メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 研究支援推進本部> 精神・神経病態解明センター準備室 

精神・神経病態解明センター準備室

研究者リスト >> 永井 拓
 

永井 拓

 
アバター
研究者氏名永井 拓
 
ナガイ タク
URL
所属藤田医科大学
部署精神・神経病態解明センター準備室 神経行動薬理学研究部門
職名教授
学位修士(薬学)(名城大学), 博士(医学)(名古屋大学)
J-Global ID200901083965882198

研究キーワード

 
統合失調症 ,薬物依存 ,プロテアーゼ ,ドパミン

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 精神神経科学 / 

経歴

 
2020年1月
 - 
現在
藤田医科大学  教授 
 
2010年1月
 - 
2019年12月
名古屋大学 医学部附属病院 准教授・副薬剤部長 
 
2006年4月
 - 
2009年12月
名古屋大学 大学院医学系研究科 特任講師 
 
2004年4月
 - 
2006年3月
金沢大学大学院自然科学研究科・助手   
 
2003年4月
 - 
2004年3月
名古屋大学医学部附属病院・文部科学技官(薬剤部)   
 

委員歴

 
2019年3月
 - 
現在
日本神経精神薬理学会先端研究推進基盤構築タスクフォース委員  広報委員会
 
2016年10月
 - 
現在
日本神経精神薬理学会倫理委員会委員  委員
 
2016年10月
 - 
現在
日本神経精神薬理学会先端研究推進基盤構築タスクフォース委員  委員
 
2013年4月
 - 
2019年12月
地域連携薬剤管理指導研究会  幹事
 
2010年4月
 - 
2019年12月
愛知県病院薬剤師会ホームページ委員会  委員
 

受賞

 
2017年9月
日本神経化学会, 日本神経化学会優秀賞
 
2015年10月
日本依存神経精神科学会, 第5回柳田知司賞
 
2014年6月
Neurochemistry International, Excellence in Reviewing of Neurochemistry International
 
2013年7月
日本薬学会東海支部, 日本薬学会東海支部学術奨励賞
 
2012年10月
日本神経精神薬理学会, 第1回日本神経精神薬理学会学術奨励賞
 

論文

 
 
Yumi Tsuneura   Masahito Sawahata   Norimichi Itoh   Ryoya Miyajima   Daisuke Mori   Takao Kohno   Mitsuharu Hattori   Akira Sobue   Taku Nagai   Hiroyuki Mizoguchi   Toshitaka Nabeshima   Norio Ozaki   Kiyofumi Yamada   
Neurochemistry International   104954-1049542021年3月
 
You-Hsin Lin   Yukie Yamahashi   Keisuke Kuroda   Md. Omar Faruk   Xinjian Zhang   Kiyofumi Yamada   Akihiro Yamanaka   Taku Nagai   Kozo Kaibuchi   
Neurochemistry International   143 104935-1049352021年2月
 
Kazuhiro Hada   Bolati Wulaer   Taku Nagai   Norimichi Itoh   Masahito Sawahata   Akira Sobue   Hiroyuki Mizoguchi   Daisuke Mori   Itaru Kushima   Toshitaka Nabeshima   Norio Ozaki   Kiyofumi Yamada   
Molecular brain   14(1) 21-212021年1月
We recently found a significant association between exonic copy-number variations in the Rho GTPase activating protein 10 (Arhgap10) gene and schizophrenia in Japanese patients. Special attention was paid to one patient carrying a missense variant...
 
Anthony Ariza   Yasuhiro Funahashi   Sachi Kozawa   Md Omar Faruk   Taku Nagai   Mutsuki Amano   Kozo Kaibuchi   
Journal of neurochemistry   2021年1月
Dopamine type 1 receptor (D1R) signaling activates protein kinase A (PKA), which then activates mitogen-activated protein kinase (MAPK) through Rap1, in striatal medium spiny neurons (MSNs). MAPK plays a pivotal role in reward-related behavior thr...
 
Ryo Saito   Michinori Koebis   Taku Nagai   Kimiko Shimizu   Jingzhu Liao   Bolati Wulaer   Yuki Sugaya   Kenichiro Nagahama   Naofumi Uesaka   Itaru Kushima   Daisuke Mori   Kazuaki Maruyama   Kazuki Nakao   Hiroki Kurihara   Kiyofumi Yamada   Masanobu Kano   Yoshitaka Fukada   Norio Ozaki   Atsu Aiba   
Translational Psychiatry   10(1) 2020年12月

MISC

 
 
Bolati Wulaer   Kazuo Kunisawa   Kazuhiro Hada   Willy Jaya Suento   Hisayoshi Kubota   Tsubasa Iida   Aika Kosuge   Taku Nagai   Kiyofumi Yamada   Atsumi Nitta   Yasuko Yamamoto   Kuniaki Saito   Akihiro Mouri   Toshitaka Nabeshima   
Journal of neurochemistry   2020年4月   
Successful completion of daily activities relies on the ability to select the relevant features of the environment for memory and recall. Disruption to these processes can lead to various disorders, such as attention-deficit hyperactivity disorder...
 
Yukako Nakamura   Masahiro Nakatochi   Shohko Kunimoto   Takashi Okada   Branko Aleksic   Miho Toyama   Tomoko Shiino   Mako Morikawa   Aya Yamauchi   Akira Yoshimi   Yoko Furukawa-Hibi   Taku Nagai   Masako Ohara   Chika Kubota   Kiyofumi Yamada   Masahiko Ando   Norio Ozaki   
BMC psychiatry   19(1) 190-1902019年6月   
BACKGROUND: Postpartum depression (PPD) is a major depressive disorder that occurs after childbirth. Objective diagnostic and predictive methods for PPD are important for early detection and appropriate intervention. DNA methylation has been recog...
 
Akira Yoshimi   Shinnosuke Yamada   Shohko Kunimoto   Branko Aleksic   Akihiro Hirakawa   Mitsuki Ohashi   Yurie Matsumoto   Kazuhiro Hada   Norimichi Itoh   Yuko Arioka   Hiroki Kimura   Itaru Kushima   Yukako Nakamura   Tomoko Shiino   Daisuke Mori   Satoshi Tanaka   Shuko Hamada   Yukihiro Noda   Taku Nagai   Kiyofumi Yamada   Norio Ozaki   
Translational psychiatry   9(1) 126-1262019年4月   
Although a number of studies have identified several convincing candidate genes or molecules, the pathophysiology of schizophrenia (SCZ) has not been completely elucidated. Therapeutic optimization based on pathophysiology should be performed as e...
 
祖父江 顕   永井 拓   山田 清文   
ストレス科学   33(3) 233-2412019年3月   
主要組織適合遺伝子複合体クラスI(major histocompatibility complex class I;MHCI)は中枢神経系において主に神経細胞に発現し、スパインの刈り込みなどに関与している。グリア細胞におけるMHCIの病態生理学的役割については不明な点が多いことから、我々は末梢性免疫炎症反応による中枢神経系におけるMHCIの発現変化、ならびに前頭前皮質のアストロサイトにおける膜貫通型MHCI/H-2Dあるいは分泌型MHCI/sH-2Dの発現が周囲の細胞と高次脳機能に及ぼす影...
 
Xinjian Zhang   Taku Nagai   Rijwan Uddin Ahammad   Keisuke Kuroda   Shinichi Nakamuta   Takashi Nakano   Naoto Yukinawa   Yasuhiro Funahashi   Yukie Yamahashi   Mutsuki Amano   Junichiro Yoshimoto   Kiyofumi Yamada   Kozo Kaibuchi   
Neurochemistry international   122 8-182019年1月   [査読有り]
Medium spiny neurons (MSNs) expressing dopamine D1 receptor (D1R) or D2 receptor (D2R) are major components of the striatum. Stimulation of D1R activates protein kinase A (PKA) through Golf to increase neuronal activity, while D2R stimulation inhi...

書籍等出版物

 
 
永井拓, 鍋島俊隆, 山田清文(担当:共著)
金芳堂      2010年      

講演・口頭発表等

 
 
ドパミン作動性およびグルタミン酸作動性神経伝達の変調と障害に関する神経精神薬理学的研究
永井拓   
第22回日本臨床精神神経薬理学会・第42回日本神経精神薬理学会合同年会   2012年10月18日   
 
精神疾患モデル動物を用いた神経精神薬理学的研究
永井拓   
第16回日本神経麻酔・集中治療研究会   2012年4月13日   
 
周産期免疫異常応答によって惹起される精神発達障害とそのメカニズム
永井拓   衣斐大祐   山田真之亮   山田清文   
第85回日本薬理学会年会   2012年3月14日   
 
周産期における異常免疫応答と神経発達障害
永井拓   
第21回日本臨床精神神経薬理学会・第41回日本神経精神薬理学会合同年会   2011年10月27日   
 
プロテアーゼを介した薬物依存形成の神経化学的機序
永井拓   
第21回日本臨床精神神経薬理学会・第41回日本神経精神薬理学会合同年会   2011年10月27日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
臨床薬理学 (名古屋大学)
 
   
 
基盤医科学実習 (名古屋大学)
 
   
 
臨床実習I (名古屋大学)
 
   
 
臨床実習I (名古屋大学)
 
   
 
基盤医科学実習 (名古屋大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本依存神経精神科学会
 
   
 
米国神経科学会
 
   
 
日本アルコール・薬物医学会
 
   
 
日本医療薬学会
 
   
 
日本神経化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
情動行動の基盤となる神経機序の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月
 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
 
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月
 
プロテオーム解析による統合失調症関連分子の同定
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月