メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 保健衛生学部> 看護学科 

保健衛生学部 看護学科

研究者リスト >> 北村眞弓
 

最終確認日時:

編集

北村眞弓

 
アバター
研究者氏名北村眞弓
所属藤田医科大学
部署保健衛生学部 看護学科 在宅看護学
職名准教授
学位修士(健康科学)

論文

 
介護予防ケアマネジメントの実践効果と課題の検討-地域包括支援センター三職種合同の事例検討より-
宮本美穂、北村眞弓
日本在宅看護学会   3(2) 55-65   2015年3月   [査読有り]
皆川敦子、北村眞弓、三好陽子、世古留美、倉田亮子、三好友美子、福田峰子、藤原郁、船橋香緒里、栃本千鶴、箭野育子、足立貼はるゑ
日本看護医療学会   8(2) 33-43   2006年12月   [査読有り]
北村眞弓、土屋直美、細井志乃ぶ
日本看護医療学会   8(1) 11-20   2006年6月   [査読有り]

Misc

 
北村眞弓、都築晃、小島菜保子、長谷川洋子
訪問看護と介護   22(4) 300-303   2017年4月   [依頼有り]
大学による地域包括ケアの展開と地域に根ざした学生実習-「藤田保健衛生大学訪問看護ステーション」「ふじたまちかど保健室」を実習場として
北村眞弓
コミュニティケア   17(13) 116-121   2015年11月   [依頼有り]
「地域包括ケア中核センター」との連携による実習-地域へのまなざしをもつ看護師育成を目指して-
北村眞弓、金田嘉清
看護展望   39(5) 40-44   2014年4月   [依頼有り]
定年退職後の生活の再構造化-自分らしく生きるための模索-
北村眞弓
中京大学大学院社会学研究科院生論集   (8) 1-14   2009年
中高年者のライフスタイルとSOC(Sense of Coherence)との関連-N市住民の調査結果より-
北村眞弓
中京大学大学院社会学研究科院生論集   6 1-12   2007年3月

書籍等出版物

 
在宅看護学 第1版第6刷増補新訂版
北村眞弓 (担当:共著, 範囲:第10章在宅での安全管理Ⅲ褥瘡予防とケア)
(株)クオリティケア   2019年2月   
看護師国試完全予想模試2019年版
北村眞弓 (担当:共著, 範囲:在宅看護論)
成美堂出版   2018年8月   
MOOK 在宅看護の実習ガイド
北村眞弓 (担当:共著)
日本看護協会出版会   2017年3月   
看護師国試完全予想模試2017年度
三吉友美子・藤原郁・山田静子 (担当:分担執筆, 範囲:在宅看護学)
成美堂出版   2016年8月   
なぜ?できる!わかる!私の看護技術
北村眞弓 (担当:共著, 範囲:第7章褥瘡管理技術 第11章感染予防の技術)
クオリティケア   2016年3月   

講演・口頭発表等

 
愛知県内の医療・介護施設における「特定行為研修」に関するニーズの検討
北村眞弓、中村小百合、酒井博崇、キムチュウアイ、三吉友美子、天野瑞枝
藤田学園医学会第50回総会   2018年10月4日   
看護大学生の在宅看護学実習における自己成長からみる実習効果
北村眞弓、川上友美、都築弘典、田辺幸子、岩瀨敬佑
藤田学園医学会 第50回総会   2018年10月4日   
看護大学生の就業動機と自己確立の関連
川上友美、北村眞弓、都築弘典、岩瀨敬佑、田辺幸子
藤田学園医学会 第50回総会   2018年10月4日   
Effectiveness of practical training of home care nursing applying care report development in the college of nursing
Tomomi Kawakami, Hironori Tsuzuki, Junko Yamamoto, Keisuke Iwase, Sachiko Tanabe, Mayumi Kitamura
The 5th China Japan Korea Nursing Conference   2018年9月16日   
在宅看護学実習の学びからの学生の自己課題について
岩瀨敬佑、北村眞弓、田辺幸子
日本看護研究学会第44回学術集会   2018年8月18日   

社会貢献活動

 
「健診と保健指導を考える会」勉強会40回開催
【企画】  2006年 - 2012年
愛知県内の市町村の保健師専門職、国民健康保険担当事務職員らが集まって特定健診・特定保健指導に関する行政の仕組みづくりや実施計画について、継続的に勉強会を開催。勉強会企画実行委員4名が中心になり、継続的に企画し40回の開催実施。制度開始準備として2010年3月までは、月1回開催、制度開始後は、3か月毎に勉強会を実施し、各々の市町村の特定健診に貢献。

その他教育活動上特記すべき事項