メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター研究統括監理部

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 
> 医学部 

医学部

研究者リスト >> 外山 宏
 

最終更新日時:2015/09/16 09:16

編集

外山 宏

 
アバター
研究者氏名外山 宏
 
トヤマ ヒロシ
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 放射線医学
職名教授
学位医学博士(藤田保健衛生大学)
J-Global ID200901090746938010

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 放射線科学 / 

論文

 
 
Hideki Kawai   Sadako Motoyama   Masayoshi Sarai   Yasuomi Nagahara   Kousuke Hattori   Yoshihiro Sato   Keiichi Miyajima   Meiko Hoshino   Takahiro Matsuyama   Masaya Ohta   Hiroshi Takahashi   Kenji Shiino   Atsushi Sugiura   Takashi Muramatsu   Hiroyuki Naruse   Junnichi Ishii   Hiroshi Toyama   Yukio Ozaki   Hideo Izawa   
Heart and vessels   36(8) 1099-1108   2021年8月
The aim of the present study was to examine the association of myocardial mass verified by computed tomography (CT) and invasive fractional flow reserve (FFR)-verified myocardial ischemia, or subsequent therapeutic strategy for the targeted vessel...
 
Nayu Hamabuchi   Hidekazu Hattori   Tetsuya Tsukamoto   Masahiko Nomura   Seiichiro Ota   Yoshitaka Inui   Kaoru Kikukawa   Kazuyoshi Imaizumi   Masashi Kondo   Yasushi Hoshikawa   Hiroshi Toyama   Yoshiharu Ohno   
Journal of thoracic imaging      2021年7月
 
長尾 龍之介   水谷 泰彰   伊藤 瑞規   村山 和宏   乾 好貴   外山 宏   渡辺 宏久   
パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集   15回 85-85   2021年7月
 
Yumi Tanaka   Yoshiharu Ohno   Satomu Hanamatsu   Yuki Obama   Takahiro Ueda   Hirotaka Ikeda   Akiyoshi Iwase   Takashi Fukuba   Hidekazu Hattori   Kazuhiro Murayama   Takeshi Yoshikawa   Daisuke Takenaka   Hisanobu Koyama   Hiroshi Toyama   
Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine      2021年4月
Since thoracic MR imaging was first used in a clinical setting, it has been suggested that MR imaging has limited clinical utility for thoracic diseases, especially lung diseases, in comparison with x-ray CT and positron emission tomography (PET)/...
 
Yoshikazu Kobayashi   Masanao Kobayashi   Daisuke Kanamori   Naoko Fujii   Yumi Kataoka   Koji Satoh   Yoshimi Sano   Satoshi Yoshioka   Ichiro Tateya   Hiroshi Toyama   Koichiro Matsuo   
The Cleft palate-craniofacial journal : official publication of the American Cleft Palate-Craniofacial Association   10556656211001732-10556656211001732   2021年3月
OBJECTIVE: Some patients with cleft palate (CP) need secondary surgery to improve functionality. Although 4-dimensional assessment of velopharyngeal closure function (VPF) in patients with CP using computed tomography (CT) has been existed, the kn...

MISC

 
 
吉岡哲志   日江井祐介   加藤久幸   楯谷一郎   藤井直子   外山宏   片田和広   
日本耳鼻咽喉科学会会報   123(4)    2020年
 
松山貴裕   太田誠一朗   藤井直子   乾好貴   塚本徹哉   磯部一郎   辻岡勝美   長尾静子   小林茂樹   外山宏   
オートプシー・イメージング学会学術総会プログラム・抄録集   16th 44   2018年   
 
永田 紘之   村山 和宏   早川 基治   加藤 良一   藤井 直子   齊藤 泰男   藤井 健二   片田 和広   外山 宏   
映像情報medical : a monthly journal of medical imaging and information   49(8) 130-135   2017年7月
 
鱸成隆   村山和宏   外山宏   三宅未紗   三浦浩樹   河村吉紀   石原尚子   吉川哲史   
Japanese Journal of Radiology   35(Supplement) 25-25   2017年2月   
 
松山貴裕   藤井直子   乾好貴   塚本徹哉   磯部一郎   辻岡勝美   長尾静子   竹中章倫   小林茂樹   外山宏   
オートプシー・イメージング学会学術総会プログラム・抄録集   15th    2017年

書籍等出版物

 
 
Hiroshi Toyama, Yaming Li, Jun Hatazawa, Guang Huang, Kazuo Kubota, Editors(担当:編集)
Springer Nature Singapore Pte Ltd. 2020   2020年1月   
 
佐治英郎
メディカルドゥ   2010年      
 
Van Heertum RL, Tikofsky RS, Ichise M
Wolters Kluwer/Lippincott Williams & Wilkins   2010年      
 
Van Heertum RL, Tikofsky RS, Ichise M
Wolters Kluwer/Lippincott Williams & Wilkins   2010年      

講演・口頭発表等

 
 
伊藤正之   大家祐実   服部秀計   外山宏   伊藤文隆   小林英敏   城代貴仁   引地克   日下守   白木良一   
日本医学放射線学会第155回中部地方会   2014年   
 
小森雅子   村山和宏   二宮綾子   林 宏行   片田和広   外山宏   
第43回日本神経放射線学会   2014年   
 
村山和宏   片田和広   早川基治   小森雅子   外山宏   
第43回日本神経放射線学会   2014年   
 
外山宏   
第45回ライラックカンファレンス   2014年   
 
伊藤正之   大家祐実   服部秀計   外山宏   伊藤文隆   小林英敏   城代貴仁   引地克   日下守   白木良一   
日本医学放射線学会第155回中部地方会   2014年   

所属学協会

 
 
   
 
2008.4~現在 日本核医学会評議員,PET核医学分科会施設登録推進委員
 
   
 
2009.4~現在 日本医学放射線学会代議員,広報委員
 
   
 
2013.10~現在 日本核医学会理事、将来計画・経営戦略委員長、日中核医学交流委員長

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 
 

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

 
 
 
 

その他教育活動上特記すべき事項