メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  中分類 

研究支援推進本部

研究者リスト >> 松浦 晃洋
 

最終確認日時:

編集

松浦 晃洋

 
アバター
研究者氏名松浦 晃洋
所属藤田医科大学
部署研究統括部
職名教授
学位博士(医学)

プロフィール

学園の研究の統括を行なっています。放射光による病理診断を実施しています<br /><br />
お知らせ<br />
大学の研究統括部になりました。よろしくお願いいたします

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / ナノバイオサイエンス / 放射光による病理診断

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
藤田医科大学 研究統括部 教授
 
2000年
 - 
現在
藤田保健衛生大学 医学部 教授
 
1996年
 - 
1999年
札幌医科大学 医学部 准教授
 
1991年
 - 
1996年
札幌医科大学 医学部 講師
 
1988年
 - 
1991年
札幌医科大学 医学部 助手
 

委員歴

 
2015年10月
 - 
現在
藤田保健衛生大学研究戦略委員会  委員
 
2015年10月
 - 
現在
藤田保健衛生大学研究マネジメント委員会  委員
 
2015年4月
 - 
現在
藤田保健衛生大学医学研究倫理審査委員会  委員長
 
2015年
 - 
現在
International Society of Trace Element Research in Humans  Executive secretary
 
2012年
 - 
現在
ウイルソン病研究会  幹事
 

論文

 
松浦晃洋
第106回病理学会総会記録   106 2D3   2017年5月   [査読有り]
松浦晃洋
J Trace Elem Med Biol   41S 34   2017年   [査読有り]
松浦晃洋
Photon Factory Activity Report      2017年   [査読有り]
Matsuura A, Kinebuchi M
KEK Synchrotron radiation CDR ver.3      2017年   [査読有り]
田中一成, 姜 貞憲, 大森優子, 田中伸哉, 松浦晃洋, 杵渕 幸
ウィルソン病研究会誌   20 7   2016年

書籍等出版物

 
松浦晃洋 (担当:分担執筆, 範囲:Wilson病診療ガイドライン)
診断と治療社   2015年10月   ISBN:9784787820563
笠原正典, 佐藤昇史
南山堂   2013年   
菊地浩吉, 上出利光
南江堂   2009年   
松浦晃洋
南山堂   2004年   
松浦晃洋 (担当:共訳)
文光堂   2002年   

講演・口頭発表等

 
松浦晃洋ほか
International Symposium of Trace Elements in Man and Animals   2017年6月29日   
松浦晃洋, 杵渕幸
第21回ウィルソン病研究会   2017年5月20日   
松浦晃洋, ほか
第105回日本病理学会総会   2016年5月13日   

担当経験のある科目(授業)

 
  • Graduiertenkolleg Molekularbiologische Analyse pathophysiologischer Prozesse und Abteilung Immunogenetik (Medizinische Fakultaet der Georg-August-Universitaet Goettingen)
  • 免疫 (名古屋大学医学部大学院)
  • 免疫 (北海道大学免疫科学研究所大学院)
  • 膠原病 (藤田保険衛生大学)
  • 倫理 (藤田保険衛生大学)

所属学協会

 
日本胸腺研究会 , The Planetary Society , American Museum of Natural History , American Association for the Advancement of Science , 日本感染症学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 基盤研究B
研究期間: 2001年4月 - 2004年3月
北海道老年医学研究境界: 研究助成
研究期間: 1999年4月 - 2000年3月
北海道老年医学研究会: 研究助成
研究期間: 1998年4月 - 1999年3月
札幌医科大学学術振興会: 医学教育研究助成
研究期間: 1997年4月 - 1998年3月
文部省: 一般研究B
研究期間: 1995年4月 - 1998年3月

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 
 

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

 
 
 

その他教育活動上特記すべき事項