メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>病理診断科Ⅰ
 

医学部 病理診断学

研究者リスト >> 桑原 一彦
 

最終確認日時:2018/07/03 15:30

編集

桑原 一彦

 
アバター
研究者氏名桑原 一彦
 
クワハラ カズヒコ
所属藤田医科大学
部署医学部
職名助教
学位医学博士(佐賀医科大学)
その他の所属病理診断学

研究キーワード

 
抗体医薬 , 乳癌 , 転写共役型DNA傷害

研究分野

 
  • 基礎医学 / 人体病理学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
藤田医科大学医学部 病理診断学 助教
 
2016年8月
 - 
2018年3月
新潟大学 大学院医歯学総合研究科 分子細胞病理学分野 助教、講師
 
2016年2月
 - 
2016年7月
弘前大学医学部附属病院 病理部 医員
 
2014年4月
 - 
2016年1月
愛知県がんセンター研究所 腫瘍免疫学部 室長
 
1999年4月
 - 
2014年3月
熊本大学 大学院生命科学研究部 感染・免疫学講座免疫学分野 助手、講師、准教授
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1994年3月
佐賀医科大学 大学院医学研究科 機能形態系
 
1983年4月
 - 
1989年3月
佐賀医科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2016年1月
 - 
現在
日本癌学会  評議員
 
2011年7月
 - 
現在
日本がん分子標的治療学会  評議員
 

受賞

 
2018年10月
藤田学園医学会 産学連携推進センター長賞
 
2015年
愛知健康増進財団 医学研究・健康増進活動等研究助成金
 
2015年
第24回日本医学会総会記念医学振興基金 研究助成金
 
2014年
愛知県がん研究振興会 がんその他の悪性新生物研究助成金
 
2005年
神澤医学研究振興財団研究助成金
 
2005年
黒住医学研究振興財団研究助成金
 
2004年
ノバルティス研究奨励金
 
2004年
東京生化学研究会研究奨励金
 
2002年
熊本医学会奨励賞
 
2001年
上原記念生命科学財団研究奨励金
 

論文

 
Investigation of GANP and the pathogenesis of breast cancers.
Sakai, Y. and Kuwahara, K.
2019(2019) 19-21   2019年4月   [招待有り]
Vaeteewoottacharn K, Kariya R, Pothipan P, Fujikawa S, Pairojkul C, Waraasawapati S, Kuwahara K, Wongkham C, Wongkham S, Okada S
Translational oncology   12(2) 217-225   2019年2月   [査読有り]
Kazuhiko Kuwahara, Ko Kudo, Akiko Yashima-Abo, Kosuke Katayama, Keiko Kojima, Kiyoshi Tone, Etsuro Ito, Atsuko Nakazawa, Hideto Iwafuchi and Akira Kurose.
Human Pathology   77 147-151   2018年7月   [査読有り]
Kotani H, Ito H, Kuwahara K, Kuzushima K, Iwata H, Tsunoda N, Nagino M, Matsuo K
Breast cancer (Tokyo, Japan)      2019年2月   [査読有り]
Qidi Wang*, Liafeng Zhang*, Kazuhiko Kuwahara*, Li Li, Zijie Liu, Taisheng Li, Hua Zhu, Jiangning Liu, Yanfeng Xu, Jing Xie, Hiroshi Morioka, Nobuo Sakaguchi, Chuan Qin and Gang Liu. (*Equal contribution)
ACS Infectious Diseases   2(5) 361-376   2016年5月   [査読有り]
Attenuation of CD47-SIRPalpha signal in cholangiocarcinoma potentiates tumor-associated macrophage mediated phagocytosis and suppresses intrahepatic metastasis
Kulthida Vaeteewoottacharn, Ryusho Kariya, Phattarin Pothipan, Sawako Fujikawa, Chawalit Pairojkul, Sakda Waraasawapati,, Kazuhiko Kuwahara, Chaisiri Wongkham, Sopit Wongkham, Seiji Okada
Translational Oncology   12(2) 217-225   2019年2月   [査読有り]
Kuwahara K, Yamamoto-Ibusuki M, Zhang Z, Phimsen S, Gondo N, Yamashita H, Takeo T, Nakagata N, Yamashita D, Fukushima Y, Yamamoto Y, Iwata H, Saya H, Kondo E, Matsuo K, Takeya M, Iwase H, Sakaguchi N
Cancer Science   107(4) 469-477   2016年4月   [査読有り]
Masahiro Kitabatake, Miho Soma, Tianli Zhang, Kazuhiko Kuwahara, Yoshimi Fukushima, Takuya Nojima, Daisuke Kitamura and Nobuo Sakaguchi.
Journal of Immunology   194(4) 1480-1488   2015年2月   [査読有り]
Hiroki Goto, Yuki Kojima, Kouki Matsuda, Ryusho Kariya, Manabu Taura, Kazuhiko Kuwaha-ra, Hirokazu Nagai, Harutaka Katano and Seiji Okada.
European Journal of Cancer   50(10) 1836-1846   2014年7月   [査読有り]
Haru Ogiwara, Fumihiko Yasui, Keisuke Munekata, Asako Takagi-Kamiya, Tsubasa Munakata, Namiko Nomura, Futoshi Shibasaki, Kazuhiko Kuwahara, Nobuo Sakaguchi, Yoshihiro Sakoda, Hiroshi Kida and Michinori Kohara.
American Journal of Pathology   184(1) 171-183   2014年1月   [査読有り]

Misc

 
GANPはT細胞依存性免疫応答における抗原受容体の親和性成熟に寄与する(共著)
101(4) 1010   2004年
自己免疫疾患モデルマウスの瀘胞外領域ではGANPが高発現する形質細胞数の増加が見られる(共著)
20 291'   2003年
GANPは胚中心で上昇するリン酸化誘導性DNAプライマーゼ活性を有する(共著)
98(18) 10279   2001年
胚中心B細胞の親和性成熟に関与するRNAプライマーゼGANP(共著)
羊土社 実験医学増刊号「免疫研究のフロンティア」   22(5) 88'   2004年
抗原特異的B細胞の活性化とGANP分子の免疫応答における機能(共著)
中山書店 Molecular Medicine臨時増刊号「免疫2004」   40 40'   2003年

講演・口頭発表等

 
The role of mammalian TREX2 complex in sporadic breast cancers. [招待有り]
Kazuhiko Kuwahara
The 3rd Bandung International Biomolecular Medicine Conference (BIBMC)   2014年   
DNA傷害の新たな視点 -mRNA輸送分子GANP欠損による転写共役型DNA損傷と発癌の実証- [招待有り]
桑原 一彦
佐賀大学分子生命科学セミナー   2012年   
New Insights of transcription-coupled DNA damage in cell development and differentiation. [招待有り]
Special seminar in Department of Biochemistry, Faculty of Medicine, Khon Kaen University   2011年   

所属学協会

 
日本臨床細胞学会 , 日本病理学会 , 日本癌学会 , 日本がん分子標的治療学会

Works

 
SARSウィルスに対するB細胞応答の研究
2004年

競争的資金等の研究課題

 
TREX2複合体機能不全の誘導は抗がん剤感受性亢進の標的になるのか
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 権藤 なおみ
非遺伝性散発性乳癌の発症、悪性進展におけるTREX2複合体因子の機能解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 桑原 一彦
転写に共役したDNA傷害に起因する新規乳癌発症機構の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 桑原 一彦
非遺伝性乳癌におけるp53 mRNA核外輸送分子GANPの機能
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 桑原 一彦
胚中心における免疫応答の解析
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進制度(個人研究型) (個人研究推進事業:さきがけ研究21‐PRESTO)
研究期間: 2001年12月 - 2005年3月    代表者: 桑原 一彦

特許

 
特願2009-025607 : 胆管がん特異的糖鎖エピトープを認識するモノクローナル抗体
阪口薫雄、桑原一彦、荒木令江、坂本珠美
特開4426728 : GANP蛋白質
阪口薫雄、桑原一彦
特願平11-047035
特願2012-278228 : 高病原性トリインフルエンザに対する抗体
阪口薫雄、桑原一彦、小原道法、芝崎太