メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 基礎> 解剖学Ⅰ 

医学部 解剖学Ⅰ

研究者リスト >> 尾身 実
 

最終更新日時:

編集

尾身 実

 
アバター
研究者氏名尾身 実
 
オミ ミノル
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科
職名助教
学位博士(理学)(東北大学)

研究キーワード

 
発生生物学 ,神経発生 ,形態形成

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 発生生物学 / 

経歴

 
2015年
 - 
現在
藤田医科大学  助教 
 
2012年
 - 
2014年
福井大学  特命助教 
 
2004年
 - 
2012年
東北大学  助手〜助教 
 
2000年
 - 
2004年
コネチカット大学  研究員 
 
1999年
 - 
2000年
テュレイン大学  研究員 
 

学歴

 
 
   
 
東北大学 大学院理学研究科 生物学専攻
 

論文

 
 
Lees-Shepard JB   Flint K   Fisher M   Omi M   Richard K   Antony M   Chen PJ   Yadav S   Threadgill D   Maihle NJ   Dealy CN   
Developmental Dynamics   251(1) 193-212   2022年1月   [査読有り]
 
Tokuichi Iguchi   Yuichiro Oka   Misato Yasumura   Minoru Omi   Kazuki Kuroda   Hideshi Yagi   Min-Jue Xie   Manabu Taniguchi   Martin Bastmeyer   Makoto Sato   
The Journal of Neuroscience   41(22) 4795-4808   2021年4月   [査読有り]
Coordination of skilled movements and motor planning relies on the formation of regionally restricted brain circuits that connect cortex with subcortical areas during embryonic development. Layer 5 neurons that are distributed across most cortical...
 
 
Hidekiyo Harada   Minoru Omi   Harukazu Nakamura   
Methods in Molecular Biology   1650 167-176   2017年   [査読有り]
To elucidate a gene function, in vivo analysis is indispensable. We can carry out gain and loss of function experiment of a gene of interest by electroporation in ovo and ex ovo culture system on early-stage and advanced-stage chick embryos, respe...
 
Hidekiyo Harada   Minoru Omi   Tatsuya Sato   Harukazu Nakamura   
DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   57(9) 657-666   2015年12月   [査読有り]
It has been shown that strong Fgf8 signal activates Ras-ERK signaling pathway to determine metencephalon, which consists of rhombomere 1 (r1), where the cerebellum differentiates, and isthmus (r0). The present study was undertaken to check if Ets ...

MISC

 
 
 
Iguchi T   Okamoto M   Hattori T   Matsuzaki S   Koyama Y   Taniguchi M   Komada M   Xie M   Yagi H   Shimizu S   Omi M   Katayama T   Ito A   Hirotsune S   Tohyama M   Sato M   
Neuroscience 2015, SfN's 45th annual meeting      2015年10月   [査読有り]
 
猪口徳一   尾身 実   岡 雄一郎   佐藤 真   
第38回日本神経科学大会      2015年7月   [査読有り]
 
Kuroda Kazuki   Yagi Hideshi   Xie Minjue   Omi Minoru   Iguchi Tokuichi   Oka Yuichiro   Sato Makoto   
The Journal of Physiological Sciences   65(Suppl.1) S124-S124   2015年3月
 
Iguchi Tokuichi   Omi Minoru   Oka Yuichiro   Sato Makoto   
The Journal of Physiological Sciences   65(Suppl.1) S246-S246   2015年3月

書籍等出版物

 
 
Hidekiyo Harada, Minoru Omi, Harukazu Nakamura(担当:共著, 範囲:in ovo electroporation methods in chick embryos)
Humana Press   2017年8月      
 
http://bsd.neuroinf.jp/   2013年      
 
アイピーシー   2003年      

講演・口頭発表等

 
 
第47回日本発生生物学会   2014年   
 
第72回日本解剖学会中部支部学術集会   2012年   
 
第45回日本発生生物学会   2012年   
 
The 1st Tohoku International Symposium on Multidisciplinary Neuroscience   2011年   
 
日本発生生物学会第44回大会   2011年   

担当経験のある科目(授業)

 
2016年
 - 
現在
人体解剖実習 (藤田医科大学医学部)
2015年
 - 
現在
人体解剖学 (藤田医科大学医学部)
2013年
 - 
2014年
人体組織学実習 (福井大学医学部)
2014年
   
 
人体組織学 (福井大学医学部)
2014年
   
 
神経組織学実習 (福井大学医学部)

所属学協会

 
 
   
 
日本神経科学学会
 
   
 
日本解剖学会
 
   
 
日本発生生物学会
 
   
 
日本動物学会
 
   
 
日本分子生物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 
中脳視蓋の層形成機構の解析東北大学GCOE異分野融合特別研究奨励費
尾身 実 
研究期間: 2008年4月 - 2012年3月
 
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月
 
研究期間: 2008年 - 2009年

その他

 
 
死体解剖資格(系統解剖)