メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター研究統括監理部
> 医学部> 基礎> 法医学 

医学部 法医学

研究者リスト >> 小澤 周二
 

最終確認日時:

編集

小澤 周二

 
アバター
研究者氏名小澤 周二
 
コザワ シュウジ
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 法医学
職名講師
学位博士(医学)(宮崎大学)
科研費研究者番号20379944
J-Global ID200901045929751738

受賞

 
2019年
日本アルコール・アディクション医学会, 優秀論文賞,Effects of chronic alcohol use on mouse myocardial tissue
Shuji Kozawa Kazuya Ikematsu Takehiko Murase Masayuki Nata 
 

論文

 
 
Kozawa S   Sekijima H   Nata M   
Anil Aggrawal's Internet Journal of Forensic Medicine and Toxicology   23(2)    2022年   [査読有り]
Background: Deaths due to heat stroke have surged in recent years in Japan. While the long-term sequelae of heat stroke in its survivors are well understood, our previous studies suggest that heat exposure may cause fatal organ damage before the s...
 
Shuji Kozawa   Hidehisa Sekijima   Hiroshi Ochi   Ichiro Isobe   
Forensic Science International: Reports   3 100202   2021年7月   [査読有り]
Glioblastoma multiforme (GBM) is the most common primary intracranial neoplasm. Although maternal mortality in Japan is among the lowest in the world, the main cause of maternal mortality is pregnancy-related intracranial hemorrhage. This case rep...
 
Shuji Kozawa   Takuma Yamamoto   Kazuya Ikematsu   Masayuki Nata   
Forensic Science International: Reports   1 100026-100026   2019年11月   [査読有り]
This study presents an autopsy case of unexpected sudden death caused by mitochondrial disorders with a subdural hematoma suspected to have manifested from Pearson’s marrow pancreas syndrome in a four-year-old boy. The cause of death was not deter...
 
Shuji Kozawa   Masayuki Nata   
Journal of forensic and legal medicine   66 144-146   2019年8月   [査読有り]
An autopsy case of sudden death due to pulmonary arterial hypertension (PAH) in a 5-year-old boy whose cause of death was not determined during autopsy, but was later determined by postmortem examination, is presented. The boy developed convulsion...
 
Kozawa S   Ikematsu K   Murase T   Nata M   
Japanese Journal of Alcohol Studies and Drug Dependence   54(1) 25-38   2019年   [査読有り]
Alcohol intake induces cardiovascular effects. We performed a comprehensive analysis of the gene expression profiles of myocardial tissues from a mouse model of alcohol feeding by microarray to clarify the effect of alcohol on myocardium from the ...

MISC

 
 
小澤周二   
BIO Clinica   36(3) 82-85   2021年3月   
アルコール摂取は突然死の主要な危険因子とみなされているが,そのメカニズムはよく解っていない。法医実務においては,アルコール多飲者の突然死例をしばしば経験するものの,有意な所見が認められないことも多く,診断には苦慮するところである。筆者らは,アルコール長期投与マウスモデルを用いて,アルコール性突然死,すなわち致死性不整脈の発症機構の解明を試みるとともに,その法医学的診断法の確立に取り組んできたので本稿により概説する。
 
小澤 周二   
BIO Clinica   35(9) 66-68   2020年8月   
アルコール摂取は突然死の主要な危険因子とみなされているが、そのメカニズムはよく解っていない。法医実務においては、アルコール多飲者の突然死例をしばしば経験するものの、有意な所見が認められないことも多く、診断には苦慮するところである。著者らは、アルコール長期投与マウスモデルを用いて、アルコール性突然死、すなわち致死性不整脈の発症機構の解明を試みるとともに、その法医学的診断法の確立に取り組んできたので本稿により概説する。
 
小澤 周二   那谷 雅之   
日本SIDS・乳幼児突然死予防学会雑誌   17(1) 12-15   2017年12月   
 
小澤 周二   池村 真弓   中川 泰久   那谷 雅之   池松 和哉   村瀬 壮彦   
アルコールと医学生物学   34 13-19   2016年6月   
7週齢のC57BL/6Nマウスを用い、Lieberらの方法に準じて、アルコール投与群には4%エタノール液体食を、対照群にはコントロール液体食を6週間投与し(コントロール群(C群)、n=4)、アルコール投与モデルを作製した。アルコールの心筋への影響を明らかにするために、慢性アルコール投与マウスモデルの心筋細胞における遺伝子発現プロフィールを、マイクロアレイ法を用い解析した。慢性アルコール投与群とC群のシグナル値を解析したところ、有意に発現差のある遺伝子として142遺伝子が得られた。アルコール...
 
小澤 周二   那谷 雅之   池松 和哉   榛葉 頼子   柿崎 英二   湯川 修弘   
アルコールと医学生物学   33 66-71   2015年3月   
アルコール投与マウスにおける心筋内JAK-STATシグナル伝達経路の動態について検討した。7週齢のBALB/cマウスを用いて、エタノールあるいは生理食塩水の腹腔内投与を行い、アルコール投与モデルマウスを作成した。単回投与後30分において、エタノール群でc-fos、dusp-1発現量が増加した。JAK/STAT経路に関連する88遺伝子の発現動態を解析し、エタノール4週間連日投与後24時間群の発現動態が他の群と比較して最も離れた位置に認めた。単回投与後30分、単回投与後24時間、4週間連日投与...

書籍等出版物

 
 
杉野雄一、中塚豊真、兼児敏浩、小澤周二(担当:分担執筆, 範囲:第2章 症例集 5 その他 交通外傷 P.100-101)
株式会社ベクトル・コア   2018年4月   
 
Yukawa N, Kakizaki E, Kozawa S(担当:分担執筆, 範囲:Diatom and laboratory tests to support a conclusion of death by drowning.)
Springer   2013年   

講演・口頭発表等

 
 
小脳出血による小児突然死の一例
小澤周二   舟山一寿   関島秀久   小山哲秀   高塚尚和   小谷泰一   
第67回日本法医学会学術近畿地方集会   2020年11月14日   
 
ニコチン含有リキッドの服用による急性ニコチン中毒の一剖検例
関島 秀久   小澤 周二   那谷 雅之   
第104次日本法医学会学術全国集会   2020年9月   (NPO)日本法医学会   
 
ピアソン病が疑われた1例
小澤 周二   関島 秀久   那谷 雅之   
第66回日本法医学会学術近畿地方集会   2019年11月9日   (NPO)日本法医学会   
 
死後経過時間の判断に苦慮した白骨死体の一例
小澤 周二   関島 秀久   那谷 雅之   
第41回日本法医学会学術中部地方集会   2019年10月19日   (NPO)日本法医学会   
 
リンパ球性心筋炎の小児及び成人の2剖検例
小澤 周二   関島 秀久   那谷 雅之   
第103次日本法医学会学術全国集会   2019年6月   (NPO)日本法医学会   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
長期的なアルコール摂取により誘発される突然死の法医学的診断法の確立
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
小澤 周二 越智 拓 関島 秀久 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
アルコール性突然死の発症機構の解明~致死性不整脈の法医学的診断法の確立に向けて
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
小澤 周二 池松 和哉 関島 秀久 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
生体分子を指標とした熱中症発症・予防機序の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
那谷 雅之 小澤 周二 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
アルコールの心筋細胞への影響からみた突然死の解明のための基礎研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
小澤 周二 池松 和哉 那谷 雅之 池村 真弓 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
 
慢性アルコール投与によるアセトアルデヒド・酢酸代謝の変化と薬物相互作用への影響
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
藤宮 龍也 劉 金耀 嶋本 晶子 小澤 周二 
研究期間: 2004年 - 2005年

その他

 
 
特になし
 
 
特になし