メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 保健衛生学部> リハビリテーション学科 

保健衛生学部 リハビリテーション学科

研究者リスト >> 金田 嘉清
 

最終確認日時:2021/01/14 15:56

編集

金田 嘉清

 
アバター
研究者氏名金田 嘉清
 
カナダ ヨシキヨ
所属藤田医科大学
部署保健衛生学部 リハビリテーション学科 基礎理学療法学
職名教授
学位博士(医学)
J-Global ID200901041947101249

研究分野

 
  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学 / 

論文

 
 
Kazuya Takeda   Soichiro Koyama   Koji Shomoto   Kosuke Ushiroyama   Yuki Naoi   Tomoko Nagai   Hiroaki Sakurai   Yoshikiyo Kanada   Shigeo Tanabe   
Physiotherapy theory and practice   1-112020年12月
Background: The rate of force development (RFD) is an indicator of muscle strength. A previous study reported that the RFD of hip abductor muscles was increased by neuromuscular electrical stimulation (NMES) to gluteus medius (GM) during gait in h...
 
Hajime Takechi   Akira Tsuzuki   Komaki Matsumoto   Shinji Matsunaga   Hiroyuki Nishiyama   Masatoshi Ogawa   Yoshikiyo Kanada   
Geriatrics & gerontology international   20(10) 867-8722020年10月
AIM: Subjective memory complaints (SMC) have attracted attention in recent years in relation to the early stages of dementia. However, it is not clear whether SMC are related to social and leisure activities. The aim of this study was to evaluate ...
 
Kenta Fujimura   Hitoshi Kagaya   Chiharu Endou   Akihito Ishihara   Kozue Nishigaya   Kana Muroguchi   Hiroki Tanikawa   Masayuki Yamada   Yoshikiyo Kanada   Eiichi Saitoh   
Neuromodulation : journal of the International Neuromodulation Society   23(6) 847-8512020年8月   [査読有り]
OBJECTIVES: Shoulder subluxation is a common problem after stroke. It causes shoulder pain that affects activities of daily living. This study aimed to investigate the effect of repetitive peripheral magnetic stimulation on shoulder subluxation af...
 
Hiroki Tanikawa   Keisuke Inagaki   Kei Ohtsuka   Fumihiro Matsuda   Masahiko Mukaino   Junya Yamada   Yoshikiyo Kanada   Hitoshi Kagaya   Eiichi Saitoh   
Topics in stroke rehabilitation   1-82020年6月
BACKGROUND: Assessing abnormal gait patterns could indicate compensatory movements, which could be an index for recovery and a process of motor learning. To quantify the degree of posterior pelvic tilt, contralateral vaulting is necessary. OBJECTI...
 
Haruka Yamamoto   Kazuya Takeda   Soichiro Koyama   Keisuke Morishima   Yuichi Hirakawa   Ikuo Motoya   Hiroaki Sakurai   Yoshikiyo Kanada   Nobutoshi Kawamura   Mami Kawamura   Shigeo Tanabe   
Hong Kong Journal of Occupational Therapy   156918612092660-1569186120926602020年6月   [査読有り]
<sec><title>Background</title> Previous studies have reported a relationship between upper limb motor function and activities of daily living. However, their relationship after removing the influence of lower limb motor function has not been clari...

MISC

 
 
立本 将士   才藤 栄一   田辺 茂雄   小山 総市朗   太田 皓文   清野 溪   熊澤 暢宏   加藤 正樹   加藤 愛   杉山 有紀   大高 洋平   金田 嘉清   
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(秋季特別号) S446-S4462018年10月   
 
才藤 栄一   田辺 茂雄   加賀谷 斉   金田 嘉清   
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(特別号) SY6-12017年5月   
 
小久保 晃   池田 雅志   小島 誠   久保田 将成   吉井 秀仁   舟木 一夫   金田 嘉清   
岐阜保健短期大学紀要 = Bulletin of Gifu Junior College of Health Science   (7) 11-182017年   
 
加藤勇気   青山貴文   武田和也   小山総市朗   田辺茂雄   金田嘉清   
フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団研究助成・事業助成報告書   26th 171‐1812016年9月   
 
大塚 圭   才藤 栄一   加賀谷 斉   伊藤 慎英   田辺 茂雄   松田 文浩   谷川 広樹   山田 純也   青木 健光   金田 嘉清   
Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science   6(2015) 33-422016年1月   
【目的】本研究の目的は,トレッドミル歩行の三次元動作分析で表現できるリサージュ図形を用いたリサージュ概観図(LOP)の有用性を検討することである.【方法】健常者19名,片麻痺患者2名,変形性股関節症患者1名を対象に三次元トレッドミル歩行分析を実施し,LOPを作成した.また,歩行分析に熟練した理学療法士3名が患者3名の歩行を視診で評価した.健常者のリサージュ図形は平均化し,作成した健常者グランドアベレージLOPと患者3名を比較した.【結果】患者のLOPは,片麻痺者で遊脚期の分回し,トゥクリア...

書籍等出版物

 
 
金田, 嘉清, 冨田, 昌夫, 大塚, 圭, 杉山, 智久, 前田, 晃子, 鈴木, めぐみ, 鈴木, 由佳理, 土山, 和大, 山田, 将之, 才藤, 栄一
金原出版      2019年5月   (ISBN:9784307750554)
 
金田, 嘉清, 大塚, 圭
放送大学教育振興会      2019年3月   (ISBN:9784595319389)   
 
中川 法一, 田中 昌史, 植松 光俊(担当:分担執筆)
南江堂      2018年   (ISBN:9784524252091)   
 
才藤, 栄一, 金田, 嘉清, 冨田, 昌夫, 澤, 俊二, 大塚, 圭, 山田, 将之, 杉山, 智久
金原出版      2015年   (ISBN:9784307750455)   
 
金田, 嘉清
放送大学教育振興会      2013年3月   (ISBN:9784595314186)   

講演・口頭発表等

 
 
Improvement of Shoulder Subluxation after Stroke by Repetitive Peripheral Magnetic Stimulation
13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress   2019年6月9日   
 
The Effects of Gender-Based Segregation during Ambulatory Rehabilitation for Cerebral Infarction Patients
13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress   2019年6月9日   
 
Assembly for Supporting Children with Specialized Care is Needed at Home
13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress   2019年6月9日   
 
OSCEを用いた理学療法士・作業療法士教育における臨床技術評価の標準化
櫻井宏明   岡西哲夫   杉浦令人   本谷郁雄   和田陽介   山田将之   伊藤真美   阿部祐子   冨田昌夫   澤 俊二   寺西利生   金田嘉清   
第29回東海北陸理学療法大会   2013年11月   
 
理学療法士・作業療法士教育における臨床能力評価の標準化に向けて—OSCE教育システムの確立を目指して-
櫻井宏明   岡西哲夫   杉浦令人   本谷郁雄   和田陽介   山田将之   伊藤真美   阿部祐子   冨田昌夫   澤 俊二   寺西利生   金田嘉清   
第48回日本理学療法学術大会   2013年5月   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
卒後初期における理学療法士・作業療法士の臨床技能修得過程の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
金田 嘉清 櫻井 宏明 小山 総市朗 田辺 茂雄 藤村 健太 松田 文浩 渡 哲郎 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
膝伸展における1RMと等尺性最大トルク推定の多角的検証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
金田 嘉清 櫻井 宏明 杉浦 令人 荒井 友章 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
理学療法・作業療法教育のための客観的臨床能力試験(OSCE)
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
金田 嘉清 河野 光伸 櫻井 宏明 
研究期間: 2009年 - 2011年

作成した教科書、教材、参考書

 
 
 

教育方法・教育実践に関する発表、講演等