メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医療科学部> 臨床工学科 

医療科学部 臨床工学科

研究者リスト >> 日比谷 信
 

最終確認日時:

編集

日比谷 信

 
アバター
研究者氏名日比谷 信
 
ヒビヤ マコト
URL
所属藤田医科大学
部署医療科学部 臨床工学科 臨床工学技術学
職名教授
学位博士(医学)
J-Global ID200901076744788140

研究分野

 
  • その他 / その他 / 

論文

 
 
山城 知明   豊崎 正人   藤浦 拓也   杉浦 美佐子   山本 賢   伊藤 康宏   日比谷 信   石川 隆志   
体外循環技術   43(2) 84-882016年6月   [査読有り]
 
藤浦 拓也   豊崎 正人   石川 隆志   山内 章弘   山本 賢   石田 沙織   山城 知明   杉浦 美佐子   大野 花奈   野田 美香   日比谷 信   渡邊 孝   伊藤 康宏   
体外循環技術   42(1) 14-182015年6月   [査読有り]
 
小川 真児ー   雪竹 潤   日比谷 信   山崎 未来   上原 史也   豊崎 正人   山本 賢   山田 宏哉   伊藤 康宏   
体外循環技術   42(2) 119-1232015年3月   [査読有り]
 
日比谷信   
JJECT   42(1) 1-72015年   [査読有り]
 

MISC

 
 
J Extra Corpor Technol.   50(4) 231-2362018年12月   [査読有り]
 
伊藤 康宏   雪竹 潤   東本 祐紀   山城 知明   藤浦 拓也   平岩 徹也   日比谷 信   
体外循環技術   45(3) 340-3402018年9月   
 
平岩 徹也   伊藤 康宏   雪竹 潤   東本 祐紀   井上 明日駆   山城 知明   山本 賢   日比谷 信   
体外循環技術   45(3) 340-3402018年9月   
 
Japanese J Extra Corpor Technol.   45(2) 95-1002018年6月   [査読有り]
 
日比谷信   
Japanese J Extra Corpor Technol.   45(1) 1-72018年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
 
日比谷信(担当:編集)
メジカルビュー社      2016年9月      
 
医歯薬出版株式会社      2011年      
 
医歯薬出版株式会社      2011年      
 
医歯薬出版株式会社      2009年      
 
医歯薬出版株式会社      2009年      

講演・口頭発表等

 
 
Comparison of BMI of registered extracorporeal circulation cases by multicenter collaborative research.
3rd Meeting of Federation of Asian Perfusion Societies   2018年8月24日   
 
Data extraction for the Japanese perfusion registry from an extracorporeal circulation automatic recording system and remained issue
3rd Meeting of Federation of Asian Perfusion Societies   2018年8月24日   
 
急性大動脈解離に対するFrozen elephant trunk法の改良点と弓部全置換術の成績
山城 知明   日比谷 信   山本 賢   豊崎 正人   伊藤 康宏   石川 隆志   高木 靖   
第42回日本体外循環技術医学会大会   2016年10月   
 
凝固異常患者における凝固管理 初回開心術中人工肺異常凝固を来たした症例に対する再手術時の抗凝固管理
塩谷 泰子   竹内 敬昌   増江 達彦   日比谷 信   
第42回日本体外循環技術医学会大会   2016年10月   
 
体外循環中の抗凝固管理 迅速ポイントオブケアテストに関するエビデンス
瓦谷 義隆   日比谷 信   後藤 和大   東條 圭一   丹木 義和   赤地 吏   芦村 浩一   鈴木 一郎   加納 寛也   JaSECT学術委員会文献レビュー部会   
第42回日本体外循環技術医学会大会   2016年10月   

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 
 
 
 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 
 
 
 
 

その他教育活動上特記すべき事項