メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 教養 

医学部 教養

研究者リスト >> 守口 匡子
 

最終確認日時:2016/09/27 12:56

編集

守口 匡子

 
アバター
研究者氏名守口 匡子
 
 
所属藤田医科大学
部署医学部
職名准教授
学位医学博士(京都大学)
J-Global ID200901055029738553

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 

委員歴

 
2013年12月
 - 
2014年11月
科学研究費委員会専門委員
 
2012年12月
 - 
2013年11月
科学研究費委員会専門委員
 

論文

 
 
Japanese Journal of Applied Physics   10 29-312019年7月   [査読有り]
 
Hiroki Ashiba   Yuki Sugiyama   Xiaomin Wang   Haruko Shirato   Kyoko Higo-Moriguchi   Koki Taniguchi   Yoshimichi Ohki   Makoto Fujimaki   
BIOSENSORS & BIOELECTRONICS   93 260-2662017年7月   [査読有り]
A highly sensitive biosensor to detect norovirus in environment is desired to prevent the spread of infection. In this study, we investigated a design of surface plasmon resonance (SPR)-assisted fluoroimmunosensor to increase its sensitivity and p...
 
Tomohiro Kawahara   Yutaka Makizaki   Yosuke Oikawa   Yoshiki Tanaka   Ayako Maeda   Masaki Shimakawa   Satoshi Komoto   Kyoko Moriguchi   Hiroshi Ohno   Koki Taniguchi   
PLOS ONE   12(3) 2017年3月   [査読有り]
Human rotavirus (RV) infection is a leading cause of dehydrating diarrhea in infants and young children worldwide. Since therapeutic approaches to RV gastroenteritis are limited to alleviation of dehydration with oral rehydration solutions, more d...
 
Hlaing Myat Thu   Theingi Win Myat   Mo Mo Win   Kyaw Zin Thant   Shofiqur Rahman   Kouji Umeda   Sa Van Nguyen   Faustino C. Icatlo   Kyoko Higo-Moriguchi   Koki Taniguchi   Takao Tsuji   Keiji Oguma   Sang Jong Kim   Hyun Suk Bae   Hyuk Joon Choi   
KOREAN JOURNAL FOR FOOD SCIENCE OF ANIMAL RESOURCES   37(1) 1-92017年2月   [査読有り]
The rotavirus-induced diarrhea of human and animal neonates is a major public health concern worldwide. Until recently, no effective therapy is available to specifically inactivate the rotavirion particles within the gut. Passive immunotherapy by ...
 
Komoto S   Pongsuwanna Y   Tacharoenmuang R   Guntapong R   Ide T   Higo-Moriguchi K   Tsuji T   Yoshikawa T   Taniguchi K   
Veterinary microbiology   195 37-572016年11月   [査読有り]

MISC

 
 
安浦 雅人   白土 東子   守口 匡子   藤巻 真   
電気学会研究会資料. CHS = The papers of technical meeting on "chemical sensor", IEE Japan   2017(1) 13-162017年6月   
 
K Higo-Moriguchi   Y Akahori   Y Iba   Y Kurosawa   K Taniguchi   
JOURNAL OF VIROLOGY   78(10) 5534-55342004年5月   

講演・口頭発表等

 
 
ファージディスプレイ法により単離したヒト型抗ノロウイルス抗体の,ウイルス‐血液型高原吸着阻害活性の検討
守口匡子   白土東子   染谷雄一   武田直和   奥野良信   黒澤良和   谷口孝喜   
第60回日本ウイルス学会学術集会   2012年   
 
Randomized placebo-controlled clinical trial of immunoglobulin Y as adjunct to standard supportive therapy for rotavirus-associated diarrhea among pediatric patients
Rahaman S   Higo-Moriguchi K   Htun K W   Taniguchi K   Icatlio FC   Tsuji T   Kodama Y   Nguyen SV   Umeda K   Oo HN   Myint YY   Htut T   Myint SS   Thura K   Thu HM   Fatmawati NND   Ogyma K   
46th Joint Working Conference on Viral Diseases, The Japan-United States Cooperative Medical Science Program   2012年   
 
ファージディス法による,広域遺伝子型反応性ヒト型抗ノロウイルス抗体の単離
染谷雄一   守口匡子   白土東子   武田直和   奥野良信   黒澤良和   谷口孝喜   
日本薬学会第131回年会   2011年   
 
Isolation of cross-reactive human monoclonal antibodies against human norovirus
Higo-Moriguchi K   Horikoshi-Shirato H   Someya Y   Okuno Y   Kurosawa Y   Taniguchi K   
XV International Congress of Virology   2011年   
 
ファージディスプレイ法による,ヒト型抗ノロウイルス抗体の単離
守口匡子   白土東子   染谷雄一   武田直和   奥野良信   黒澤良和   谷口孝喜   
第58回日本ウイルス学会学術集会   2010年   

所属学協会

 
 
   
 
日本ウイルス学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
人工ヒト型抗ノロウイルス抗体を利用した、感染防御・治療法の開発
独立行政法人日本学術振興会: 基盤研究(C)
守口匡子 
研究期間: 2014年4月 - 2020年3月
 
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月
 
人口ヒト型抗ロタウイルス中和抗体を利用した、感染防御・治療法の開発
独立行政法人日本学術振興会: 基盤研究(C)
守口匡子 
研究期間: 2007年4月 - 2011年3月
 
ヒト型抗ロタウイルス中和抗体の作成と、それを利用した感染防御・治療法の開発
独立行政法人日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
守口匡子 
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 

その他教育活動上特記すべき事項