メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部総合医科学研究所産学連携推進センター研究支援推進センター

共同利用研究推進施設

研究者リスト >> 山本 直樹
 

最終確認日時:2018/10/13 12:03

編集

山本 直樹

 
アバター
研究者氏名山本 直樹
 
ヤマモト   ナオキ
ハンドルnaokiy
eメールnaokiyfujita-hu.ac.jp
URLhttp://www.fujita-hu.ac.jp/~kyoriken/
所属藤田医科大学
部署研究支援推進センター 再生医療支援推進施設
職名准教授
学位医学博士(藤田保健衛生大学)
科研費研究者番号00267957

研究キーワード

 
再生医療 , 網膜再生 , 網膜幹細胞 , 虹彩組織幹・前駆細胞 , 組織幹細胞 , p75NTR(CD271) , 網膜神経細胞 , 電気生理 , 幹細胞移植 , 白内障 , 水晶体再生 , 不死化細胞 , 胎盤 , 多中心性骨肉腫 , ケモカイン

研究分野

 
  • 神経科学 / 神経解剖学・神経病理学 / 
  • 外科系臨床医学 / 眼科学 / 
  • 外科系臨床医学 / 整形外科学 / 
  • 神経科学 / 神経解剖学・神経病理学 / 
  • 生物科学 / 分子生物学 / 
  • 生物科学 / 細胞生物学 / 
  • 基礎医学 / 実験病理学 / 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
藤田医科大学 研究支援推進センター 再生医療支援推進施設 准教授
 
2018年4月
 - 
2018年10月
藤田保健衛生大学 研究支援推進センター 再生医療支援推進施設 准教授
 
2017年4月
 - 
2018年3月
藤田保健衛生大学 研究支援推進センター 共同利用研究推進施設 分子生物学 准教授
 
2013年4月
 - 
2017年3月
藤田保健衛生大学 共同利用研究施設 分子生物学 准教授
 
2006年10月
 - 
2013年4月
藤田保健衛生大学 共同利用研究施設 組織化学 講師
 
2004年10月
 - 
2006年10月
藤田保健衛生大学 共同利用研究施設 組織化学 助手
 

学歴

 
 
 - 
1994年3月
藤田保健衛生大学  
 

委員歴

 
2018年6月
 - 
2018年6月
日本組織培養学会 第91回大会  大会長
 
2015年9月
 - 
2015年9月
第54回日本白内障学会・第41回水晶体研究会  大会長
 
2013年
 - 
現在
日本再生医療学会  評議員
 
2013年6月
 - 
現在
日本白内障学会  学会誌 編集委員長
 
2012年6月
 - 
2013年6月
日本白内障学会  学会誌 編集委員
 
2011年5月
 - 
現在
日本臨床分子形態学会  評議員
 
2011年4月
 - 
現在
日本白内障学会  評議員
 
2010年
 - 
現在
藤田学園医学会  実行役員
 
2009年4月
 - 
現在
日本組織培養学会  評議員
 
2009年1月
 - 
現在
水晶体研究会  世話人
 
2009年4月
 - 
2013年3月
日本組織培養学会  幹事・執行役員
 

受賞

 
2017年9月
日本臨床分子形態学会 奨励賞
 
2016年7月
第55回日本白内障学会 優秀賞
 
2014年1月
水晶体研究会 優秀賞 「特異的遺伝子部位に不死化遺伝子を挿入した不死化水晶体上皮細胞の作出」
 
2013年9月
日本臨床分子形態学会 最優秀演題賞 「虹彩由来網膜幹/前駆細胞の維持培養と分化細胞の生理学的機能評価」
 
2011年9月
日本臨床分子形態学会 論文賞
 
2010年4月
第114回日本眼科学会 座長賞
 
2010年
日本眼科学会座長賞
 
2008年
藤田学園医学会奨励賞
 
2008年
第112回日本眼科学会 座長賞
 
2007年
日本白内障学会学術奨励賞
 

論文

 
Preparation of induced pluripotent stem cells using human peripheral blood monocytes
Isogai S., Yamamoto N., Hiramatsu N., Goto Y., Hayashi M., Kondo M., Imaizumi K.
Cellular reprogramming   20(6)    2018年12月   [査読有り]
Masamichi Hayashi, Naoki Yamamoto, Naoki Yamamoto, Noriko Hiramatsu, Sumito Isogai, Yusuke Gotoh, Yasuhiro Goto, Masashi Kondo, Kazuyoshi Imaizumi
In Vitro Cellular and Developmental Biology - Animal   54(9) 648-657   2018年9月   [査読有り]
© 2018, The Society for In Vitro Biology. In recent research on regenerative medicine, three-dimensional (3D) tissue reconstruction using the induced pluripotent stem cell (iPS cell) differentiated cells has attracted attention. In this study, mou...
R. Ito, M. Ito, Y. Asano, A. Murakumo, N. Yamamoto, A. Horiguchi
Transplantation Proceedings   50(5) 1525-1531   2018年6月   [査読有り]
© 2018 Elsevier Inc. Introduction: Hepatocyte transplantation is a promising alternate for the treatment of hepatic diseases. Hypothermic preservation of isolated human hepatocytes is potentially a simple and convenient strategy to provide on-dema...
組織標本の作製入門と研究の展開 綺麗な組織標本は組織の固定が重要
山本 直樹
日本白内障学会誌   30(1) 68-72   2018年6月   [査読有り][招待有り]
Detection of the Streptococcus milleri group in sputum samples and investigation of its clinical significance in respiratory diseases
Hiramatsu N., Yamamoto N., Soma T., Watanabe T., Akao K., Horiguchi T., Isogai S., Imaizumi K.
Fujita Medical Journal   4(2) 45-49   2018年5月   [査読有り]
Satoshi Kawai, Takuma Fujii, Iwao Kukimoto, Hiroya Yamada, Naoki Yamamoto, Makoto Kuroda, Sayaka Otani, Ryoko Ichikawa, Eiji Nishio, Yutaka Torii, Aya Iwata
Scientific Reports   8(5) 7070   2018年5月   [査読有り]
© 2018 The Author(s). microRNAs (miRNAs) play important roles in regulation of gene expression during cervical carcinogenesis. We investigated expression profiles of miRNAs in cervical cancer and its precursor lesions by utilizing cervical mucus. ...
Koichiro Ogawa, Hidetaka Suga, Chikafumi Ozone, Mayu Sakakibara, Tomiko Yamada, Mayuko Kano, Kazuki Mitsumoto, Takatoshi Kasai, Yu Kodani, Hiroshi Nagasaki, Naoki Yamamoto, Daisuke Hagiwara, Motomitsu Goto, Ryoichi Banno, Yoshihisa Sugimura, Hiroshi Arima
Scientific Reports   8(1) 3615   2018年1月   [査読有り]
© 2018 The Author(s). Arginine-vasopressin (AVP) neurons exist in the hypothalamus, a major region of the diencephalon, and play an essential role in water balance. Here, we established the differentiation method for AVP-secreting neurons from hum...
Takaaki Yamada, Takaaki Yamada, Takaaki Yamada, Seiji Hasegawa, Seiji Hasegawa, Seiji Hasegawa, Katsuma Miyachi, Yasushi Date, Yasushi Date, Yu Inoue, Akiko Yagami, Akiko Yagami, Masaru Arima, Yohei Iwata, Naoki Yamamoto, Satoru Nakata, Kayoko Matsunaga, Kayoko Matsunaga, Kazumitsu Sugiura, Hirohiko Akamatsu
Mechanisms of Ageing and Development   171(1) 37-46   2018年1月   [査読有り]
© 2018 Elsevier B.V. Interfollicular epidermal stem cells (IFE-SCs) have self-renewal and differentiation potentials, and maintain epidermal homeostasis. Stem cells in vivo are regulated by the surrounding environment called niche to function prop...
Katsuma Miyachi, Takaaki Yamada, Mika Kawagishi-Hotta, Yuichi Hasebe, Yasushi Date, Seiji Hasegawa, Masaru Arima, Yohei Iwata, Tsukane Kobayashi, Shigeki Numata, Naoki Yamamoto, Satoru Nakata, Kazumitsu Sugiura, Hirohiko Akamatsu
Journal of Dermatology      2018年   [査読有り]
Hair follicle stem cells (HFSC) are localized in the bulge region of the hair follicle and play a role in producing hair.
Recently, it has been shown that the number of HFSC decreases with age, which is thought to be a cause of senile alopecia. Th...
Takehiro Kasai, Takehiro Kasai, Takehiro Kasai, Masashi Nakatani, Naoki Ishiguro, Kinji Ohno, Naoki Yamamoto, Mitsuhiro Morita, Harumoto Yamada, Kunihiro Tsuchida, Akiyoshi Uezumi
American Journal of Pathology   187(12) 2627-2634   2017年12月   [査読有り]
© 2017 American Society for Investigative Pathology Fatty degeneration of skeletal muscle leads to muscle weakness and loss of function. Preventing fatty degeneration in skeletal muscle is important, but no drug has been used clinically. In this s...
Saori Deguchi, Hiroko Otake, Yosuke Nakazawa, Noriko Hiramatsu, Naoki Yamamoto, Noriaki Nagai
International Journal of Molecular Sciences   18(12) e2720   2017年12月   [査読有り]
© 2017 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. Retinopathy leads to irreparable vision loss via capillary closure and areas of nonperfusion. However, the current instillation systems do not allow a sufficient amount of drug required to ...
組織拡張器により形成される被膜の解析
栗山恵里花,落合博子,井上義一,坂本好昭,山本直樹,内海俊明,貴志和生,奥本隆行,松浦晃洋
藤田学園医学会誌   41(1) 37-39   2017年10月   [査読有り]
平松 範子, 出口 粧央里, 吉岡 千晶, 大竹 裕子, 山本 直樹, 長井 紀章
Yakugaku Zasshi   137(9) 1169-1175   2017年9月   [査読有り]
© 2017 The Pharmaceutical Society of Japan. Streptozotocin-induced diabetic rat (STZ rat) was used in many studies for the diabetic mellitus. In this study, we demonstrated whether the electroretinograms (ERG) was changed in the retina of STZ rats...
Noriaki Nagai, Saori Deguchi, Hiroko Otake, Noriko Hiramatsu, Naoki Yamamoto
International Journal of Molecular Sciences   18(9) e1971   2017年9月   [査読有り]
© 2017 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. We previously prepared ophthalmic formulations containing cilostazol (CLZ) nanoparticles by bead mill methods (CLZnano), and found that instillation of CLZnanointo rat eyes supplies CLZ int...
眼科研究における薬効評価モデル:新たな手法で作出した不死化細胞による医薬品・医薬部外品の評価
山本 直樹
眼薬理   31(1) 44-47   2017年8月   [査読有り]
現在、動物を用いない医薬品や医薬部外品の評価モデルとして、さまざまな細胞を用いた試験法が報告されている。筆者が新たな手法で作出した不死化角膜上皮細胞株(iHCE-NY1)は、角膜上皮幹/前駆細胞のマーカーを発現しており、三次元培養法にて最表層にMucin-16を発現することから、今後、細胞毒性試験や医薬品薬効評価のモデルにも使用できるものと期待される。(著者抄録)
Satoru Ishihara, Naoe Kotomura, Naoki Yamamoto, Hiroshi Ochiai
Analytical Biochemistry   531(1) 37-44   2017年8月   [査読有り]
© 2017 Elsevier Inc. Ligation-mediated polymerase chain reaction (LM-PCR) is a common technique for amplification of a pool of DNA fragments. Here, a double-stranded oligonucleotide consisting of two primer sequences in back-to-back orientation wa...
Erika Kuriyama, Hiroko Ochiai, Yoshikazu Inoue, Yoshiaki Sakamoto, Naoki Yamamoto, Toshiaki Utsumi, Kazuo Kishi, Takayuki Okumoto, Akihiro Matsuura
Plastic and Reconstructive Surgery - Global Open   5(7) e1403   2017年7月   [査読有り]
Background: Capsular contracture is a common complication after breast augmentation surgery. This study pathologically evaluated the soft-tissue response to surface modifications in both smooth and textured tissue expander prostheses. Methods: Smo...
虹彩由来iPS細胞を用いた水晶体上皮細胞への分化誘導
山本 直樹, 平松 範子, 谷川 篤宏, 宮地 栄一, 堀口 正之
日本白内障学会誌   29(1) 80-83   2017年6月   [査読有り]
イモリは、水晶体を切除しても虹彩色素上皮細胞が脱分化して水晶体が再生される。筆者らはこの虹彩組織に注目してヒト虹彩組織幹/前駆細胞を分離し、この細胞にエピゾーマルベクターを導入してiPS細胞を作出した。作出した虹彩由来iPS細胞は、アルカリホスファターゼ(alkaline phosphatase:ALP)、Sox2、SSEA-4陽性の細胞であった。次に、このiPS細胞を筆者らが考案した回転浮遊培養法にて、水晶体上皮細胞に分化誘導した。既報のES細胞を用いた分化誘導法と今回の結果を比較すると...
Akihiro Fujikawa, Jeremy Pak Hong Chow, Jeremy Pak Hong Chow, Masahito Matsumoto, Ryoko Suzuki, Kazuya Kuboyama, Naoki Yamamoto, Masaharu Noda, Masaharu Noda
Journal of Biochemistry   162(5) 381-390   2017年5月   [査読有り]
© The Author 2017. Published by Oxford University Press. All rights reserved. Protein tyrosine phosphatase receptor type Z (PTPRZ, also known as PTP or RPTPβ) is preferentially expressed in the central nervous system (CNS). PTPRZ plays important r...
Sumito Isogai, Yoshikazu Niwa, Hiroshi Yatsuya, Masamichi Hayashi, Naoki Yamamoto, Takuya Okamura, Tomoyuki Minezawa, Yasuhiro Goto, Teppei Yamaguchi, Tomoko Takeyama, Yosuke Sakakibara, Sayako Morikawa, Tomoya Horiguchi, Yusuke Gotoh, Yuki Mieno, Sakurako Uozu, Toru Nakanishi, Mitsushi Okazawa, Hiroki Sakakibara, Kazuyoshi Imaizumi
Allergology International   66(2) 360-362   2017年4月   [査読有り]
Mika Kawagishi-Hotta, Mika Kawagishi-Hotta, Mika Kawagishi-Hotta, Seiji Hasegawa, Seiji Hasegawa, Seiji Hasegawa, Toshio Igarashi, Takaaki Yamada, Takaaki Yamada, Takaaki Yamada, Masayuki Takahashi, Shigeki Numata, Tsukane Kobayashi, Yohei Iwata, Masaru Arima, Naoki Yamamoto, Akiko Yagami, Satoru Nakata, Tohru Uzawa, Kayoko Matsunaga, Kazumitsu Sugiura, Hirohiko Akamatsu
Regenerative Therapy   6(1) 29-40   2017年3月   [査読有り]
© 2017 The Japanese Society for Regenerative Medicine Background Adipose-derived stem cells (ASCs) are a robust, multipotent cell source. They are easily obtained and hold promise in many regenerative applications. It is generally considered that ...
Naoki Yahata, Yuji Matsumoto, Minoru Omi, Naoki Yamamoto, Ryuji Hata, Ryuji Hata
Scientific Reports   7(1) e15557   2017年1月   [査読有り]
© 2017 The Author(s). Induced pluripotent stem cells (iPSCs) are suitable for studying mitochondrial diseases caused by mitochondrial DNA (mtDNA) mutations. Here, we generated iPSCs from a patient with mitochondrial myopathy, encephalopathy, lacti...
Ayako Kondo, Kazuo Takahashi, Tomohiro Mizuno, Tomohiro Mizuno, Akihiro Kato, Daisuke Hirano, Naoki Yamamoto, Hiroki Hayashi, Shigehisa Koide, Hiroshi Takahashi, Midori Hasegawa, Yoshiyuki Hiki, Yoshiyuki Hiki, Shunji Yoshida, Keiji Miura, Yukio Yuzawa
PLoS ONE   11(10) e0163085   2016年10月   [査読有り]
Copyright © 2016 Kondo et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and so...
Naoki Yamamoto, Yoshinao Kato, Atsushi Sato, Noriko Hiramatsu, Hiromi Yamashita, Mahito Ohkuma, Ei ichi Miyachi, Masayuki Horiguchi, Koji Hirano, Hajime Kojima
In Vitro Cellular and Developmental Biology - Animal   52(7) 742-748   2016年8月   [査読有り]
© 2016, The Society for In Vitro Biology. In vitro test methods that use human corneal epithelial cells to evaluate the eye irritation potency of chemical substances do not use human corneal epithelium because it has been difficult to maintain mor...
Akiyoshi Uezumi, Masashi Nakatani, Madoka Ikemoto-Uezumi, Naoki Yamamoto, Mitsuhiro Morita, Asami Yamaguchi, Harumoto Yamada, Takehiro Kasai, Satoru Masuda, Asako Narita, Yuko Miyagoe-Suzuki, Shin'ichi Takeda, So ichiro Fukada, Ichizo Nishino, Kunihiro Tsuchida
Stem Cell Reports   7(2) 263-278   2016年8月   [査読有り]
© 2016 The Author(s) Skeletal muscle contains two distinct stem/progenitor populations. One is the satellite cell, which acts as a muscle stem cell, and the other is the mesenchymal progenitor, which contributes to muscle pathogeneses such as fat ...
C. Balachandran, K. Chennakesava Rao, K. Chennakesava Rao, Y. Arun, N. Emi, N. Yamamoto, Y. Inaguma, A. Okamoto, K. Easwaramoorthi, P. T. Perumal
RSC Advances   99(6) 96946-96962   2016年6月   [査読有り]
© 2016 The Royal Society of Chemistry. A novel series of Mannich derivatives of 3a-g and 3a′-g′ were designed and synthesized from pseudophenylpropanolamine (Ψ-PPA). The stereo chemical aspects of the synthesized compounds were studied and all com...
Atsushi Shimomura, Atsushi Shimomura, Akiko Iizuka-Kogo, Naoki Yamamoto, Ryuji Nomura
Medical Molecular Morphology   49(2) 119-126   2016年6月   [査読有り]
© The Japanese Society for Clinical Molecular Morphology 2015. Mesenchymal stem cells (MSCs) represent a promising cell source for stem cell therapy to replace neurons damaged by neurodegenerative diseases. A system designed for in vitro neuronal ...
Sayako Morikawa, Takuya Okamura, Tomoyuki Minezawa, Yasuhiro Goto, Masamichi Hayashi, Teppei Yamaguchi, Sumito Isogai, Yuki Mieno, Naoki Yamamoto, Sakurako Uozu, Toru Nakanishi, Mitsushi Okazawa, Kazuyoshi Imaizumi
Therapeutic Advances in Respiratory Disease   10(6) 518-524   2016年6月   [査読有り]
© The Author(s) 2016. Background: Bronchial occlusion with an Endobronchial Watanabe Spigot (EWS) has been shown to be useful in managing prolonged bronchopleural fistulas and intractable hemoptysis. EWS bronchial occlusion using a curette is less...
細胞を用いた水晶体再生の基礎検討.-不死化水晶体上皮細胞による三次元水晶体再構築モデル作製の試み-
平松 範子, 山本 直樹
日本白内障学会誌   28(1) 106-110   2016年6月   [査読有り]
C. Balachandran, C. Balachandran, N. Emi, Y. Arun, N. Yamamoto, V. Duraipandiyan, V. Duraipandiyan, Yoko Inaguma, Akinao Okamoto, S. Ignacimuthu, S. Ignacimuthu, N. A. Al-Dhabi, P. T. Perumal
Chemico-Biological Interactions   249(1) 23-35   2016年4月   [査読有り]
© 2016 Elsevier Ireland Ltd The present study investigated the anticancer activity of 2,3-dihydroxy-9,10-anthraquinone against different cancer cells such as MCF-7, COLO320, HepG-2, Skov-3, MOLM-14, NB-4, CEM, K562, Jurkat, HL-60, U937, IM-9 and V...
Clinical features of primary lung cancer presenting as pulmonary consolidation mimicking pneumonia.
Morikawa S, Okamura T, Yamaguchi T, Minezawa T, Goto Y, Takeyama T, Sakakibara Y, Niwa Y, Horigushi T, Gotoh Y, Soma T, Watanabe T, Akao K, Mieno Y, Yamamoto N, Uozu S, Hayashi M, Isogai S, Nakanishi T, Imaizumi K.
Fujita Medical Journal   2(1) 17-21   2016年3月   [査読有り]
Yoko Inaguma, Yoshiki Akatsuka, Kohei Hosokawa, Hiroyuki Maruyama, Akinao Okamoto, Takamasa Katagiri, Keiko Shiraishi, Yuko Murayama, Sachiko Tsuzuki-Iba, Yuuki Mizutani, Chikako Nishii, Naoki Yamamoto, Ayako Demachi-Okamura, Kiyotaka Kuzushima, Seishi Ogawa, Nobuhiko Emi, Shinji Nakao
British Journal of Haematology   172(1) 131-134   2016年1月   [査読有り]
Takeshi Chihara, Kan Shimpo, Hidehiko Beppu, Naoki Yamamoto, Takaaki Kaneko, Kazumasa Wakamatsu, Shigeru Sonoda
Asian Pacific Journal of Cancer Prevention   16(9) 3887-3891   2015年9月   [査読有り]
Aloe-emodin (1, 8-dihydroxy-3-hydroxyl-methylanthraquinone; AE) and emodin (1,3,8-trihydroxy-6-methylanthraquinone; EM) are anthraquinone derivatives that have been detected in some medical plants and share similar anthraquinone structures. AE and...
病理からみた前眼部手術.水晶体と白内障手術
山本 直樹
IOL&RS : Japanese journal of cataract and refractive surgery   29(3) 325-331   2015年9月   [査読有り][招待有り]
Ikemoto-Uezumi M, Uezumi A, Tsuchida K, Fukada S, Yamamoto H, Yamamoto N, Shiomi K, Hashimoto N.
Stem cells   33(8) 2456-2468   2015年8月   [査読有り]
Minezawa T, Okamura T, Yatsuya H, Yamamoto N, Morikawa S, Yamaguchi T, Morishita M, Niwa Y, Takeyama T, Mieno Y, Hoshino T, Uozu S, Goto Y, Hayashi M, Isogai S, Matsuo M, Nakanishi T, Hashimoto N, Okazawa M, Imaizumi K.
BMC Med Imaging   15(21) e-print   2015年6月   [査読有り]
ヒト水晶体上皮細胞の核,細胞質比に関する調査
浅野 亮, 馬嶋 清如, 内藤 尚久, 山本 直樹, 市川 一夫
日本白内障学会誌   27(1) 63-67   2015年6月   [査読有り]
Hayashi C, Ito M, Ito R, Murakumo A, Yamamoto N, Hiramatsu N, Fox IJ, Horiguchi A
Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences   21(12) 919-924   2014年12月   [査読有り]
Wada K, Matsushima Y, Tada T, Hasegawa S, Obara Y, Yoshizawa Y, Takahashi G, Hiai H, Shimanuki M, Suzuki S, Saitou J, Yamamoto N, Ichikawa M, Watanabe K, Kikkawa Y
PLoS ONE   9(10) e111432   2014年10月   [査読有り]
水晶体の分子生物学:なぜ透明なのか?
山本 直樹
あたらしい眼科   31(10) 1425-1429   2014年10月   [査読有り][招待有り]
Yamada T, Hasegawa S, Inoue Y, Date Y, Arima M, Yagami A, Iwata Y, Takahashi M, Yamamoto N, Mizutani H, Nakata S, Matsunaga K, Akamatsu H
Experimental Dermatology   23(9) 652-658   2014年9月   [査読有り]
ヒト水晶体上皮細胞の密度,細胞核/細胞質比に関する検索
馬嶋 清如,内藤 尚久,山本 直樹,加賀 達志,市川 一夫
あたらしい眼科   31(7) 1053-1058   2014年7月   [査読有り]
Inaguma Y., Akahori Y., Murayama Y., Shiraishi K., Tsuzuki-Iba S., Endoh A., Tsujikawa J, Demachi-Okamura A., Hiramatsu K, Saji H., Yamamoto Y., Yamamoto N., Nishimura Y., Takahashi T., Kuzushima K., Emi N., Akatsuka Y
Gene Therapy   21(6) 575-584   2014年6月   [査読有り]
Uezumi A, Fukada S, Yamamoto N, Ikemoto-Uezumi M, Nakatani M, Morita M, Yamaguchi A, Yamada H, Nishino I, Hamada Y, Tsuchida K
Cell Death & Disease   17(5) e1186   2014年5月   [査読有り]
Yamada M., Yamamoto N., Ohgami S., Kanazawa M., Harada J., Ohno N., Natsume N
In Vitro Cellular & Developmental Biology - Animal   50(3) 237-242   2014年3月   [査読有り]
Takaaki Yamada, Takaaki Yamada, Takaaki Yamada, Seiji Hasegawa, Seiji Hasegawa, Seiji Hasegawa, Yu Inoue, Yasushi Date, Masaru Arima, Akiko Yagami, Yohei Iwata, Masamichi Abe, Masayuki Takahashi, Naoki Yamamoto, Hiroshi Mizutani, Satoru Nakata, Kayoko Matsunaga, Hirohiko Akamatsu
Journal of Dermatological Science   73(3) 251-257   2014年3月   [査読有り]
Background: Solar lentigines (SLs) are characterized by hyperpigmented macules, commonly seen on sun-exposed areas of the skin. Although it has been reported that an increase in the number of melanocytes and epidermal melanin content was observed ...
Yamada T, Hasegawa S, Inoue Y, Date Y, Yamamoto N, Mizutani H, Nakata S, Matsunaga K, Akamatsu H
Journal of Investigative Dermatology   133(12) 2753-2762   2013年12月   [査読有り]
Tong M, Watanabe E, Yamamoto N, Nagahata-Ishiguro M, Maemura K, Takeda N, Nagai R, Ozaki Y
Biological Rhythm Research   44(4) 519-530   2013年4月   [査読有り]
Isogai S, Hayashi M, Yamamoto N, Morishita M, Minezawa T, Okamura T, Hoshino T, Okazawa M, Imaizumi K
Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology   62(3) 367-373   2013年3月   [査読有り]
Oishi T, Uezumi A, Kanaji A, Yamamoto N, Yamaguchi A, Yamada H, Tsuchida K
PloS one   8(2) e56641-e56650   2013年2月   [査読有り]

Misc

 
虹彩由来細胞を用いた網膜再生.-組織幹/前駆細胞・不死化細胞・iPS細胞を用いて-
山本 直樹
Bio Clinica   31(11) 1166-1168   2016年9月   [査読有り][依頼有り]
改訂OECD試験ガイドライン(TG)438に基づくニワトリの摘出眼を用いた眼刺激性試験法(ICE法)の評価報告書
小坂忠司,簾内桃子,竹内早苗,増田光輝,加藤雅一,細井一弘,山本直樹,吉村 功
AATEX-JaCVAM   4(1) 12-18   2015年1月   [査読有り][依頼有り]
改訂OECD試験ガイドライン(TG)437に基づく牛摘出角膜の混濁および透過性を指標とした眼刺激性試験法(BCOP法)の評価報告書
竹内早苗,小坂忠司,簾内桃子,増田光輝,加藤雅一,細井一弘,山本直樹,吉村 功
AATEX-JaCVAM   4(1) 7-11   2015年1月   [査読有り][依頼有り]
改訂OECD試験ガイドライン(TG)405に基づくウサギを用いた眼刺激性試験法(Draize試験法)の評価報告書.
小坂忠司,簾内桃子,竹内早苗,増田光輝,加藤雅一,細井一弘,山本直樹,吉村 功
AATEX-JaCVAM   4(1) 1-6   2015年1月   [査読有り][依頼有り]
眼刺激性試験代替法フルオレセイン漏出試験法(Fluorescein Leakage test : FL試験法)の評価報告書
吉村 功,山本 直樹,小坂 忠司,竹内 早苗,細井 一弘,加藤 雅一,簾内 桃子,増田 光輝
AATEX-JaCVAM   3(2) 63-70   2014年4月   [査読有り][依頼有り]
眼刺激性試験代替法の第三者評価報告書:眼に対する腐食性および強刺激性評価のためのニワトリ摘出眼を用いた眼刺激性試験法
簾内 桃子,小坂 忠司,山本 直樹,増田 光輝,竹内 早苗,宮岡 悦良
AATEX-JaCVAM   J1(1) 16-29   2012年2月   [査読有り][依頼有り]
眼刺激性試験代替法の第三者評価報告書:眼に対する腐食性および強刺激性評価のためのウシ摘出角膜の混濁および透過性試験
簾内 桃子,竹内 早苗,増田 光輝,山本 直樹,小坂 忠司,宮岡 悦良
AATEX-JaCVAM   J1(1) 1-15   2012年2月   [査読有り][依頼有り]
水晶体がタマネギに似てる!?
馬嶋 清如, 山本 直樹
健康ふしぎ発見   11(10) 5-6   2003年10月   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
アレルギー性眼疾患 NEW MOOK眼科 NO.6
金原出版   2003年   ISBN:4-307-63306-7
アレルギー性結膜炎について考えよう. こころのオアシス10月号
健学社   2004年   
若者に急増!アトピー白内障.こころのオアシス10月号
健学社   2004年   
目の健康について考えてみよう.“目の健康とコンタクトレンズ” 心とからだの健康10月号
健学社   2005年   
手術中の検体を利用したアトピー白内障の基礎研究
メディカルトリビューン   2006年   

講演・口頭発表等

 
ヒト末梢血単球由来iPS細胞の分化誘導に関する検討
磯谷澄都、山本直樹、平松範子、森川紗也子、峯澤智之、榊原洋介、岡村拓哉、魚津桜子、三重野ゆうき、後藤康洋、林正道、近藤征史、今泉和良
第50回藤田学園医学会誌   2018年10月4日   
単球由来iPS細胞の作出と応用に関する研究(難治性喘息の有効な治療のために)
磯谷 澄都, 平松 範子, 山本 直樹, 堀口 智也, 後藤 祐介, 丹羽 義和, 森川 紗也子, 峯澤 智之, 榊原 洋介, 山口 哲平, 岡村 拓哉, 魚津 桜子, 三重野 ゆうき, 後藤 康洋, 林 正道, 中西 亨, 今泉 和良
アレルギー   2017年5月   
肺サルコイドーシスと肺癌に於けるEBUS-TBNAリンパ節生検検体を用いたFCMによるリンパ球動態解析
赤尾謙、峯澤智之、山本直樹、平松範子、相馬智英、渡邊俊和、森川紗也子、岡村拓哉、後藤康洋、磯谷澄都、林正道、近藤征史、今泉和良
第50回藤田学園医学会誌   2018年10月4日   
マウス胎盤由来細胞の分離解析と培養
山本直樹、平松範子、勅使河原知明、大倉華雪、松山晃文
第50回藤田学園医学会誌   2018年10月4日   
マウス肺組織幹細胞による自己組織再生に関する基礎研究
平松範子、山本直樹、磯谷澄都、林正道、後藤康洋、魚津桜子、三重野ゆうき、岡村拓哉、榊原洋介、峯澤智之、森川紗也子、近藤征史、今泉和良
第50回藤田学園医学会誌   2018年10月4日   
新規固定液の開発 −医療従事者の安全性向上と組織形態学・細 胞生物学などの基礎研究における環境改善−
山本直樹、平松範子、塩竈和也、尾之内高慶、谷川篤宏、堀口正之、磯谷澄都、今泉和良.
第50回藤田学園医学会誌   2018年10月4日   
ヒト末梢血単球由来iPS細胞から分化誘導した樹状細胞の機能解析
平松範子、山本直樹、磯谷澄都、近藤征史、今泉和良.
第50回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2018年9月7日   
虹彩由来iPS細胞を用いた水晶体上皮細胞への分化誘導.
山本 直樹, 平松 範子, 大熊 真人, 磯谷 澄都, 谷川 篤宏, 今泉 和良, 宮地 栄一, 堀口 正之
第50回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2018年9月7日   
透明水晶体の再生を目指して−不死化水晶体上皮細胞とiPS細胞を用いた基礎研究−
平松 範子, 山本 直樹
第57回日本白内障学会・第44回水晶体研究会合同学会   2018年7月20日   
コーヒーの水晶体上皮細胞株に対する抗アポトーシス効果の検討
鈴木正太、中澤洋介、平松範子、長井紀章、多胡めぐみ、山本直樹、田村悦臣.
第57回日本白内障学会・第44回水晶体研究会合同学   2018年7月20日   
不死化ヒト角膜上皮細胞株(iHCE-NY1)を用いて作製した三次元角膜再構築モデルの眼刺激性試験代替法〜刺激性と回復性の評価〜
加藤 義直, 山本 直樹, 平松 範子, 佐藤 淳, 中田 悟, 小島 肇
日本組織培養学会第91回大会抄録集   2018年6月15日   
アレルギー研究領域における新しいツールとしてのヒト末梢血単球由来iPS細胞株作製の試み
平松範子、山本直樹、磯谷澄都、近藤征史、今泉和良.
日本組織培養学会第91回大会抄録集   2018年6月15日   
高リン酸環境の間葉系幹細胞分化に及ぼす影響について
四馬田 恵, 山本 直樹, 戸松 瑛介, 安藤 瑞穂, 平塚 いづみ, 吉野 寧維, 植田 佐保子, 高柳 武志, 鈴木 敦詞
日本内分泌学会雑誌   2018年4月   
不死化ヒト角膜上皮細胞株(iHCE-NY1)を用いて作製した 三次元角膜再構築モデルの眼刺激性試験代替法に関する研究
平松 範子、山本 直樹、加藤 義直、佐藤 淳、磯谷 澄都、今泉 和良、 谷川 篤宏、平野 耕治、堀口 正之、小島 肇.
日本動物実験代替法学会?第30回大会   2017年11月23日   
ヒト末梢血由来単球を用いた新規iPS細胞の作出 −免疫制御系細胞を用いたトランスレーショナルリサーチを目指して−.
平松範子、山本直樹、磯谷澄都、中西亨、林正道、後藤康洋、魚津桜子、三重野ゆうき、岡村拓哉、榊原洋介、峯澤智之、森川紗也子、近藤征史、今泉和良
第49回藤田学園医学会誌   2017年10月12日   
幼若な肺に存在する組織幹細胞を用いた再生医療に関する基礎研究.
磯谷澄都、平松範子、山本直樹、森川紗也子、峯澤智之、榊原洋介、岡村拓哉、魚津桜子、三重野ゆうき、後藤康洋、林正道、中西亨、近藤征史、今泉和良
第49回藤田学園医学会誌   2017年10月12日   
培養方法改良によるヒト末梢血単球由来iPS細胞の作出 −難治性喘息に対する新規免疫細胞療法の基礎研究−
平松範子、磯谷澄都、山本直樹、今泉和良.
第49回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2017年9月15日   
虹彩由来iPS細胞を用いた神経細胞・神経節細胞への分化誘導.
山本直樹、大熊真人、平松範子、磯谷澄都、今泉和良、谷川篤宏、 宮地栄一、堀口正之.
第49回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2017年9月15日   
網膜電図および免疫組織染色によるストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットの網膜機能障害の評価
長井 紀章, 平松 範子, 出口 粧央里, 大竹 裕子, 山本 直樹
日本眼薬理学会プログラム・抄録集   2017年9月   
Development of the in vitro assay for evaluating weak eye irritation.
Yamamoto N., Hiramatsu N., Kato Y., Kojima H.
10th World Congress on Alternatives & Animal Use in the Life Sciences.   2017年8月20日   
Session name: Eye Hazard Potential Examples (II-4, 369). Title: Development of the in vitro assay for evaluating reversible eye irritation.
Yamamoto N., Hiramatsu N., Kato Y., Kojima H.
10th World Congress on Alternatives & Animal Use in the Life Sciences.   2017年8月20日   
ラノステロールを用いた白内障治療の開発:ナノ製剤はSCR水晶体混濁を改善する.
福岡侑也、出口粧央里、大竹裕子、佐藤完太、多賀淳、岡美佳子、平松範子、山本直樹、長井紀章.
第56回日本白内障学会・第43回水晶体研究会合同学会   2017年8月4日   
異なる回転培養条件による不死化ヒト水晶体上皮細胞凝集体の形成におよぼす影響.
平松範子、山本直樹.
第56回日本白内障学会・第43回水晶体研究会合同学会   2017年8月4日   
ヒト虹彩由来細胞を用いたiPS細胞作出と生理的機能を有する神経細胞への分化誘導
山本 直樹, 大熊 真人, 平松 範子, 磯谷 澄都, 今泉 和良, 谷川 篤宏, 宮地 栄一, 堀口 正之
組織培養研究日本組織培養学会第90回大会抄録集   2017年6月30日   
不死化ヒト角膜上皮細胞株(iHCE-NY1)を用いて作製した三次元角膜再構築モデルの眼刺激性試験代替法に関する研究
平松 範子, 加藤 義直, 佐藤 淳, 谷川 篤宏, 平野 耕治, 堀口 正之, 小島 肇, 山本 直樹
日本組織培養学会第90回大会抄録集   2017年6月30日   
ヒト虹彩由来細胞を用いたiPS細胞作出と生理的機能を有する神経細胞への分化誘導
山本 直樹, 大熊 真人, 平松 範子, 磯谷 澄都, 今泉 和良, 谷川 篤宏, 宮地 栄一, 堀口 正之
組織培養研究   2017年5月   
不死化ヒト角膜上皮細胞株(iHCE-NY1)を用いて作製した三次元角膜再構築モデルの眼刺激性試験代替法に関する研究
平松 範子, 加藤 義直, 佐藤 淳, 谷川 篤宏, 平野 耕治, 堀口 正之, 小島 肇, 山本 直樹
組織培養研究   2017年5月   
マウスES細胞からの高効率かつ選択的な視床下部器官形成
長崎 弘, 小谷 侑, 山本 直樹, 金子 葉子, 中島 昭, 須賀 英隆
日本内分泌学会雑誌   2017年1月   
培養法改良によるヒト末梢血単球由来iPS細胞の作出.
平松範子、山本直樹、磯谷澄都、日比谷睦子、井上敬浩、前田真吾、渡邊俊和、相馬智英、赤尾謙、堀口智也、後藤祐介、丹羽義和、森川紗也子、峯澤智之、榊原洋介、武山知子、山口哲平、 岡村拓哉、三重野ゆうき、魚津桜子、後藤康洋、林正道、中西亨、今泉和良
第48回藤田学園医学会誌   2016年10月6日   
iPS細胞の培養で必要なフィーダー細胞の検討.
山本直樹、平松範子、山下宏美、大熊真人、宮地栄一、磯谷澄都、今泉和良、谷川篤宏、堀口正之、谷口孝喜
第48回藤田学園医学会誌   2016年10月6日   
虹彩由来細胞を用いたiPS細胞作出と生理的機能を有する神経細胞への分化誘導.
山本直樹、大熊真人、平松範子、磯谷澄都、今泉和良、谷川篤宏、 宮地栄一、堀口正之.
第48回日本分子形態学会総会・学術集会   2016年9月23日   
虹彩由来iPS細胞を用いた水晶体上皮細胞への分化誘導.
山本直樹、平松範子.
第55回日本白内障学会総会・第42回水晶体研究会合同学会抄録集   2016年7月29日   
長期浮遊培養による不死化ヒト水晶体上皮細胞の凝集体形成におよぼす影響
平松 範子, 山本 直樹
第55回日本白内障学会総会・第42回水晶体研究会合同学会抄録集   2016年7月29日   
ヒト不死化角膜上皮細胞を用いた三次元角膜モデルの有用性
山本 直樹, 平松 範子, 加藤 義直, 佐藤 淳, 中田 悟, 松井 優子, 真野 陽介, 原 和宏, 増藺 夕紀子, 中村 政志, 小島 肇
日本組織培養学会第89回大会抄録集   2016年5月25日   
ヒト不死化角膜上皮細胞を用いた三次元角膜モデルの有用性
山本 直樹, 平松 範子, 加藤 義直, 佐藤 淳, 中田 悟, 松井 優子, 真野 陽介, 原 和宏, 増藺 夕紀子, 中村 政志, 小島 肇
組織培養研究   2016年3月   
iPS細胞による再生医療へのアプローチ −虹彩由来iPS細胞を用いた神経細胞への分化誘導−.
平松範子、山本直樹、大熊真人、磯谷澄都、谷川篤宏、宮地栄一、堀口正之、今泉和良
第47回藤田学園医学会誌   2015年10月1日   
DBA2-GFPマウス虹彩細胞由来新規iPS細胞の作出.
山本直樹、平松範子、大熊真人、宮地栄一、磯谷澄人、今泉和良、谷川篤宏、堀口正之、谷口孝喜.
第47回藤田学園医学会誌   2015年10月1日   
水晶体再生への基礎検討 − 不死化水晶体上皮細胞を用いた三次元水晶体再構築モデル作製の試み−.
平松範子、山本直樹.
第54回日本白内障学会・第41回水晶体研究会合同学会   2015年9月18日   
単球由来iPS細胞を用いた制御性樹状細胞の作出 -難治性喘息に対する新規治療法の探索-.
平松範子、磯谷澄都、山本直樹、丹羽義和、森川紗也子、峯澤智之、武山知子、山口哲平、岡村拓哉、三重野ゆうき、魚津桜子、後藤康洋、林正道、中西亨、今泉和良.
第25回国際喘息学会日本・北アジア部会   2015年9月3日   
iPS細胞による再生医療へのアプローチ −虹彩由来細胞を用いたiPS細胞作出の試み−.
平松範子、山本直樹、山下宏美、磯谷澄都、谷川篤宏、堀口正之、今泉和良.
第46回藤田学園医学会誌   2014年10月2日   
PhiC31偽attP部位特異的に遺伝子を導入した不死化細胞の樹立と三次元角膜モデルの作製.
山本直樹、平松範子、谷川篤宏、平野耕治、堀口正之.
第46回藤田学園医学会誌   2014年10月2日   
特異的遺伝子部位に不死化遺伝子を挿入した水晶体上皮細胞の作出.
山本直樹、馬嶋清如、内藤尚久、市川一夫、平松範子、谷口孝喜.
第40回水晶体研究会抄録集   2014年1月11日   
iPS細胞による再生医療へのアプローチ -眼組織由来細胞を用いたiPS細胞の作出と目的細胞への分化の試み-.
平松範子、山本直樹、谷口孝喜.
第45回藤田学園医学会誌   2013年10月3日   
PhiC31偽attP部位特異的に遺伝子を導入した不死化細胞の作出.
山本直樹、大熊真人、平松範子、谷川篤宏、宮地栄一、平野耕治、堀口正之.
第45回藤田学園医学会誌   2013年10月3日   
虹彩由来網膜幹/前駆細胞の維持培養と分化細胞の生理学的機能評価.
山本 直樹、大熊真人、平松範子、谷川 篤宏、堀口 正之、谷口孝喜、宮地栄一.
第45回日本臨床分子形態学会総会・学術集会抄録集   2013年9月13日   
“綺麗”な組織標本作製のポイント -固定の重要性- [招待有り]
山本 直樹
生物試料分析   2009年1月   
時計遺伝子による心臓イオンチャネルの発現制御
渡邉英一,童茂清,石黒操,山本直樹,荒川友晴,祖父江嘉洋,菱田仁,前村浩二,武田憲彦,永井良三,児玉逸雄
Therapeutic Research   2006年1月   
山本 直樹
Tissue culture research communications : the journal of experimental & applied cell culture research = 組織培養研究   2004年3月31日   
丸野内 棣, 高坂 昌志, 山本 直樹
Tissue culture research communications : the journal of experimental & applied cell culture research = 組織培養研究   2000年6月30日   
磯谷 澄都, 谷口 正実, 山本 直樹, 松井 潔, 斉藤 雄二, 田中 一徹, 佐々木 文彦, 小西 良光, 榊原 博樹, 末次 勧
アレルギー   1999年9月30日   

担当経験のある科目

 
  • 分子医学セミナー(分子生物学) (藤田保健衛生大学大学院)
  • 診断画像技術学 (藤田保健衛生大学 医療科学部 放射線学科)
  • 分子生物学 (藤田保健衛生大学 共同利用研究施設)
  • 予防医学 (藤田保健衛生大学 医学部)
  • 環境科学論 (藤田保健衛生大学 医療科学部 看護学科)

所属学協会

 
日本組織培養学会 , 水晶体研究会 , 藤田学園医学会 , 日本再生医療学会 , 日本臨床分子形態学会 , 日本眼科学会 , 日本白内障学会 , 日本実験動物技術者協会

Works

 
藤田保健衛生大学管弦楽部 顧問、練習指揮者
山本 直樹   芸術活動   2011年4月 - 2017年11月

競争的資金等の研究課題

 
虹彩由来幹/前駆細胞・iPS細胞の機能性網膜細胞への分化:再生と創薬研究への応用
文部科学省: 文科省科学研究費基金 基盤研究(C)一般 17K11495
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 山本 直樹
単球由来iPS細胞の作出と応用に関する研究;難治性喘息の有効な治療のために
文部科学省: 文科省科学研究費基金 基盤研究(C)一般 17K09677
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 磯谷 澄都
医薬品等の安全性評価に関するin vitro試験(代替法)の開発、国政標準化及び普及促進
日本医療研究開発機構(AMED): 日本医療研究開発機構研究委託費(AMED):研究課題番号483
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 小島 肇
虹彩由来の組織幹/前駆細胞・不死化細胞・iPS細胞を用いた網羅的網膜再生研究
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C)一般 26462701
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 山本 直樹
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C)一般 23592201
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月    代表者: 山田 治基
国際協調を重視した化粧品・医薬部外品における安全性試験法の再評価に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金:研究課題番号H22-医薬-一般-002
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 小島 肇
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C)一般 22591970
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 山本 直樹
新規不死化角膜上皮細胞を用いた眼刺激性試験に関する研究
株式会社マンダム: 第4回マンダム動物実験代替法国際研究助成金
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 山本 直樹
動物実験代替法を用いた安全性評価体制の確立と国際協調に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金:研究課題番号H19-医薬-一般-003
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 小島 肇
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究(B) 19700324
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 山本 直樹
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 山本 直樹
虹彩由来組織幹細胞を用いた網膜再生研究
科学研究費補助金
研究期間: 2000年   
水晶体の透明性維持機構の解明
科学研究費補助金
研究期間: 1997年   

特許

 
特許3723204 : 難浸透性組織迅速固定液
山本 直樹、丸野内 棣、荒川 慎太郎
特許第3723204号
特許4722508 : 多能性幹細胞の同定及び分離培養方法
長谷川 靖司、小島 肇夫、中田 悟、赤松 浩彦、松永 佳世子、山本 直樹、丸野内 棣
特開 2006-230235
特願2006-097394 : 哺乳動物の幹細胞における分化誘導方法
特願 2006-097394
特願2006-279917 : 網膜幹細胞の分離方法および網膜幹細胞
山本 直樹、赤松 浩彦
特願 2006-279917

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 
 
 

その他教育活動上特記すべき事項