メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>アレルギー疾患対策医療学
 

医学部 アレルギー疾患対策医療学

研究者リスト >> 松永 佳世子
 

最終確認日時:

編集

松永 佳世子

 
アバター
研究者氏名松永 佳世子
 
マツナガ カヨコ
所属藤田医科大学 医学部 医学科
部署アレルギー疾患対策医療学
職名教授
学位医学博士(藤田保健衛生大学)
その他の所属一般社団法人 SSCI-Net

プロフィール

2000年5月から藤田保健衛生大学医学部皮膚科学講座教授としてあらゆる皮膚疾患に対応できる診療,教育,研究をおこなってきましたが,その中で,皮膚アレルギー,接触皮膚炎,皮膚安全性研究,食物アレルギーなどを専門領域にしてまいりました.2016年藤田保健衛生大学医学部アレルギー疾患対策医療学講座教授として大学に残り,さらにアレルギー疾患の患者さんの治療とQOL向上のために役立つ研究を総合的にすすめております.

研究キーワード

 
パッチテスト , 抗原解析 , 皮膚安全性 , 接触皮膚炎 , アレルギー

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 皮膚科学 / 皮膚アレルギー
  • ライフサイエンス / 皮膚科学 / 皮膚安全性研究,接触皮膚炎,食物アレルギー,ラテックスアレルギー,アトピー性皮膚炎,スキンケア,美容皮膚科

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
藤田保健衛生大学医学部 アレルギー疾患対策医療学講座 教授
 
2014年4月
 - 
2016年3月
藤田保健衛生大学 副学長
 
2000年5月
 - 
2016年3月
藤田保健衛生大学医学部 皮膚科講座 教授
 
2013年
 - 
2015年3月
藤田保健衛生大学 医療科学部 兼任教授
 
2012年
 - 
2013年
藤田保健衛生大学医師会 理事
 

学歴

 
 
 - 
1976年3月
名古屋大学 医学部 
 

委員歴

 
2016年7月
 - 
現在
日本職業・環境アレルギー学会  理事
 
2015年4月
 - 
現在
日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会 学術教育委員会  副委員長
 
2013年5月
 - 
現在
消費者安全調査委員会 食品・化学・医学等事故調査部会  部会長
 
2013年1月
 - 
現在
厚生労働省  薬事・食品衛生審議会 臨時委員
 
2014年7月
 - 
2017年
日本美容皮膚科学会  用語集検討委員会
 

受賞

 
2015年
Best Doctors
 
2014年
Best Doctors
 
2014年
第32回日本美容皮膚科学会 感謝状 教育講演2「Don't be superficial」の座長
 
2011年
Best Doctors
 
2010年
Best Doctors
 

論文

 
Noguchi E, Akiyama M, Yagami A, Hirota T, Okada Y, Kato Z, Kishikawa R, Fukutomi Y, Hide M, Morita E, Aihara M, Hiragun M, Chinuki Y, Okabe T, Ito A, Adachi A, Fukunaga A, Kubota Y, Aoki T, Aoki Y, Nishioka K, Adachi T, Kanazawa N, Miyazawa H, Sakai H, Kozuka T, Kitamura H, Hashizume H, Kanegane C, Masuda K, Sugiyama K, Tokuda R, Furuta J, Higashimoto I, Kato A, Seishima M, Tajiri A, Tomura A, Taniguchi H, Kojima H, Tanaka H, Sakai A, Morii W, Nakamura M, Kamatani Y, Takahashi A, Kubo M, Tamari M, Saito H, Matsunaga K
The Journal of allergy and clinical immunology      2019年7月   [査読有り]
Suzuki K, Yagami A, Ito A, Kanto H, Matsunaga K
Contact dermatitis      2019年5月   [査読有り]
Kuwabara K, Hirose M, Kato K, Yokoi T, Shiga M, Kondo R, Nakamura M, Matsunaga K, Horiguchi T
The Journal of asthma : official journal of the Association for the Care of Asthma   1-8   2019年4月   [査読有り]
Nakamura H, Nakamura M, Shimizu N, Matsunaga K, Kondo Y
Annals of allergy, asthma & immunology : official publication of the American College of Allergy, Asthma, & Immunology      2019年4月   [査読有り]
Tanahashi T, Sasaki K, Numata M, Matsunaga K
Contact dermatitis   80(3) 191-193   2019年3月   [査読有り]

MISC

 
松永 佳世子
日本皮膚科学会雑誌   129(5) 995-995   2019年5月
鈴木 加余子, 二村 恭子, 久野 千枝, 松永 佳世子, 矢上 晶子
日本皮膚科学会雑誌   129(5) 1175-1175   2019年5月
澄川 靖之, 吉川 桃子, 増井 由紀子, 伊藤 元章, 佐々木 稔, 坂口 斉, 伊藤 明子, 鈴木 加余子, 矢上 晶子, 松永 佳世子
日本皮膚科学会雑誌   129(5) 1179-1180   2019年5月
二村 恭子, 鈴木 加余子, 佐藤 奈由, 中村 政志, 松永 佳世子, 矢上 晶子
日本皮膚科学会雑誌   129(5) 1192-1192   2019年5月
松永 佳世子, 佐々木 稔, 岡島 孝雄, 中村 幸子, 近藤 雅俊, 村瀬 大樹, 友國 敦史, 宮木 正廣, 坂口 斉
日本皮膚科学会雑誌   129(5) 1207-1207   2019年5月

書籍等出版物

 
松永佳世子 (担当:分担執筆, 範囲:職業性皮膚疾患)
協和企画   2016年7月   ISBN:9784877941826
職業性アレルギー疾患診療ガイドラインは2013年に初めて刊行され、今回は、2回目の改定である。日本職業・環境アレルギー学会ガイドライン専門部会監修で、喘息、皮膚疾患、鼻炎、過敏性肺炎、アナフィラキシー、そして、法律面について記載されている。
岩田洋平, 松永佳世子 (担当:共著, 範囲:点滴漏れにステロイド局注は有効か?)
株式会社 文光堂   2016年2月   
松永佳世子 (担当:分担執筆, 範囲:ステロイド外用薬による接触皮膚炎)
南山堂   2015年12月   
赤澤晃, 松永佳世子, 北林耐, 近藤康人, 内藤徹, 矢上晶子, 吉田幸一, 池澤善郎, 大矢幸弘, 斉藤博久, 柴田瑠美子, 原田晋
2013年   

講演・口頭発表等

 
松永佳世子
第8回国際ゴム手袋学会展示会   2016年9月6日   
松永佳世子, 矢上晶子, 鈴木加余子
第40回日本小児皮膚科学会   2016年7月3日   
沼田茂樹, 岩田洋平, 有馬 豪, 渡邊総一郎, 萩原宏美, 小野田裕子, 矢上晶子, 牧野太郎, 鈴木加余子, 松永佳世子
第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会   2016年5月27日   
岩田洋平, 小林 束, 有馬 豪, 沼田茂樹, 渡邊総一郎, 矢上晶子, 岡本 賢, 荒木勇太, 鈴木民夫, 松永佳世子
第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会   2016年5月27日   
渡邊総一郎, 岩田洋平, 齋藤健太, 沼田茂樹き, 矢上晶子, 鶴田京子, 溝口良順, 黒田 誠, 松永佳世子
第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会   2016年5月27日   

所属学協会

 
アレロック学術講演会 , 日本乾癬学会 , 一般財団法人ホーユー科学財団 , JaCVAM(Japanese Center for the Validation of Alternative Methods 国立医薬品食品衛生研究所 安全性生物試験研究センター 薬理部 新規試験法評価室) 顧問会議 , 愛知県医師会

社会貢献活動

 
【企画】  第42回藤田学園医学会  2010年10月7日 - 2010年10月8日
【講師】  東海皮膚科臨床研究会(水曜会)  2016年5月25日
【講師】  南大高中日文化センター 藤田保健衛生大学提携講座  (南大高中日文化センター)  2015年3月15日
【講師】  藤田保健衛生大学 提携講座  2015年3月1日
【講師】  日本アレルギー学会 第1回総合アレルギー講習会〜Total Allergistをめざして〜  (パシフィコ横浜 会議センター)  2014年12月21日

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 
 
 
 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 
 
 
 
 

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

 
 
 
 

その他教育活動上特記すべき事項