メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター

医学部 精神神経科学

研究者リスト >> 北島 剛司
 

最終更新日時:2015/09/16 09:16

編集

北島 剛司

 
アバター
研究者氏名北島 剛司
 
キタジマ ツヨシ
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 精神神経科学
職名准教授
学位医学博士
J-Global ID200901053679008590

研究キーワード

 

研究分野

 

    経歴

     

    学歴

     

    委員歴

     

    受賞

     

    論文

     
     
    Esaki Y   Kitajima T   Obayashi K   Saeki K   Fujita K   Iwata N   
    Journal of psychiatric research   116 151-156   2019年9月   [査読有り]
     
    Esaki Y   Kitajima T   Obayashi K   Saeki K   Fujita K   Iwata N   
    Journal of affective disorders   257 314-320   2019年7月   [査読有り]
     
    Kitajima T   
    The lancet. Psychiatry   6(2) 86-88   2019年2月   [招待有り]
     
    Kishi T   Nomura I   Sakuma K   Kitajima T   Mishima K   Iwata N   
    Neuropsychiatric disease and treatment   15 1479-1486   2019年   [査読有り]
     
    Hirose M   Arakawa C   Watanabe A   Esaki Y   Kawai R   Iwata N   Kitajima T   
    Fujita Medical Journal   4(3) 70-76   2018年8月   [査読有り]

    MISC

     
     
    粥川 裕平   北島 剛司   
    ねむりとマネージメント   5(1) 37-42   2018年3月   
     
    渡邊 晶子   北島 剛司   
    医学のあゆみ   別冊(睡眠障害診療29のエッセンス) 139-143   2017年9月   
    概日リズム睡眠・覚醒障害(CRSWD)は体内の概日リズムを環境や社会の24時間周期に同調させることのできない時間生物学的障害である。睡眠・覚醒相後退障害(DSWPD)が臨床の現場でもっとも問題となることが多い病型であり、ICSD-3ではmotivated delayed sleep-wake phase disorderをサブタイプとして含む。治療としては、基本的な睡眠衛生指導、メラトニン受容体アゴニスト投与、高照度光療法など時間生物学的介入を行うが、経過には心理社会的要因を含めた精神医学...
     
    北島 剛司   渡邊 晶子   江崎 悠一   廣瀬 真里奈   荒川 千明   河合 諒子   
    睡眠医療   11(3) 365-369   2017年9月   
    概日リズム睡眠・覚醒障害のうち、学校や職場で検診を行う必要のある代表は睡眠・覚醒相後退障害(DSWPD)であろう。これまでの睡眠障害国際分類(ICSD)を用いた調査による有病率の報告によると、若齢層において狭い基準で0.4%前後、広い基準で数%が該当すると予測される。ICSDに準じてスクリーニングを行う場合、睡眠・覚醒の問題には様々な精神・行動面の問題を伴う事例が多く、受診につなげる際にはその評価や必要な対応を行った上で、適切な紹介先を検討する必要がある。また、比較的軽度であれば、学校や職...
     
    北島 剛司   渡邊 晶子   江崎 悠一   廣瀬 真里奈   
    睡眠医療   11(1) 101-103   2017年4月   
     
    粥川 裕平   北島 剛司   
    最新医学   別冊(睡眠時無呼吸症候群) 22-28   2017年1月   
    睡眠中の激しいいびき,睡眠中に観察される無呼吸,激しい体動,起床時の口渇,頭痛,日中の眠気,集中困難,抑うつ,倦怠感,などの症状を呈する閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)の診断は,無呼吸に伴う頻回の覚醒反応や動脈血酸素飽和度(SpO2)の低下を評価し,続発症も含めて重症度を判定することが,最適の治療方針につながる.眠気の評価に汎用されるエプワース眠気尺度(ESS)については,8点以下でも,不眠型の睡眠時無呼吸症候群(SAS)では熟睡感の欠如が特徴的なので,留意すべきである.(著者抄録)

    書籍等出版物

     
     
    奥山真司, 北島剛司
    医学書院      2014年      
     
    北島剛司, 粥川裕平
    医学書院      2014年      
     
    北島剛司
    真興交易(株)医書出版部      2012年      
     
    土屋晶子, 北島剛司, 井上雄一, 島義
    朝倉書店      2012年      
     
    北島剛司
    中山書店      2011年      

    講演・口頭発表等

     
     
    Periodic abdominal movements
    江崎 悠一   北島 剛司   冨田 悟江   土屋 晶子   廣瀬 真里奈   岩田 仲生   
    日本睡眠学会第39回定期学術集会   2014年   
     
    パロキセチンか?誘因となった睡眠時随伴症重複障害の一例報告
    廣瀬 真里奈   北島 剛司   冨田 悟江   土屋 晶子   江崎 悠一   岩田 仲生   
    日本睡眠学会第39回定期学術集会   2014年   
     
    過眠を呈する患者における睡眠日誌とアクティグラフィによる睡眠時間の評価の比較
    土屋 晶子   冨田 悟江   北島 剛司   江崎 悠一   廣瀬 真里奈   鳥井 悠美加   岩田 仲生   
    日本睡眠学会第39回定期学術集会   2014年   
     
    夢体験を伴う睡眠時異常行動を呈し, PSGて?の覚醒イベントによって覚醒障害と診断された1症例
    藤田 志保   須藤 健助   細田 奈未   土屋 晶子   三重野 ゆうき   林 正道   今泉 和良   北島 剛司   
    日本睡眠学会第38回定期学術集会   2013年   
     
    生物学的および心理・社会的治療の双方を要した概日リズム睡眠障害の一例
    鳥井 悠美加   北島 剛司   廣瀬 真里奈   江崎 悠一   土屋 晶子   冨田 悟江   藤田 志保   岩田 仲生   
    日本睡眠学会第38回定期学術集会   2013年   

    担当経験のある科目(授業)

     

    所属学協会

     
     
       
     
    日本うつ病学会
     
       
     
    日本生物学的精神医学会
     
       
     
    日本精神神経学会
     
       
     
    日本時間生物学会
     
       
     
    日本睡眠学会

    Works(作品等)

     

    共同研究・競争的資金等の研究課題

     

    産業財産権

     

    学術貢献活動

     

    社会貢献活動

     

    メディア報道

     

    その他

     

    その他教育活動上特記すべき事項