メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>解剖学Ⅰ
 

医学部 解剖学Ⅰ

研究者リスト >> 佐藤 貴彦
 

最終更新日時:

編集

佐藤 貴彦

 
アバター
研究者氏名佐藤 貴彦
 
サトウ タカヒコ
eメールmusclestemcellgmail.com
所属藤田医科大学
部署医学部
職名講師
学位博士(医学)(京都大学)
その他の所属京都府立医科大学, 徳島大学
科研費研究者番号30570775
ORCID ID0000-0003-3836-7978

プロフィール

京都大学アメリカンフットボール部Gangsters出身。それが縁で笹井芳樹教授に拾ってもらい、2006年京都大学大学院医学研究科博士課程修了(医学博士)。骨格筋発生を学ぶ為、Institut PasteurのMargaret Buckingham研究室に留学し、マウス骨格筋発生研究の薫陶を受ける。帰国後から筋再生の研究をスタートし、ヒト骨格筋発生・再生研究を始める。まずは自分の身体を用いて筋再生、筋肥大の実験に勤しむ。

研究キーワード

 
多能性幹細胞 , 再生 , 神経堤 , 発生 , 組織幹細胞 , 骨格筋

研究分野

 
  • 健康・スポーツ科学 / 応用健康科学 / 
  • 生物科学 / 発生生物学 / 
  • 基礎医学 / 医化学一般 / 

経歴

 
2018年6月
 - 
現在
藤田医科大学 医学部 講師
 
2014年4月
 - 
2018年5月
京都府立医科大学 大学院医学研究科 特任助教
 
2013年4月
 - 
2014年3月
京都大学 再生医科学研究所 特定助教
 
2009年10月
 - 
2013年3月
京都大学大学院 医学研究科グローバルCOE 特定研究員
 
2006年4月
 - 
2009年9月
パスツール研究所 研究員
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2006年3月
京都大学 大学院医学研究科 脳統御医科学系専攻
 
2000年4月
 - 
2002年3月
京都大学 大学院農学研究科 修士課程
 
1995年4月
 - 
2000年3月
京都大学 農学部 生物機能科学科
 

受賞

 
2008年9月
4th EuroSyStem Best Poster Award
 

論文

 
Sato T*, Higashioka K, Sakurai H, Yamamoto T, Goshima N, Ueno M, Sotozono C. (*correspondence)
Stem Cell Reports   13 352-365   2019年8月   [査読有り]
Yamanaka Y, Takenaka N, Sakurai H, Ueno M, Kinoshita S, Sotozono C, Sato T* (*correspondence)
International Journal of Molecular Sciences   20 3456   2019年7月   [査読有り]
Noguchi YT, Nakamura M, Hino N, Nogami J, Tsuji S, Sato T, Zhang L, Tsujikawa K, Tanaka T, Izawa K, Okada Y, Doi T, Kokubo H, Harada A, Uezumi A, Gessler M, Ohkawa Y, Fukada SI.
Development   146 dev163618   2019年2月   [査読有り]
Okumura N, Hayashi R, Nakano M, Yoshii K, Tashiro K, Sato T, Blake DJ, Aleff R, Butz M, Highsmith EW, Wieben ED, Fautsch MP, Baratz KH, Komori Y, Nakahara M, Tourtas T, Schlötzer-Schrehardt U, Kruse F, Koizumi N.
Investigative & Ophthalmology & Visual Science   60 779-786   2019年2月   [査読有り]
Higashioka K, Koizumi N, Sakurai H, Sotozono C, Sato T*. (*corresponding author)
Stem Cells International   2017 9210494   2017年4月   [査読有り]
Horikiri T, Ohi H, Shibata M, Ikeya M, Ueno M, Sotozono C, Kinoshita S, Sato T*. (corresponding author)
PLoS One   12 e0170342   2017年1月   [査読有り]
Yamaguchi M,Watanabe Y, Ohtani T, Uezumi A, Mikami N, Nakamura M, Sato T, Ikawa M, Hoshino M, Tsuchida K, Miyagoe-Suzuki Y, Fukada S. et al.
Cell Reports   13 302-314   2015年10月   [査読有り]
Hiramuki Y, Sato T*, Furuta Y, Surani A, Sehara A.* *co-correspondence
PLoS One   10 e0130436   2015年6月   [査読有り]
Nishimura D, Sakai H, Sato T, Sato F, Nishimura S, Toyama-Sorimachi N, Bartsch JW, Sehara A.
Mechanism of Development   135 58-67   2015年2月   [査読有り]
Sato T*, Yamamoto T, Sehara A. *corresponding author
Nature Communications   5 4597   2014年8月   [査読有り]

書籍等出版物

 
骨格筋発生の分子制御機構
佐藤 貴彦 (担当:共著, 範囲:超高齢社会に挑む骨格筋のメディカルサイエンス. 武田 伸一編. 実験医学増刊)
羊土社   2018年   
骨格筋の肥大・萎縮に関与する分子制御機構
佐藤 貴彦 (担当:共著, 範囲:筋肉と筋力増強訓練)
Jpn J Rehabil Med (リハ医学)   2017年   
成体の骨格筋幹細胞において静止状態を誘導するmiRNA
佐藤 貴彦 (担当:共著, 範囲:細胞工学)
学研メディカル秀潤社   2015年1月   
筋の発生維持における遺伝子の制御機構
佐藤 貴彦、武田 伸一 (担当:共著, 範囲:Clinical Calcium「運動器系の制御機構と疾患」)
医薬ジャーナル社   2015年   

講演・口頭発表等

 
Core transcription factors promote induction of functional Pax3-positive skeletal muscle stem cells
佐藤 貴彦
5th TERMIS World Congress   2018年   

担当経験のある科目

 
  • 人体の構造2 (藤田医科大学)
  • 人体の構造1 (藤田医科大学)

所属学協会

 
国際幹細胞学会 , 日本筋学会 , 日本再生医療学会 , 日本発生生物学会 , 日本分子生物学会

競争的資金等の研究課題

 
イモリ型の臓器再生を可能にする体細胞リプログラミング因子の解明と医学への展開
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2018年 - 2022年    代表者: 千葉 親文
筋萎縮の病態に迫るミトコンドリアメカノバイオロジー
AMED: 革新的先端研究開発支援事業メカノバイオロジー
研究期間: 2016年 - 2022年    代表者: 東谷 篤志
細胞外小胞を介した骨格筋制御機構解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 佐藤 貴彦

特許

 
特願2017-236186 : 骨格筋幹細胞誘導方法
佐藤 貴彦
WO2016114354A1 : 骨格筋前駆細胞の選択方法
齊藤 博英、高橋 誠弥、櫻井 英俊、佐藤 貴彦、高山 了
WO2016108288A1 : 骨格筋前駆細胞の製造方法
櫻井 英俊、池谷 真、佐藤 貴彦、高山 了