メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 保健衛生学部> リハビリテーション学科 

保健衛生学部 リハビリテーション学科

研究者リスト >> 伊藤 慎英
 

最終確認日時:

編集

伊藤 慎英

 
アバター
研究者氏名伊藤 慎英
 
 
所属藤田医科大学
部署保健衛生学部 リハビリテーション学科 基礎理学療法学
職名講師
学位博士(医学)(藤田医科大学)
J-Global ID201801002141357434

研究分野

 
  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学 / 

論文

 
 
Imoto D   Itoh N   Kubo S   Yamaguchi M   Shimizu N   Seo K   Sawada K   Ohashi S   Mikami Y   Kubo T   
Journal of physical therapy science   31(6) 475-4812019年6月   [査読有り]
 
Itoh N   Imoto D   Kubo S   Yamaguchi M   Shimizu N   Toyama S   Mikami Y   Kubo T   
Journal of physical therapy science   30(10) 1262-12662018年10月   [査読有り]
 
Itoh N   Imoto D   Kubo S   Takahashi K   Hishikawa N   Mikami Y   Kubo T   
Journal of physical therapy science   30(8) 1046-10512018年8月   [査読有り]
 
Soichiro Koyama   Shigeo Tanabe   Norihide Itoh   Eiichi Saitoh   Kazuya Takeda   Satoshi Hirano   Kei Ohtsuka   Masahiko Mukaino   Ryuzo Yanohara   Hiroaki Sakurai   Yoshikiyo Kanada   
European Journal of Physiotherapy   20 135-1402018年7月   [査読有り]
© 2017, © 2017 Informa UK Limited, trading as Taylor & Francis Group. Purpose: To establish the within-day and between-day intra-rater reliability, inter-rater reliability, validity and systematic errors of the tandem gait test (TGT). Material...
 
Masahiko Mukaino   Kei Ohtsuka   Hiroki Tanikawa   Fumihiro Matsuda   Junya Yamada   Norihide Itoh   Eiichi Saitoh   
Journal of Visualized Experiments   2018(133) 2018年3月   [査読有り]
Three-dimensional gait analysis (3DGA) is shown to be a useful clinical tool for the evaluation of gait abnormality due to movement disorders. However, the use of 3DGA in actual clinics remains uncommon. Possible reasons could include the time-con...

MISC

 
 
三上 靖夫   新井 祐志   大橋 鈴世   沢田 光思郎   伊藤 慎英   生駒 和也   久保 俊一   
京都府立医科大学雑誌   127(7) 459-4682018年7月   [査読有り]
脊髄症によって生じたバランス障害に、軽度の認知機能障害を持つ症例に対し、Balance ExerciseAssist Robot(BEAR)を用いたロボットリハビリテーション治療を施行した。バランス障害は改善し、BEARを用いたリハビリテーション治療は有効であった。BEARには3つのゲームプログラムがあり、テニスゲームは、理学療法士による口頭指示を要したが、スキーゲームとロデオゲームは患者の理解を得て行うことができた。BEARは軽度の認知機能障害を持つ患者に対しても有用なリハビリテーション...
 
伊藤 慎英   三上 靖夫   
関節外科   37(5) 448-4542018年5月   
ロボットリハビリテーションが臨床で普及するために必要なことは、有効性の実証である。その有効性を示すためには、機器を用いた客観的な評価が必須である。本稿では、慣性センサとマーカレスモーションキャプチャーの動作・歩行解析、および安全懸架装置の応用について述べる。(著者抄録)
 
前田 博士   遠山 将吾   沢田 光思郎   伊藤 慎英   大橋 鈴世   伊藤 倫之   相良 亜木子   池田 巧   新井 祐志   三上 靖夫   久保 俊一   
京都府立医科大学雑誌   125(7) 463-4692016年7月   [査読有り]
 
前田 博士   遠山 将吾   沢田 光思郎   伊藤 慎英   大橋 鈴世   伊藤 倫之   相良 亜木子   池田 巧   新井 祐志   三上 靖夫   久保 俊一   
京都府立医科大学雑誌   125(6) 407-4142016年6月   [査読有り]
 
三上 靖夫   大橋 鈴世   前田 博士   相良 亜木子   伊藤 慎英   堀井 基行   
MEDICAL REHABILITATION   (197) 25-302016年6月   
大腿骨近位部骨折は、骨粗鬆症の罹患率が高い高齢者に多く、80歳以上で受傷率が急増するとの報告がある。世界に例をみない速度で高齢化が進んでいる我が国では、大腿骨近位部骨折の増加が危惧されている。重度の併存症がない限り、早期に手術を受けるほうが予後は良いとされ、手術件数も増加している。受傷当日に速やかに手術できることもあるが、すぐに手術を施行できない症例もあり、手術を待機する間に術前リハビリテーションを要する。できるだけ情報を集めて患者の評価を行っておくことは、周術期の全身管理に役立ち、術後す...

講演・口頭発表等

 
 
当院骨粗鬆症外来における運動指導の効果
田主 篤司   徳川 誠治   伊藤 慎英   小池 宏典   大橋 鈴世   
日本骨粗鬆症学会雑誌   2019年9月   (一社)日本骨粗鬆症学会   
 
回復期脳卒中片麻痺患者に対して病棟自主訓練に随意運動介助電気刺激装具を使用した経験
前田 博士   伊藤 慎英   井元 大介   村岡 慶裕   横関 恵美   大橋 鈴世   沢田 光思郎   根本 玲   久保 元則   三上 靖夫   久保 俊一   
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   2019年5月   (公社)日本リハビリテーション医学会   
 
Charcot-Marie-Tooth病による成人期足部変形の2症例
大橋 鈴世   生駒 和也   伊藤 慎英   沢田 光思郎   相良 亜木子   牧 昌弘   城戸 優充   久保 秀一   三上 靖夫   久保 俊一   
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   2019年5月   (公社)日本リハビリテーション医学会   
 
高齢慢性心疾患患者におけるサルコペニアの筋質に関する検討
相良 亜木子   大橋 鈴世   沢田 光思郎   遠山 将吾   伊藤 慎英   白石 裕一   三上 靖夫   久保 俊一   
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   2019年5月   (公社)日本リハビリテーション医学会   
 
大腿骨近位部骨折術後患者に対するロボットを用いたバランス訓練と従来バランス訓練の比較
岡田 貴文   伊藤 慎英   田主 篤司   宮田 聖歩   小幡 知良   徳川 誠治   槇尾 智   清水 佑一   神田 拓郎   大橋 鈴世   三上 靖夫   久保 俊一   
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   2019年5月   (公社)日本リハビリテーション医学会   

所属学協会

 
 
   
 
日本リハビリテーション医学会
 
   
 
臨床歩行分析研究会
 
   
 
日本臨床神経生理学会
 
   
 
日本理学療法士協会