メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>解剖学Ⅰ
 

医学部 解剖学Ⅰ

研究者リスト >> 尾身 実
 

最終更新日時:

編集

尾身 実

 
アバター
研究者氏名尾身 実
 
オミ ミノル
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科
職名助教
学位博士(理学)(東北大学)
J-Global ID200901006286704774

研究キーワード

 
神経発生 ,形態形成 ,発生生物学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 発生生物学 / 

経歴

 
2015年
 - 
現在
藤田医科大学,  助教, 
 
2012年
 - 
2014年
福井大学,  特命助教, 
 
2004年
 - 
2012年
東北大学,  助手〜助教, 
 
2000年
 - 
2004年
コネチカット大学,  研究員, 
 
1999年
 - 
2000年
テュレイン大学,  研究員, 
 

学歴

 
 
   
 
東北大学 大学院理学研究科 生物学専攻
 

委員歴

 

受賞

 

論文

 
 
Yahata N   Matsumoto Y   Omi M   Yamamoto N   Hata R   
Scientific Reports   8(1)    2018年   [査読有り]
 
Hidekiyo Harada   Minoru Omi   Tatsuya Sato   Harukazu Nakamura   
DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   57(9) 657-666   2015年12月   [査読有り]
It has been shown that strong Fgf8 signal activates Ras-ERK signaling pathway to determine metencephalon, which consists of rhombomere 1 (r1), where the cerebellum differentiates, and isthmus (r0). The present study was undertaken to check if Ets ...
 
Masayuki Okamoto   Tokuichi Iguchi   Tsuyoshi Hattori   Shinsuke Matsuzaki   Yoshihisa Koyama   Manabu Taniguchi   Munekazu Komada   Min-Jue Xie   Hideshi Yagi   Shoko Shimizu   Yoshiyuki Konishi   Minoru Omi   Tomohiko Yoshimi   Taro Tachibana   Shigeharu Fujieda   Taiichi Katayama   Akira Ito   Shinji Hirotsune   Masaya Tohyama   Makoto Sato   
JOURNAL OF NEUROSCIENCE   35(7) 2942-2958   2015年2月   [査読有り]
Cell positioning and neuronal network formation are crucial for proper brain function. Disrupted-in-Schizophrenia 1 (DISC1) is anterogradely transported to the neurite tips, together with Lis1, and functions in neurite extension via suppression of...
 
Minoru Omi   Harukazu Nakamura   
DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   57(2) 135-145   2015年2月   [査読有り]
The optic tectum is a visual center of nonmammalian vertebrates derived from the mesencephalon. In this review, function of Engrailed (En) in tectum development is reviewed. En plays crucial roles at three steps of tectum development. First, Engra...
 
Minoru Omi   Hidekiyo Harada   Yuji Watanabe   Jun-ichi Funahashi   Harukazu Nakamura   
DEVELOPMENT   141(10) 2131-2138   2014年5月   [査読有り]
The chick optic tectum consists of 16 laminae. Here, we report contribution of En2 to laminar formation in chick optic tecta. En2 is specifically expressed in laminae g-j of stratum griseum et fibrosum superficiale (SGFS). Misexpression of En2 res...

MISC

 
 
 
Iguchi T   Okamoto M   Hattori T   Matsuzaki S   Koyama Y   Taniguchi M   Komada M   Xie M   Yagi H   Shimizu S   Omi M   Katayama T   Ito A   Hirotsune S   Tohyama M   Sato M   
Neuroscience 2015, SfN's 45th annual meeting      2015年10月   [査読有り]
 
猪口徳一   尾身 実   岡 雄一郎   佐藤 真   
第38回日本神経科学大会      2015年7月   [査読有り]
 
Iguchi T   Omi M   Oka Y   Sato M   
Neuro2013      2013年6月   
 
黒田一樹   謝敏カク   猪口徳一   岡雄一郎   尾身実   王振吉   王振吉   八木秀司   佐藤真   
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   118th 163   2013年   

書籍等出版物

 
 
Hidekiyo Harada, Minoru Omi, Harukazu Nakamura(担当:共著, 範囲:in ovo electroporation methods in chick embryos)
Humana Press      2017年8月      
 
http://bsd.neuroinf.jp/      2013年      
 
アイピーシー      2003年      

講演・口頭発表等

 
 
En2 is involved in tectal laminar formation of chick embryos
第47回日本発生生物学会   2014年   
 
En2はニワトリ胚視蓋の層形成に関与する
第72回日本解剖学会中部支部学術集会   2012年   
 
Involvement of En-2 in tectal laminar formation in chick embryos
第45回日本発生生物学会   2012年   
 
Novel retinotectal projection pathway in deeper laminae of the developing chick optic tectum
The 1st Tohoku International Symposium on Multidisciplinary Neuroscience   2011年   
 
ニワトリ胚視蓋における網膜繊維の新規経路
日本発生生物学会第44回大会   2011年   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
人体解剖実習 (藤田医科大学医学部)
 
   
 
人体解剖学医学部 (藤田医科大学)
 
   
 
人体組織学 (福井大学医学部)

所属学協会

 
 
   
 
日本神経科学学会
 
   
 
日本解剖学会
 
   
 
日本発生生物学会
 
   
 
日本動物学会
 
   
 
日本分子生物学会

Works(作品等)

 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 
中脳視蓋の層形成機構の解析
: 東北大学GCOE異分野融合特別研究奨励費
尾身 実 
研究期間: 2008年4月 - 2012年3月
 
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月
 
研究期間: 2008年 - 2009年

産業財産権

 

学術貢献活動

 

社会貢献活動

 

メディア報道

 

その他