メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター

医学部 小児科

研究者リスト >> 近藤 康人
 

最終更新日時:2015/09/16 09:16

編集

近藤 康人

 
アバター
研究者氏名近藤 康人
 
 
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 小児科
職名教授
学位博士(医学)(藤田保健衛生大学)
その他の所属総合アレルギーセンター
J-Global ID200901050027932873

研究キーワード

 

研究分野

 

    経歴

     

    学歴

     

    委員歴

     

    受賞

     
    2011年
    Asian Society for Pediatric Research, JSPACI Award
    kondo yasuto 
     
    2006年
    International Biographical Centre (IBC), Cambridge, England, 2000 Outstanding Intellectuals of the 21st Century
    kondo yasuto 
     
    2006年
    International Biographical Centre (IBC), Cambridge, England, Leading Health Professionals of the World 2006 in Allergology
    kondo yasuto 
     

    論文

     
     
    Nakamura H   Nakamura M   Shimizu N   Matsunaga K   Kondo Y   
    Annals of allergy, asthma & immunology : official publication of the American College of Allergy, Asthma, & Immunology   123(1) 103-105   2019年7月   [査読有り]
     
    Bonds R   Sharma GS   Kondo Y   van Bavel J   Goldblum RM   Midoro-Horiuti T   
    Molecular immunology   111 83-86   2019年7月   [査読有り]
     
    Asaumi T   Sato S   Yanagida N   Takahashi K   Mori Y   Okazaki F   Kondo Y   Ebisawa M   
    Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology      2019年6月   [査読有り]
     
    Inuo C   Tanaka K   Nakajima Y   Yamawaki K   Matsubara T   Iwamoto H   Tsuge I   Urisu A   Kondo Y   
    Asia Pacific journal of clinical nutrition   28(1) 49-56   2019年   [査読有り]
     
    Okamoto K   Kagami M   Kawai M   Mori Y   Yamawaki K   Nakajima Y   Kondo Y   Tsuge I   
    Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology   68(1) 130-131   2018年9月   [査読有り]

    MISC

     
     
    中島 陽一   岡本 薫   水谷 公美   森 雄司   川井 学   大久保 悠里子   近藤 康人   
    日本小児アレルギー学会誌   33(1) 47-54   2019年3月   
    食物アレルギーの診断として、一般論としては、問診が重要であり、何を、どれくらいの量を食べて、いつ、どんな症状が出たのかなどを聴取することが第一歩である。診断の補助として特異的IgE抗体価の測定や皮膚試験を行う。最終的な確定診断のためには食物経口負荷試験がゴールドスタンダードである。摂取により客観症状があった食品において、感作を証明できればアレルギーとして診断できる。摂取したことのない食品に関して血液検査で感作を認めたときには判断に迷う場合がある。粗抗原の特異的IgE抗体価の結果だけでアレル...
     
    近藤 康人   
    アレルギーの臨床   39(1) 21-24   2019年1月   
    花粉アレルゲンに感作されると感作された花粉アレルゲンと類似の構造を持つ果物や野菜にアレルギーを起こすことがあり、口腔アレルギー症候群(OAS)もしくは花粉-食物アレルギー症候群(PFAS)として知られる。多くは軽症であるが稀に呼吸困難など重篤な症状をきたすことがある。PFASに対する花粉免疫療法の効果は不明確でありPFAS治療目的のみで花粉免疫療法を施行することは推奨されてない。本稿では花粉症の免疫療法のPFASへの治療効果について検証した論文を紹介し、最後にPFAS発症予防の研究について...
     
    近藤 康人   
    アレルギー・免疫   26(2) 202-210   2019年1月   
    <文献概要>アレルゲン免疫療法はアレルギー性鼻結膜炎の自然史に影響を与えうる唯一の治療法である。これまで小児適応は皮下免疫療法のみであったが,2018年からダニとスギの舌下錠に限り舌下免疫療法も小児適応となった。アレルゲン免疫療法はアレルギー性鼻結膜炎だけでなく,合併する喘息の発作や喘息発症予防,食物アレルギーにも影響を与える。また新規アレルゲン感作の抑制効果もあることから,小児期にアレルゲン免疫療法を導入する意義は大きい。安全性に配慮すると皮下免疫療法よりも舌下免疫療法の選択が望ましい。
     
     

    書籍等出版物

     

    講演・口頭発表等

     
     
    IT技術が加速する産学連携によるアレルギー疾患への新たな挑戦
    松永 佳世子   中村 政志   青木 祐治   下條 尚志   近藤 康人   北野 宏樹   小島 淳   堀口 高彦   矢上 晶子   
    アレルギー   2018年5月   
     
    大豆による食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIA)の一例
    桜井 百子   増本 夏子   松崎 寛司   河原 隆浩   近藤 康人   手塚 純一郎   
    アレルギー   2018年5月   
     
    魚卵アレルギーに関するアンケート結果の検討
    岡本 薫   森 雄司   川井 学   山脇 一夫   中島 陽一   柘植 郁哉   近藤 康人   
    アレルギー   2018年5月   
     
    無刺激状態の好塩基球活性化と急速経口免疫療法の臨床成績の検討
    田島 巌   伊藤 浩明   杉浦 至郎   松井 照明   高里 良宏   勅使河原   深雪   柘植 郁哉   近藤 康人   
    アレルギー   2018年5月   
     
    スギ花粉皮下注射免疫療法のヒノキ花粉症に対する免疫学的効果の検討
    犬尾 千聡   安藤 仁志   田中 健一   中島 陽一   柘植 郁哉   宇理須 厚雄   近藤 康人   
    アレルギー   2018年5月   

    担当経験のある科目(授業)

     

    所属学協会

     
     
       
     
    日本ラテックスアレルギー研究
     
       
     
    日本小児科学会
     
       
     
    American Academy of Allergy Asthma & Immunology
     
       
     
    日本アレルギー学会
     
       
     
    日本小児アレルギー学会

    Works(作品等)

     

    共同研究・競争的資金等の研究課題

     

    産業財産権

     

    学術貢献活動

     

    社会貢献活動

     

    メディア報道

     

    その他

     

    教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

     
     

    作成した教科書、教材、参考書

     
     
     
     
     
     

    教育方法・教育実践に関する発表、講演等

     
     

    その他教育活動上特記すべき事項