1a complex binding.
Mayeda A.
Gordon Research Conference on the Biology of Post-Transcriptional Gene Regulation   2008年   
The mechanism of aberrant exon-skipping mediated by atypical U1 snRNP-HMGA1a complex binding.
Mayeda A.
The 13th Annual Meeting of the RNA Society   2008年   
Introns in a large intron: who can define real introns?
Mayeda A.
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress   2006年   
RNase R-digested cellular RNA source: Potential use for an intronic cDNA library.
Mayeda A.
The 11th Annual Meeting of the RNA Society   2006年   
Evidence that supports nested splicing, introns in a large intron.
Mayeda A.
Eukaryotic mRNA Processing Meeting   2005年   
HMGA1a-mediated epigenetic mechanism of splicing defects.
Mayeda A.
The 10th Annual Meeting of the RNA Society   2005年   
Minimal model pre-mRNA substrate of two-step recursive splicing in vitro.
Mayeda A.
The 9th Annual Meeting of the RNA Society   2004年   
A novel pre-mRNA splicing mechanism of extremely long introns.
Mayeda A.
International Symposium RNA 2003 Kyoto–The New Frontier of RNA Science   2003年   
HMGA1a is a potential sequence-specific exon skipping factor.
Mayeda A.
Eukaryotic mRNA Processing Meeting   2003年   
Nested introns in a long intron.
Mayeda A.
Eukaryotic mRNA Processing Meeting   2003年   
Human RNPS1, as a versatile regulator of alternative pre-mRNA splicing.
Mayeda A.
The 8th Annual Meeting of the RNA Society   2003年   
HMGI: A novel exon-skipping factor of Presenilin-2 pre-mRNA in sporadic Alzheimer’s disease.
Mayeda A.
The 7th Annual Meeting of the RNA Society   2002年   
Regulation of human RNPS1 activity by phosphorylation.
Mayeda A.
Eukaryotic mRNA Processing Meeting   2001年   
Functional analysis of human splicing activator RNPS1.
Mayeda A.
Annual Meeting of the RNA Society of Japan   2001年   
Are HRH1 and ATP sufficient for disassembly of spliceosome after mRNA splicing?
Mayeda A.
The 5th Annual Meeting of the RNA Society   2000年   
Functionally interacting factors with human RNPS1: A general pre-mRNA splicing activator.
Mayeda A.
Eukaryotic mRNA Processing Meeting   1999年   
hnRNP A/B proteins are required for inhibition of HIV-1 pre-mRNA splicing.
Mayeda A.
Eukaryotic mRNA Processing Meeting   1999年   
Characterization of SSF; a serine-rich pre-mRNA splicing factor.
Mayeda A.
The 3rd Annual Meeting of the RNA Society   1998年   
Characterization of SF7A; a serine-rich splicing factor.
Mayeda A.
Eukaryotic mRNA Processing Meeting   1997年   
SF7A: a serine-rich alternative, and possible general, pre-mRNA splicing factor.
Mayeda A.
The 2nd Annual Meeting of the RNA Society   1997年   
RRMs define substrate specificity of SR protein in constitutive splicing.
Mayeda A.
The 1st Annual Meeting of the RNA Society   1996年   
Purification and characterization of human SF7, an activity that promotes the use of distal alternative 3’ splice sites.
Mayeda A.
RNA Processing Meeting   1995年   
Comparative functional analysis of human hnRNP proteins A1, A1B, A2, and B1.
Mayeda A.
RNA Processing Meeting of The RNA Society   1994年   
Protein factors that regulate alternative pre-mRNA splice site selection. Mayeda A, Munroe SH, Krainer AR.
Mayeda A.
RNA Processing Meeting   1993年   
The human splicing factors SF2 and SC35 are distinct members of the same protein family and have similar properties in vitro.
Mayeda A.
RNA Processing Meeting   1992年   
Protein factors that control the specificity of splice site selection: Implications for alternative splicing and inappropriate exon skipping.
Mayeda A.
RNA Processing Meeting   1992年   
Characterization and cloning of human essential splicing factor SF2.
Mayeda A.
RNA Processing Meeting   1991年   
Identification and characterization of human SF5, an activity that promotes the use of distal 5’ splice sites during alternative pre-mRNA splicing in vitro.
Mayeda A.
RNA Processing Meeting   1991年   

その他

 
i. 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

教育内容は、研究者育成のための実験指導、学会や会議における発表の指導、論文執筆の指導が中心である。
ii. 作成した教科書、教材、参考書

総説と参考書の出版あり。「書籍など出版物」を参照のこと。
iii. 教育方法・教育実践に関する発表、講演等

なし
iv. その他教育活動上特記すべき事項

なし