メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 教養 

医学部 教養

研究者リスト >> 八代 耕児
 

最終確認日時:2020/09/04 16:30

編集

八代 耕児

 
アバター
研究者氏名八代 耕児
 
ヤシロ コウジ
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 化学
職名准教授
学位薬学博士(岐阜薬科大学)
J-Global ID200901014647240703

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 医化学 / 

経歴

 
2010年11月
 - 
現在
藤田保健衛生大学(2018年10月より藤田医科大学に名称変更) 医学部化学 准教授 
 
1989年4月
 - 
2010年10月
朝日大学大学院 歯学研究科 講師(併任) 
 
1989年4月
 - 
2010年10月
朝日大学 歯学部口腔生化学講座 講師 
 
1995年4月
 - 
2002年3月
岐阜大学 農学部獣医学科 講師(非常勤) 
 
1984年12月
 - 
1989年3月
岐阜歯科大学(1985年4月より朝日大学に名称変更) 歯学部口腔生化学講座 助手 
 

学歴

 
1984年4月
 - 
1985年3月
岐阜薬科大学  研究生
 
1982年4月
 - 
1984年3月
岐阜薬科大学大学院 薬学研究科 博士前期課程
 
1978年4月
 - 
1982年3月
岐阜薬科大学 薬学部 製造薬学科
 

論文

 
 
Hirofumi Mizuno   Eiji Takayama   Ayano Satoh   Takeshi Into   Masanori Adachi   Daisuke Ekuni   Koji Yashiro   Masako Mizuno-Kamiya   Motohiko Nagayama   Seitaro Saku   Takaaki Tomofuji   Yutaka Doi   Yukitaka Murakami   Nobuo Kondoh   Manabu Morita   
Experimental and therapeutic medicine   20(3) 2822-28272020年9月   [査読有り]
Salivary peroxidase and myeloperoxidase are known to display antibacterial activity against oral microbes, and previous indications have pointed to the possibility that horseradish peroxidase (HRP) adsorbs onto the membrane of the major oral strep...
 
Akira Kitagawa   Yoshiji Ohta   Koji Ohashi   Koji Yashiro   Kenji Fukuzawa   
Journal of nutritional science and vitaminology   66(2) 200-2062020年   [査読有り]
In the present study, we examined the effect of high fructose-induced metabolic syndrome (MetS) on tissue vitamin E and lipid peroxide (LPO) levels in rats. Feeding of a diet containing 60% fructose (HFD) to Wistar rats for 2, 4, and 6 wk caused w...
 
Akira Hara   Satoshi Endo   Toshiyuki Matsunaga   Midori Soda   Koji Yashiro   Ossama El-Kabbani   
JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   162(5) 371-3792017年11月   [査読有り]
Four human hydroxysteroid dehydrogenases in the aldo-keto reductase (AKR) superfamily, AKR1C1-AKR1C4, are involved in the metabolism of steroids and other carbonyl compounds including drugs, and altered expression of AKRs (1C1, 1C2 and/or 1C3) is ...
 
Yoshiji Ohta   Koji Yashiro   Takashi Kobayashi   Kazuo Inui   Junji Yoshino   
FUNDAMENTAL & CLINICAL PHARMACOLOGY   31(3) 319-3282017年6月   [査読有り]
In the present study, we examined the protective effect of N,N'-dimethylthiourea (DMTU), a scavenger of hydroxyl radical (OH), against water-immersion restraint stress (WIRS)-induced gastric mucosal lesions in rats. When male Wistar rats fasted fo...
 
Yosihiji Ohta   Koji Yashiro   Koji Ohashi   Yosuke Horikoshi   Chiaki Kusumoto   Tatsuya Matsura   
JOURNAL OF CLINICAL BIOCHEMISTRY AND NUTRITION   60(3) 187-1982017年5月   [査読有り]
In this study, we examined whether compound 48/80 (C48/80), a mast cell degranulator, causes hepatic oxidative damage in rats. Serum and liver biochemical parameters were determined 0.5, 3 or 6 h after a single treatment with C48/80 (0.75 mg/kg). ...

MISC

 
 
八代耕児   小林隆   芳野純治   太田好次   
潰瘍   47 82-862020年7月   
 
八代 耕児   太田 好次   小林 隆   芳野 純治   
潰瘍   46 58-612019年6月   
水浸拘束ストレス(WIRS)負荷30分前にL-システイン(L-Cys)を経口投与したL-Cys群ラットと、L-Cys経口投与と同時にヒドロキシルアミン(HA)を腹腔内投与投与したHA群ラットを対象として、WIRS 6時間負荷後の胃粘膜障害度、硫化水素(H2S)生成活性、H2S量などを測定した。胃粘膜障害はL-Cys群で有意に抑制されHA群では抑制されなかった。WIRS負荷後の胃粘膜のH2S量・生成活性はともにWIRS非負荷群(対照群)よりも有意に高く、胃粘膜Cys量は有意に少なかった。L-...
 
八代 耕児   小林 隆   芳野 純治   太田 好次   
潰瘍   45 58-612018年5月   
50mg/kg体重のブラジル産グリーンプロポリスエタノール抽出物(BPEE)の7日間頻回前投与(BP-R)による水浸拘束ストレス(WIRS)惹起胃粘膜傷害の予防効果を、BPEEの単回前投与(BP-S)、ビタミンE(VE)の単回前投与(VE-S)と比較検討した。実験には6週齢のWistar系雄性ラットを用いた。WIRS負荷で惹起された胃粘膜傷害はBP-SでBPEE非投与WIRS負荷(W)群の73%に抑制され、BP-Rで48%にまで抑制された。このBP-Rの抑制効果はVE-Sと同程度であった。...
 
八代 耕児   小林 隆   芳野 純治   太田 好次   
潰瘍   44 65-672017年5月   
肥満細胞脱顆粒剤であるCompound 48/80(C48/80)の投与によって生じる急性胃粘膜傷害における内因性一酸化窒素(NO)の役割を調べた。一夜絶食させた7週齢Wistar系雄性ラットにC48/80(0.75mg/kg)を腹腔内投与して胃粘膜傷害を惹起した。投与3時間後にラットを麻酔下で屠殺し、下大静脈から採血し、胃を摘出した。血清はセロトニン、ヒスタミン、NOx等の測定に用いた。その結果、C48/80投与群の血清NOx濃度は非投与群の1.5倍であり、C48/80投与群の胃粘膜中の...
 
八代 耕児   小林 隆   芳野 純治   太田 好次   
潰瘍   43 63-662016年5月   
Wistar系雄性ラットに水浸拘束ストレス(WIRS)を負荷し、負荷前にミフェプリストン(RU486)を投与したWIRS+RU486群、RU486を投与しないWIRS群、対照群の胃粘膜傷害における炎症性サイトカイン、抗炎症性サイトカイン、熱ショックタンパク質(HSP)レベルに及ぼす内因性グルココルチコイドの影響について検討した。平均胃粘膜傷害係数は、WIRS+RU486群でWIRS群の41.6%と有意に小さかった。血清中コルチコステロン濃度は対照群よりWIRS群・WIRS+RU486群で有...

書籍等出版物

 
 
八代耕児(担当:共著, 範囲:ストレス負荷ラット肺の抗酸化防御系に及ぼすビタミンE摂取状態の影響, 初期糖尿病WBN/Kobラット組織のビタミンEの動態と脂質過酸化, ラット胸腺のサイトカインレベルに及ぼすストレスとビタミンEの影響)
ビタミンE研究会      2016年12月      
 
八代耕児(担当:共著, 範囲:ストレス負荷ラット脳の抗酸化防御系に及ぼすビタミンE摂取状態の影響, ストレス負荷ODSラット脳のビタミンEとその関連化合物レベルの経時的変動)
ビタミンE研究会      2014年12月      
 
Guine R(担当:共著, 範囲:Vitamin C deficiency enhances disruption of adrenal non-enzymatic antioxidant defense systems in ODS rats with water-immersion restraint stres)
   2013年      
 
齋藤, 勝裕, 太田, 好次, 山倉, 文幸, 八代, 耕児, 馬場, 猛(担当:分担執筆)
裳華房      2012年11月   (ISBN:9784785330910)
 
八代耕児, 太田好次, 今井洋一郎, 日高麻由美, 福澤健治(担当:共著, 範囲:ストレス負荷ラット腎臓の酸化障害に及ぼすビタミンE摂取状態の影響)
ビタミンE研究会      2012年      

講演・口頭発表等

 
 
水浸拘束ストレス負荷ラット副腎の酸化ストレスにおけるビタミン C の役割.ODS ラットでの検討
八代耕児   太田好次   大橋鉱二   福澤健治   
日本ビタミン学会第72回大会   2020年6月   
 
Compound 48/80惹起急性胃粘膜傷害の進展に及ぼす好中球浸潤阻害の影響
八代耕児   小林隆   芳野純治   太田好次   
第47回日本潰瘍学会   2020年1月   
 
Compound 48/80惹起急性肝障害に対するビタミンEの抑制効果
太田好次   八代耕児   福澤健治   
第31回ビタミンE研究会   2020年1月   
 
Involvement of xanthine oxidase-derived reactive oxygen species in cardiac oxidative stress in rats fed a high-fructose diet
15th Asia-Pacific Federation for Clinical Biochemistry and Laboratory Medicine Congress   2019年11月   
 
ストレス負荷ラット骨格筋における酸化障害と炎症および熱ショックタンパク質 (HSP) の誘導との関連
八代 耕児   太田好次   
日本過酸化脂質・抗酸化物質学会第27回年会   2019年8月   

担当経験のある科目(授業)

 
2013年
 - 
現在
卒業論文研究 (藤田医科大学医療科学部臨床検査学科)
2011年
 - 
現在
生物学実習 (藤田医科大学医学部)
2011年
 - 
現在
読書ゼミナール (藤田医科大学医学部)
2011年
 - 
現在
化学 (藤田医科大学医学部, 藤田保健衛生大学医療科学部臨床工学科・医療経営情報学科)
2010年
 - 
現在
化学実習 (藤田医科大学医学部, 藤田保健衛生大学医療科学部臨床検査学科)

その他

 
 
薬剤師, 臨床検査技師, 第2種放射線取扱主任者
 

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 
 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 
 
 

その他教育活動上特記すべき事項