メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部総合医科学研究所産学連携推進センター研究支援推進センター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  中分類 
> 医療科学部 

医療科学部

研究者リスト >> 市野直浩
 

最終確認日時:2016/10/01 19:02

編集

市野直浩

 
アバター
研究者氏名市野直浩
所属藤田保健衛生大学
部署医療科学部 臨床検査学科 生理機能検査学
職名教授
学位博士(医学)

委員歴

 
2012年
 - 
現在
日本臨床検査学教育学会  評議員
 

受賞

 
2016年9月
日本臨床検査医学会 日本臨床検査医学会学会賞-優秀論文賞-
 

論文

 
Association of cigarette smoking with serum microRNA expression among middle-aged Japanese adults
Suzuki K, Yamada H, Nagura A, Ohashi K, Ishikawa H, Yamazaki M, Ando Y, Ichino N, Osakabe K, Sugimoto K, Hamajima N, Inoue T
Fujita Medical Journal   2(1)    2016年
Changes of shear-wave velocity by interferon-based therapy in chronic hepatitis C
Osakabe K, Ichino N, Nishikawa T, Sugiyama H, Kato M, Shibata A, Asai W, Kawabe N, Hashimoto S, Murao M, Nakano T, Shimazaki H, Kan T, Ohki M, Nakaoka K, Takagawa Y, Ohki M, Kurashita T, Takamura T, Yoshioka K
World Journal of Gastroenterology   21(35) 10215-10223   2015年9月   [査読有り]
Longitudinal study of circulatingmiR-122 in a ratmodel of non-alcoholic fatty liver disease
Yamada H, Ohashi K, Suzuki K, Munetsuna E, Ando Y, Yamazaki M, Ishikawa H, Ichino N, Teradaira R, Hashimoto S
Clinica Chimica Acta   446 267-271   2015年   [査読有り]
PNPLA3 I148M associations with liver carcinogenesis in Japanese chronic hepatitis C
Nakaoka K, Hashimoto S, Kawabe N, Nitta Y, Murao M, Nakano T, Kan T, Takagawa Y, Ohki M, Kurashita T, Takamura T, Nishikawa T, Ichino N, Osakabe K, Yoshioka K
SpringerPlus      2015年   [査読有り]
The NAFLD Index: A simple and accurate screening tool for the prediction of non-alcoholic fatty liver disease
Ichino N, Osakabe K, Sugimoto k, Suzuki K, Yamada H, Takai H, Sugiyama H, Yukitake J, Inoue T, Ohashi k, Hata T, Hamajima T, Watarai R, Kimura A, Kusuhara Y, Hamajima N, Nishikawa T, Hashimoto S, Kawabe N, Yoshioka K
Rinsho Byori   63 32-43   2015年   [査読有り]

Misc

 
慢性肝炎に対する抗ウイルス療法による肝硬度の変化
川部直人, 橋本千樹, 有馬裕子, 嶋崎宏明, 中野卓二, 村尾道人, 新田佳史, 原田雅生, 西川 徹, 刑部恵介, 市野直浩, 吉岡健太郎
消化器内科   50 453-461   2010年5月
胆嚢隆起性病変の自然経過
今井英夫、堀口祐爾、世古口凡、鈴木智博、伊藤 久、市野直浩、藤原恵子、南部由美子、伊藤 圓
MONTHLY BOOK GASTRO   13(4) 19-26   1993年5月
ErbB新規リガンド、NTAKの構造と機能
石黒啓司、東山繁樹、山田晃司、市野直浩、谷口直之、永津俊治
日本神経精神薬理学   18(4) 137-142   1998年8月
ソナゾイドによる造影超音波検査のノウハウ 肝腫瘍性病変の診断におけるソナゾイド造影超音波の実際(使用装置ACUSON Sequoia)
西川徹、吉岡健太郎、橋本千樹、川部直人、原田雅生、刑部恵介、足立正純、東郷洋子、杉山博子、青木比早子、伊藤紀子、市野直浩
INNERVISION   23(6) 52-56   2008年7月
【肝腫瘍診断・治療支援における造影超音波の進歩】造影超音波技術の問題解決 深部病変における造影超音波の工夫 stimulated acoustic accumulation imaging
西川徹、杉本邦彦、高井洋次、加藤美穂、杉山博子、青山和佳奈、鈴木亜委、北原志穂、吉岡健太郎、橋本千樹、川部直人、原田雅生、中野卓二、市野直浩、刑部恵介
INNERVISION   25(11) 68-71   2010年10月

書籍等出版物

 
診療画像機器学
笠井俊文、小川敬壽
オーム社   2006年   
解剖生理がよくわかるからだの不思議Q&A①
山田晃司
照林社   2011年   
解剖生理がよくわかるからだの不思議Q&A②
山田晃司
照林社   2011年   
医学領域における臨床検査学入門 第3版
藤田保健衛生大学『臨床検査学入門』編集 委員会
KTC中央出版   2013年   

講演・口頭発表等

 
Comparison between FibroScan and virtual touch quantification for liver stiffness measurement in HCV patients
Keisuke Osakabe, Naohiro Ichino, Toru Nishikawa, Hiroko Sugiyama, Tadayoshi Hata, Naoto Kawabe, Senju Hashimoto, Kentaro Yoshioka
The 32nd World Congress of Biomedical Laboratory Science (IFBLS2016)   2016年8月31日   
Controlled attenuation parameter for non-invasive assessment of hepatic steatosis in chronic hepatitis C
Naohiro Ichino, Keisuke Osakabe, Toru Nishikawa, Hiroko Sugiyama, Tadayoshi Hata, Naoto Kawabe, Senju Hashimoto, Kentaro Yoshioka
The 32nd World Congress of Biomedical Laboratory Science (IFBLS2016)   2016年8月31日   
移植膵血栓形成予測における造影超音波検査の有用性
杉山博子,西川 徹,刑部恵介,市野直浩,川部直人,橋本千樹,吉岡健太郎,會田直弘,伊藤泰平,剣持 敬
日本超音波医学会第89回学術集会   2016年5月27日   
造影超音波による胆嚢腺筋腫症の観察
西川 徹、吉岡健太郎、橋本千樹、川部直人、加藤美穂、杉山博子、浅田和佳奈、久保仁美、市野直浩、刑部恵介
日本超音波医学会第88回学術集会   2015年5月23日   
肝細胞腺腫の超音波所見の検討
杉山博子、西川 徹、加藤美穂、刑部恵介、市野直浩、川部直人、橋本千樹、吉岡健太郎
日本超音波医学会第88回学術集会   2015年5月23日   

所属学協会

 
日本健康科学学会 , 日本医学教育学会 , 日本臨床化学会 , 日本臨床検査医学会 , 日本超音波検査学会 , 日本超音波医学会 , 日本臨床衛生検査技師会 , 日本臨床検査学教育協議会

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 
 
 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 
 
 
 
 

教育方法・教育実践に関する発表、講演等