メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部総合医科学研究所産学連携推進センター研究支援推進センター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  中分類 
> 医学部 

医学部

研究者リスト >> 岡本昌隆
 

最終更新日時:2015/09/16 09:16

編集

岡本昌隆

 
アバター
研究者氏名岡本昌隆
所属藤田保健衛生大学
部署医学部 医学科 血液内科学
職名教授
学位博士(医学)(藤田保健衛生大学)

研究キーワード

 
濾胞性リンパ腫 , マントル細胞リンパ腫 , 低悪性度B細胞リンパ腫 , 悪性リンパ腫

研究分野

 
  • 内科系臨床医学 / 血液内科学 / 血液腫瘍学

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
藤田保健衛生大学医学部 血液内科 臨床教授
 
2006年6月
 - 
2013年3月
藤田保健衛生大学病院中央診療部 外来薬物療法センター センター長
 
2007年4月
 - 
2010年3月
藤田保健衛生大学 医学部医学科 血液内科学 准教授
 
2001年4月
 - 
2007年3月
藤田保健衛生大学 医学部医学科 血液内科学 助教授
 

学歴

 
1987年4月
 - 
現在
藤田保健衛生大学 大学院医学研究科 病態血液学科
 

委員歴

 
2016年6月
 - 
現在
日本リンパ網内系学会  診療保険委員会委員
 
2016年6月
 - 
現在
日本リンパ網内系学会  理事
 
2012年6月
 - 
現在
日本リンパ網内系学会  COI委員会委員
 
2011年4月
 - 
現在
日本血液学会  造血器腫瘍診療ガイドライン委員
 
2014年6月
 - 
2016年5月
日本リンパ網内系学会  監事
 
2003年6月
 - 
2013年3月
日本リンパ網内系学会  将来構想委員会委員
 

論文

 
Elevated serum interferon γ-induced protein 10 kDa is associated with TAFRO syndrome.
Sci Rep. 2017 Feb 13;7:42316.   7 42316   2017年2月   [査読有り]
Yamada S., Emi N., Tomono A., Hayashi T., Ito K., Ando Y., Ando M., Okamoto A., Tsuge M., Okamoto M., Inaguma Y.
Cancer Chemother Pharmacol.   78(2) 305-312   2016年8月   [査読有り]
ITO Kaori, OKAMOTO Masataka, INAGUMA Yoko, OKAMOTO Akinao, ANDO Maiko, ANDO Yosuke, TSUGE Masahiro, TOMONO Ayana, KAKUMAE Yukiko, HAYASHI Takahiro, YAMADA Shigeki, EMI Nobuhiko
Oncology. 2016;91(6):302-310.   91(6) 310   2016年6月   [査読有り]
Yanada M, Yamamoto Y, Iba S, Okamoto A, Inaguma Y, Tokuda M, Morishima S, Kanie T, Mizuta S, Akatsuka Y, Okamoto M, Emi N.
Int J Hematol. 2016 Apr;103(4):429-35.     103(4) 435   2016年4月   [査読有り]
Abe A, Yamamoto Y, Iba S, Kanie T, Okamoto A, Tokuda M, Inaguma Y, Yanada M, Morishima S, Mizuta S, Akatsuka Y, Okamoto M, Kameyama T, Mayeda A, Emi N.
Genes Chromosomes Cancer.   55(3) 242-250   2016年3月   [査読有り]
Tamura K, Kawai Y, Kiguchi T, Okamoto M, Kaneko M, Maemondo M, Gemba K, Fujimaki K, Kirito K, Goto T, Fujisaki T, Takeda K, Nakajima A, Ueda T.
Int J Clin Oncol. 2016 Mar 26. [Epub ahead of print]    21(5) 1003   2016年3月   [査読有り]
Iwaki N, Fajgenbaum DC, Nabel CS, Gion Y, Kondo E, Kawano M, Masunari T, Yoshida I, Moro H, Nikkuni K, Takai K, Matsue K, Kurosawa M, Hagihara M, Saito A, Okamoto M, Yokota K, Hiraiwa S, Nakamura N, Nakao S, Yoshino T, Sato Y.
Am J Hematol. 2016 Feb;91(2):220-6.   91(2) 220-226   2016年2月   [査読有り]
HHV-8陰性PEL-like lymphomaの1例、および自験5例の臨床病理学的検討
佐藤 聖子, 水谷 有希, 大澤 道子, 西井 智香子, 榎本 喜彦, 古川 博, 勝田 逸郎, 山本 幸也, 恵美 宣彦, 岡本 昌隆
日本検査血液学会雑誌17(1); 47-53: 2016   17(1) 47-53   2016年1月   [査読有り]
Abe A, Yamamoto Y, Iba S, Okamoto A, Tokuda M, Inaguma Y, Yanada M, Morishima S, Kanie T, Tsuzuki M, Akatsuka Y, Mizuta S, Okamoto M, Kameyama T, Mayeda A, Emi N.
Cytogenet Genome Res. 2015 Oct 31. [Epub ahead of print]   146(4) 279-284   2015年10月   [査読有り]
Okamoto A, Yanada M, Miura H, Inaguma Y, Tokuda M, Morishima S, Kanie T, Yamamoto Y, Mizuta S, Akatsuka Y, Yoshikawa T, Mizoguchi Y, Nakamura S, Okamoto M, Emi N.
Cancer Science 09/2015 [Epub ahead of print]   106(11) 1581   2015年9月   [査読有り]
Chihara D, Asano N, Ohmachi K, Kinoshita T, Okamoto M, Maeda Y, Mizuno I, Matsue K, Uchida T, Nagai H, Nishikori M, Nakamura S, Ogura M, Suzuki R.
Br J Haematol.   170(5) 657-668   2015年9月   [査読有り]
Kusumoto S, Tanaka Y, Suzuki R, Watanabe T, Nakata M, Takasaki H, Fukushima N, Fukushima T, Moriuchi Y, Itoh K, Nosaka K, Choi I, Sawa M, Okamoto R, Tsujimura H, Uchida T, Suzuki S, Okamoto M, Takahashi T, Sugiura I, Onishi Y, Kohri M, Yoshida S, Sakai R, Kojima M, Takahashi H, Tomita A, Maruyama D, Atsuta Y, Tanaka E, Suzuki T, Kinoshita T, Ogura M, Mizokami M, Ueda R
Clin Infect Dis. 2015 Sep 1;61(5):719-29.   61(5) 719-729   2015年9月   [査読有り]
The prognostic significance of EBV DNA load and EBER status in diagnostic specimens from diffuse large B-cell lymphoma patients.
Okamoto A, Yanada M, Inaguma Y, Tokuda M, Morishima S, Kanie T, Yamamoto Y, Mizuta S, Akatsuka Y, Yoshikawa T, Mizoguchi Y, Nakamura S, Okamoto M, Emi N.
Hematol Oncol. 2015 Jul 14. [Epub ahead of print]      2015年7月   [査読有り]
Yanada M, Okamoto A, Inaguma Y, Tokuda M, Morishima S, Kanie T, Yamamoto Y, Mizuta S, Akatsuka Y, Okamoto M, Emi N.
Int J Hematol.   102(1) 35-40   2015年7月   [査読有り]
The prognostic significance of EBV DNA load and EBE Successful autologous stem cell transplantation for relapsed lymphoma with peripheral blood stem cells cryopreserved for ten years.R status in diagnostic specimens from diffuse large B-cell lymphoma pati
Okamoto A, Yanada M, Inaguma Y, Tokuda M, Morishima S, Kanie T, Yamamoto Y, Mizuta S, Akatsuka Y, Yoshikawa T, Mizoguchi Y, Nakamura S, Okamoto M, Emi N.
Hematol Oncol.      2015年6月   [査読有り]
Chihara D, Asano N, Ohmachi K, Nishikori M, Okamoto M, Sawa M, Sakai R, Okoshi Y, Tsukamoto N, Yakushijin Y, Nakamura S, Kinoshita T, Ogura M, Suzuki R.
Ann Oncol. 2015 May;26(5):966-73   26(5) 966-973   2015年5月   [査読有り]
Ito K, Okamoto M, Ando M, Kakumae Y, Okamoto A, Inaguma Y, Tokuda M, Yanada M, Yamada S, Emi N.
Leuk Lymphoma.   56(4) 1123-1125   2015年4月   [査読有り]
Morishima S, Nakamura S, Yamamoto K, Miyauchi H, Kagami Y, Kinoshita T, Onoda H, Yatabe Y, Ito M, Miyamura K, Nagai H, Moritani S, Sugiura I, Tsushita K, Mihara H, Ohbayashi K, Iba S, Emi N, Okamoto M, Iwata S, Kimura H, Kuzushima K, Morishima Y.
Leuk Lymphoma. 2015 Apr;56(4):1072-8.   56(4) 1072-1078   2015年4月   [査読有り]
Okamoto A, Abe A, Okamoto M, Kobayashi T, Inaguma Y, Tokuda M, Yanada M, Morishima S, Kanie T, Yamamoto Y, Tsuzuki M, Mizuta S, Akatsuka Y, Yatsuya H, Yoshikawa T, Emi N.
Infect Chemother. 2014 Dec;20(12):774-7. Epub 2014 Aug 30.   20(11-12) 774-777   2014年8月   [査読有り]
Kato H, Karube K, Yamamoto K, Takizawa J, Tsuzuki S, Yatabe Y, Kanda T, Katayama M, Ozawa Y, Ishitsuka K, Okamoto M, Kinoshita T, Ohshima K, Nakamura S, Morishima Y, Seto M.
Cancer Sci.   105(5) 537-544   2014年5月   [査読有り]

Misc

 
マントル細胞リンパ腫に対する無治療経過観察は許容される治療対応か?
岡本昌隆、稲熊容子、岡本晃直
血液内科. 2016; 73(1): 29-35.   73(1) 29-35   2016年1月   [依頼有り]
リンパ芽球性リンパ腫(LBL)
稲熊容子、岡本昌隆、岡本晃直
日本臨牀   73(増刊8) 493-498   2015年10月   [依頼有り]
子宮・卵巣リンパ腫
岡本昌隆、稲熊容子、岡本晃直
日本臨牀   73(増刊8) 662-666   2015年10月   [依頼有り]
ホジキンリンパ腫治療後の二次がんおよび三次がんの発症リスク
岡本昌隆、稲熊容子、岡本晃直
血液フロンティア   25(3) 70-74   2015年3月   [依頼有り]
高齢者マントル細胞リンパ腫に対する治療戦略
岡本昌隆、稲熊容子、岡本晃直
血液フロンティア 24(9): 49-57, 2014   24(9) 49-57   2014年9月   [査読有り][依頼有り]
節外性濾胞辺縁帯リンパ腫(MALTリンパ腫)に対する治療方針
岡本昌隆、稲熊容子、岡本晃直
眼科 ophthalmology 2014   56(1) 11-19   2014年
「リンパ腫 -検査・診断と治療の最新動向-」 Ⅰ.総論 1.検査・診断法の変遷と展望,The progress of laboratory medicine and diagnostic procedures in lymphoma and its future prospects
岡本昌隆
日本臨牀   72(3) 391-398   2014年
高齢者マントル細胞リンパ腫に対する寛解導入療法施行と維持療法に関する第III相試験
岡本 昌隆, 稲熊 容子, 岡本 晃直
血液内科   66(4) 456-463   2013年
リンパ腫治療最前線 進歩する病型別マネジメント ④MALTリンパ腫 -病態に応じた治療選択,Etiology, clinical features, and treatment strategies of extranodal marginal zone lymphoma of mucosa-associated lymphoid tissue (MALT lymphoma)
岡本昌隆、稲熊容子、岡本晃直
Mebio 2013   30(8) 40-48   2013年
【悪性リンパ腫の薬物療法最前線】 非ホジキンリンパ腫に対する組織型別薬物療法の実際 B細胞性リンパ腫に対する薬物療法 低悪性度B細胞性リンパ腫に対する薬物療法 MALTリンパ腫(胃MALTリンパ腫とその他のMALTリンパ腫)
岡本昌隆
臨床腫瘍プラクティス   8(3) 236-240   2012年
粘膜関連濾胞辺縁帯(MALT)リンパ腫の病院・病態と治療,B細胞リンパ腫. Ⅴ.リンパ系腫瘍の臨床. 造血器腫瘍学 -基礎と臨床の最新研究動向-
岡本昌隆、稲熊容子、岡本晃直,
日本臨牀   70(増刊2) 482-487   2012年
Rituximab併用化学療法における液性免疫能の変化および帯状疱疹(H.zoster)の発症頻度について
伊藤佳織, 岡本昌隆, 丸山文夫, 半田幸助, 山本幸也, 渡邊正人, 都築基弘, 水田秀一, 熊澤里美, 太田秀基, 中野一子, 恵美宣彦
癌と化学療法   37(1) 99-102   2010年
【悪性リンパ腫Update】 エビデンスに基づくリンパ腫の治療とあらたな展開 血管免疫芽球性T細胞リンパ腫 病理・病態・治療
岡本昌隆
医学のあゆみ   235(5) 549-54   2010年
ホジキンリンパ腫診療の現在
渡辺隆, 岡本昌隆, 小椋美知則, 木下朝博, 永井宏和
Trends Hematol Malig   3(1) 8-13   2010年
治療方針決定に苦慮する造血器腫瘍に対する治療指針 Highly aggressive B細胞非ホジキンリンパ腫へのアプローチ
稲熊容子、岡本昌隆
血液・腫瘍科   58(4) 427-433   2009年

書籍等出版物

 
血液疾患診療ナビ あなたが診てもここまでわかる!(改訂2版) リンパ節腫脹
岡本昌隆 (担当:共著, 範囲:リンパ節腫脹)
南山堂   2016年8月   
血液疾患診療ナビ あなたが診てもここまでわかる!(改訂2版) 血液専門医からプライマリ・ケア医へのお願い
岡本昌隆 (担当:共著, 範囲:血液専門医からプライマリ・ケア医へのお願い)
南山堂   2016年8月   
血液疾患 最新の治療 2017-2019
岡本昌隆、稲熊容子、岡本晃直 (担当:分担執筆, 範囲:Ⅳ-19 マントル細胞リンパ腫)
南江堂   2016年   
EBM 血液疾患の治療 2017‐2018
岡本昌隆、稲熊容子、岡本晃直 (担当:分担執筆, 範囲:Ⅳリンパ系腫瘍 B.indolent B細胞リンパ腫 5.消化管MALTリンパ腫の治療)
中外医学社   2016年   
悪性リンパ腫治療マニュアル(改訂第4版) マントル細胞リンパ腫
岡本昌隆 (担当:分担執筆, 範囲:マントル細胞リンパ腫)
南江堂   2015年   
悪性リンパ腫-治療悪性リンパ腫治療マニュアル(改訂第4版) DeVIC±R療法 
岡本昌隆 (担当:分担執筆, 範囲:DeVIC±R療法)
南江堂   2015年   
造血器腫瘍診療ガイドライン 2015年度改定(Web版)
岡本昌隆、楠本茂 (担当:分担執筆, 範囲:マントル細胞リンパ腫 ver1.2)
一般社団法人日本血液学会(Web)   2015年   
レベルアップのためのリンパ腫セミナー リンパ節構成細胞の免疫表現型
岡本昌隆 (担当:分担執筆, 範囲:リンパ節構成細胞の免疫表現型(フローサイトメトリー、免疫染色))
南江堂   2014年   
レベルアップのためのリンパ腫セミナー マントル細胞リンパ腫(MCL)
岡本昌隆 (担当:分担執筆, 範囲:マントル細胞リンパ腫(MCL))
南江堂   2014年   
造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版
小椋美知則、岡本昌隆 (担当:分担執筆, 範囲:マントル細胞リンパ腫)
金原出版   2013年   
日本臨床別冊血液症候群第2版III.T-zone lymphoma
大島孝一、岡本昌隆 (担当:分担執筆, 範囲:T-zone lymphoma)
日本臨牀社   2013年   
日本臨床別冊血液症候群第2版III. B-/T-リンパ芽球性白血病/リンパ腫
岡本昌隆、稲熊容子、岡本晃直 (担当:分担執筆, 範囲:B-/T-リンパ芽球性白血病/リンパ腫)
日本臨牀社   2013年   
日本臨床別冊血液症候群第2版III. 節外性辺縁帯リンパ腫 粘膜関連リンパ組織(MALT)リンパ腫
岡本昌隆、稲熊容子、岡本晃直 (担当:分担執筆, 範囲:節外性辺縁帯リンパ腫 粘膜関連リンパ組織(MALT)リンパ腫)
日本臨牀社   2013年   
ビジュアル臨床血液形態学 改訂第2版
勝田逸郎、岡本昌隆、池本敏行、都築基弘、秋山秀彦、市原慶和、郡司昌治 (担当:共著)
南江堂   2012年   
EBM血液疾患の治療2013-2014
岡本昌隆 (担当:分担執筆, 範囲:濾胞性リンパ腫に対するリツキシマブ維持療法)
中外医学社   2012年   
悪性リンパ腫診療スキルアップ 細胞表面マーカー
岡本昌隆 (担当:分担執筆, 範囲:総論A.悪性リンパ腫を診断するために 4.細胞表面マーカー)
中外医学社   2012年   
若手医師のためのリンパ腫セミナー リンパ腫の免疫表現型診断
岡本昌隆 (担当:分担執筆, 範囲:リンパ腫の免疫表現型診断)
南江堂   2012年   
最新内科学
岡本昌隆 (担当:分担執筆, 範囲:悪性リンパ腫類縁疾患)
西村書店   2012年   
若手医師のためのリンパ腫セミナー染色体検査:検体提出と結果の解釈 
岡本昌隆 (担当:分担執筆, 範囲:染色体検査:検体提出と結果の解釈.)
南江堂   2012年   
悪性リンパ腫診療スキルアップ 染色体、遺伝子
岡本昌隆 (担当:分担執筆, 範囲:総論A.悪性リンパ腫を診断するために 5.染色体、遺伝子)
中外医学社   2012年   
血液疾患診療ナビ あなたが見てもここまでわかる! 6-B 専門医からプライマリ・ケア医へのお願い. 
岡本昌隆 (担当:共著, 範囲:6-B 専門医からプライマリ・ケア医へのお願い )
南山堂   2010年   
血液疾患 最新の治療2011-2013
岡本昌隆 (担当:分担執筆, 範囲:MALTリンパ腫)
南江堂   2010年   
悪性リンパ腫診療ハンドブック こんな症例に出会ったら Answer② 1.末梢性T細胞、非特異群
岡本昌隆 (担当:分担執筆, 範囲:こんな症例に出会ったら Answer② 1.末梢性T細胞、非特異群 B.T細胞リンパ腫 Ⅱ.各論. )
南江堂   2010年   
悪性リンパ腫診療ハンドブック マントル細胞リンパ腫
岡本昌隆、中峯寛和 (担当:分担執筆, 範囲:疾患概念/頻度/臨床所見/予後/治療 2.マントル細胞リンパ腫 A.B細胞リンパ腫 Ⅱ.各論. )
南江堂   2010年   
悪性リンパ腫診療ハンドブック こんな症例に出会ったら Answer② 1.濾胞性リンパ腫  
岡本昌隆 (担当:分担執筆, 範囲:こんな症例に出会ったら Answer② 1.濾胞性リンパ腫 A.B細胞リンパ腫 Ⅱ.各論.)
南江堂   2010年   
悪性リンパ腫診療ハンドブック  3.免疫表現型(フローサイトメトリーと免疫組織染色)
岡本昌隆 (担当:分担執筆, 範囲:3.免疫表現型(フローサイトメトリーと免疫組織染色))
南江堂   2010年   
『血液疾患の病診連携』~プライマリーフィジシャンとスペシャリストの架け橋
岡本昌隆 (担当:分担執筆, 範囲:4.リンパ腫 Ⅲ.血液腫瘍の治療・予後の現状.)
医薬ジャーナル社   2010年   
血液診療エキスパート 悪性リンパ腫
半田幸助、岡本昌隆 (担当:分担執筆, 範囲:びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の化学療法(初発例を中心に))
中外医薬社   2010年   
血液疾患診療ナビ あなたが診てもここまでわかる! 2-Cリンパ節腫脹
岡本昌隆 (担当:共著, 範囲:2-Cリンパ節腫脹 Chapter 2 病歴・診察所見から考える. )
南山堂   2010年   
WHO血液腫瘍分類~WHO分類2008を上手く活用するために~
中峯寛和, 岡本昌隆, 中村直哉 (担当:分担執筆, 範囲:有毛細胞白血病)
医薬ジャーナル社   2010年   
血液疾患診療ナビ あなたが診てもここまでわかる! 血液専門医からプライマリ・ケア医へのお願い
岡本昌隆 (担当:共著)
南山堂   2010年   
悪性リンパ腫 臨床と病理 –WHO分類(第4版)に基づいて- Hodgkinリンパ腫
岡本昌隆 (担当:共編者, 範囲:各論PartⅢ Hodgkinリンパ腫 1-0. Hodgkinリンパ腫 <まとめ>)
先端医学社   2009年   
悪性リンパ腫治療マニュアル. 改訂第3版
岡本昌隆 (担当:分担執筆, 範囲:Ⅲ悪性リンパ腫 -治療の実際 2.治療レジメンと治療遂行上の注意点 サルベージ療法 DeVIC+/-R療法)
南江堂   2009年   
悪性リンパ腫 臨床と病理 –WHO分類(第4版)に基づいて- 子宮・卵巣リンパ腫
半田幸助、岡本昌隆 (担当:共編者, 範囲:各論PartⅠ B細胞リンパ腫 7-6. 子宮・卵巣リンパ腫)
先端医学社   2009年   
悪性リンパ腫 臨床と病理 –WHO分類(第4版)に基づいて- 肺リンパ腫
半田幸助、岡本昌隆 (担当:共編者, 範囲:各論PartⅠ B細胞リンパ腫 7-6. 肺リンパ腫)
先端医学社   2009年   
悪性リンパ腫 臨床と病理 –WHO分類(第4版)に基づいて- 骨リンパ腫
半田幸助、岡本昌隆 (担当:共編者, 範囲:各論PartⅠ B細胞リンパ腫 7-6. 骨リンパ腫)
先端医学社   2009年   
悪性リンパ腫 臨床と病理 –WHO分類(第4版)に基づいて- Burkittリンパ腫
岡本昌隆、三浦偉久男、中村直哉
先端医学社   2009年   
悪性リンパ腫 臨床と病理 –WHO分類(第4版)に基づいて- マントル細胞リンパ腫 
岡本昌隆、三浦偉久男、中峯寛和 (担当:共編者, 範囲:各論PartⅠ B細胞リンパ腫 3-0. マントル細胞リンパ腫)
先端医学社   2009年   
悪性リンパ腫 臨床と病理 –WHO分類(第4版)に基づいて- 濾胞性リンパ腫 
岡本昌隆、三浦偉久男、吉野正 (担当:共編者, 範囲:各論PartⅠ B細胞リンパ腫 2-0. 濾胞性リンパ腫)
先端医学社   2009年   
悪性リンパ腫 臨床と病理 –WHO分類(第4版)に基づいて- 総論6.悪性リンパ腫の病型頻度 
岡本昌隆 (担当:共編者, 範囲:総論6.悪性リンパ腫の病型頻度 )
先端医学社   2009年   
悪性リンパ腫 臨床と病理 –WHO分類(第4版)に基づいて-  免疫不全関連リンパ増殖性疾患
岡本昌隆 (担当:共編者, 範囲:各論PartⅣ 免疫不全関連リンパ増殖性疾患 –MTX関連以外- )
先端医学社   2009年   

講演・口頭発表等

 
Transcriptional activation of PDGFRA and GSX2 by ETV6 translocation in a case of AML with t(4;12)
第78回日本血液学会学術集会   2016年10月13日   
Possibility of retreatment with bendamustine-rituximab in relapsed/refractory mantle cell lymphoma.
第78回日本血液学会学術集会   2016年10月13日   
Relationship between tissue EBV-DNA copy number and pathological classification,subtypes in LPDs.
第78回日本血液学会学術集会   2016年10月13日   
DLBCL患者における単核球及び血清中と腫瘍中EBVウイルス量の関係
岡本晃直、柳田正光、岡本昌隆、稲熊容子、徳田倍将、森嶋聡子、蟹江匡治、山本幸也、水田秀一、冨田章裕、赤塚美樹、吉川哲史、中村栄男、溝口良順、恵美宣彦
第56回日本リンパ網内系学会総会   2016年9月1日   
Dexamethasone, etoposide, ifosfamide and carboplatin (DeVIC): an effective salvage therapy for aggressive lymphoma.
安藤舞子、岡本昌隆、伊藤佳織、伴野綾奈、安藤洋介、岡本晃直、稲熊容子、林高弘、山田成樹、恵美宣彦
第14回日本臨床腫瘍学会学術集会学術集会   2016年7月28日   
リツキシマブ併用化学療法を施行したEBV陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の予後に関する検討
新津 望, 田苗 健, 高橋 直樹, 岡本 晃直, 恵美 宣彦, 麻生 範雄, 吉野 正, 中村 栄男, 岡本 昌隆
第113回日本内科学会講演会   2016年4月   
初発濾胞性リンパ腫に対するR-CHOP療法が免疫機能に与える影響
伊藤佳織、岡本昌隆、寺澤知彦、覚前有希子、岡本晃直、稲熊容子、徳田倍将、柳田正光、森島聡子、蟹江匡治、赤塚美樹、水田修一、山田成樹、恵美宣彦
第75回日本血液学会学術総会   2013年10月11日   
Influence of rituximab plus bendamustine chemotherapy on the immune system in lymphoma patients
Itoh K, Okamoto M, Ando Y, Ando M, Kumazawa S, Okamoto A, Inaguma Y, Ohta H, Yamada S, Emi N
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会   2013年7月29日   
再発・難治低悪性度B細胞リンパ腫に対するbendamustine、rituximab併用(BR)療法第I相試験前後の免疫能の検討
新津 望, 田苗 健, 郡 美佳, 岡本 晃直, 高橋 直樹, 柳田 正光, 岡本 昌隆
第110日本内科学会講演会   2013年4月12日   
Expression analysis of age-related EBLPD uncovers alterations in characteristic oncogenetic pathways.(加齢関連EBLPDの発現解析から明らかとなった特徴的な発癌経路における変化)
Kato H, Karube K, Yamamoto K, Takizawa J, Tsuzuki S, Katayama M, Kanda T, Yatabe Y, Ozawa Y, Ishitsuka K, Okamoto M, Kinoshita T, Oshima K, Nakamura S, Morishima Y, Seto M
第74回日本血液学会総会   2012年10月19日   
Differences in outcome for unselected patients with DLBCL before and after the advent of rituximab.(リツキシマブの開発前後の無作為に選んだDLBCL患者の治療成績の違い)
Okamoto A, Yanada M, Inaguma Y, Tokuda M, Morishima S, Kanie T, Yamamoto Y, Tuzuki M, Akatsuka Y, Mizuta S, Okamoto M, Emi N
第74回日本血液学会総会   2012年10月19日   
ETV6-LPXN fusion from additional t(11;12) (q13;p13) in a patient relapsing with AML with NUP98-HOXA9(NUP98-HOXA9のAML再発患者に見られたt(11;12)(q13;p13)の追加よるETV6-LPXN融合遺伝子)
Abe A, kanie T, Yamamoto Y, Okamoto A, Tokuda M, Inaguma Y, Yanada M, Morishima S, Akatsuka Y, Mizuta S, Okamoto M, Emi N
第74回日本血液学会総会   2012年10月19日   
Evaluation of carboplatine (CBDCA) fdosing method in DeVIC chemotherapy
Ito K, Okamoto M, Kakumae Y, Ando Y, Ando M, Okamoto A, Inaguma Y, Ohta H, Yamada S, Emi N
第10回日本臨床腫瘍学会学術集会   2012年7月26日   
Rituximab(R)-CHOP療法がびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)患者の免疫機能に与える影響
稲熊容子, 岡本昌隆, 伊藤香織, 徳田倍将, 岡本晃直, 熊沢里美, 柳田正光, 森島聡子, 都築基弘, 恵美宣彦
第109回日本内科学会総会講演会   2012年4月13日   
Phase I study of bendamustine plus rituximab in relapsed and refractory low grade B-NHL and MCL.(再発性および難治性低悪性度B-NHLおよびMCLに対するbendamustineとリツキシマブの併用療法の第I相試験)
Okamoto M, Kohri M, Okamoto A, Takahashi N, Tanae K, Yanada M, Morishima S, Hayama M, Emi N, Niitsu N
第74回日本血液学会総会   2012年4月13日   
Single center analysis of DIC with hematological malignancy
Inaguma Y, Okamoto A, Tokuda M, Yanada M, Morishima S, Kanie T, Yamamoto Y, Tsuzuki M, Akatsuka Y, Mizuta S, Okamoto M, Emi N
第73回日本血液学会総会   2011年10月14日   
Clinical significance of immunohistochemical markers of DLBCL in the rituximab era)
Hayama M, Okamoto M, Hagiwara Y, Tanae K, Kohri M, Takahashi N, YoshinoT, Ohshima K, Niitsu N, Adult lymphoma Treatment Study Group (ALTSG)
第73回日本血液学会総会   2011年10月14日   
Positive effects on hematopoiesis in two patients with MDS receiving deferasirox
Tsuzuki M, Inaguma Y, Okamoto A, Tokuda M, Yanada M, Morishima S, Kanie T, Yamamoto Y, Akatsuka Y, Mizuta S, Okamoto M, Emi N
第73回日本血液学会総会   2011年10月14日   
Effects of R-CHOP chemotherapy on the humoral and cell-mediated immunity in patients with diffuse large B-cell lymphoma
Ito K, Okamoto M, Kakumae Y, Kumazawa S, Ohta H, Inaguma Y, Yamamoto Y, Tsuzuki M, Mizuta S, Yano H, Emi N
第9回日本臨床腫瘍学会学術集会   2011年7月21日   
臍帯血移植後にオセルタミビル耐性新型インフルエンザ(H1N1)感染により死亡した成人APLの1例
都築基弘, 半田幸助, 稲熊容子, 徳田倍将, 長谷川明生, 森島聡子, 蟹江匡治, 山本幸也, 赤塚美樹, 水田秀一, 岡本昌隆, 恵美宣彦
第33回日本造血幹細胞移植学会総会   2011年3月   
進行期Hodgkinリンパ腫に対するBEACOPP療法の多施設共同臨床第II相試験
新津望, 萩原由貴, 田苗健, 郡美佳, 羽山弥亨, 高橋直樹, 岡本昌隆
第108回日本内科学会総会講演会   2011年   
Evaluation of Wilm's tumor gene(WT-1) expression in malignant lymphoma
Akiyama H, Watanabe M, Katsuda I, Okamoto M, Emi N
第72回日本血液学会総会   2010年9月24日   
Multicenter phase II study of the CyclOBEAP regimen for patients with peripheral T-cell lymphomas
Niitsu N, Hagiwara Y, Tanae K, Handa K, Kohori M, Takahashi N, Hasegawa A, Tamaru J, Nakamine H, Okamoto M
第72回日本血液学会総会   2010年9月24日   
The impact of HCV infection on outocome and hepatic toxicity in DLBCL in rituximab era
Ennishi D, Maeda Y, Niitsu N, Kojima N, Izutsu K, Takizawa J, Kusumoto S, Okamoto M, Yokoyama M, Matsuo K, Kinoshita T, Tanimoto M.
第72回日本血液学会総会   2010年9月24日   
教育講演 リンパ系腫瘍の系統的診断法 フロー サイトメトリー
岡本昌隆
第50回日本リンパ網内系学会総会   2010年6月18日   
Rituximab-CyclOBEAP療法を施行したびまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対する生物学的予後因子の検討
新津 望、郡美 佳、高橋直樹、田苗 健、萩原由貴、別所正美、岡本昌隆
第107回日本内科学会総会講演会   2010年4月9日   
5年間の連続登録と中央診断結果に基づく悪性リンパ腫の病型頻度
岡本昌隆, 新津望, 稲熊容子, 半田幸助, 萩原由貴, 田苗健, 長谷川明生, 山本幸也, 別所正美, 恵美宣彦
第107回日本内科学会総会講演会   2010年4月9日   
Fludarabine療法後に発症した細菌性髄膜炎
稲熊容子、岡本昌隆、山本幸也、都築基弘、水田秀一、丸山文夫、恵美宣彦
第8回日本臨床腫瘍学会学術集会   2010年3月18日   
低悪性度B細胞リンパ腫に対するFludarabineおよびRituximab-Fludarabine療法の有害事象;免疫機能に与える影響を中心に
熊沢里美、岡本昌隆、伊藤佳織、稲熊容子、太田秀基、山本幸也、都築基弘、水田秀一、赤塚美樹、丸山文夫、矢野裕章、恵美宣彦
第8回日本臨床腫瘍学会学術集会   2010年3月18日   
CD5陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫; rituximab導入後の治療成績
新津 望、岡本昌隆、吉野 正、中村栄男、田丸淳一、中峯寛和 、中村直哉 、大島孝一、三浦偉久男、平野正美
第49回日本リンパ網内系学会総   2009年7月9日   
2,000例を越える連続登録と中央診断結果に基づいたわが国の悪性リンパ腫の病型頻度 -WHO分類第4版もふまえて-
岡本昌隆、新津 望、三浦偉久男、中村直哉、大島孝一、吉野 正、中村栄男、田丸淳一、中峯寛和、平野正美
第49回日本リンパ網内系学会総会   2009年7月9日   
濾胞性リンパ腫、rituximab導入後の治療成績
岡本昌隆、新津 望、稲熊容子、半田幸助、萩原由貴、田苗 健、長谷川明生、渡辺正人、別所正美、恵美宣彦
第106回日本内科学会総会講演会   2009年4月10日   
D5陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の臨床病理学的検討
新津望、岡本昌隆
第106回日本内科学会総会講演会   2009年4月10日   
リツキシマブ併用CHOP療法がインフルエンザワクチンへの液性免疫反応に与える影響
高田徹、鈴宮淳司、高松泰、田村和夫、池松秀之、宇都宮與、伊豆津宏二、岡本昌隆
第106回日本内科学会総会講演会   2009年4月10日   
Methotrexate関連リンパ増殖性疾患の臨床病理学的検討
新津望、郡美佳、岡本昌隆、田苗健、萩原由貴、高橋直樹、脇本直樹、田丸淳一、別所正美
第7回日本臨床腫瘍学会学術集会   2009年3月20日   
Rituximabを含む化学療法が免疫機能に与える影響 1.液性免疫能の変化についての検討
伊藤佳織、岡本昌隆、渡辺正人、稲熊容子、熊澤里美、太田秀基、山本幸也、都築基弘、水田秀一、丸山文夫、中野一子、恵美宣彦
第7回日本臨床腫瘍学会学術集会   2009年3月20日   
Rituximabを含む化学療法が免疫機能に与える影響 2.細胞性免疫能の変化についての検討
渡辺正人、伊藤佳織、岡本昌隆、稲熊容子、熊澤里美、太田秀基、山本幸也、都築基弘、水田秀一、丸山文夫、中野一子、恵美宣彦
第7回日本臨床腫瘍学会学術集会   2009年3月20日   
末梢性T細胞リンパ腫:臨床病態と治療成績の検討
稲熊容子、岡本昌隆、山本幸也、都築基弘、渡辺正人、水田秀一、丸山文夫、恵美宣彦
第7回日本臨床腫瘍学会学術集会   2009年3月20日   
Methotrexate関連リンパ増殖性疾患の臨床病理学的検討
新津望、郡美佳、岡本昌隆、田苗健、萩原由貴、高橋直樹、脇本直樹、田丸淳一、別所正美
第7回日本臨床腫瘍学会学術集会   2009年3月20日   
CD5陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対するrituximab併用化学療法の治療効果(Treatment outcome of the addition of rituximab to chemotherapy for CD5-positive diffuse large B-cell lymphoma)
新津望, 岡本昌隆, 田丸淳一, 吉野正, 中村直哉, 中村栄男, 大島孝一, 中峯寛和
第68回日本癌学会総会   2009年   

担当経験のある科目

 
  • 症候学 (藤田保健衛生大学(医学部))
  • 腫瘍学 (名城大学(薬学部))
  • 血液内科学 (藤田保健衛生大学(医学部))

所属学協会

 
日本リンパ網内系学会 , 日本内科学会 , 日本血液学会 , 日本臨床腫瘍学会 , 日本造血幹細胞移植学会 , 日本無菌生物ノートバイオロジー学会 , 日本検査血液学会

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 

その他教育活動上特記すべき事項