メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>生理学Ⅰ
 

医学部 生理学Ⅰ

研究者リスト >> 河田 美穂
 

最終確認日時:

編集

河田 美穂

 
アバター
研究者氏名河田 美穂
 
カワタ ミホ
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 生理学Ⅰ
職名助教
学位博士(バイオサイエンス)(奈良先端科学技術大学院大学)
J-Global ID201601021163310512

研究キーワード

 
神経科学 ,神経化学 ,視床下部 ,下垂体 ,オキシトシン

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 
  • ライフサイエンス / 医療薬学 / 
  • ライフサイエンス / 生理学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
藤田医科大学 医学部 生理学I 助教, 
 
2015年4月
 - 
2018年3月
星薬科大学 薬理学教室 助教, 
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2015年3月
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 
 
2006年4月
 - 
2010年3月
関西学院大学 理工学部 生命科学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
2019年3月
日本神経化学会  将来計画委員会委員
 

受賞

 
2014年
, 日本神経化学会大会 神経化学教育セッション優秀発表賞
 

論文

 
 
Nakashima A   Yamaguchi H   Kodani Y   Kaneko YS   Kawata M   Nagasaki H   Nagatsu T   Ota A   
Biochemical and biophysical research communications   516(4) 1060-1065   2019年9月   [査読有り]
 
Cheolsun Han   Miho Kawata   Yusuke Hamada   Takashige Kondo   Junna Wada   Katsunori Asano   Hitoshi Makabe   Katsuhide Igarashi   Naoko Kuzumaki   Michiko Narita   Hiroyuki Kobayashi   Minoru Narita   
Journal of natural medicines   73(3) 468-479   2019年6月   [査読有り]
The Kampo medicine yokukansan (YKS) has a wide variety of properties such as anxiolytic, anti-inflammatory and analgesic effects, and is also thought to regulate tumor suppression. In this study, we investigated the anti-tumor effect of YKS. We us...
 
Mori T   Kuzumaki N   Arima T   Narita M   Tateishi R   Kondo T   Hamada Y   Kuwata H   Kawata M   Yamazaki M   Sugita K   Matsuzawa A   Baba K   Yamauchi T   Higashiyama K   Nonaka M   Miyano K   Uezono Y   Narita M   
Molecular pain   13 1744806917740030   2017年10月   [査読有り]
Background: mu-Opioid receptor internalization is considered to be critically linked to antinociceptive tolerance. Although mu-opioid receptor agonists have been administered simultaneously with other drugs to control pain, little information is a...
 
M. Kawata   S. Morikawa   S. Shiosaka   H. Tamura   
TRANSLATIONAL PSYCHIATRY   7(3) e1052   2017年3月   [査読有り]
Parvalbumin-expressing interneurons are pivotal for the processing of information in healthy brain, whereas the coordination of these functions is seriously disrupted in diseased brain. How these interneurons in the hippocampus participate in path...
 
Naosuke Hori   Michiko Narita   Akira Yamashita   Hiroshi Horiuchi   Yusuke Hamada   Takashige Kondo   Moe Watanabe   Katsuhide Igarashi   Miho Kawata   Masahiro Shibasaki   Mitsuaki Yamazaki   Naoko Kuzumaki   Eiichi Inada   Takahiro Ochiya   Masako Iseki   Tomohisa Mori   Minoru Narita   
SYNAPSE   70(8) 317-324   2016年8月   [査読有り]
A multiplex analysis for profiling the expression of candidate microRNAs (miRNAs), which are small noncoding RNAs that function as key post-transcriptional regulators, may lead to a better understanding of the complex machinery of neuropathic pain...

MISC

 
 
小谷侑   須賀英隆   山本直樹   金子葉子   河田美穂   中島昭   長崎弘   
日本生理学雑誌(Web)   81(1) WEB ONLY   2019年2月   
 
濱田祐輔   渡邉萌   成田道子   安田佳世   近藤貴茂   板垣くるみ   河田美穂   清水孝恒   武藤章弘   山中章弘   葛巻直子   成田年   
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   139th ROMBUNNO.22PO‐am175   2019年   
 
長崎弘   小谷侑   河田美穂   金子葉子   
バゾプレシン研究会プログラム・講演抄録   29th 13   2018年12月   
 
和田純菜   韓哲舜   韓哲舜   河田美穂   濱田祐輔   近藤貴茂   五十嵐勝秀   葛巻直子   成田道子   小林弘幸   小林弘幸   成田年   
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   138th ROMBUNNO.28PA‐am454   2018年   
 

書籍等出版物

 

講演・口頭発表等

 
 
Grafted hypothalamic neurons from mouse ES cells survived in hypothalamus or pituitary.
Miho Kawata   Yu Kodani   Hidetaka Suga   Yoko Kaneko   Akira Nakashima   Hiroshi Nagasaki   
9th FAOPS CONGRES   2019年3月30日   
 
選択的な“Gタンパク質依存型μオピオイド”であるタペンタドールの分子薬効解析:モルヒネとの相違点を科学的に証明するμオピオイドの新しい分類基準の理解
河田 美穂   有馬 崇充   成田 道子   上園 保仁   葛巻 直子   成田 年   
第11回日本緩和医療薬学会   2017年6月4日   
 
Gタンパク質依存的あるいは非依存的分類に基づいた数種μ-オピオイド受容体作動薬の分子薬理学的プロファイリング
河田美穂   有馬崇充   成田道子   葛巻直子   上園保仁   成田年   
第36回鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウム   2016年8月20日   
 
統合失調症に関与する新しい抑制性神経ネットワーク制御機構
河田 美穂   田村 英紀   葛巻 直子   成田 道子   塩坂 貞   成田 年   
第89回日本薬理学会   2016年3月11日   
 
神経分化系譜に従ったδ-オピオイド神経系の生理的役割
河田美穂   葛巻直子   成田年   
第35回鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウム   2015年10月17日   

担当経験のある科目(授業)

 

所属学協会

 
 
   
 
日本神経化学会
 
   
 
日本神経科学会
 
   
 
日本生理学会

Works(作品等)

 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月

産業財産権

 

学術貢献活動

 

社会貢献活動

 

メディア報道

 

その他