メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医療科学部> 基礎教育 

医療科学部 基礎教育

研究者リスト >> 梅沢 栄三
 

最終確認日時:2019/07/24 12:30

編集

梅沢 栄三

 
アバター
研究者氏名梅沢 栄三
 
ウメザワ エイゾウ
所属藤田医科大学
部署医療科学部 基礎科目 自然科学 物理学
職名准教授
学位博士(理学)

研究キーワード

 
素粒子論 , MRI

研究分野

 
  • エネルギー / 量子ビーム科学 / 
  • ライフサイエンス / 放射線科学 / 
  • 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論 / 

論文

 
Umezawa E, Sonoda Y, Itoshiro I
Proceedings of 5th International Symposium on the Project "Multidisciplinary Computational Anatomy" 2019   85-90   2019年3月
Umezawa E, Kawasaki M, Sonoda Y, Fukuba T, Murayama K, Takano K, Yamada M, Onodera T, Ida M
Proceedings of 26th International Society for Magnetic Resonance in Medicine   26 1581-1581   2018年6月   [査読有り]
Umezawa E, Sonoda Y, Itoshiro I
Proceedings of 4th International Symposium on the Project "Multidisciplinary Computational Anatomy" 2018   79-83   2018年3月
E. Umezawa, D. Ishihara, Y. Kono, T. Nakai, R. Kato
Proceedings of 25th International Society for Magnetic Resonance in Medicine   25 1799-1799   2017年4月   [査読有り]
E. Umezawa, D. Ishihara, S. Seko
Proceedings of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine   22 2600-2600   2014年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
青木茂樹, 阿部修, 増谷佳孝, 高原太郎
学研メディカル秀潤社   2013年   

講演・口頭発表等

 
Umezawa E
26th Annual Meeting & Exhibition of International Society for Magnetic Resonance in Medicine   2019年5月16日   
Umezawa E, Sonoda Y, Itoshiro I
The 5th International Symposium on the project "Multidisciplinary Computational Anatomy"   2019年3月4日   
Umezawa E, Kawasaki M, Sonoda Y, Fukuba T, Murayama K, Takano K, Yamada M, Onodera T, Ida M
Joint Annual Meeting International Society for Magnetic Resonance in Medicine-European Society for Magnetic Resonance in Medicine & Biology 2018   2018年6月19日   
Umezawa E, Sonoda Y, Itoshiro I
The 4th International Symposium on Multi-disciplinary Computational Anatomy   2018年3月2日   
梅沢栄三, 川崎真啓, 小野寺聡之, 福場崇, 村山和宏, 山田雅之, 井田正博
第45回日本磁気共鳴医学会大会   2017年9月15日   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域(研究領域提案型)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 
 
 

作成した教科書、教材、参考書