メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>病理診断科Ⅰ
 

医学部 病理診断学

研究者リスト >> 塚本徹哉
 

最終確認日時:

編集

塚本徹哉

 
アバター
研究者氏名塚本徹哉
 
ツカモト テツヤ
所属藤田医科大学
部署医学部病理診断学
職名教授
学位医学博士(三重大学)
ORCID ID0000-0002-7502-8724

プロフィール

Tetsuya TSUKAMOTO is a full time Professor in the Department of Diagnostic Pathology, Fujita Health University School of Medicine, Toyoake, Japan. Medical Doctor (1987) in Mie University School of Medicine, Tsu, Japan and Doctor of Philosophy (1991) in Mie University Graduate School of Medicine, Tsu, Japan. Worked in cancer research in Aichi Cancer Center Research Institute, Nagoya, Japan, Dana-Farber Cancer Institute, Harvard Medical School, Boston, MA, USA, and University of California at Berkeley, Berkeley, CA, USA. Involved in Pathological field in Division of Oncological Pathology, Aichi Cancer Center Research Institute, Nagoya and Department of Diagnostic Pathology, Fujita Health University School of Medicine, Toyoake, Japan, steering the clinical, teaching, training and research works. Member of Digital Pathology Association, Japan, Japanese Society of Pathology, Japanese Society of Clinical Cytology, Japanese Society of Toxicologic Pathology, and Japanese Cancer Association. He has over 200 peer reviewed research publications in oncological and experimental pathology and more than 20 book chapters to his credit. Currently he is involved in image analysis using deep learning and computer-aided detection/diagnosis in pathological cytological fields.

研究キーワード

 
人工知能 , ピロリ菌 , 大腸癌 , 胃癌

研究分野

 
  • 基礎医学 / 人体病理学 / 
  • 腫瘍学 / 腫瘍診断学 / 
  • 基礎医学 / 実験病理学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
藤田医科大学医学部 病理診断学 教授
 
2011年4月
 - 
2018年3月
藤田保健衛生大学医学部 病理診断学 准教授
 
2010年4月
 - 
2011年3月
三重大学大学院医学系研究科 修復再生病理学分野 准教授
 
2009年4月
 - 
2010年3月
藤田保健衛生大学医学部 病理学I 准教授
 
2004年4月
 - 
2009年3月
愛知県がんセンター研究所 腫瘍病理学部 室長
 
1998年4月
 - 
2004年3月
愛知県がんセンター研究所 病理学第一部 主任研究員
 
1997年1月
 - 
1998年3月
愛知県がんセンター研究所 病理学第一部 研究員
 
1994年8月
 - 
1996年12月
University of California at Berkeley Cancer Research Laboratory Postdoctoral fellow
 
1993年8月
 - 
1994年7月
Dana-Farber Cancer Institute Division of Cancer Genetics Research Associate
 
1991年4月
 - 
1993年7月
愛知県がんセンター研究所 免疫学部 研究員
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1991年6月
三重大学大学院 医学系研究科 
 
1981年4月
 - 
1987年3月
三重大学 医学部 
 

委員歴

 
2009年9月
 - 
現在
食品安全委員会添加物専門調査会  専門委員
 

受賞

 
2017年1月
International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA) Best Poster Award
 
2016年11月
日本病理学会 学術研究賞
 
2013年9月
日本消化器癌発生学会 第2回田原榮一賞
 
2010年8月
分子病理研究会 優秀ポスター賞
 

論文

 
Ohmiya N, Nakamura M, Osaki H, Yamada H, Tahara T, Nagasaka M, Nakagawa Y, Shibata T, Tsukamoto T, Kuroda M
Clinical gastroenterology and hepatology : the official clinical practice journal of the American Gastroenterological Association   17(5) 896-904.e4   2019年4月   [査読有り]
Nakagawa M, Sakai Y, Kiriyama Y, Tahara T, Horiguchi N, Okabe A, Tahara S, Shibata T, Ohmiya N, Kuroda M, Sugioka A, Tsukamoto T
Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology   1-10   2019年3月   [査読有り]
Tahara S, Tahara T, Horiguchi N, Kato T, Shinkai Y, Yamashita H, Yamada H, Kawamura T, Terada T, Okubo M, Nagasaka M, Nakagawa Y, Shibata T, Yamada S, Urano M, Tsukamoto T, Kurahashi H, Kuroda M, Ohmiya N
International journal of cancer   144(1) 80-88   2019年1月   [査読有り]
Tahara S, Sakai Y, Katsuno H, Urano M, Kuroda M, Tsukamoto T
Medicine   98(2) e14079   2019年1月   [査読有り]
Teramoto A, Tsujimoto M, Inoue T, Tsukamoto T, Imaizumi K, Toyama H, Saito K, Fujita H
Asia Oceania journal of nuclear medicine & biology   7(1) 29-37   2019年   [査読有り]
Onishi Y, Teramoto A, Tsujimoto M, Tsukamoto T, Saito K, Toyama H, Imaizumi K, Fujita H
BioMed research international   2019 6051939   2019年   [査読有り]
Tanoue Y, Toyoda T, Sun J, Mustofa MK, Tateishi C, Endo S, Motoyama N, Araki K, Wu D, Okuno Y, Tsukamoto T, Takeya M, Ihn H, Vaziri C, Tateishi S
The Journal of investigative dermatology   138(12) 2550-2557   2018年12月   [査読有り]
Cao D, Wu Y, Jia Z, Zhao D, Zhang Y, Zhou T, Wu M, Zhang H, Tsukamoto T, Oshima M, Jiang J, Cao X
Carcinogenesis      2018年10月   [査読有り]
Tahara T, Tahara S, Horiguchi N, Kawamura T, Okubo M, Yamada H, Yoshida D, Ohmori T, Maeda K, Komura N, Ikuno H, Jodai Y, Kamano T, Nagasaka M, Nakagawa Y, Tsukamoto T, Urano M, Shibata T, Kuroda M, Ohmiya N
Clinical and experimental medicine   18(2) 215-220   2018年5月   [査読有り]
Yamamoto M, Nomura S, Hosoi A, Nagaoka K, Iino T, Yasuda T, Saito T, Matsushita H, Uchida E, Seto Y, Goldenring JR, Kakimi K, Tatematsu M, Tsukamoto T
Cancer science   109(5) 1480-1492   2018年5月   [査読有り]
Horiguchi N, Tahara T, Kawamura T, Okubo M, Ishizuka T, Nakano N, Nakagawa Y, Nagasaka M, Nakagawa M, Tsukamoto T, Shibata T, Ohmiya N
Molecular and clinical oncology   8(5) 657-660   2018年5月   [査読有り]
Horiguchi N, Tahara T, Yamada H, Yoshida D, Okubo M, Nagasaka M, Nakagawa Y, Shibata T, Tsukamoto T, Kuroda M, Ohmiya N.
Digestive Endoscopy      2017年   [査読有り]
Ohmiya N, Horiguchi N, Tahara T, Yoshida D, Yamada H, Nagasaka M, Nakagawa Y, Shibata T, Tsukamoto T, Kuroda M.
Digestive Endoscopy   29(5) 626-633   2017年   [査読有り]
Teramoto A, Tsukamoto T, Kiriyama Y, Fujita H.
BioMed Research International   2017    2017年   [査読有り]
Tsukamoto T, Nakagawa M, Kiriyama Y, Toyoda T, Cao X.
International Journal of Molecular Sciences   18(8)    2017年   [査読有り]
Tahara T, Horiguchi N, Nagasaka M, Nakagawa Y, Tsukamoto T, Shibata T, Ohmiya N.
Endoscopy   48 E19-E21   2016年   [査読有り]
Cao D, Jia Z, You L, Wu Y, Hou Z, Suo Y, Zhang H, Wen S, Tsukamoto T, Oshima M, Jiang J, Cao X.
Oncotarget   7(44) 71960-71973   2016年   [査読有り]
Toyoda T, Shi L, Takasu S, Cho Y..-M, Kiriyama Y, Nishikawa A, Ogawa K, Tatematsu M, Tsukamoto T.
Helicobacter   21(2) 131-142   2016年   [査読有り]
Cao D, Jiang J, You L, Jia Z, Tsukamoto T, Cai H, Wang S, Hou Z, Suo Y.-E, Cao X.
BioMed Research International   2016    2016年   [査読有り]
Shimoda M, Horiuchi K, Sasaki A, Tsukamoto T, Okabayashi K, Hasegawa H, Kitagawa Y, Okada Y.
EBioMedicine   5 114-124   2016年   [査読有り]
Kiriyama Y, Tsukamoto T, Mizoguchi Y, Ishihara S, Horiguchi A, Tokoro T, Kato Y, Sugioka A, Kuroda M.
Diagnostic Pathology   11(1)    2016年   [査読有り]

Misc

 
特集 ピロリ菌陰性者にみられる胃疾患の診かたー胃癌を中心に 4. H. pylori未感染・既感染者の胃病理所見
塚本徹哉
臨牀消化器内科   32(11) 1457-1462   2017年10月
人工知能の医療への応用ー研究の現状と将来展望ー:特集2 AIによる病理画像診断の現状と期待
塚本徹哉
JCRニュース   (217) 5-7   2017年6月
特集:胃癌の診療 10. 胃癌と萎縮性胃炎,腸上皮化生.I. 胃癌診療に必要な基礎知識
塚本徹哉
臨牀消化器内科   30(7) 787-793   2015年6月
【ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎を診る、治す】 H.pylori胃炎除菌による胃内環境への影響 除菌による病理組織学的所見の変化
塚本徹哉, 桐山諭和, 柴田知行
臨床消化器内科   29 337-344   2014年
連載 基礎から学ぶ胃癌の病理 第6回 胃癌の組織診断と免疫組織学的分類
塚本徹哉
臨床消化器内科   28 744-752   2013年
連載 基礎から学ぶ胃癌の病理 第5回 胃癌の肉眼分類,深達度,確定診断に至る過程
塚本徹哉
臨床消化器内科   28 620-626   2013年
連載 基礎から学ぶ胃癌の病理 第4回 過形成性および再生性病変
塚本徹哉
臨床消化器内科   28 502-508   2013年
連載 基礎から学ぶ胃癌の病理 第3回 胃生検組織診断(Group分類)の概要および腺腫性病変
塚本徹哉
臨床消化器内科   28 363-369   2013年
連載 基礎から学ぶ胃癌の病理 第2回 Helicobacter pylori感染・慢性胃炎・腸上皮化生
塚本徹哉
臨床消化器内科   28 245-251   2013年
連載 基礎から学ぶ胃癌の病理 第1回 胃粘膜の正常構造と細胞分化
塚本徹哉
臨床消化器内科   28 131-136   2013年
【病理診断に役立つ分子生物学】 (第2部)病理診断医になじみのある疾患関連分子 CDX2(caudal type homeobox 2) 診断編
塚本徹哉, 稲田健一, 黒田誠
病理と臨床   29(臨増) 164-168   2011年
【病理診断に役立つ分子生物学】 (第2部)病理診断医になじみのある疾患関連分子 CDX2(caudal type homeobox 2) 解説編
塚本徹哉, 稲田健一, 黒田誠
病理と臨床   29(臨増) 161-163   2011年
特集 細菌感染が癌を引き起こす:胃癌とピロリ菌の関係から見えてきた発癌の新たなパラダイム.動物感染モデルを用いたピロリ菌発癌機構解析
塚本徹哉,豊田武士,溝下 勤,立松正衞
細胞工学   29(6) 549-553   2010年
【Helicobacter pylori感染モデルの進歩】 Helicobacter pylori研究におけるスナネズミモデルの有用性 とくに胃癌を念頭に置いて
塚本徹哉, 溝下勤, 豊田武士, 立松正衞
Helicobacter Research   14(16) 447-453   2010年
【特集】胃癌予防とリスクファクター.3 食塩と胃発癌 (2) 食塩とH. pylori胃発癌
高須伸二, 塚本徹哉, 豊田武士,立松正衞
臨床消化器内科   24(4) 418-422   2009年
豊田武士, 塚本徹哉, 立松正衞
胃と腸   44(9) 1441-1445   2009年
Helicobacter pylori除菌後の胃癌再発予防動物モデル
豊田武士, 高須伸二, 塚本徹哉, 立松正衞
Helicobacter Res   13(5) 374-378   2009年
【Helicobacter pylori除菌後胃癌の特徴】 Helicobacter pylori除菌後胃癌の胃型・腸型形質発現 スナネズミモデルでの検討
溝下勤, 片岡洋望, 佐々木誠人, 塚本徹哉, 立松正衞, 城卓志
Helicobacter Research   13(1) 43-47   2009年

書籍等出版物

 
医用画像ディープラーニング事始め
塚本徹哉 (担当:共著, 範囲:病理画像)
オーム社   2019年   
Laboratory models for foodborne infections
塚本徹哉 (担当:共著, 範囲:Helicobacter)
Taylor and Francis CRC Press   2017年   
HANDBOOK OF FOODBORNE DISEASES, Food Microbiology series
塚本徹哉 (担当:共著, 範囲:Helicobacter)
Taylor and Francis CRC Press   2017年   
基礎から学ぶ胃癌の病理:胃粘膜の正常構造・分化に基づいた胃生検診断(Group分類)へのアプローチ
塚本徹哉
日本メディカルセンター   2015年5月   
<series モデル動物利用マニュアル> 疾患モデル動物利用マニュアルーがん
塚本徹哉 (担当:共著)
エル・アイ・シー   2012年   

講演・口頭発表等

 
がんゲノム医療時代の病理診断
塚本徹哉
藤田学園第37回市民公開講座   2019年5月18日   
Comparison of fine-tuning deep convolutional neural networks for classification of lung cancer types from cytological images [招待有り]
塚本徹哉
5th Digital Pathology & AI Congress Asia 2019   2019年4月2日   
胃がんの予防:Helicobacter pylori除菌とその先へ [招待有り]
塚本徹哉
がん予防学術大会2018高松   2018年6月27日   
Fine-tuningした Deep Convolutional Neural Networksによるヒト肺癌細胞像の自動分類
塚本徹哉
第59回日本臨床細胞学会総会   2018年5月1日   
ヒト胃癌におけるγ−H2AXとp53の免疫組織学的解析と予後との関係
塚本徹哉
日本胃癌学会   2017年3月8日   
A preliminary study on the automated classification of lung cancers in microscopic images, using deep convolutional neural networks
塚本徹哉
IFMIA2017   2017年1月19日   
Gastric-and-intestinal mixed intestinal metplasia as an irreversible point with eradication of Helicobacter pylori in the human stomach
塚本徹哉
Tenth AACR-JCA Joint Conference on Breakthroughs in Cancer Research/ From Biology to Therapeutics   2016年2月16日   
マウス大腸陰窩上皮の遺伝子損傷刺激に対する応答
塚本徹哉
第29回日本毒性病理学会総会および学術集会   2013年   
コーヒーおよびその成分によるAOM +DSS誘発マウス大腸発癌抑制効果
本徹哉,水谷泰嘉,桐山諭和,岡部麻子,熊澤文久,浦野誠,溝口良順,黒田誠,田中卓二
第102回病理学会総会   2013年   
Renal cell carcinoma、unclassified(lymphoepithelioma-like(carcinoma)と診断した1例
桐山諭和, 浦野 誠, 塚本徹哉, 熊澤文久, 岡部麻子, 中川 満, 溝口良順, 都築豊徳, 黒田 誠
第102回日本病理学会総会   2013年   
多発性Calcifying Tumor of the Pleuraの1例
中川 満, 浦野 誠, 芦刈周平, 櫻井映子, 岡部麻子, 熊澤文久, 桐山諭和, 塚本徹哉, 栃井祥子, 須田 隆, 溝口良順, 黒田 誠
第71回日本病理学会中部支部交見会   2013年   
肺動脈弁に発生したcardiac papillary fibroelastoma (CPF) の1例
櫻井映子,北川 諭,中川 満,岡部麻子,熊澤文久,桐山諭和,塚本徹哉,浦野 誠, 溝口良順, 黒田 誠
第72回日本病理学会中部支部交見会   2013年   
肥満・糖尿病モデル動物TSODマウスの4-nitroquinoline 1-oxide (4-NQO)誘発舌・食道発癌感受性
田中卓二,塚本徹哉,杉江茂幸
第102回病理学会総会   2013年   
Microcystic stromal tumorの1例
岡部麻子, 熊澤文久, 桐山諭和, 塚本徹哉, 浦野 誠, 溝口良順, 黒田 誠
第102回日本病理学会総会   2013年   
Renal cell carcinoma、unclassified(lymphoepithelioma-like(carcinoma)と診断した1例
桐山諭和, 浦野 誠, 塚本徹哉, 熊澤文久, 岡部麻子, 中川 満, 溝口良順, 都築豊徳, 黒田 誠
第102回日本病理学会総会   2013年   
AOM +DSS誘発マウス大腸発がんに対するコーヒーおよびその成分による抑制効果
塚本徹哉,田中卓二
第20回日本がん予防学会総会   2013年   
コーヒーとその主成分によるazoxymethane +dextran sulfate sodium誘発マウス大腸発癌抑制効果の検討
塚本徹哉,水谷泰嘉,桐山諭和,田中卓二
第28回発癌病理研究会   2013年   
田原榮一賞受賞記念講演 胃癌の発生進展とその予防
塚本徹哉
第24回日本消化器癌発生学会総会   2013年   
コーヒーとその主成分によるazoxymethane +dextran sulfate sodium誘発マウス大腸発癌抑制効果の検討
塚本徹哉,水谷泰嘉
第24回日本消化器癌発生学会総会   2013年   
Suppression of azoxymethane + dextran sulfate sodium-induced mouse colon tumorigenesis with coffee and its ingredients(コーヒーおよびその成分によるAOM +DSS誘発マウス大腸発がんに対する抑制効果)
塚本徹哉,水谷泰嘉,田中卓二
第72回日本癌学会学術総会   2013年   
Wntシグナルによるマウス胃上皮細胞および胃癌細胞の増殖・分化制御(Role of the canonical Wnt signaling in proliferation and differentiation of the normal and neoplastic gastric epithelium)
平田 暁大, 山田 泰広, 富田 弘之, 高松 学, 波多野 裕一郎, 久野 壽也, 村井 厚子, 塚本 徹哉, 原 明
第71回日本癌学会学術総会   2012年   
Helicobacter pylori感染マウスモデルを用いた胃癌関連遺伝子解析
豊田 武士, 塚本 徹哉, 高須 伸二, 時 亮, 齋藤 亜弓, 齋藤 典子, 立松 正衞, Cho Young-Man, 西川 秋佳, 小川 久美子
第28回日本毒性病理学会総会および学術集会   2012年   
Helicobacter pylori感染スナネズミ胃発癌モデルにおけるアスピリンの化学予防効果(Chemopreventive effect of aspirin on gastric cancer in Helicobacter pylori-infected Mongolian gerbils)
豊田 武士, 塚本 徹哉, 高須 伸二, 時 亮, 立松 正衛, 曹 永晩, 大波 冴子, 西川 秋佳, 小川 久美子
第71回日本癌学会学術総会   2012年   
肝内胆管癌が疑われた異所性膵を伴ったPEComaの一例
溝口 良順, 塚本 徹哉, 桐山 諭和, 熊澤 文久, 浦野 誠, 叶 春霖, 岡部 麻子, 黒田 誠
第101回日本病理学会総会   2012年   
ANCA関連血管炎の1剖検例
熊澤文久, 岡部麻子, 桐山諭和, 塚本徹哉, 浦野 誠, 溝口良順, 黒田 誠
第58回日本病理学会秋期特別総会   2012年   
子宮内膜間質平滑筋混合腫瘍(Mixed endometrial storomal and smooth muscle tumor)と思われた1例
浦野 誠,塚本徹哉,岡部麻子,熊澤文久,桐山諭和,黒田 誠
第36回日本婦人科病理学会   2012年   
耳下腺に発生した大細胞癌(大細胞型未分化癌)の1例
浦野 誠,藤田真紀,伊藤里美,平澤 浩,桐山諭和,塚本徹哉 ,溝口良順,黒田 誠
第53回日本臨床細胞学会総会   2012年   
耳下腺に発生した大細胞癌(大細胞型未分化癌)の1例
浦野 誠, 岡部 麻子, 熊澤 文久, 桐山 諭和, 塚本 徹哉, 溝口 良順, 黒田 誠
第57回日本唾液腺学会学術大会   2012年   
放射線照射によるマウス大腸陰窩幹細胞領域特異的な遺伝子発現変動
塚本 徹哉, 水谷 泰嘉, 下條 尚志, 広川 佳史, 熊澤 文久, 桐山 諭和, 浦野 誠, 叶 春霖, 黒田 誠
第101回日本病理学会総会   2012年   
X線照射によるマウス大腸陰窩幹細胞領域特異的なp21の誘導(Stem region specific induction of p21 at intestinal crypt bottom in X-irradiated mice)
塚本徹哉, 星裕子, 水谷泰嘉, 大塚健介, 広川佳史, 坂倉照よ
第28回日本毒性病理学会   2012年   
DSS誘発大腸炎に対するコーヒーおよびその成分による炎症抑制効果
塚本徹哉,田中卓二
第71回日本癌学会学術総会   2012年   
皮膚腫瘍の1例
熊澤文久,桐山諭和,高桑康成,塚本徹哉,浦野 誠, 溝口良順, 黒田 誠
第67回日本病理学会中部支部交見会   2011年   
皮膚腫瘍の1例
熊澤文久,桐山諭和,高桑康成,塚本徹哉,浦野 誠, 溝口良順, 黒田 誠
第67回日本病理学会中部支部交見会   2011年   
術前化学療法施行後の肝芽腫の1例
熊澤文久,桐山諭和,塚本徹哉,浦野 誠,溝口良順,黒田 誠
2011年度日本病理学会小児腫瘍症例検討会   2011年   
香辛料主成分によるヘリコバクター・ピロリ感染スナネズミ慢性胃炎に対する抑制効果
豊田武士, 塚本徹哉, 高須伸二, 時亮, 齋藤典子, 齋藤亜弓, 立松正衞, ChoYoung-Man, 小川久美子, 西川秋佳
第27回日本毒性病理学会総会及び学術集会   2011年   
大腸陰窩の単クローン性獲得過程 キメラマウスを用いた解析
塚本徹哉, 山本昌美, 高須伸二, 日下部守昭, 立松正衞
第27回日本毒性病理学会総会及び学術集会   2011年   
ヒト早期胃癌発生進展における胃型・腸型形質発現の変化
齋藤亜弓, 田近正洋, 中村常哉, 横井太紀雄, 近藤真也, 時亮, 豊田武士, 齋藤典子, 立松正衛, 塚本徹哉
第99回日本病理学会総会   2010年   
長期ホルマリン固定剖検肝標本を用いたin situ hybridization法によるC型肝炎ウイルスの組織化学的証明
塩竈和也, 寺本英巳, 水谷泰嘉, 稲田健一, 塚本徹哉, 畑野研太郎, 牧野正直, 堤寛
第99回日本病理学会総会   2010年   
ヘリコバクター・ピロリ感染と高食塩食投与を併用した新規マウス胃癌モデルによる胃粘膜遺伝子動態解析
豊田武士、塚本徹哉、高須伸二、時亮、他5名
がん予防学術大会2010札幌   2010年   
Roles of DNA polymerases η and i in translesion synthesis past UVB-induced DNA lesions in vivo.
櫻井靖高, 横井雅幸, 塚本徹哉, 立松正衛, 他1人
第62回日本細胞生物学会大会   2010年   
DNA脱メチル化剤によるHelicobacter pylori感染誘発胃がんの予防
丹羽透, 豊田武士, 塚本徹哉, 森明子, 許根, 立松正衞, 牛島俊和
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会   2010年   
UV誘発性突然変異およびDNA損傷トレランスにおけるDNAポリメラーゼηおよびιの役割(Roles of DNA polymerases η and ι in UV-induced mutagenesis and DNA damage tolerance)
櫻井靖高, 横井雅幸, 大雲剛志, 塚本徹哉, 立松正衛, 魏民, 鰐渕英機, 花岡文雄
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会   2010年   
UVB照射DNAの損傷乗り越え複製におけるDNAポリメラーゼイータとイオタの生体内での役割(Roles of DNA polymerases η and i in translesion synthesis past UVB-induced DNA lesions in vivo)
櫻井靖高, 横井雅幸, 塚本徹哉, 立松正衛, 花岡文雄
第62回日本細胞生物学会大会   2010年   
ヒト早期胃癌発生進展における胃型・腸型形質発現の変化
齋藤亜弓, 田近正洋, 横井太紀雄, 中村常哉, 立松正衞, 吉田利通, 塚本徹哉
第99回日本病理学会総会   2010年   
大腸陰窩の発生・再生と発癌
塚本徹哉、水谷泰嘉、立松正衞
第25回発癌病理研究会   2010年   
COX-2阻害剤EtodolacによるDSS誘発Minマウス大腸腫瘍抑制効果
塚本徹哉, 時亮, 齋藤亜弓, 豊田武士, 田中卓二, 立松正衞
第99回日本病理学会総会   2010年   
Dextran sulfate sodium (DSS) 投与後の大腸粘膜再生上皮の修復過程の検討
塚本徹哉
第29回分子病理学研究会   2010年   
Angiotensin II 受容体拮抗薬Losartanによるヒト大腸癌細胞株増殖抑制効
塚本徹哉、時 亮、齋藤亜弓、豊田武士, 他4人
がん予防学術大会2010札幌   2010年   
Cyclooxygenase-2阻害剤EtodolacによるDSS誘発Minマウス大腸腫瘍修飾効果
塚本徹哉, 時亮, 齋藤亜弓, 豊田武士, 高須伸二, 齋藤典子, 山本昌美, 田中卓二, 立松正衞
第26回日本毒性病理学会   2010年   
NF-κB阻害剤caffeic acid phenethyl ester(CAPE)のHelicobacter pylori感染スナネズミにおける慢性胃炎・胃発癌抑制効果
豊田武士, 高須伸二, 時亮, 立松正衞, 齋藤典子, 齋藤亜弓, 山本昌美, 塚本徹哉
第26回日本毒性病理学会   2010年   
H.pylori関連胃発がんにおける骨髄由来細胞の関与
高須伸二, 豊田武士, 時亮, 田口修, 立松正衞, 塚本徹哉
第26回日本毒性病理学会   2010年   
Angiotensin II受容体拮抗剤Losartanによるマウス大腸癌の予防効果
時亮, 豊田武士, 高須伸二, 齋藤典子, 齋藤亜弓, 立松正衞, 塚本徹哉
第26回日本毒性病理学会   2010年   
マウスN-methyl-N-nitrosourea誘発胃がんにおけるβ-cateninの変異とH.pylori感染およびCOX-2発現が与える影響
高須伸二、塚本徹哉、曹雪源、豊田武士、, 他8名
第25回日本毒性病理学会   2009年   
Roles of DNA polymerase iota in translesion synthesis past UVB-induced DNA damage in vivo
Sakurai, Y., Yokoi, M., Ohkumo, T., Tsukamoto, T., , 他2名
第32回日本分子生物学会   2009年   
甲状腺濾胞性腫瘍の細胞診 甲状腺濾胞性腫瘍の鑑別診断におけるセルブロック免疫組織染色の有用性
越川卓, 塚本徹哉, 所嘉朗, 鈴木緑, 佐々木英一, 細田和貴, 北村淳子, 谷田部恭, 成田道彦, 長谷川泰久
第50回日本臨床細胞学会総会春期大会   2009年   
マウスH. pylori感染およびMNU誘発胃腫瘍における骨髄由来細胞の関与
高須伸二、豊田武士、時亮、塚本徹哉, 他2人
第20回日本消化器癌発生学会総会   2009年   
Alteration of gene expression profiles with H. pylori infection and high salt diet in MNU treated mouse gastric
齋藤典子, 豊田武士, 山本昌美, 高須伸二, 時亮, 齋藤亜弓, 立松正衞, 塚本徹哉
第68回日本癌学会学術総会   2009年   
Alteration of gastric and intestinal phenotypic markers in the initial carcinogenesis step of human stomach cancers
齋藤亜弓, 田近正洋, 中村常哉, 横井太紀雄, 近藤真也, 時亮, 豊田武士, 齋藤典子, 立松正衛, 塚本徹哉
第68回日本癌学会学術総会   2009年   
Roles of bone marrow derived cells in Helicobacter pylori associated mouse gastric carcinogenesis
高須伸二,豊田武士, 時亮, 平田暁大, 山本昌美, 田口修, 立松正衞, 塚本徹哉
第68回日本癌学会学術総会   2009年   
Sequential endoscopic observation of gastric carcinogenesis in N-methyl-N'-nitro-N-nitrosoguanidine treated living rats
近藤真也, 豊田武士, 安藤貴文, 後藤秀実, 立松正衞, 塚本徹哉
第68回日本癌学会学術総   2009年   
Preventive effect of caffeic acid phenethyl ester on gastric cancer in Helicobacter pylori-infected Mongolian gerbils
豊田武士,高須伸二, 時亮, 齋藤典子, 齋藤亜弓, 立松正衞, 塚本徹哉
第68回日本癌学会学術総会   2009年   
Analysis of p53 Gene Mutation in UVB-induced Skin Tumors of TLS Polymerase-deficient Mice
横井雅幸,櫻井靖高, 塚本徹哉, 立松正衛, 花岡文雄
第68回日本癌学会学術総会   2009年   
Effect of angiotensin II receptor antagonist Losartan in preventing mouse colorectal cancer
時亮, 立松正衞, 塚本徹哉, 豊田武士, 高須伸二, 齋藤典子, 齋藤亜弓
第68回日本癌学会学術総会   2009年   
Methylation of the ANGPTL4 promoter CpG island and its role in human gastric cancers
大河内江里子,山村義孝, 延山嘉眞, 塚本徹哉, 若林美香, 立松正衞, 牛島俊和
第68回日本癌学会学術総会   2009年   
Helicobacter pylori induces aberrant DNA methylation mediated by inflammation
丹羽秀,豊田武士, 塚本徹哉, 森明子, 立松正衞, 牛島俊和
第68回日本癌学会学術総会   2009年   
Suppressive effect of Glycyrrhizic acid on H.pylori infected gastritis in gerbils
SuoJian, WangQuan, ZhangYang, 豊田武士, 立松正衞, 塚本徹哉
第68回日本癌学会学術総会   2009年   
Helicobacter pylori 感染スナネズミにおけるNF-κB阻害剤caffeic acid phenethyl ester(CAPE)の抗炎症および腫瘍抑制効果
豊田武士、高須伸二、時亮、塚本徹哉、他2名
第24回発癌病理研究会   2009年   
右心室内転移をきたし、急速に心不全が進行した右腎癌の1例
糠谷拓尚, 白木良一, 引地克, 杉山大樹, 和志田重人, 森川高光, 深見直彦, 丸山高広, 佐々木ひと美, 日下守, 石川清仁, 星長清隆, 山下滿, 安藤太三, 塚本徹哉, 堤寛, 篠原聡
第245回日本泌尿器科学会東海地方会   2009年   
N-bis(2-hydroxypropyl)nitrosamine誘発鼻腔内腫瘍に対するp53ノックアウトマウスの発がん感受性
平田暁大、平田暁大、塚本徹哉、高須伸二、山本昌美、立松正衞、相磯成敏、福島昭治
がん予防大会2009愛知   2009年   
Angiotensin II 受容体拮抗薬Losartanの大腸癌予防効果に関する研究
時 亮、塚本徹哉、豊田武士、高須伸二、他2名
がん予防大会2009愛知   2009年   
骨髄移植マウスにおけるHelicobacter感染およびMNU誘発胃癌と骨髄由来細胞の関与
高須伸二、塚本徹哉、豊田武士、時亮、平田暁大、山本昌美、立松正衞
がん予防大会2009愛知   2009年   
Helicobacter pylori 感染スナネズミ腺胃化学発癌モデルからヒト胃癌の予防へ
立松正衞、塚本徹哉、豊田武士
がん予防大会2009愛知   2009年   
ヘリコバクター・ピロリ感染スナネズミ胃癌に対するNF-κB阻害剤(CAPE)およびアスピリンの抑制効果
豊田武士、塚本徹哉、高須伸二、時亮、他2名
がん予防大会2009愛知   2009年   
Cyclooxygenase-2阻害剤EtodolacによるDSS誘発Minマウス大腸腫瘍の抑制効果
塚本徹哉、時 亮、豊田武士、高須伸二、他6名
がん予防大会2009愛知   2009年   
Prevention o f inflammation-associated colonic tumorigenesis in Min mice with a cyclooxygenase-2 inhibitor
塚本徹哉,時亮, 豊田武士, 高須伸二, 齋藤典子, 齋藤亜弓, 日下部守昭, 田中卓二, 立松正衞
第68回日本癌学会学術総会   2009年   

所属学協会

 
日本がん予防学会 , 日本医用画像工学会 , 医用画像情報学会 , 日本胃癌学会 , American Association for Cancer Research , 日本デジタルパロソジー研究会 , 日本臨床細胞学会 , 日本病理学会 , 日本消化器癌発生学会 , 日本毒性病理学会 , 日本癌学会

競争的資金等の研究課題

 
化学物質の有害性評価の迅速化・高度化・標準化に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 鰐淵英樹
肺がん細胞と腫瘍浸潤リンパ球の空間的相関関係の解析による免疫チェックポイント阻害剤の効果予測法の開発
藤田医科大学: 教員研究助成費
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 塚本徹哉
人工知能(AI)を用いた肺がん細胞の形態的特徴の解析とcomputer-aided diagnosisツールの開発
藤田保健衛生大学: 教員研究助成費
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 塚本徹哉
胃底腺胃癌における原始主細胞の役割とリプログラミング機構の解明
日本学術振興会: 基盤研究C
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 塚本徹哉
化学物質の安全性と発がん性リスク評価のための短・中期バイオアッセイ系の開発
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 吉見直己
化学物質の安全性と発がん性リスク評価のための短・中期バイオアッセイ系の開発
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 吉見直己

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 

その他教育活動上特記すべき事項