メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部総合医科学研究所産学連携推進センター研究支援推進センター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  中分類 
> 医療科学部 

医療科学部

研究者リスト >> 井平勝
 

最終確認日時:0000/00/00 00:00

編集

井平勝

 
アバター
研究者氏名井平勝
所属藤田保健衛生大学
部署医療科学部 臨床工学科 循環・呼吸機能
職名教授
学位博士(医学)

Misc

 
Cycling probe-based real-time PCR for the detection of Human herpesvirus 6A and B.
Ihira M, Yamaki A, Kato Y, Higashimoto Y, Kawamura Y, Yoshikawa T.
J Med Virol.   88(9) 1628-1635   2016年9月
Virological analysis of inherited chromosomally integrated human herpesvirus-6 in three hematopoietic stem cell transplant patients.
Transpl Infect Dis.   17(5) 728-731   2015年10月
Pathogenesis of Severe Neutropenia in Patients With Primary Human Herpesvirus 6B Infection
Pediatr Infect Dis J.   34(9) 1003-1007   2015年9月
A simple cytogenetic method to detect chromosomally integrated human herpesvirus-6.
井平勝
J Virol Methods.   228 74-78   2015年2月
Direct detection of human herpesvirus 6B by the LAMP method using newly developed dry-reagents.
J Virol Methods.   201 65-67   2014年6月
Dual roles for the telomeric repeats in chromosomally integrated human herpesvirus-6.
井平勝
Sci Rep.      2014年4月
Virus specific cell-mediated immunity may play a role in controlling reactivated human herpesvirus 6B in patients under measles induced immunosuppression.
J Med Virol.   86(4) 658-665   2014年4月
Cytokine and chemokine responses in the blood and cerebrospinal fluid of patients with human herpesvirus 6B-associated acute encephalopathy with biphasic seizures and late reduced diffusion.
J Med Virol.   86(3) 512-518   2014年3月
Analysis of the shedding of three β-herpesviruses in urine and saliva of children with renal disease.
J Med Virol   86(3) 505-511   2014年3月
Copy numbers of telomeric repeat sequences of human herpesvirus 6B in clinical isolates: possibility of mixed infections.
J Clin Microbiol.   52(2) 419-424   2014年2月
運動による血清尿酸値の運動による血清尿酸値の変動
井平 勝,〆田祐光,北原公明,古池京子,前島悦子,伊藤哲也,中野博,外畑巌
藤田学園医学会誌   13(1) 155-158   1989年2月
川崎病発症原因としてのhuman herpas virus 8 の可能性
安部智子,吉川哲史,井平 勝,鈴木恭子,須賀定雄,浅野喜造
藤田学園医学会誌   23(1) 37-39   1998年11月
病院概要・医療保険制度理解のための「模擬病院」を中心としたシュミレーション学習システム
酒井一由、茂木健一、厚味高広、井平 勝、小菅理子、鈴木茂孝、加藤高秋
医療秘書教育全協誌   4(1) 43-49   2004年9月
連続的血液ガス測定CDI-200の信頼性の 連続的血液ガス測定CDI-200の信頼性の検討1
横山悦春,服部良信,根木浩路,伊藤康宏,〆田祐光,日比谷信,石川隆志,早川敏,井平 勝, 加藤政雄,山内章弘,高須賀広久
体外循環技術   14(1) 96-98   1988年2月   [査読有り]
セルセーバを用いた開心術症例の検討
石川隆志,日比谷信,井平 勝,山内章弘,高須賀,新典雄,服部良信,横山悦春,伊藤康宏
体外循環技術   19(1) 69-72   1994年3月   [査読有り]
腹部大動脈Y字人工血管置換術におけるBLOODSTATの使用経験
石川隆志,日比谷信,井平 勝,山内章弘,高須賀,新典雄,服部良信,横山悦春,伊藤康宏
体外循環技術   19(1) 73-76   1994年3月   [査読有り]
体外循環中における直腸温・食道温・鼓膜温・腋か温・膀胱温の変動について
井平 勝,石川隆志,山内章弘,高須賀広久,新典雄,横山悦春,服部良信,伊藤康宏,日比谷信
体外循環技術   20(1) 44-48   1995年3月   [査読有り]
体外循環を併用した椎骨脳底動脈クリッピング術の経験
石川隆志,井平 勝, 山内章弘,高須賀広久,小野正人,日比谷信,伊藤康宏,服部良信
体外循環技術   22(1) 44-49   1996年2月   [査読有り]
体外循環を用いて下大静脈右房内血栓を伴った悪性腫瘍摘出術を施行した2例
小野正人,石川隆志,井平 勝,山内章弘,高須賀広久,伊藤康宏,日比谷信,服部良信
体外循環技術   22(1) 44-49   1996年2月   [査読有り]
開心術におけるマッピング脳波の意義
山内章弘,石川隆志,井平 勝,高須賀広久,服部良信,横山悦春,伊藤康宏
体外循環技術   22(1) 50-56   1996年3月   [査読有り]
体外循環に血液透析を併用し,冠動脈バイパス術と腹部大動脈Y字置換術を同時に行った1例
秋山泰一,石川隆志,山内章弘,高須賀広久,川口和紀,海江田章,小野正人,井平 勝,日比谷信,服部良信
体外循環技術   23(1) 50-56   1997年6月   [査読有り]
小児生体肝移植時にhuman herpas virus 6感染を認めた4症例
井平 勝,古川博,吉川哲史,浅野喜造
藤田学園医学会誌   21 309-315   1997年7月   [査読有り]
小児生体肝移植後のhuman herpes virus 6感染に関する前方視的研究
井平 勝 古川 博 鈴木恭子 吉川哲史 須賀定雄 阿曽沼克弘 田中鉱一 浅野喜造
臨床と微生   25(3) 371-378   1998年5月   [査読有り]
ヒトヘルペスウイルス6、7感染症
井平 勝,吉川哲史,浅野喜造
小児科診療   53(7) 1017-1022   1998年10月   [査読有り]
開心術におけるマッピング脳波の検討
海江田章 石川隆志 山内章弘 高須賀広久 秋山泰一 小野正人 三澤健治 三船博子 服部良信 小林泰典 日比谷信 井平勝
体外循環技術   24(2) 30-34   1999年3月   [査読有り]
生体肝移植後のhuman herpesvirus 7感染に関する解析
井平 勝 古川 博 鈴木恭子 吉川哲史 須賀定雄 阿曽沼克弘 田中鉱一 浅野喜造
$臨床と微生物   26(5) 545-551   1999年9月   [査読有り]
体外循環中のサイトカインの血中濃度変化軽度低体温と中等度低体温との比較
伊藤康宏,日比谷信,石川隆志,豊崎正人,山内章弘,秋山泰一,海江田章,三沢健治,三船博子,井平 勝,福島玲奈,服部良信
体外循環技術   26(4) 44-47   1999年9月   [査読有り]
生体肝移植後human herpes virus-6、(HHV-6)human herpes virus 7(HHV-7)感染の解析
井平 勝
藤田学園医学会誌   19(1) 297-319   2000年3月   [査読有り]
開心術におけるフタル酸ジ(2―エチルヘキシル)DEHPの血中濃度変化
三船博子,石川隆志,山内章弘,秋山泰一,海江田章,豊崎正人,三澤健治,福島玲奈,服部良信,伊藤康宏,井平勝,日比谷信
体外循環技術   2(1) 49-51   2000年6月   [査読有り]
水痘患児からの家族、空気中へのVZVゲノム拡散状況の検討
鈴木恭子、大橋正博、井平勝、須賀定雄、浅野喜造、吉川哲史
臨床とウイルス   29(1) 25-30   2001年3月   [査読有り]
βヘルペスウイルス感染症の早期診断
井平 勝, 吉川哲史, 浅野喜造
モダンメディア   49(10) 279-285   2001年10月   [査読有り]
体外循環におけるバイオメイト回路の補体活性と血液凝固系への影響の検討
秋山玲奈, 服部良信, 石川隆志, 山内章弘, 海江田章, 豊崎正人, 三澤健治, 榊原未和, 石川正敏, 伊藤康宏, 井平勝, 日比谷信
体外循環技術   29(2) 137-140   2002年6月   [査読有り]
体外循環用軟質ポリ塩化ビニルチューブからの可塑剤溶出の基礎的検討
榊原未和,石川隆志,山内章弘,海江田章,豊崎正人,三澤健治,秋山玲奈,石川正敏,杉森美幸,山本賢,服部良信,伊藤康宏,渡邉浩次,井平勝,日比谷信
体外循環技術   31(2) 139-142   2004年4月   [査読有り]
体外循環における血中ビスフェノールAの検討
海江田章,石川隆志,山内章弘,豊崎正人,三澤健治,榊原未和,石川正敏,杉森美幸,山本賢,服部良信,伊藤康宏,渡邉浩次,井平勝,日比谷信
体外循環技術   31(4) 405-407   2004年8月   [査読有り]
生体適合性の面からみた低侵襲体外循環の基礎的検討 コーティングおよび遠心ポンプによる低侵襲化
伊藤康宏, 日比谷信, 石川隆志, 山内章弘, 海江田章, 豊崎正人, 三澤健治, 石川正敏, 杉森美幸, 山本賢, 榊原未和, 井平勝, 山下満, 服部良信, 渡邉浩次, 児玉泰
体外循環技術   32(1) 7-10   2005年3月   [査読有り]
LAMP法によるCMV迅速診断の確立
鈴木竜太, 吉川哲史, 榎本喜彦, 杉山博子, 井平勝, 三宅史, 藤田綾乃, 須賀定雄, 浅野喜造
臨床とウイルス   33(2) 59-59   2005年5月   [査読有り]
世界的にみた感染症の検査法 単純ヘルペスウイルス
井平 勝、吉川哲史
臨床と微生物   34(4) 311-316   2007年8月   [査読有り]
RT-LAMP法によるA型および新型インフルエンザウイルス検出の臨床検討
吉川哲史, 中井英剛, 菅田健, 吉川明子, 浅野喜造, 井平勝, 影山努, 中内美名, 仙波晶平, 森安義, 神田秀俊, 納富継宣
診療と新薬   48(1) 19-26   2011年3月   [査読有り]
The kinetics of urinary shedding of BK virus in children with renal disease.
Microbiol Immunol.   59(1) 37-42
Analysis of ganciclovir-resistant human herpesvirus 6B clinical isolates using quenching probe PCR methodology.
Antimicrob Agents Chemother.   59(5) 2618-2614
Pathogenic Role of Human Herpesvirus 6B Infection in Mesial Temporal Lobe Epilepsy.
J Infect Dis.   212(7) 1012-1021

講演・口頭発表等

 
Variant 特異的HHV-6 LAMP法による造血幹細胞移植(HSCT)後HHV-6感染の迅速診断
井平 勝 吉川哲史、榎本喜彦、杉山博子、菅田 健、須賀定雄、浅野喜造
第49回日本臨床ウイルス学会   2008年6月   
HHV-6 variant 特異的抗体測定法の開発
東本祐紀、太田茜、井平 勝、菅田健、浅野喜造、吉川哲史
第40回藤田医学学会   2008年10月   
Variant 特異的HHV-6 LAMP法による造血幹細胞移植後HHV-6感染モニタリング
井平 勝、榎本喜彦、杉山博子、鈴木竜太、太田茜、菅田健、須賀定雄、浅野喜造、吉川哲史
第56回 日本ウイルス学会   2008年10月   
Real-time PCR法を用いた自己免疫疾患患者の唾液中Epstein Bar virus DNA量の検討
久原友江、渡辺大輔、石田奈津子、井平 勝、吉川哲史
第56回 日本ウイルス学会   2008年10月   
Variant 特異的HHV-6 LAMP法による造血幹細胞移植後HHV-6感染モニタリング
井平 勝、榎本喜彦、杉山博子、東本祐紀、、鈴木竜太、菅田健、須賀定雄、浅野喜造、吉川哲史
第1回LAMP研究会   2009年3月   

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

 
 

その他教育活動上特記すべき事項