メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部
保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 
> 医療科学部 

医療科学部

研究者リスト >> 毛利 彰宏
 

最終確認日時:2018/10/04 11:34

編集

毛利 彰宏

 
アバター
研究者氏名毛利 彰宏
 
モウリ アキヒロ
URLhttp://www.fujita-hu.ac.jp/~regulatory/
所属藤田医科大学
部署医療科学部 レギュラトリーサイエンス
職名教授
学位博士(医学)(名古屋大学大学院医学系研究科)
J-Global ID201001019721259872

研究キーワード

 
バイオマーカー ,行動薬理学 ,薬物依存 ,アルツハイマー病 ,自閉症 ,統合失調症 ,うつ病

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬理学 / 
  • ライフサイエンス / 実験動物学 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 
  • ライフサイエンス / 薬理学 / 行動薬理学

経歴

 
2022年4月
 - 
現在
藤田医科大学 医療科学部レギュラトリーサイエンス 教授 
 
2017年4月
 - 
2022年3月
藤田医科大学 医療科学部医療検査学科レギュラトリーサイエンス 准教授 
 
2016年4月
 - 
2017年4月
藤田保健衛生大学大学院 先進診断システム探索研究部門 講師 
 
2012年4月
 - 
2016年3月
名城大学 薬学部病態解析学I 助教 
 
2010年5月
 - 
2012年3月
名古屋大学大学院医学系研究科 医療薬学・薬剤部 特任助教 
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2007年3月
名古屋大学大学院 医学研究科 博士課程
 
2001年4月
 - 
2003年3月
岐阜市立岐阜薬科大学大学院 薬学研究科 博士課程前期
 
1997年4月
 - 
2001年3月
岐阜市立岐阜薬科大学 薬学部 製造薬学科
 

受賞

 
2017年10月
藤田医科大学 産学連携推進センター, 産学連携推進センター長賞
 
2017年
日本神経精神薬理学会, JSNP Excellent Presentation Award for AsCNP,The ubiquitination of serotonin transporter in lymphoblasts derived from fluvoxamine-resistant depression patients
 
2014年1月
愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業, 第8回「わかしゃち奨励賞」最優秀賞,タンパク分解シグナルを標的としたうつ病診断法の開発
 
2011年10月
内藤記念科学振興財団, 第32回内藤コンファレンス優秀発表賞受賞
 
2011年8月
第2回アジア神経精神薬理学会, 若手奨励賞
 

論文

 
 
Mikio Yoshida   Sho Hasegawa   Masayuki Taniguchi   Akihiro Mouri   Chiharu Suzuki   Akira Yoshimi   Takayoshi Mamiya   Norio Ozaki   Yukihiro Noda   
Neuropharmacology   217 109208-109208   2022年10月
 
Yang Yang   Akihiro Mouri   Qiaohui Lu   Kazuo Kunisawa   Hisayoshi Kubota   Masaya Hasegawa   Mami Hirakawa   Yuko Mori   Zou Libo   Kuniaki Saito   Toshitaka Nabeshima   
Neurochemical Research      2022年7月
 
Kazuo Kunisawa   Jiajing Shan   Qiaohui Lu   Yang Yang   Aika Kosuge   Hitomi Kurahashi   Kuniaki Saito   Libo Zou   Toshitaka Nabeshima   Akihiro Mouri   
Neurochemical Research      2022年7月
 
Yukie Yamahashi   You-Hsin Lin   Akihiro Mouri   Sho Iwanaga   Kazuhiro Kawashima   Yuya Tokumoto   Yo Watanabe   Md Omar Faruk   Xinjian Zhang   Daisuke Tsuboi   Takashi Nakano   Naoaki Saito   Taku Nagai   Kiyofumi Yamada   Kozo Kaibuchi   
Molecular psychiatry      2022年6月
Acetylcholine is a neuromodulator critical for learning and memory. The cholinesterase inhibitor donepezil increases brain acetylcholine levels and improves Alzheimer's disease (AD)-associated learning disabilities. Acetylcholine activates striata...
 
Mariko Nakamura   Akira Yoshimi   Akihiro Mouri   Tatsuya Tokura   Hiroyuki Kimura   Shinichi Kishi   Tomoya Miyauchi   Kunihiro Iwamoto   Mikiko Ito   Aiji Sato-Boku   Norio Ozaki   Toshitaka Nabeshima   Yukihiro Noda   
Human psychopharmacology   37(2) e2818   2022年3月
OBJECTIVE: The aim of this study was evaluation of the association between severity of pain and expression of total or ubiquitinated serotonin transporter (SERT) protein in patients with burning mouth syndrome and atypical odontalgia (BMS/AO), who...

MISC

 
 
石川 雅樹   山本 康子   藤垣 英嗣   毛利 彰宏   國澤 和生   鍋島 俊隆   齋藤 邦明   
臨床化学   49(Suppl.1) 153-153   2020年10月
 
毛利 彰宏   齋藤 邦明   尾崎 紀夫   鍋島 俊隆   
精神医学   62(9) 1259-1267   2020年9月
<文献概要>多くの女性は妊娠期および産後に抑うつ症状を経験する。これら周産期における抑うつの早期発見・治療は非常に重要であるが,妊娠期・産後の定期検診での診断・治療は難しい。周産期におけるうつ病の診断ができるバイオマーカーの同定が求められている。抑うつ症状は妊娠中の炎症性病的状態を伴う。うつ病の発症に炎症によるトリプトファン代謝の変化が関連することが注目されている。本総説では妊娠・分娩による血漿中トリプトファン代謝産物の変化と妊産婦の抑うつ症状との関連について紹介する。エジンバラ産後うつ病...
 
毛利 彰宏   
日本神経精神薬理学会年会・日本生物学的精神医学会年会・日本精神薬学会総会・学術集会合同年会プログラム・抄録集   50回・42回・4回 121-121   2020年8月
 
吉田 樹生   内田 美月   鈴木 千晴   毛利 彰宏   吉見 陽   永井 拓   山田 清文   尾崎 紀夫   鍋島 俊隆   野田 幸裕   
日本神経精神薬理学会年会・日本生物学的精神医学会年会・日本精神薬学会総会・学術集会合同年会プログラム・抄録集   50回・42回・4回 209-209   2020年8月
 
Bolati Wulaer   Kazuo Kunisawa   Kazuhiro Hada   Willy Jaya Suento   Hisayoshi Kubota   Tsubasa Iida   Aika Kosuge   Taku Nagai   Kiyofumi Yamada   Atsumi Nitta   Yasuko Yamamoto   Kuniaki Saito   Akihiro Mouri   Toshitaka Nabeshima   
Journal of neurochemistry   157(3) 642-655   2020年4月   [査読有り]
Successful completion of daily activities relies on the ability to select the relevant features of the environment for memory and recall. Disruption to these processes can lead to various disorders, such as attention-deficit hyperactivity disorder...

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
統合失調症の発症・病態仮説に共通するトリプトファン代謝に注目した予防・治療戦略
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
毛利 彰宏 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
うつ病の病態および発症機序に関連したバイオマーカーによる診断法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
鍋島 俊隆 山本 康子 毛利 彰宏 國澤 和生 齋藤 邦明 
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月
 
周産期の栄養および代謝変容が母体、胎児に及ぼす影響
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
齋藤 邦明 山本 康子 藤垣 英嗣 毛利 彰宏 星 雅人 
研究期間: 2018年6月 - 2021年3月
 
統合失調症新規治療薬の開発とキヌレニン仮説の検証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
藤垣 英嗣 毛利 彰宏 服部 恭尚 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
神経発達障害に伴う精神疾患の脳層構造異常とPGE2-EP1シグナル伝達系の関与
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
野田 幸裕 吉見 陽 尾崎 紀夫 毛利 彰宏 肥田 裕丈 内田 美月 武藤 利奈 高須 光平 北垣 伸治 平松 正行 間宮 隆吉 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月

メディア報道

 
 
夕刊フジプレゼンツ 健活手帖ONLINE   https://www.zakzak.co.jp/lif/news/210823/hea2108230001-n1.html   2021年8月   [インターネットメディア]
 
刑事事件弁護士ナビ   違法薬物で罰せられる薬物四法とは|依存症回復は可能?   https://keiji-pro.com/magazine/175/   2020年11月   [インターネットメディア]
 
中日新聞   2012年3月30日 朝刊29面   2012年3月   [新聞・雑誌]
 
ラジオNIKKEI   薬学の時間   http://medical.radionikkei.jp/yakugaku/tag/tag_953.html   2010年3月   [テレビ・ラジオ番組]
 
朝日新聞   2007年03月29日 朝刊1面   2007年3月   [新聞・雑誌]