メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 研究推進本部> オープンファシリティーセンター 

共同利用研究設備サポートセンター

研究者リスト >> 塚本 徹哉
 

最終確認日時:

編集

塚本 徹哉

 
アバター
研究者氏名塚本 徹哉
 
ツカモト テツヤ
URL
所属藤田医科大学
部署医学部病理診断学
職名教授
学位医学博士(三重大学)
ORCID ID0000-0002-7502-8724
J-Global ID200901034217428831

プロフィール

Tetsuya TSUKAMOTO is a full time Professor in the Department of Diagnostic Pathology, Fujita Health University School of Medicine, Toyoake, Japan. Medical Doctor (1987) in Mie University School of Medicine, Tsu, Japan and Doctor of Philosophy (1991) in Mie University Graduate School of Medicine, Tsu, Japan. Worked in cancer research in Aichi Cancer Center Research Institute, Nagoya, Japan, Dana-Farber Cancer Institute, Harvard Medical School, Boston, MA, USA, and University of California at Berkeley, Berkeley, CA, USA. Involved in Pathological field in Division of Oncological Pathology, Aichi Cancer Center Research Institute, Nagoya and Department of Diagnostic Pathology, Fujita Health University School of Medicine, Toyoake, Japan, steering the clinical, teaching, training and research works. Member of Digital Pathology Association, Japan, Japanese Society of Pathology, Japanese Society of Clinical Cytology, Japanese Society of Toxicologic Pathology, and Japanese Cancer Association. He has over 200 peer reviewed research publications in oncological and experimental pathology and more than 20 book chapters to his credit. Currently he is involved in image analysis using deep learning and computer-aided detection/diagnosis in pathological cytological fields.

研究キーワード

 
細胞診 ,肺癌 ,人工知能 ,ピロリ菌 ,大腸癌 ,胃癌

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 人体病理学 / 
  • ライフサイエンス / 腫瘍診断、治療学 / 
  • ライフサイエンス / 実験病理学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
藤田医科大学医学部 病理診断学 教授 
 
2011年4月
 - 
2018年3月
藤田保健衛生大学医学部 病理診断学 准教授 
 
2010年4月
 - 
2011年3月
三重大学大学院医学系研究科 修復再生病理学分野 准教授 
 
2009年4月
 - 
2010年3月
藤田保健衛生大学医学部 病理学I 准教授 
 
2004年4月
 - 
2009年3月
愛知県がんセンター研究所 腫瘍病理学部 室長 
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1991年6月
三重大学大学院 医学系研究科 
 
1981年4月
 - 
1987年3月
三重大学 医学部 
 

委員歴

 
2009年9月
 - 
現在
食品安全委員会添加物専門調査会  専門委員
 

受賞

 
2017年1月
International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA), Best Poster Award
塚本徹哉 
 
2016年11月
日本病理学会, 学術研究賞
塚本徹哉 
 
2013年9月
日本消化器癌発生学会, 第2回田原榮一賞
塚本徹哉 
 
2010年8月
分子病理研究会, 優秀ポスター賞
塚本徹哉 
 

論文

 
 
Ayano Michiba   Kazuya Shiogama   Tetsuya Tsukamoto   Masaya Hirayama   Seiji Yamada   Masato Abe   
Acta histochemica et cytochemica   55(4) 111-118   2022年8月
Macrophages are classified into two phenotypes, M1 and M2, based on their roles. M2 macrophages suppress inflammation and increase in proportion to the malignancy of brain tumors. Recently, macrophage extracellular traps (METs), which change into ...
 
Eiko Sakurai   Hisato Ishizawa   Yuka Kiriyama   Ayano Michiba   Yasushi Hoshikawa   Tetsuya Tsukamoto   
International journal of molecular sciences   23(12)    2022年6月
In recent years, the choice of immune checkpoint inhibitors (ICIs) as a treatment based on high expression of programmed death-ligand 1 (PD-L1) in lung cancers has been increasing in prevalence. The high expression of PD-L1 could be a predictor of...
 
Tetsuya Tsukamoto   Atsushi Teramoto   Ayumi Yamada   Yuka Kiriyama   Eiko Sakurai   Ayano Michiba   Kazuyoshi Imaizumi   Hiroshi Fujita   
Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   23(4) 1315-1324   2022年4月   [査読有り]
OBJECTIVE: It is essential to accurately diagnose and classify histological subtypes into adenocarcinoma (ADC), squamous cell carcinoma (SCC), and small cell lung carcinoma (SCLC) for the appropriate treatment of lung cancer patients. However, imp...
 
Tomoya Horiguchi   Tetsuya Tsukamoto   Yoko Toyama   Toshiharu Sasaki   Tomoyuki Nakamura   Aki Sakurai   Naohide Kuriyama   Satoshi Komatsu   Yoshiko Shigeyasu   Takuma Ina   Eiko Sakurai   Noriko Nakajima   Arisa Tsuchimori   Seiji Yamada   Tadaki Suzuki   Kazuyoshi Imaizumi   
Respirology case reports   10(3) e0912   2022年3月
Secondary fungal infections are a critical problem that accompany immunosuppressive therapy for severe coronavirus disease 2019 (COVID-19). We report a fatal case of COVID-19 with disseminated mucormycosis diagnosed during autopsy. A 58-year-old m...
 
Rejina Shrestha   Naoko Murata-Kamiya   Satoshi Imai   Masami Yamamoto   Tetsuya Tsukamoto   Sachiyo Nomura   Masanori Hatakeyama   
International journal of molecular sciences   23(5)    2022年2月
The initial step in bacterial infection is adherence of the bacterium to the target cell surface. Helicobacter pylori exploits the interaction of bacterial adhesin protein HopQ with human epithelial CEACAMs (CEACAM1, 5, and 6) to stably adhere to ...

MISC

 
 
寺本篤司   桐山諭和   桐山諭和   塚本徹哉   山田あゆみ   道塲彩乃   塩竈和也   櫻井映子   今泉和良   齋藤邦明   藤田広志   
日本臨床細胞学会雑誌(Web)   60    2021年
 
桐山諭和   桐山諭和   寺本篤司   山田あゆみ   道塲彩乃   塩竈和也   櫻井映子   塚本徹哉   
日本臨床細胞学会雑誌(Web)   60    2021年
 
塚本徹哉   寺本篤司   山田あゆみ   桐山諭和   桐山諭和   道塲彩乃   道塲彩乃   塩竈和也   櫻井映子   
日本臨床細胞学会雑誌(Web)   60    2021年
 
山田あゆみ   寺本篤司   桐山諭和   桐山諭和   塚本徹哉   道塲彩乃   塩竈和也   櫻井映子   今泉和良   齋藤邦明   藤田広志   
日本臨床細胞学会雑誌(Web)   60    2021年
 
磯村 まどか   島 寛太   田原 沙佑美   中川 満   岡部 麻子   桑原 一彦   酒井 康弘   塚本 徹哉   鈴木 敦詞   浦野 誠   
診断病理   37(3) 272-277   2020年7月
Phosphaturic mesenchymal tumor(以下PMT)は腫瘍が産生する線維芽細胞増殖因子23(FGF23)による腫瘍性骨軟化症を伴う稀な腫瘍である。PMTは組織学的に多彩な像を示し、様々な疾患との鑑別を要する。今回我々は選択的な静脈血サンプリングによるFGF23測定が原発巣の特定に役立ったPMTの1例を経験した。PMTの正確な診断には、特徴的な臨床像と組織学的所見に加え、血中FGF23値の測定と免疫染色、適切な画像情報に基づく総合的な判断が重要である。(著者抄録)

書籍等出版物

 
 
塚本徹哉(担当:共著, 範囲:病理画像)
オーム社   2019年      
 
塚本徹哉(担当:共著, 範囲:Helicobacter)
Taylor and Francis CRC Press   2017年      
 
塚本徹哉(担当:共著, 範囲:Helicobacter)
Taylor and Francis CRC Press   2017年      
 
 
塚本徹哉(担当:共著)
エル・アイ・シー   2012年      

講演・口頭発表等

 
 
塚本徹哉   
藤田学園第37回市民公開講座   2019年5月18日   
 
塚本徹哉   
5th Digital Pathology & AI Congress Asia 2019   2019年4月2日   [招待有り]
 
塚本徹哉   
がん予防学術大会2018高松   2018年6月27日   [招待有り]
 
塚本徹哉   
第59回日本臨床細胞学会総会   2018年5月1日   
 
塚本徹哉   
日本胃癌学会   2017年3月8日   

所属学協会

 
 
   
 
日本癌学会
 
   
 
日本毒性病理学会
 
   
 
日本消化器癌発生学会
 
   
 
日本病理学会
 
   
 
日本がん予防学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
化学物質の有害性評価の迅速化・高度化・標準化に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
鰐淵英樹 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
 
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月
 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 

その他教育活動上特記すべき事項