メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 保健衛生学部> リハビリテーション学科 

保健衛生学部 リハビリテーション学科

研究者リスト >> 山田 晃司
 

最終確認日時:2020/11/24 21:00

編集

山田 晃司

 
アバター
研究者氏名山田 晃司
 
 
所属藤田医科大学大学院保健学研究科
部署
職名教授
学位博士(医学)
J-Global ID200901036886215307

研究キーワード

 
神経科学 ,筋代謝 ,骨代謝 ,運動分子生理

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 医療薬学 / 
  • ライフサイエンス / 生理学 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
藤田医科大学 保健衛生学部 教授 
 

学歴

 
 
 - 
現在
藤田医科大学  
 

論文

 
 
Runhong Yao   Kazuhiro Nishii   Naoki Aizu   Takumi Kito   Kazuyoshi Sakai   Kouji Yamada   
DEMENTIA AND GERIATRIC COGNITIVE DISORDERS   49(2) 185-1932020年10月   [査読有り]
Introduction:The disabling effects of dementia, an incurable disease with little effect on mortality, affect society far more than many other conditions.Objective:The aim of this study was to stop or delay the onset of dementia using low-cost meth...
 
Kito Takumi   Nishii Kazuhiro   Yao Runhong   Teranishi Toshio   Sugiyama Tomohisa   Sakai Kazuyoshi   Matsubara Mamoru   Yamada Kouji   
Fujita Medical Journal   5(3) 57-622019年8月   [査読有り]
著者らは、骨粗鬆症に伴う骨折の予防を目的に、振動刺激と振盪刺激の2種類の刺激を組み合わせたコンビネーション刺激装置を開発した。今回、骨密度低下モデルマウスを用いて、この新規刺激装置の効果を検討した。8週齢の雌性マウス12匹に対して卵巣摘出により骨密度低下モデルマウスを作製した後、刺激群と非刺激群に分け、刺激群には連続10週間に亘り刺激を行った。類骨量、類骨面、類骨幅、類骨厚、骨石灰化速度、組織を基準とした骨形成速度は、刺激群が非刺激群に比べて有意に高かった。骨梁間隙は、刺激群が非刺激群に比...
 
梅村 慶子   三吉 友美子   岡島 規子   金田 嘉清   櫻井 宏明   山田 晃司   西井 一宏   
日本看護学会論文集: 看護教育   (49) 223-2262019年2月   [査読有り]
A病院で日常的に患者の生活援助にかかわっている看護師922名を対象に、解剖生理学の知識活用の困難に、看護師の背景による違いがあるかについて質問紙調査を実施した。対象看護師は、臨床経験年数3年以内、4から5年目、6から10年目、11から15年目、16年以上の5群に分けて背景の検討を行った。400名から回答が得られ、391名(男性48名、女性343名)の有効回答を分析対象とした。解剖生理学の知識活用の困難の違いは「臨床経験年数」の差で見られた。「解剖生理学は苦手である」「解剖生理学で活用されて...
 
Runhong Yao   Kazuhiro Nishii   Takumi Kito   Toshio Teranishi   Tomohisa Sugiyama   Kazuyoshi Sakai   Mamoru Matsubara   Kouji Yamada   
Okajimas folia anatomica Japonica   96(1) 13-212019年   [査読有り]
In Japan, 13 million people have osteoporosis, including approximately 9 hundred thousand people who are bedridden owing to bone fractures from falls. Preventing osteoporosis is considered to be an important and effective way of preventing fall-re...
 
Hidemasa Iki   Shunji Sawa   Toshio Teranishi   Masao Tomita   Kazuhiro Nishii   Kouji Yamada   
Journal of physical therapy science   28(10) 2871-28762016年10月   [査読有り]
[Purpose] The number of bedridden patients requiring nursing care in Japan has increased sharply in recent years because of its aging population and advances in medical care and has become a major social issue. Because bedridden patients are susce...

MISC

 
 
姚 潤宏   西井 一宏   鬼頭 巧   寺西 利生   杉山 智久   酒井 一由   松原 守   山田 晃司   
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [1P-1122]2017年12月   
 
鬼頭 巧   西井 一宏   姚 潤宏   寺西 利生   杉山 智久   酒井 一由   松原 守   山田 晃司   
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [1P-1121]2017年12月   
 
百田 貴洋   山田 晃司   加賀谷 斉   
日本作業療法学会抄録集   51回 OF-42017年9月   
 
西井一宏   酒井一由   加藤好光   山田晃司   
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   122nd 1602017年   
 
百田 貴洋   加賀谷 斉   山田 晃司   向野 雅彦   
日本物理療法学会学術大会抄録集   24回 52-522016年10月   

講演・口頭発表等

 
 
Stimulus in the form of rotation and shaking of a platform and its effect on the formation of trabecular bone in the lumbar vertebrae of mice
山田晃司   西井一宏   酒井一由   寺西利生   
第36回日本分子生物学会年会   2013年12月3日   
 
インナーマッスルを鍛える運動療法により骨強度を保たせる刺激方法の検討
山田晃司   西井一宏   酒井一由   寺西利生   肥田岳彦   
第85回日本生化学大会   2012年12月14日   
 
老化に伴う骨密度低下を緩和する刺激装置の開発と検討
山田晃司   西井一宏   酒井一由   肥田岳彦   
コ・メディカル形態機能学会、第11回学術集会   2012年9月   
 
The Distribution of T lymphocytes, B lymphocytes and dendritic-like cells of the lymphatic organ in the laboratory shrew, Suncus murinus
Sakai K   Imada K   Shinzato M   Nishii K   Yamada K   
14thInternationalCongressofHistochemistryandCytochemistry(ICHC)   2012年8月   
 
閉経後女性を想定した老化に伴う骨折を予防するための運動療法の開発
山田晃司   西井一宏   肥田岳彦   
第84回日本生化学大会   2011年9月21日   

所属学協会

 
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本生理学会
 
   
 
日本解剖学会
 
   
 
日本生化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2017年 - 2019年
 
研究期間: 2014年 - 2016年
 
 
研究期間: 2011年 - 2013年
 
振盪振動刺激による骨密度上昇と筋量増加による骨折予防効果
文科省: 科学研究費補助金(若手研究B)
山田晃司 
研究期間: 2007年 - 2009年

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 
 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 
 
 

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

 
 
 
 

その他教育活動上特記すべき事項