メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 保健衛生学部> 看護学科 

保健衛生学部 看護学科

研究者リスト >> 川井薫
 

最終確認日時:2016/09/15 12:00

編集

川井薫

 
アバター
研究者氏名川井薫
所属藤田医科大学
部署保健衛生学部 看護学科 総合生命科学
職名教授
学位博士(医学)

研究キーワード

 
アロエ , トリプトファン , ストレス , 精神疾患 , アミノ酸 , カテコールアミン , 高速液体クロマトグラフィー , 分析科学

研究分野

 
  • 基礎医学 / 医化学一般 / 

経歴

 
1979年4月
 - 
現在
藤田医科大学 保健衛生学部 教授
 

論文

 
心肺補助中のエネルギー賦活系をトリプトファン代謝から考える-尿中トリプトファン代謝産物の測定意義-
伊藤康宏、三浦大貴、川井 薫
生生物試料分析   38(1) 59-59   2015年2月   [査読有り]
Dopamine-β- hydoxylase Activity Human Cerebrospinal Fluid from Varius Age Groups
川井薫
Clinical Chemistry   28(6) 1403-1404   1992年   [査読有り]

Misc

 
伊藤康宏、深尾英臣、海江田章、石田沙織、藤原麻未、山本賢、豊崎正人、山城知明、石川隆志、川井 薫、渡邊 孝、日比谷信
体外循環技術   41(1) 11-14   2014年5月   [査読有り]
川井薫
日本応用糖質科学会誌   4(1) 39-1790013   2014年   [査読有り]
精神分裂病
永津俊治、藤田啓介、川井 薫、新保 寛、新里昌功
日本臨床   42(4) 891-901   1984年   [査読有り]
悪性腫瘍患者の尿中アセチルポリアミン
新保 寛、川井 薫、松井俊和、中村康一、北川康雄、新里昌功、伊藤祥輔、平野正美、伊藤 圓、永津俊治、藤田啓介
臨床病理   59 29-37   1984年   [査読有り]
赤血球ポリアミンの測定法と臨床応用
新保 寛、川井 薫、小川 忠、松井俊和、清水鈴昭、北川康雄、柳生 茂、高橋久英、平野正美、伊藤 圓、永津俊治、藤田啓介
臨床病理   59 157-166   1984年   [査読有り]
喘息児の交感神経機能―カテコールアミンの日内変動について―
鶴田光敏、小沢 徹、児玉 央、金森俊輔、宮田隆夫、矢崎雄彦、篠原靖忠、川井 薫、丸田一裕、伊藤祥輔、藤田啓介
藤田学園医学会誌   9(2) 451-456   1985年   [査読有り]
尿中ポリアミン測定
新保 寛、川井 薫 丸田一皓、寺平 竜、永津俊治、藤田啓介
Medical Technology   18(9) 855-861   1990年   [査読有り]
自然発症糖尿病ハツカネズミに対するキダチアロエの血糖降下作用
別府秀彦、川井 薫、千原 猛、新保 寛、藤田啓介
医学と生物   120(4) 151-156   1990年   [査読有り]
ラット肝発癌イニシエーション作用に対するキダチアロエの抑制効果と赤血球および肝組織ポリアミン・レベル
川井 薫、津田洋幸、千原 猛、別府秀彦、新保 寛、永津俊治、廣野 巌、藤田啓介
医学と生物   125(5) 195-200   1992年   [査読有り]
ラット肝前癌病変の増殖過程におけるキダチアロエの抑制効果と赤血球および肝組織ポリアミン・レベル
川井 薫、津田洋幸、千原 猛、別府秀彦、新保 寛、永津俊治、廣野 巌、藤田啓介
医学と生物   125(5) 189-194   1992年   [査読有り]
精神分裂病の生化学的マーカーとしての血清Dopamine-β-Hydroxylase活性の測定意義について
川井薫
藤田学園医学会誌臨時増刊号   12(1) 125-163   1993年   [査読有り]
ヒト血漿中および尿中のモノアミンおよびその代謝物質の多項目同時測定
藤田 興、坂本秀生、川井 薫、石田松雄、伊藤哲彦、葛谷博磁
神経化学   33(1) 420-421   1994年   [査読有り]
ヒト肝臓のアセトアルデヒド代謝に及ぼすキダチアロエの効果
川井 薫、千原 猛、別府秀彦、〆田祐光、伊藤 圓、永津俊治
医学と生物   132(1) 43-48   1996年   [査読有り]
血液回路材質から溶出する可塑剤の定量について
池亀 守、川井 薫、別府秀彦
Clinical Engineering   7(4) 357-361   1996年   [査読有り]
TPAによるマウス皮膚がんプロモーションに対するキダチアロエおよびニラ抽出液の抑制効果
新保 寛、井田千賀子、別府秀彦、千原 猛、川井 薫、葛谷博磁、永津俊治
藤田学園医学会誌   22(1) 157-163   1998年   [査読有り]
キダチアロエとニンニク混合粉末による実験的モルモット足白癬菌に対する治癒効果
川井 薫、別府秀彦、新保 寛、千原 猛、山本直樹、永津俊治、上田 宏、葛谷博磁、山田保雄
藤田学園医学会誌   23(1) 109-115   1999年   [査読有り]
乳果オリゴ糖含有クロワッサンが女子学生の排便および腸内菌叢に及ぼす影響
丸山昌樹、榊 剛弘、別府秀彦、井上 孝、川井 薫、新保 寛、玉井育子、中野 浩、葛谷博磁
健康・栄養食品研究   2(4) 33-46   1999年   [査読有り]
上田浩二、別府秀彦、丸山昌樹、榊 剛弘、井上 孝、川井 薫、玉井育子、池田 宏、藤田孝輝、葛谷博磁
日本食品科学工学会誌   47(11) 836-843   2000年   [査読有り]
乳酸菌飲料の摂取が女子学生の排便回数、便性状および腸内菌叢に及ぼす影響
小川浩司、森 清、加藤育男、別府秀彦、井上 孝、川井 薫、新保 寛、玉井育子、中野 浩、葛谷博磁
健康・栄養食品研究   3(1) 73-81   2000年   [査読有り]
キダチアロエ含有食品によるENNG誘発マウス十二指腸発がんの抑制効果(Ⅰ)
新保 寛、千原 猛、新里雅範、別府秀彦、金児孝晃、井田千賀子、川井 薫、廣野 巌、社本幹博、永津俊治、葛谷博磁
藤田学園医学会誌   42(2) 217-221   2000年   [査読有り]
キダチアロエ含有食品によるENNG誘発マウス十二指腸発がんの抑制効果(Ⅱ)―赤血球ポリアミンによる評価―
千原 猛、新保 寛、別府秀彦、井田千賀子、金児孝晃、新里雅範、川井 薫、廣野 巌、社本幹博、永津俊治、葛谷博磁
藤田学園医学会誌   42(2) 223-226   2000年   [査読有り]
乳酸菌飲料摂取によるヒトの糞便性状、糞便内菌叢への影響、Bifidobacterium breve RollyB株、Lactobacillus casei Rolly C株の腸内到達性および過剰摂取による腹部性状への影響
森 清、加藤育男、小川浩司、別府秀彦、井上 孝、川井 薫、今村誠司、新保 寛、玉井育子、中野 浩、葛谷博磁
健康・栄養食品研究   4(1) 45-58   2001年   [査読有り]
川井 薫、寺平良治、岩瀬正嗣、平光伸也、石川詩浦、砂田季彦、岡崎宏紀、菱田仁士
藤田学園医学会誌   27(1) 89-93   2003年   [査読有り]
乳果オリゴ糖配合錠菓が女子学生の便通および腸内細菌叢に及ぼす影響
別府秀彦、井上 孝、川井 薫、小島みどり、佐藤紘子、谷口 治、藤田孝輝、新保 寛、葛谷博磁
健康創造研究   2(1) 44-56   2003年   [査読有り]
乳果オリゴ糖配合飲料水が女子学生の便通および糞便菌叢に及ぼす影響
別府秀彦、井上 孝、川井 薫、沖村謙一、三上寿枝、尾崎清香、藤田孝輝、新保 寛、荒井哲也、藤井 侃、中野 浩、葛谷博磁
日本食品新素材研究会誌   7(1) 69-81   2004年   [査読有り]
α-結合ガラクトオリゴ糖錠菓摂取が女子学生の便通および糞便性状に及ぼす影響
井上 孝、伊藤哲也、別府秀彦、川井 薫、尾崎清香、岸野恵理子、藤田孝輝、山下亜希子、橋本博之、新保 寛、中野 浩、園田 茂
日本食品新素材研究会誌   8(2) 145-154   2005年   [査読有り]
乳果オリゴ糖含有緑茶飲料摂取が女子学生の便通および糞便性状に及ぼす影響
別府秀彦、井上 孝、川井 薫、尾崎清香、田口義浩、藤田孝輝、石井嘉時、新保 寛、岩瀬正嗣、中野 浩、園田 茂
機能性食品と薬理栄養   3(4) 261-273   2006年   [査読有り]
乳果オリゴ糖含有玉子どうふ摂取が健常女子の便通および糞便性状に及ぼす影響と安全性
尾崎清香、伊藤哲也、別府秀彦、井上 孝、川井 薫、井谷功典、上野隆嗣、川田道子、横山次郎、藤田孝輝、新保 寛、中野 浩、園田 茂
機能性食品と薬理栄養   3(4) 275-284   2006年   [査読有り]
実験的テクノストレスの血管内皮機能に及ぼす影響.--%FMD(血流依存性血管拡張反応)による評価—
寺平良治、杉本邦彦、川井 薫、石川浩章、伊藤康弘、平光伸也、岩瀬正嗣
心療内科   10(2) 137-141   2006年   [査読有り]
VDT作業ストレス負荷の心身に及ぼす影響.--血漿PDGF(血小板由来成長因子)およびセロトニン濃度の変動—
寺平良治、川井 薫、石川浩章、大橋鉱二、平光伸也、岩瀬正嗣、伊藤康弘
形態・機能   5(1) 3-8   2006年   [査読有り]
情動の血漿TGFβ1濃度に及ぼす影響.-VDTワープロ作業とVDTお笑い鑑賞によける比較—
寺平良治、石川浩章、川井 薫、堀口敦史、大橋鉱二、北川文彦、平光伸也、岩瀬正嗣、伊藤康弘
心療内科   10(6) 433-473   2006年   [査読有り]
日田天領水の健常女子学生に対する排便状況・便性状および腹部症状に及ぼす影響
尾崎清香、別府秀彦、井上 孝、川井 薫、田口義浩、石井嘉時、藤田孝輝、新保 寛、岩瀬正嗣、中野 浩、園田 茂
機能性食品と薬理栄養   4(1) 15-22   2006年   [査読有り]
乳果オリゴ糖含有緑茶飲料摂取が、20~40代男女の腸内細菌叢、便通、便性状に及ぼす影響
別府秀彦、渡邊治夫、川井 薫、新保 寛、土井直子、中野達徳、松本美富士、園田 茂
機能性食品と薬理栄養   6(2) 147-156   2010年   [査読有り]
体外循環中のトリプトファン代謝系による酸化ストレスへの応答機序
豊崎正人、石川隆志、山内章弘、山本 賢、石田沙織、梶原梨穂香、山城知明、杉浦美佐子、日比谷信、川井 薫、渡邊 孝、伊藤康宏
体外循環技術   39(1) 16-20   2012年   [査読有り]

書籍等出版物

 
医学領域における臨床検査学入門 第2版
KTC中央出版   2009年   
医学領域における臨床検査学入門
KTC中央出版   2005年   
Aloe arborescens Miller var. natalensis Berter. The Pharmacological and Therapeutic Effects Ⅱ
葛谷博磁
Yurika Co., LTD   2004年   
医学領域における臨床検査学入門―改訂第4版―
島 正吾、大谷元彦、伊藤宣則、村井佳幸、川井 薫、鈴木康司
藤田学園出版   1998年   
藤田学園連帯太鼓
川井 薫
藤田保健衛生大学   1996年   
アロエ大百科
藤田啓介、別府秀彦、川井 薫、新保 寛
主婦の友   1996年   
発毛、美容、病気の予防・改善にアロエがすごい
君島廣美
マキノ出版ムック   1995年   
Medical Biochemistry 医学領域における生化学
藤田啓介、永津俊治、葛谷博磁、石黒伊三雄、千谷晃一、丸野内 棣、黒沢良和
フジタヘルスユニバーシティ出版部   1994年   
キダチアロエの薬効
藤田啓介
現代書林   1994年   
アロエは肝臓の解毒作用を促し悪酔いを防ぐことが17人の飲酒実験で判明
壮快   1994年   
Aloe arborescens Miller var. natalensis Berter
新保 寛、別府秀彦、川井 薫、千原 猛、小畑雅史、古池隆明 (担当:共著)
Fujita Health University Press   1992年3月   
タイトルなし
藤田啓介
1992年   
アロエの粉のすぐれた薬効、新しい効能が最新医学の研究で続々と解明されました
わたしの健康   1992年   
残響可変―2,000席多目的ホール―
藤田啓介
丸善株式会社   1989年   

講演・口頭発表等

 
「同調の原理」に基づいた視聴覚融合による音楽の供与方法-「イメージ奏法」が心身に与える心理学的・医学的検証-
武本京子、伊藤康宏、石原 慎、川井 薫、飯田忠行、加藤みわ子
日本感情心理学会第27回大会   2019年6月29日   
音楽と画像、言語による感情誘導の刺激による効果比較.―唾液中生理活性物質を指標とした―
伊藤康宏、武本京子、石原 慎、飯田忠行、川井 薫、加藤みわ子
第81回 日本心身医学会中部地方会   2019年5月25日   
生のピアノ演奏聴取が心身の唾液中トリプトファン代謝産物に及ぼす影響について
川井薫、志賀俊亮、若山和馬、武本京子、飯田忠行、石原 慎、伊藤康宏
第29回生物試料分析科学会年次学術集会   2019年2月10日   
マインドフルネスが心身に及ぼす影響と唾液中トリプトファン代謝について
川井薫
日本トリプトファン研究会第38回学術集会   2018年12月2日   
Changes of Tryptophan Metabolites in Saliva by Listening to The Live Piano Music
川井薫
ISTRY2018 (15th Interbnationai Society for Tryptophan Research   2018年9月18日   
妊婦の腸内細菌叢に及ぼす乳糖果糖オリゴ糖の効果
井上 孝、小塚 諭、大瀧瑞江、伊藤哲也、別府秀彦、川井 薫、岸野恵理子、鈴木康司、土井直子、多田 伸
第7回日本臨床検査教育学会学術大会   2012年8月   
5~7ケ月の妊婦における乳糖果糖オリゴ糖摂取による便性状と有機酸分析
川井 薫、別府秀彦、井上 孝、鈴木康司、新保 寛、伊藤哲也、岸野恵理子、土井直子、多田 伸
第7回日本臨床検査教育学会学術大会   2012年8月   
医工学治療におけるチーム医療・コメディカルの役割の拡大―急性期・周産期「特定看護師」と臨床工学技士
渡邊 孝、高木 靖、安藤太三、山田静子、佐藤ゆかり、日比谷信、伊藤康宏、中井 滋、比企能之、川井 薫、加藤高秋
日本医工学治療学会第28回学術大会   2012年3月   
妊娠5~7ヶ月の妊婦における乳糖果糖オリゴ糖摂取期および非摂取期の腸内細菌叢の解析―T-RFLP法と培養法による検討―
井上 孝、小塚 論、大瀧瑞江、別府秀彦、川井 薫、岸野恵理子、伊藤哲也、鈴木康司、土井直子、多田 伸
第22回生物試料分析科学会大会   2012年3月   
妊婦における乳糖果糖オリゴ糖摂取及び非摂取期間の便性状と有機酸の解析
川井 薫、別府秀彦、井上 孝、鈴木康司、新保 寛、岸野恵理子、土井直子、多田 伸
第22回生物試料分析科学会大会   2012年3月   
健康大学生の性周期におけるSTAI-1と%FMDの関係
寺平良治、伊藤康宏、石川浩章、大橋鉱二、川井 薫、岩瀬正嗣、中平直樹、杉本邦彦、山田宏哉、飯田忠行、小野雄一郎
平成23年度日本産業衛生学会東海地方学会   2011年11月   
人工心肺に対する生体防御系をトリプトファン代謝から考察する
藤原麻未、川井 薫、日比谷信、渡邊 孝、伊藤康
第43回藤田学園医学会   2011年10月   
特保申請ヒト試験・難消化性デキストリンの血糖値抑制における試験設計の問題点
別府秀彦、渡邊治夫、川井 薫、新保 寛、土井直子、中野達徳、松本美富士、園田 茂
第21回生物試料分析科学会大会   2011年3月   
性周期による状態不安の変化と血中セロトニン濃度の関係
伊藤康宏、関谷明香、太田涼子、飯田忠行、石川浩章、川井 薫、寺平良治
日本トリプトファン研究会.第32回学術集会   2010年12月   
血中コルチゾールの変動要因の検討
太田涼子、関谷明香、石川浩章、大橋鉱二、川井 薫、寺平良治、渡邊 孝、安藤太三、伊藤康宏
第42回藤田学園医学会   2010年10月   
性周期による精神心理ストレス度変化と末梢血セロトニンの関係
繁田涼子、伊藤康宏、飯田忠行、石川浩章、川井 薫、寺平良治
第41回藤田学園医学会   2009年10月   
性周期におけるSTAIと血清セロトニン濃度との関係
寺平良治、石川浩章、飯田忠行、川井 薫、伊藤康宏
第4回日本臨床検査学教育学会学術大会   2009年8月   
医療秘書教育に関する一考察~医療秘書教育をうけた学生のYG性格検査結果から~
寺平良治、三好由莉、谷 優佳、川井 薫、石川浩章、伊藤康宏
日本医療秘書学会第6回学術大会   2009年2月   
ストレスに対する血中亜鉛濃度の変化
石川浩章、加藤敦美、寺澤晴美、石川奈美、松岡晴美、矢澤侑子、大橋鉱二、川井 薫、伊藤康宏、寺平良治
第19回生物試料分析科学会大会   2009年2月   
ストレスの指標として血清キヌレニン濃度測定は有用か
伊藤康宏、石川浩章、米倉麗子、中上 寧、丸田一皓、川井 薫、寺平良治
第19回生物試料分析科学会大会   2009年2月   
トリプトファン代謝からみた学生の試験ストレスの影響
杉江裕子、川井 薫、石川浩章、寺平良治、伊藤康宏
第40回藤田学園医学会   2008年10月   
セミミクロカラム-高速液体クロマトグラフィーによる血漿キヌレニン及びトリプトファン同時測定法
川井 薫、石川浩章、伊藤康宏、星川真宏、冬木琢磨、山野幸映、寺平良治
第40回藤田学園医学会   2008年10月   
セミミクロカラムを用いた高速液体クロマトグラフィーによる血漿キヌレニン及びトリプトファン同時測定法の開発
星川真宏、川井 薫、石川浩章、伊藤康宏、寺平良治
第3回日本臨床検査学教育会   2008年8月   
学生の試験ストレスの大きさを主観的評価で測る方法についての一考察$―
寺平良治、伊藤康宏、石川浩章、川井 
第61回日本心身医学会中部地方会   2008年5月   
Different effects of acute mental stress models (VDT work and VDT kraepelin test) on endothelial function in healthy subjects.
川井薫
The 12 th Congress of the Asian college of psychosomatic medicine. Melbourme   2006年11月   
Rapid, simple and simultaneous measurement of kynurenine and tryptophan in plasma by column switching-HPLC method.
川井薫
The 11th International meeting on tryptophan research(ISTRY-2006 Tokyo). Tokyo.Japan   2006年9月   
Effects of Acute Mental Stress on Endothelial Function in Healthy Subjects
川井薫
The 18th World Congress on Psychosomatic Medicine   2005年8月   
Inhibition of hepatocarcinogenesis in ODS rats fed on 3`-methyl-4-dimethylaminoazobenzene by 2-o-octadecyl ascorbic acid, ascorbyl palmitate and ascorbic acid.
川井薫
The 8th International Symposium on Prevention and Detection of Cancer   1993年5月   
Inhibitory Effect of Aloe arborescens Miller ver. natalensisi Berger (Kidachi aloe) on Induction of Preneoplastic Focal Lesions in the Rat Liver
川井薫
International Congress of Phtotherapy   1991年10月   
Tissue culture of Aloe arborescens Mill var. natalensis Berger.
川井薫
International Congress of Phtotherapy   1991年10月   

担当経験のある科目

 
  • 保健医療福祉システム論 (藤田医科大学保健学研究科)
  • 人工臓器治療支援学 (藤田医科大学保健学研究科)
  • 生体物質構造機能学 (藤田医科大学保健学研究科)
  • 環境・病態生理学 (藤田医科大学保健学研究科)
  • 臨床化学 (藤田医科大学)
  • 生化学 (藤田医科大学)
  • 関係法規 (藤田医科大学)
  • 環境衛生学 (藤田医科大学)
  • 公衆衛生学 (藤田医科大学)

所属学協会

 
生物試料分析科学会 , 日本産業衛生学会 , 日本分析化学会 , 日本公衆衛生学会

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 
 
 
 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 

その他教育活動上特記すべき事項