メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 外科系> リハビリテーション医学Ⅰ 

医学部 リハビリテーション医学Ⅰ

研究者リスト >> 柴田 斉子
 

最終確認日時:2016/09/14 19:21

編集

柴田 斉子

 
アバター
研究者氏名柴田 斉子
 
 
URL
学位博士(医学)
J-Global ID200901046276126987

研究キーワード

 
リハビリテーション医学 ,摂食嚥下障害

研究分野

 
  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
藤田医科大学 リハビリテーション医学I講座 准教授 
 
2012年4月
 - 
2018年3月
藤田保健衛生大学医学部 リハビリテーション医学I講座 講師 
 
2010年4月
 - 
2012年3月
藤田保健衛生大学医学部 リハビリテーション医学I講座 助教 
 
2006年4月
 - 
2010年3月
関西医科大学 リハビリテーション科 医員 
 
2003年9月
 - 
2006年3月
八尾はあとふる病院 リハビリテーション科 医長 
 

委員歴

 
2020年9月
 - 
現在
日本リハビリテーション医学会  診療ガイドラインコア委員
 
2019年4月
 - 
現在
日本摂食嚥下リハビリテーション学会  研修会委員
 
2013年8月
 - 
現在
日本摂食嚥下リハビリテーション学会  教育委員
 

受賞

 
2018年9月
日本摂食嚥下リハビリテーション学会, 優秀論文賞
柴田斉子 
 
2002年6月
日本リハビリテーション医学会, 最優秀論文賞,咀嚼が食塊の咽頭進行に与える影響
柴田斉子 
 

論文

 
 
Seiko Shibata   Hitoshi Kagaya   Yasunori Ozeki   Eiichi Saitoh   Yoichiro Aoyagi   Yoshihiro Iwata   Kazuo Sakurai   
The Annals of otology, rhinology, and laryngology   129(7) 689-694   2020年7月   [査読有り]
OBJECTIVES: Surgical procedure is considered in patients with severe dysphagia when conservative treatment fails. This study aimed to evaluate laryngeal suspension (LS) and upper esophageal sphincter (UES) myotomy for treating severe dysphagia due...
 
S. Shibata   Y. Inamoto   E. Saitoh   H. Kagaya   Y. Aoyagi   K. Ota   R. Akahori   N. Fujii   J. B. Palmer   M. Gonzalez-Fernandez   
JOURNAL OF ORAL REHABILITATION   44(12) 974-981   2017年12月   [査読有り]
This study investigated the effects of three different volumes of honey-thick liquid on the temporal characteristics of swallowing. Twenty-six healthy subjects (15 males, 11 females) underwent 320-row area detector CT scan while swallowing 3, 10 a...
 
Shibata Seiko   Saitoh Eiichi   Kagaya Hitoshi   Tanaka Shinichiro   Fujii Wataru   Nakagawa Kazuharu   Matsuo Koichiro   Abe Kazumi   Ishibashi Naoto   Inamoto Yoko   
Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science   8(0) 82-87   2017年   [査読有り]
<p>Shibata S, Kagaya H, Tanaka S, Fujii W, Nakagawa K, Matsuo K, Abe K, Ishibashi N, Inamoto Y, Saitoh E. Efficacy of a novel training food based on the process model of feeding for mastication and swallowing: A study among dysphagia patient...
 
Shibata S   Kagaya H   Inamoto Y   Saitoh E   
Jpn JCompr Rehabil Sci   2 254-262   2011年   [査読有り]
 
Eiichi Saitoh   Seiko Shibata   Koichiro Matsuo   Mikoto Baba   Wataru Fujii   Jeffrey B. Palmer   
DYSPHAGIA   22(2) 100-107   2007年4月   [査読有り]
Preswallow bolus formation usually occurs in the mouth for liquids and in the oropharynx for solid foods. We examined the effect of chewing on the relationship between bolus transport and swallow initiation. Fifteen healthy subjects were imaged wi...

MISC

 
 
Sae ASAMI   Yoko INAMOTO   Hisayoshi YOSHIZUKA   Eiichi SAITOH   Seiko SHIBATA   Keiko AIHARA   Hitoshi KAGAYA   Masanao KOBAYASHI   Toyoko ASAMI   Akio KURAOKA   Yoshio YAMASHITA   
福岡医学雑誌 = Fukuoka acta medica   112(3) 187-198   2021年9月
 
柴田 斉子   
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   58(6) 621-626   2021年6月   [招待有り]
サルコペニアは筋肉量減少を意味する語として提案され、生命予後とも関連することから注目を集め、その後、筋力低下や身体機能低下を含めて診断基準が改定されてきている。サルコペニアは摂食嚥下障害の独立した因子であることが報告されており、高齢社会ではその対応が重要となる。高齢者の嚥下障害には、多くの疾患や薬剤、栄養障害や廃用が複雑に絡み合っているが、「サルコペニアの嚥下障害」は、全身と嚥下筋のサルコペニアによって生じる嚥下障害と定義され、全身のサルコペニアがあることが診断の必要条件となっている。サル...
 
小川 真央   柴田 斉子   
Journal of Clinical Rehabilitation   30(2) 111-115   2021年2月
 
柴田 斉子   
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   57(10) 948-955   2020年10月
 
向野 雅彦   柴田 斉子   加藤 正樹   加賀谷 斉   大高 洋平   
Journal of Clinical Rehabilitation   29(9) 856-862   2020年8月   

書籍等出版物

 
 
柴田斉子(担当:分担執筆, 範囲:言語聴覚士に求められる感染症対策)
医学書院   2021年3月   
 
柴田斉子(担当:共訳)
医歯薬出版株式会社   2019年11月      
 
 
柴田斉子(担当:分担執筆)
Springer   2018年      
 
柴田斉子(担当:分担執筆)
医歯薬出版株式会社   2016年9月      

講演・口頭発表等

 
 
中田 悠   松尾 浩一郎   大島 南海   岡本 美英子   長島 有毅   三鬼 達人   柴田 斉子   
日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   2019年6月   
 
関本 愉   松尾 浩一郎   大島 南海   岡本 美英子   長島 有毅   柴田 斉子   
日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   2019年6月   
 
大島 南海   松尾 浩一郎   岡本 美英子   長島 有毅   三鬼 達人   柴田 斉子   
日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   2019年6月   
 
加賀谷斉   森志乃   戸田芙美   長島有毅   小川真央   柴田斉子   才藤栄一   森仁   
日本義肢装具学会誌   2019年5月29日   
 
柴田 斉子   赤堀 遼子   稲本 陽子   小野木 啓子   喜久村 かおり   松尾 浩一郎   青柳 陽一郎   加賀谷 斉   太田 喜久夫   才藤 栄一   
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   2019年5月   

所属学協会

 
 
   
 
日本義肢装具学会
 
   
 
日本神経生理学会
 
   
 
日本脊髄障害医学会
 
   
 
ニューロリハビリテーション学会
 
   
 
日本リハビリテーション医学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
嚥下機能低下に伴う服薬困難に対応するためのアルゴリズム作成のための研究厚生労働科学研究費 長寿科学政策研究事業
倉田なおみ 秋下雅弘 柴田斉子 戸原玄 西村美里 大河内二郎 
研究期間: 2020年4月 - 2022年3月
 
嚥下造影および嚥下内視鏡を用いない食形態判定のためのガイドライン の開発厚生労働科学研究費 長寿科学政策研究事業
藤谷順子 唐帆健浩 菊谷武 柴田斉子 田沼直之 寺本房子 藤島一郎 藤本保志 吉田光由 渡邊裕 
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月
 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月

その他

 
 
特になし
 
 
特になし
 

その他教育活動上特記すべき事項