メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 研究推進本部> 病態モデル先端医学研究センター 

病態モデル先端医学研究センター

研究者リスト >> 長尾 静子
 

最終確認日時:2016/07/29 15:29

編集

長尾 静子

 
アバター
研究者氏名長尾 静子
 
ナガオ シズコ
通称等の別名長尾枝澄香
URLhttp://www.fujita-hu.ac.jp/CAMHD/LAS2020/
所属藤田医科大学
部署疾患モデル 疾患モデル科学
職名教授
学位博士(医学)
科研費研究者番号20183527
J-Global ID200901023891495631

研究キーワード

 
多発性嚢胞腎 ,糖尿病性腎臓病 ,慢性腎臓病 ,疾患モデル ,ゲノム編集 ,細胞増殖 ,炎症 ,セカンドメッセンジャー ,cAMP ,細胞情報伝達経路

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 実験病理学 / 
  • ライフサイエンス / 遺伝学 / 
  • ライフサイエンス / 腎臓内科学 / 
  • ライフサイエンス / 実験動物学 / 
  • ライフサイエンス / 薬理学 / 

経歴

 
2012年10月
 - 
現在
藤田医科大学 大学院 教授 
 
2012年10月
 - 
現在
藤田医科大学 研究支援推進本部 教授 
 
2008年4月
 - 
現在
藤田医科大学 疾患モデル教育研究サポートセンター  センター長
 
1998年9月
 - 
2000年8月
U.S.A. University of Kansas Medical Center Kidney Institute Visiting Assistant Professor 
 

論文

 
 
Aya Yoshimura   Tamio Yamaguchi   qually-Contributed First Authors   Masanori Kugita   Kanako Kumamoto   Kazuya Shiogama   Naomichi Ogitsu   Misao Yoneda   Toshihiro Miura   Yoichi Nagamura   Shizuko Nagao   
Journal of Nutritional Science and Vitaminology   67(4) 243-248   2021年8月   [査読有り]
Daily fat and sugar intake has increased in Japan, while total energy intake has decreased. However, the number of type 2 diabetes mellitus patients has increased, and this often causes renal injury characterized by autophagic vacuoles. Although m...
 
Riona Hatazawa   Saori Fukuda   Kanako Kumamoto   Fumio Matsushita   Shizuko Nagao   Takayuki Murata   Koki Taniguchi   Taei Matsui   Satoshi Komoto   
Journal of General Virology   102(4)    2021年4月   [査読有り]
With the recent establishment of robust reverse genetics systems for rotavirus, rotavirus is being developed as a vector to express foreign genes. However, insertion of larger sequences such as those encoding multiple foreign genes into the rotavi...
 
Uga Naoko   Nakatani Masashi   Yoshimura Aya   Kumamoto Kanako   Tsuchida Kunihiro   Nagao Shizuko   Tsuchiya Tomonori   Kondo Yasuhiro   Naoe Atsuki   Watanabe Shunsuke   Yasui Toshihiro   Hara Fujio   Suzuki Tatsuya   
Fujita Medical Journal   7(2) 41-49   2020年3月   [査読有り]
<p>Objectives: Proximal stoma creation in neonates results in growth failure and distal intestinal atrophy. "Recycling stool" consists of stool injection from the proximal limb to the distal limb of a stoma. Because this method may prevent ...
 
Koichi Kikuchi   Daisuke Saigusa   Yoshitomi Kanemitsu   Yotaro Matsumoto   Paxton Thanai   Naoto Suzuki   Koki Mise   Hiroaki Yamaguchi   Tomohiro Nakamura   Kei Asaji   Chikahisa Mukawa   Hiroki Tsukamoto   Toshihiro Sato   Yoshitsugu Oikawa   Tomoyuki Iwasaki   Yuji Oe   Tomoya Tsukimi   Noriko N. Fukuda   Hsin Jung Ho   Fumika Nanto-Hara   Jiro Ogura   Ritsumi Saito   Shizuko Nagao   Yusuke Ohsaki   Satoshi Shimada   Takehiro Suzuki   Takafumi Toyohara   Eikan Mishima   Hisato Shima   Yasutoshi Akiyama   Yukako Akiyama   Mariko Ichijo   Tetsuro Matsuhashi   Akihiro Matsuo   Yoshiaki Ogata   Ching Chin Yang   Chitose Suzuki   Matthew C. Breeggemann   Jurgen Heymann   Miho Shimizu   Susumu Ogawa   Nobuyuki Takahashi   Takashi Suzuki   Yuji Owada   Shigeo Kure   Nariyasu Mano   Tomoyoshi Soga   Takashi Wada   Jeffrey B. Kopp   Shinji Fukuda   Atsushi Hozawa   Masayuki Yamamoto   Sadayoshi Ito   Jun Wada   Yoshihisa Tomioka   Takaaki Abe   
Nature Communications   10(1) 1835-1835   2019年12月   [査読有り]
Diabetic kidney disease is a major cause of renal failure that urgently necessitates a breakthrough in disease management. Here we show using untargeted metabolomics that levels of phenyl sulfate, a gut microbiota-derived metabolite, increase with...
 
Shizuko Nagao   Masanori Kugita   Kanako Kumamoto   Aya Yoshimura   Kazuhiro Nishii   Tamio Yamaguchi   
PLoS ONE   14(3) e0207461   2019年3月   [査読有り]
The anti-diuretic hormone arginine vasopressin is thought to be a detrimental factor in polycystic kidney disease (PKD). We previously reported that high water intake (HWI) reduced urine osmolality and urinary arginine vasopressin, improved renal ...

講演・口頭発表等

 
 
Kyongtae T. Bae   Aya Yoshimura   Kanako Kumamoto   Masanori Kugita   Tamio Yamaguchi   Shigeo Horie   Junu Bae   Shizuko Nagao   
ASN Kidney week, 2020,   2020年10月   
 
Tamio Yamaguchi   Aya Yoshimura   Masanori Kugita   Kanako Kumamoto   Kazuya Shiogama   Kyongtae T. Bae   Shizuko Nagao   
ASN Kidney week, 2020   2020年10月   
 
Aya Yoshimura   Tamio Yamaguchi   Masanori Kugita   Kanako Kumamoto   Kazuya Shiogama   Naomichi Ogitsu   Toshihiro Miura   Misao Yoneda   Yoichi Nagamura   Shizuko Nagao   qual autho   
Kidney week, 2019   2019年11月   
 
Kyongtae T. Bae   Kanako Kumamoto   Aya Yoshimura   Masanori Kugita   Shigeo Horie   Tamio Yamaguchi   Junu T. Bae   Shizuko Nagao   qual autho   
Kidney week, 2019   2019年11月   
 
Sei Saitoh   Kanako Kumamoto   Nobuhiko Ohno   Shizuko Nagao   
The 13th Japan-China Joint Seminar on Histochemistry and Cytochemistry   2019年9月   

MISC

 
 
釘田雅則   熊本海生航   吉村文   白水貴大   藤垣英嗣   山本康子   高橋和男   湯澤由紀夫   長尾静子   
日本腎臓学会誌(Web)   64(3)    2022年
 
松山 依里子   吉村 文   山田 栞   熊本 海生航   杉原 一廣   長尾 静子   
日本腎臓学会誌   63(4) 503-503   2021年6月
 
山田 栞   熊本 海生航   松山 依里子   吉村 文   杉原 一廣   長尾 静子   
日本腎臓学会誌   63(4) 503-503   2021年6月
 
宇賀 菜緒子   村山 未佳   土屋 智寛   近藤 靖浩   直江 篤樹   渡邉 俊介   安井 稔博   鈴木 達也   常陸 圭介   土田 邦博   吉村 文   熊本 海生航   長尾 静子   
日本小児外科学会雑誌   57(2) 390-390   2021年4月
 
吉村 文   山口 太美雄   釘田 雅則   熊本 海生航   塩竈 和也   荻津 直通   三浦 俊宏   米田 操   長村 洋一   長尾 静子   
日本腎臓学会誌   62(4) 283-283   2020年7月

書籍等出版物

 
 
 
長尾静子, 西井一宏, 髙橋久英(担当:共著, 範囲:動物のPKD遺伝子変異 pp.40-47 生活上の注意 pp.326-329)
インターメディカ、東京   2006年   
 
山口太美雄, 長尾静子, 笠原正男(範囲:多発性嚢胞腎 pp.122-128)
中外医学社、東京   2003年   
 
長尾静子, 髙橋久英(担当:共著, 範囲:多発性嚢胞腎症マウス pp.100-108)
養賢堂、東京   1995年   
 
長尾静子, 髙橋久英(担当:共著, 範囲:多発性嚢胞腎症マウス pp.338-348)
技術情報協会、東京   1993年   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
生殖医療概論 (藤田医科大学)
 
   
 
遺伝学 (藤田医科大学)
 
   
 
疾患モデル管理学 (藤田医科大学)
 
   
 
生殖補助医療演習 (藤田医科大学)
 
   
 
生殖補助医療特論 (藤田医科大学)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
嚢胞性腎疾患群の細胞増殖における希少糖ヌクレオチドの意義解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
中嶋 和紀 長尾 静子 高橋 和男 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
摂取カロリー同等/PFCバランス不同食の糖尿病性腎臓病と認知機能障害に及ぼす影響
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
山口 太美雄 長尾 静子 吉村 文 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
小児CKD進展に関与するM2型マクロファージ制御法の確立
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
池住 洋平 長尾 静子 熊谷 直憲 山田 剛史 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
糖尿病性腎症に付随する認知障害におけるトリプトファン代謝の役割の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
深澤 元晶 長尾 静子 山田 雅之 高橋 和男 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
糖尿病性腎症の代謝変容の解明とその改善を基軸とした発症・進展予防
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
湯澤 由紀夫 長尾 静子 倉橋 浩樹 坪井 直毅 鍋島 俊隆 齋藤 邦明 高橋 和男 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月

受賞

 
2016年9月
The Asian Pacific Society of Nephrology, Young Investigator Award,Mitochondrial dysfunction contributes to cyst proliferation of autosomal dominant polycystic kidney disease.
Yu Ishimoto, Masaomi Nangaku, Shizuko Nagao, Daisuke Yoshihara, Masanori Kugita, Yoko Yoshida, Jing Zhou, Mike Murphy, Akira Shimizu, Reiko Inagi. 
 
2012年6月
第55回 日本腎臓学会総会, 優秀演題賞,ラット多発性嚢胞腎におけるPPARγ アゴニスト投与の治療考課に関する網羅的遺伝子発現プロファイリング
吉原大輔 釘田雅則 倉橋浩樹 森田美和 比企能之 山口太美雄 豊原敬文 阿部高明 長尾静子 
 
2011年6月
第54回 日本腎臓学会総会, 優秀演題賞,ヒト多発性嚢胞腎症のラットモデルにおけるPPAR-gammaアゴニストの治療効果
吉原大輔、倉橋浩樹、森田美和、釘田雅則、比企能之、Aukema Harold、山口太美雄、Calvet James、Wallace Darren、長尾枝澄香(静子) 
 

所属学協会

 
 
   
 
藤田学園医学会
 
   
 
日本栄養改善学会
 
   
 
日本膵臓学会
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
米国生理学会

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 
 
 
 
 

その他教育活動上特記すべき事項