メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター研究統括監理部
> 研究推進本部> オープンファシリティーセンター 

共同利用研究設備サポートセンター

研究者リスト >> 前田 康博
 

最終確認日時:

編集

前田 康博

 
アバター
研究者氏名前田 康博
 
マエダ ヤスヒロ
URLhttp://www.med.nagoya-cu.ac.jp/pharmacy/div-hospital-pharmacy/index.html
所属藤田医科大学
部署共同利用研究設備サポートセンター
職名准教授
学位名古屋市立大学薬学研究科/博士(薬学)
J-Global ID200901056880693640

研究キーワード

 
先天代謝異常症 ,タンデムマス ,カルニチン

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬系分析、物理化学 / 

経歴

 
 
   
 
藤田医科大学 共同利用研究設備サポートセンター 准教授 
 
 
   
 
名古屋市立大学 薬学研究科 病院薬剤学分野  講師 
 

学歴

 
 
 - 
1994年
名古屋市立大学 大学院薬学研究科 博士前期課程 
 
 
 - 
1992年
名古屋市立大学 薬学部 製薬学科
 

論文

 
 
Tomoya Kataoka   Akimasa Sanagawa   Jun Suzuki   Tatsuya Muto   Yuji Hotta   Yoshihiro Kawade   Yasuhiro Maeda   Masahiro Tohkin   Kazunori Kimura   
Andrology      2021年8月
BACKGROUND: Patients with cancer are treated with chemotherapeutics that cause adverse effects, including erectile dysfunction (ED). OBJECTIVES: We investigated erectile function in rats after the administration of anticancer agents based on data ...
 
Tomoya Kataoka   Yuji Hotta   Yuka Yamamoto   Ayako Fukamoto   Madoka Takeuchi   Yasuhiro Maeda   Kazunori Kimura   
Sexual medicine   9(4) 100348-100348   2021年8月
BACKGROUND: Because androgen replacement therapy (ART) is not performed immediately after the onset of androgen deficiency, the treatment is considered to be late. AIM: To investigate the effects of late ART, starting 4 weeks after castration of r...
 
Tomoya Kataoka   Taiki Mori   Jun Suzuki   Yuto Kawaki   Yohei Kito   Yuji Hotta   Yoshihiro Kawade   Yasuhiro Maeda   Kazunori Kimura   
The journal of sexual medicine   18(8) 1337-1345   2021年8月
BACKGROUND: Chemotherapeutics, one of the standard treatment options for cancer worldwide, have various adverse effects, including erectile dysfunction (ED). AIM: To investigate erectile function in an animal model after administration of the anti...
 
Makoto Sumitomo   Kiyoshi Takahara   Kenji Zennami   Tomomi Nagakawa   Yasuhiro Maeda   Kazuya Shiogama   Yasuko Yamamoto   Yoshinari Muto   Takuhisa Nukaya   Masashi Takenaka   Kosuke Fukaya   Manabu Ichino   Hitomi Sasaki   Kuniaki Saito   Ryoichi Shiroki   
Cancer science   112(3) 1038-1047   2021年3月
Indoleamine 2,3-dioxygenase 1 (IDO1) is a key enzyme associated with immunomodulation through its regulation of the tryptophan-kynurenine (Kyn) pathway in advanced cancers, including metastatic renal cell carcinoma (mRCC). However, the failure of ...
 
Ayako Masaki   Takashi Ishida   Yasuhiro Maeda   Asahi Ito   Susumu Suzuki   Tomoko Narita   Shiori Kinoshita   Takashi Yoshida   Masaki Ri   Shigeru Kusumoto   Hirokazu Komatsu   Hiroshi Inagaki   Ryuzo Ueda   Ilseung Choi   Youko Suehiro   Shinsuke Iida   
Hematological oncology   38(5) 742-753   2020年12月
The enzyme, indoleamine 2,3-dioxygenase 1 (IDO), catabolizes tryptophan (Trp) in the kynurenine (Kyn) pathway, and is important in suppressing antitumor immune responses in the tumor microenvironment. With regard to previously untreated patients w...

MISC

 
 
中島 葉子   前田 康博   伊藤 哲哉   
臨床薬理の進歩   (40) 131-139   2019年6月   
dihydropyrimidine dehydrogenase(DPD)欠損症患者のスクリーニング法として、肝臓におけるDPD活性と相関があるヒト末梢血リンパ球中DPDを用い、酵素反応後の生成物をUPLC-MS/MSで定量する方法について検討した。確立した定量法により、健常人9名と5-Fluorouracil(5-FU)投与患者17名のDPD活性を測定した。健常人のリンパ球を利用した酵素反応では、DHT生成量(平均値±標準偏差)は13.5±2.5pmol/4h/μg proteinであり、...
 
中島 葉子   横井 克幸   前田 康博   吉川 哲史   伊藤 哲哉   
日本先天代謝異常学会雑誌   34 167-167   2018年9月   
 
三宅 玲香   前田 康博   中島 葉子   伊藤 哲哉   後藤 佳奈   堀田 祐志   片岡 智哉   木村 和哲   
日本先天代謝異常学会雑誌   34 211-211   2018年9月   
 
村瀬 美和   前田 康博   中島 葉子   伊藤 哲哉   堀田 祐志   片岡 智哉   木村 和哲   
JSBMS Letters   43(Suppl.) 140-140   2018年8月   
 
前田 康博   後藤 佳奈   中島 葉子   但馬 剛   堀田 祐志   片岡 智哉   木村 和哲   伊藤 哲哉   
日本先天代謝異常学会雑誌   33 202-202   2017年9月   

所属学協会

 
 
   
 
日本質量分析学会
 
   
 
日本先天代謝異常学会
 
   
 
日本医用マススペクトル学会
 
   
 
日本薬学会
 
   
 
日本マススクリーニング学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 

その他

 
 
2006年4月 - 現在
タンデム質量分析計によるメタボローム解析(先天代謝異常症における代謝物、酵素活性測定系。その他一般的一次代謝物の測定。Maeda et al. Brain & development ,2019)