メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>病理診断科Ⅰ
 

医学部 病理診断学

研究者リスト >> 塚本 徹哉
 

最終確認日時:

編集

塚本 徹哉

 
アバター
研究者氏名塚本 徹哉
 
ツカモト テツヤ
所属藤田医科大学
部署医学部病理診断学
職名教授
学位医学博士(三重大学)
ORCID ID0000-0002-7502-8724
J-Global ID200901034217428831

プロフィール

Tetsuya TSUKAMOTO is a full time Professor in the Department of Diagnostic Pathology, Fujita Health University School of Medicine, Toyoake, Japan. Medical Doctor (1987) in Mie University School of Medicine, Tsu, Japan and Doctor of Philosophy (1991) in Mie University Graduate School of Medicine, Tsu, Japan. Worked in cancer research in Aichi Cancer Center Research Institute, Nagoya, Japan, Dana-Farber Cancer Institute, Harvard Medical School, Boston, MA, USA, and University of California at Berkeley, Berkeley, CA, USA. Involved in Pathological field in Division of Oncological Pathology, Aichi Cancer Center Research Institute, Nagoya and Department of Diagnostic Pathology, Fujita Health University School of Medicine, Toyoake, Japan, steering the clinical, teaching, training and research works. Member of Digital Pathology Association, Japan, Japanese Society of Pathology, Japanese Society of Clinical Cytology, Japanese Society of Toxicologic Pathology, and Japanese Cancer Association. He has over 200 peer reviewed research publications in oncological and experimental pathology and more than 20 book chapters to his credit. Currently he is involved in image analysis using deep learning and computer-aided detection/diagnosis in pathological cytological fields.

研究キーワード

 
人工知能 ,ピロリ菌 ,大腸癌 ,胃癌

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 人体病理学 / 
  • ライフサイエンス / 腫瘍診断、治療学 / 
  • ライフサイエンス / 実験病理学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
藤田医科大学医学部 病理診断学 教授, 
 
2011年4月
 - 
2018年3月
藤田保健衛生大学医学部 病理診断学 准教授, 
 
2010年4月
 - 
2011年3月
三重大学大学院医学系研究科 修復再生病理学分野 准教授, 
 
2009年4月
 - 
2010年3月
藤田保健衛生大学医学部 病理学I 准教授, 
 
2004年4月
 - 
2009年3月
愛知県がんセンター研究所 腫瘍病理学部 室長, 
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1991年6月
三重大学大学院 医学系研究科 
 
1981年4月
 - 
1987年3月
三重大学 医学部 
 

委員歴

 
2009年9月
 - 
現在
食品安全委員会添加物専門調査会  専門委員
 

受賞

 
2017年1月
International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA), Best Poster Award
Tetsuya Tsukamoto 
 
2016年11月
日本病理学会, 学術研究賞
Tetsuya Tsukamoto 
 
2013年9月
日本消化器癌発生学会, 第2回田原榮一賞
 
 
2010年8月
分子病理研究会, 優秀ポスター賞
 
 

論文

 
 
Cao D   Wu Y   Jia Z   Zhao D   Zhang Y   Zhou T   Wu M   Zhang H   Tsukamoto T   Oshima M   Jiang J   Cao X   
Carcinogenesis   40(2) 234-245   2019年4月   [査読有り]
The natural phenolic substance, 18β-glycyrrhetinic acid (GRA), has shown enormous potential in the chemoprevention of cancers with rich resources and biological safety, but the GRA-regulated genetic and epigenetic profiles are unclear. Deregulated...
 
Ohmiya N   Nakamura M   Osaki H   Yamada H   Tahara T   Nagasaka M   Nakagawa Y   Shibata T   Tsukamoto T   Kuroda M   
Clinical gastroenterology and hepatology : the official clinical practice journal of the American Gastroenterological Association   17(5) 896-904.e4   2019年4月   [査読有り]
 
Nakagawa M   Sakai Y   Kiriyama Y   Tahara T   Horiguchi N   Okabe A   Tahara S   Shibata T   Ohmiya N   Kuroda M   Sugioka A   Tsukamoto T   
Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology   1-10   2019年3月   [査読有り]
 
Tahara S   Tahara T   Horiguchi N   Kato T   Shinkai Y   Yamashita H   Yamada H   Kawamura T   Terada T   Okubo M   Nagasaka M   Nakagawa Y   Shibata T   Yamada S   Urano M   Tsukamoto T   Kurahashi H   Kuroda M   Ohmiya N   
International journal of cancer   144(1) 80-88   2019年1月   [査読有り]
 
Tahara S   Sakai Y   Katsuno H   Urano M   Kuroda M   Tsukamoto T   
Medicine   98(2) e14079   2019年1月   [査読有り]

MISC

 
 
 
 
塚本徹哉   
臨牀消化器内科   30(7) 787-793   2015年6月   
 
Harunobu Sato   Tetsuya Tsukamoto   Yoshihisa Mizuno   Tomoaki Ichikawa   Yoshihito Kotani   Katsuyuki Honda   Kouhei Hatta   Makoto Kuroda   
DIGESTIVE ENDOSCOPY   26(6) 749-751   2014年11月   [査読有り]
Malakoplakia in the gastrointestinal tract is rare in healthy young people without underlying disease. Sufficient tissue is required for accurate diagnosis. We describe a malakoplakia that developed in a healthy young woman and was treated by endo...
 
Tetsuya Tsukamoto   Masae Tatematsu   
CURRENT INFECTIOUS DISEASE REPORTS   16(5) 402   2014年5月   [査読有り]
Helicobacter pylori infection is one of the most important factors in gastric carcinogenesis in humans. Epidemiological studies have revealed that H. pylori-infected patients develop significantly more gastric cancers than uninfected individuals. ...

書籍等出版物

 
 
塚本徹哉(担当:共著, 範囲:病理画像)
オーム社      2019年      
 
塚本徹哉(担当:共著, 範囲:Helicobacter)
Taylor and Francis CRC Press      2017年      
 
塚本徹哉(担当:共著, 範囲:Helicobacter)
Taylor and Francis CRC Press      2017年      
 
塚本徹哉(担当:単著)
日本メディカルセンター      2015年5月      
 
塚本徹哉(担当:共著)
エル・アイ・シー      2012年      

講演・口頭発表等

 
 
がんゲノム医療時代の病理診断
塚本徹哉   
藤田学園第37回市民公開講座   2019年5月18日   
 
Comparison of fine-tuning deep convolutional neural networks for classification of lung cancer types from cytological images
塚本徹哉   
5th Digital Pathology & AI Congress Asia 2019   2019年4月2日   
 
胃がんの予防:Helicobacter pylori除菌とその先へ
塚本徹哉   
がん予防学術大会2018高松   2018年6月27日   
 
Fine-tuningした Deep Convolutional Neural Networksによるヒト肺癌細胞像の自動分類
塚本徹哉   
第59回日本臨床細胞学会総会   2018年5月1日   
 
ヒト胃癌におけるγ−H2AXとp53の免疫組織学的解析と予後との関係
塚本徹哉   
日本胃癌学会   2017年3月8日   

担当経験のある科目(授業)

 

所属学協会

 
 
   
 
日本癌学会
 
   
 
日本毒性病理学会
 
   
 
日本消化器癌発生学会
 
   
 
日本病理学会
 
   
 
日本がん予防学会

Works(作品等)

 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
化学物質の有害性評価の迅速化・高度化・標準化に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
鰐淵英樹 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
 
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月
 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月

産業財産権

 

学術貢献活動

 

社会貢献活動

 

メディア報道

 

その他

 

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 

その他教育活動上特記すべき事項