メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 外科系> 脳神経外科学 

医学部 脳神経外科学

研究者リスト >> 廣瀬 雄一
 

最終確認日時:2020/09/17 12:25

編集

廣瀬 雄一

 
アバター
研究者氏名廣瀬 雄一
 
ヒロセ ユウイチ
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 脳神経外科学
職名教授
学位医学博士(慶應義塾大学)
J-Global ID200901043674612973

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 脳神経外科学 / 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
藤田医科大学  副学長 
 
2014年2月
 - 
現在
藤田保健衛生大学病院(藤田医科大学病院)  副院長 
 
2010年4月
 - 
現在
藤田保健衛生大学医学部 脳神経外科 教授 
 
2006年4月
 - 
2010年3月
藤田保健衛生大学医学部 脳神経外科 助教授(准教授) 
 
2005年10月
 - 
2006年3月
慶應義塾大学 外科学教室(脳神経) 講師 
 

学歴

 
1981年4月
 - 
1987年3月
慶應義塾大学 医学部 
 

委員歴

 
2018年12月
 - 
現在
日本脳腫瘍病理学会  副理事長
 
2014年5月
 - 
現在
日本脳腫瘍病理学会  理事
 
2010年10月
 - 
現在
日本脳腫瘍学会  理事
 
2019年9月
 - 
2020年9月
日本脳腫瘍の外科学会  会長
 
2018年9月
 - 
2019年6月
日本脳腫瘍病理学会  会長
 

論文

 
 
Kei Yamashiro   Mitsuhiro Hasegawa   Saeko Higashiguchi   Hisayuki Kato   Yuichi Hirose   
British Journal of Neurosurgery   1-62020年6月   [査読有り]
 
Seiji Yamada   Jun Muto   John Clemente Aniceto De Leon   Tadashi Kumai   Keisuke Ito   Kazuhiro Murayama   Natsuko Hama   Yoshiko Nakano   Kaishi Satomi   Yasuhito Arai   Tatsuhiro Shibata   Tatsushi Inoue   Sumihito Nobusawa   Koichi Ichimura   Yuichi Hirose   Masato Abe   
Brain tumor pathology   2020年5月   [査読有り]
The CIC-DUX4 translocation is the most common genetic alteration of small round cell sarcomas without EWSR1 rearrangement. These "Ewing-like sarcomas" usually occur in peripheral soft tissues, and rare primary central nervous system (CNS) tumors h...
 
H Takami   S Fukushima   K Aoki   K Satomi   K Narumi   N Hama   Y Matsushita   K Fukuoka   K Yamasaki   T Nakamura   A Mukasa   N Saito   T Suzuki   T Yanagisawa   H Nakamura   K Sugiyama   K Tamura   T Maehara   M Nakada   M Nonaka   A Asai   K Yokogami   H Takeshima   T Iuchi   Y Kanemura   K Kobayashi   M Nagane   K Kurozumi   K Yoshimoto   M Matsuda   A Matsumura   Y Hirose   T Tokuyama   T Kumabe   K Ueki   Y Narita   S Shibui   Y Totoki   T Shibata   Y Nakazato   R Nishikawa   M Matsutani   K Ichimura   
Neuropathology and applied neurobiology   46(2) 111-1242020年2月   [査読有り]
AIMS: Alterations in microenvironments are a hallmark of cancer, and these alterations in germinomas are of particular significance. Germinoma, the most common subtype of central nervous system germ cell tumours, often exhibits massive immune cell...
 
Hirokazu Takami   Kohei Fukuoka   Shintaro Fukushima   Taishi Nakamura   Akitake Mukasa   Nobuhito Saito   Takaaki Yanagisawa   Hideo Nakamura   Kazuhiko Sugiyama   Masayuki Kanamori   Teiji Tominaga   Taketoshi Maehara   Mitsutoshi Nakada   Yonehiro Kanemura   Akio Asai   Hideo Takeshima   Yuichi Hirose   Toshihiko Iuchi   Motoo Nagane   Koji Yoshimoto   Akira Matsumura   Kazuhiko Kurozumi   Hiroyuki Nakase   Keiichi Sakai   Tsutomu Tokuyama   Soichiro Shibui   Yoichi Nakazato   Yoshitaka Narita   Ryo Nishikawa   Masao Matsutani   Koichi Ichimura   
Neuro-Oncology   21(12) 1565-15772019年12月   [査読有り]
© The Author(s) 2019. Published by Oxford University Press on behalf of the Society for Neuro-Oncology. All rights reserved. Background: We integrated clinical, histopathological, and molecular data of central nervous system germ cell tumors to pr...
 
Hasegawa M   Hatayama T   Kondo A   Nagahiro S   Fujimaki T   Amagasaki K   Arita K   Date I   Fujii Y   Goto T   Hanaya R   Higuchi Y   Hongo K   Inoue T   Kasuya H   Kayama T   Kawashima M   Kohmura E   Maehara T   Matsushima T   Mizobuchi Y   Morita A   Nishizawa S   Noro S   Saito S   Shimano H   Shirane R   Takeshima H   Tanaka Y   Tanabe H   Toda H   Yamakami I   Nishiyama Y   Ohba S   Hirose Y   Suzuki T   
World neurosurgery   2019年11月   [査読有り]

MISC

 
 
Shigeo Ohba   Yuichi Hirose   
NEURO-ONCOLOGY   19 64-642017年11月   
 
大場 茂生   中江 俊介   西山 悠也   安達 一英   長谷川 光広   佐々木 光   安倍 雅人   廣瀬 雄一   
Brain Tumor Pathology   34(Suppl.) 096-0962017年5月   
 
Shigeo Ohba   Andrew Mancini   Joydeep Mukherjee   Tor-Christian Johannessen   Tracy Chow   Matthew Wood   Lindsey Jones   Tali Mazor   Roxanne Marshall   Pavithra Viswanath   Yuichi Hirose   Kyle Walsh   Arie Perry   Robert Bell   Joanna Phillips   Joseph Costello   Sabrina Ronen   Russell Pieper   
NEURO-ONCOLOGY   18 35-352016年11月   
 
金澤 徳典   藤原 広和   高橋 秀典   西山 悠也   廣瀬 雄一   吉田 一成   佐々木 光   
Brain Tumor Pathology   33(Suppl.) 107-1072016年5月   
 
Joji Inamasu   Akiyo Sadato   Yuichi Hirose   
STROKE   47 2016年2月   

書籍等出版物

 
 
廣瀬雄一(担当:分担執筆, 範囲:Eloquent area近傍のグリオーマの手術 (覚醒下手術を用いない手術))
メジカルビュー社      2019年8月      
 
廣瀬雄一(担当:分担執筆, 範囲:化学療法)
金原出版      2018年3月      
 
廣瀬雄一(担当:分担執筆, 範囲:上衣腫 退形成性上衣腫 上衣腫, RELA融合陽性)
医学書院      2017年10月      
 
廣瀬雄一(担当:分担執筆, 範囲:化学療法治療感受性)
文光堂      2016年5月      
 
廣瀬雄一(担当:分担執筆, 範囲:化学療法)
金芳堂      2016年3月      

講演・口頭発表等

 
 
Attempts to overcome drug resistance of malignant glioma.
廣瀬雄一   
The 3rd Symposium of WFNOS 2021   2019年7月28日   
 
脳腫瘍分子標的医療が目指すもの
廣瀬雄一   
第30回 日本医学会総会2019中部 脳神経外科市民公開講座   2019年4月7日   
 
悪性脳腫瘍の生物学的特性と薬物療法
廣瀬雄一   
東総地区脳腫瘍学術講演会   2019年1月13日   
 
神経膠腫の薬物療法についての考察
廣瀬雄一   
高知 Neuro-Oncology Seminar   2018年11月9日   
 
培養細胞による研究から示唆された初発膠芽腫に対する化学療法増強法の重要性
廣瀬雄一   大場茂生   山城 慧   中江俊介   安達一英   西山悠也   長谷川光広   
日本脳神経外科学会 第77回学術総会   2018年10月10日   

所属学協会

 
 
   
 
2012.6 - 2014.4 日本脳腫瘍病理学会 評議員2014.4 - 現在 日本脳腫瘍病理学会 理事
 
   
 
2010.10 -現在 日本脳腫瘍学会 理事
 
   
 
2007.9 - 現在 日本脳腫瘍の外科学会 評議員
 
   
 
2010.7 - 現在 日本意識障害学会 理事
 
   
 
2006.5 - 現在 日本脳神経外科学会 国際委員

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)