メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 基礎> 生理学Ⅱ 

医学部 生理学Ⅱ

研究者リスト >> 日高 聰
 

最終確認日時:2019/09/23 19:30

編集

日高 聰

 
アバター
研究者氏名日高 聰
 
 
URLhttp://www.jneurosci.org/content/24/46/10553.long
学位理学博士(名古屋大学大学院 理学研究科)
J-Global ID200901069703132896

プロフィール

専門: 視覚神経科学,神経生理学,神経生物学。
Editorial Board, Editor(科学雑誌 編集委員: 担当・視覚神経科学、 雑誌の編集と 論文の審査): Journal of Integrative Neuroscience (Imperial College Press, Great Briton).
主な研究テーマ:① ニューロン間ギャップ結合・電気シナプスの機能解析,
② ギャップ結合・細胞間チャネルの機能調節による細胞制御系の開発: 視覚系中枢の神経回路網の発生過程で発現するギャップ結合細胞間連絡・その関連遺伝子の機能構造の解析と、電気シナプスを制御する人工抗体の開発,
③ 神経可塑性による活動電位発生の制御機構
④ 方向選択性を検出する視覚機能の神経メカニズム (MECHANISM OF RETINAL DIRECTIONAL SELECTIVITY)。

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
視覚中枢における、電気シナプスを介した化学シナプスの伝達効率の改善
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費補助金
日高 聰 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
 
イオンチャネルに対する人工抗体を用いた細胞制御系の開発
文部科学省: 指定研究 21世紀 COE プロジェクト研究
浅野 喜造 
研究期間: 2003年4月 - 2008年3月
 
視覚ニューロンにおける順応機構
私学振興財団: 指定研究 私学助成研究
日高 聰 
研究期間: 1998年4月 - 2001年3月
 
視覚系中枢ニューロンにおける情報伝達効率の改善
文部科学省: 科学研究費補助金
日高 聰 
研究期間: 1998年4月 - 2000年3月
 
研究期間: 1998年

研究キーワード

 
神経生物学 ,視覚神経科学 ,神経生理学 ,Neurobiology ,Visual Neurosience ,Neurophysiology

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 
  • ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学 / 
  • ライフサイエンス / 医療薬学 / 
  • ライフサイエンス / 生理学 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 

経歴

 
1997年7月
 - 
2015年8月
藤田保健衛生大学医学部 生理学教室   
 
1996年4月
 - 
1997年7月
東京女子医科大学 第1生理学教室   
 
1996年
 - 
1997年
Research Associate, Department of Physiology, Tokyo Women's Medical College   
 
1997年
   
 
- Associate Professor, Department of Physiology,   
 
1994年4月
 - 
1996年3月
カリホルニア大学デイビス校   
 

学歴

 
 
 - 
1981年
名古屋大学  
 

委員歴

 
2011年4月
 - 
現在
Journal of Integrative Neuroscience  Editorial Board, Editor(科学雑誌 編集委員: 担当・視覚神経科学)
 

受賞

 
1997年
山川寿子研究奨励賞(財)至誠会
 

論文

 
 
日高 聰   
Journal of Integrative Neuroscience   in press2019年12月   [査読有り]
 
Soh Hidaka   
Brain Research   1449 1-142012年4月   [査読有り]
Retinal amacrine cells of the same class in cyprinid fish are homotypically connected by gap junctions. The permeability of their gap junctions examined by the diffusion of Neurobiotin into neighboring amacrine cells under application of dopamine ...
 
Soh Hidaka   
BRAIN RESEARCH   1449 1-142012年4月   [査読有り]
Retinal amacrine cells of the same class in cyprinid fish are homotypically connected by gap junctions. The permeability of their gap junctions examined by the diffusion of Neurobiotin into neighboring amacrine cells under application of dopamine ...
 
日高 聰   
Brain Research   J. brainres. 2011. 12. 054.2011年12月   [査読有り]
 
Hidaka, S   
Brain Research.   J. brainres. 2011. 12. .542011年   [査読有り]

MISC

 
 
Soh Hidaka   
Journal of integrative neuroscience   18(4) 341-3502019年12月   [招待有り]
 
Soh Hidaka   
JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   60 S86-S862010年   
 
Soh Hidaka   
JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   59 139-1392009年   
 
Soh Hidaka   
NEUROSCIENCE RESEARCH   65 S63-S632009年   
 

書籍等出版物

 
 
The Retinal Basis of Vision      1999年      
 
 
The Retinal Basis of Vision      1999年      
 
The Retinal Basis of Vision      1999年      
 

所属学協会

 
 
   
 
日本神経科学会
 
   
 
視覚・眼科学連合学会(ARVO,The Association for Research in Vision and Ophthalmology)
 
   
 
神経科学会(Society of Neurosience)
 
   
 
日本動物学会
 
   
 
日本生理学会

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 

その他教育活動上特記すべき事項