メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医療科学部> 臨床検査学科 

医療科学部 臨床検査学科

研究者リスト >> 毛利 彰宏
 

最終確認日時:2018/10/04 11:34

編集

毛利 彰宏

 
アバター
研究者氏名毛利 彰宏
 
モウリ アキヒロ
URLhttp://www.fujita-hu.ac.jp/~regulatory/
所属藤田医科大学
部署医療科学部 臨床検査学科 レギュラトリーサイエンス
職名准教授
学位博士(医学)(名古屋大学大学院医学系研究科)

研究キーワード

 
バイオマーカー , 行動薬理学 , 薬物依存 , アルツハイマー病 , 自閉症 , 統合失調症 , うつ病

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬理学 / 
  • ライフサイエンス / 実験動物学 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 
  • ライフサイエンス / 薬理学 / 行動薬理学

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
藤田医科大学 医療科学部臨床検査学科レギュラトリーサイエンス 准教授
 
2016年4月
 - 
2017年4月
藤田保健衛生大学大学院 先進診断システム探索研究部門 講師
 
2012年4月
 - 
2016年3月
名城大学 薬学部病態解析学I 助教
 
2010年5月
 - 
2012年3月
名古屋大学大学院医学系研究科 医療薬学・薬剤部 特任助教
 
2007年10月
 - 
2010年3月
厚生労働省 科学研究費補助金医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業 リサーチレジデント
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2007年3月
名古屋大学大学院 医学研究科 
 
2001年4月
 - 
2003年3月
岐阜市立岐阜薬科大学大学院 薬学研究科 
 
1997年4月
 - 
2001年3月
岐阜市立岐阜薬科大学 薬学部 
 

論文

 
Akihiro Mouri, Hsin-Jung Lee, Takayoshi Mamiya, Yuki Aoyama, Yurie Matsumoto, Hisayoshi Kubota, Wei-Jan Huang, Lih-Chu Chiou, Toshitaka Nabeshima
British journal of pharmacology      2020年3月   [査読有り]
BACKGROUND AND PURPOSE: Hispidulin is a flavonoid isolated from Clerodendrum inerme that was found to remit intractable motor tics. Previously, we have found that hispidulin attenuates hyperlocomotion and the disrupted prepulse inhibition (PPI) in...
Masashi Sakurai, Yasuko Yamamoto, Noriyo Kanayama, Masaya Hasegawa, Akihiro Mouri, Masao Takemura, Hidetoshi Matsunami, Tomoya Miyauchi, Tatsuya Tokura, Hiroyuki Kimura, Mikiko Ito, Eri Umemura, Aiji Sato Boku, Wataru Nagashima, Takashi Tonoike, Kenichi Kurita, Norio Ozaki, Toshitaka Nabeshima, Kuniaki Saito
Scientific reports   10(1) 1961-1961   2020年2月   [査読有り]
Previous reports have shown that during chronic inflammation, the tryptophan (TRP)-kynurenine (KYN) pathway plays a pivotal role in the onset of depression. The aim of this study was to investigate the characteristics of the serum TRP-KYN pathway ...
Qiaohui Lu, Akihiro Mouri, Yang Yang, Kazuo Kunisawa, Tomoaki Teshigawara, Mami Hirakawa, Yuko Mori, Yasuko Yamamoto, Zou Libo, Toshitaka Nabeshima, Kuniaki Saito
Behavioural brain research   372 112053-112053   2019年10月   [査読有り]
Accumulating evidence shows that stressful events evoke molecular alterations in the brain, considered a pathology in major depressive disorder (MDD). However, the abnormalities of neurotransmissions as well as intracellular signaling pathways aff...
Wakana Yamasuge, Yasuko Yamamoto, Hidetsugu Fujigaki, Masato Hoshi, Kentaro Nakamoto, Kazuo Kunisawa, Akihiro Mouri, Toshitaka Nabeshima, Kuniaki Saito
Cancer science   110(10) 3061-3067   2019年10月   [査読有り]
Tryptophan metabolism is important to induce immune tolerance in tumors. To date, 3 types of tryptophan-metabolizing enzymes have been identified: indoleamine 2,3-dioxygenase 1 and 2 (IDO1 and IDO2) and tryptophan 2,3-dioxygenase 2. Numerous studi...
Tomoaki Teshigawara, Akihiro Mouri, Hisako Kubo, Yukako Nakamura, Tomoko Shiino, Takashi Okada, Mako Morikawa, Toshitaka Nabeshima, Norio Ozaki, Yasuko Yamamoto, Kuniaki Saito
Journal of affective disorders   255 168-176   2019年8月   [査読有り]
BACKGROUND: Many women experience depressive symptoms during pregnancy and postpartum periods. These depressive symptoms are often accompanied by other inflammatory morbidities present during pregnancy. Tryptophan (TRP) metabolism has attracted co...

MISC

 
松下 祥子, 高橋 和男, 吉村 文, 熊本 海生航, 伊藤 辰将, 坪井 直毅, 毛利 彰宏, 山本 康子, 藤垣 英嗣, 中嶋 和紀, 釘田 雅則, 國澤 和生, 鍋島 俊隆, 齋藤 邦明, 瀬藤 光利, 長尾 静子, 湯澤 由紀夫
日本腎臓学会誌   61(3) 359-359   2019年5月
松下 祥子, 高橋 和男, 吉村 文, 熊本 海生航, 伊藤 辰将, 坪井 直毅, 毛利 彰宏, 山本 康子, 藤垣 英嗣, 中嶋 和紀, 釘田 雅則, 國澤 和生, 鍋島 俊隆, 齋藤 邦明, 瀬藤 光利, 長尾 静子, 湯澤 由紀夫
日本腎臓学会誌   61(3) 359-359   2019年5月
別府 秀彦, 稲垣 秀人, 西井 一宏, 新里 昌功, 千原 猛, 毛利 彰宏, 齋藤 邦明, 高橋 久英, 倉橋 浩樹
機能性食品と薬理栄養   12(3) 209-209   2018年12月
毛利 彰宏, 國澤 和生, 山本 康子, 藤垣 英嗣, 齋藤 邦明, 鍋島 俊隆
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   28回・48回 131-131   2018年11月
國澤 和生, 毛利 彰宏, 山本 康子, 齋藤 邦明, 鍋島 俊隆
ストレス科学   33(2) 128-128   2018年10月