メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>解剖学Ⅰ
 

医学部 解剖学Ⅰ

研究者リスト >> 野村 隆士
 

最終更新日時:2016/09/20 06:45

編集

野村 隆士

 
アバター
研究者氏名野村 隆士
 
ノムラ リュウジ
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科
職名講師
学位博士(医学)(群馬大学)

研究キーワード

 
細胞膜

研究分野

 
  • 基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学) / 

経歴

 
1998年4月
 - 
2000年3月
日本学術振興会特別研究員
 
1999年4月
 - 
2000年3月
名古屋大学医学部 ポスドク
 
2000年4月
 - 
2002年7月
広島大学医学部 助手
 
2002年8月
   
 
藤田保険衛生大学医学部 講師
 

学歴

 
 
 - 
1999年
群馬大学 医学研究科 生理学系専攻
 

受賞

 
2017年8月
藤田保健衛生大学 藤田保健衛生大学 Excellent Teacher(殿堂入り)
 
2017年8月
藤田保健衛生大学 平成27年度藤田保健衛生大学 Best Teacher of the Year
 
2015年8月
藤田保健衛生大学 平成26年度藤田保健衛生大学 Best Teacher of the Year
 
2014年8月
藤田保健衛生大学 平成25年度藤田保健衛生大学 Best Teacher of the Year
 
1999年
群馬大学大学院医学研究科学術優秀賞
 

論文

 
Atsushi Shimomura, Akiko Iizuka-Kogo, Naoyuki Yamamoto, Ryuji Nomura.
Medical Molecular Morphology   49(2) 119-126   2016年   [査読有り]
Kazuyoshi Sakai, Ryuji Nomura, Yoshimi Hasegawa, Masanori Shinzato, Kazuhiro Nishii, Yoshimitsu Kato, Kouji Yamada.
Okajimas Follia Anat. Jpn.   92(2) 43-47   2015年   [査読有り]
Akiko Iizuka-Kogo, Takao Senda, Tetsu Akiyama, Atsushi Shimomura, Ryuji Nomura, Yoshimi Hasegawa, Ken-ichi Yamamura, Hiroshi Kogo, Nobuhiko Sawai, and Toshiyuki Matsuzaki
Plos One   10(4)    2015年   [査読有り]
Takanori Onouchi, Katsunori Kobayashi, Kazuyoshi Sakai, Atsushi Shimomura, Ron Smits, Chiho Sumi-Ichinose, Masafumi Kurosumi, Keizo Takao, Ryuji Nomura, Akiko Iizuka-Kogo, Hidenori Suzuki, Kazunao Kondo, Tetsu Akiyama, Tsuyoshi Miyakawa, Riccardo Fodde and Takao Senda
Molecular Brain   7(1) 21   2014年3月   [査読有り]
Atsushi Shimomura, Akihiko Takasaki, Ryuji Nomura, Nobuhiro Hayashi, and Takao Senda
Medical Molecular Morphology   46(1) 14-19   2013年1月   [査読有り]
Atsushi Yokoyama, Ryuji Nomura, Masafumi Kurosumi, Atsushi Shimomura, Takanori Onouchi, Akiko Iizuka-Kogo, Ron Smits, Riccardo Fodde, Mitsuyasu Itoh, and Takao Senda
Medical Molecular Morphology   45(3) 161-167   2012年9月   [査読有り]
Atsushi Yokoyama, Ryuji Nomura, Masafumi Kurosumi, Atsushi Shimomura, Takanori Onouchi, Akiko Iizuka-Kogo, Ron Smits, Naohisa Oda, Riccardo Fodde, Mitsuyasu Itoh, and Takao Senda
Medical Molecular Morphology   44(4) 207-212   2011年12月   [査読有り]
Ryuji Nomura, Minami Orii, and Takao Senda
Histochemistry and Cell Biology   135(6) 531-538   2011年1月   [査読有り]
Yoshimi Hasegawa, Kiyotoshi Satoh, Akiko Iizuka-Kogo, Atsushi Shimomura, Ryuji Nomura, Tetsu Akiyama, and Takao Senda
Biochemical and Biophysical Research Communications   362(4) 988-994   2007年11月   [査読有り]
Atsushi Shimomura, Mahito Ohkuma, Akiko Iizuka-Kogo, Kazuyoshi Kohu, Ryuji Nomura, Ei-ichi Miyachi, Tetsu Akiyama and Takao Senda
European Journal of Neuroscience   26(4) 903-912   2007年8月   [査読有り]
Etsuko Suzaki, Ryuji Nomura, Tetsuya Horio, Yoshinobu Mineyuki and Katsuko Kataoka
Histochemistry and Cell Biology   128(2) 175-182   2007年6月   [査読有り]
Ryuji Nomura, Takeo Aoki, Haruo Hagiwara, Takao Senda and Toyoshi Fujimoto
Acta Histochemica et Cytochemica   38(1) 43-52   2005年   [査読有り]
Ryuji Nomura, Asuka Kiyota, Etsuko Suzaki, Katsuko Kataoka, Yoshihide Ohe, Kaoru Miyamoto, Takao Senda, and Toyoshi Fujimoto
Journal of Virology   78(16) 8701-8708   2004年   [査読有り]
Norio Hirano, Ryuji Nomura, Takafumi Tawara, and Kohjiroh Tohyama
Journal of Comparative Pathology   130(1) 58-65   2004年   [査読有り]
Takao Senda and Ryuji Nomura
Archives of Histology and Cytology   66(5) 437-444   2004年   [査読有り]
Atsushi Shimomura, Ryuji Nomura, and Takao Senda
Neuroreport   14(14) 1779-1782   2003年   [査読有り]
Toyoshi Fujimoto, Hiroshi Kogo, Kimiko Ishiguro, Kumi Tauchi, and Ryuji Nomura
Journal of Cell Biology   152(5) 1079-1086   2001年   [査読有り]
Isoforms of caveolin-1 and caveolar structure.
Toyoshi Fujimoto, Hiroshi Kogo, Ryuji Nomura, and Tomoko Une
Journal of Cell Science   113(19) 3509-3517   2000年   [査読有り]
Takeo Aoki, Ryuji Nomura, and Toyoshi Fujimoto
Experimental Cell Research   253(2) 629-636   1999年   [査読有り]
Ryuji Nomura and Toyoshi Fujimoto
Molecular Biology of the Cell   10(4) 975-986   1999年   [査読有り]
Caveolae: from a morphological point of view.
Toyoshi Fujimoto, Haruo Hagiwara, Takeo Aoki, Hiroshi Kogo, and Ryuji Nomura
Journal of Electron Microscopy   47(5) 451-460   1998年   [査読有り]
Ryuji Nomura, Chisato Inuo, Yukiko Takahashi, Tomiko Asano, and Toyoshi Fujimoto
FEBS Letters   415(2) 139-144   1997年   [査読有り]
Sensitive plaque assay and propagation of Chuzan (Kasba) virus, a Palyam serogroup orbivirus, in BHK-21 cells.
Norio Hirano, Takafumi Tawara, Ryuji Nomura, Ayako Imai, Katsuthiko Ono, and Ryoji Yamaguchi
Journal of Veterinary Medicine B   43(6) 333-342   1996年   [査読有り]
Isolation and characterization of sialodacryoadenitis virus (Coronavirus) from rats by established cell line LBC.
Norio Hirano, Katsuhiko Ono, Ryuji Nomura, and Takafumi Tawara
Journal of Veterinary Medicine B   42(3) 147-154   1995年   [査読有り]
加藤祐三,野村隆士
岩石鉱物鉱床学会誌   84(3) 97-103   1989年   [査読有り]
加藤祐三,野村隆士
岩石鉱物鉱床学会誌   83(10) 443-444   1988年   [査読有り]

Misc

 
培養細胞の蛍光抗体法
野村隆士
日本組織細胞化学会編「組織細胞化学2017」   139-146   2017年   [依頼有り]
免疫染色の原理と基礎技術 —初心者が知っておくべきポイント—
千田隆夫,野村隆士,向後晶子,尾之内高慶
日本組織細胞化学会編「組織細胞化学2011」   1-12   2011年   [依頼有り]
切片染色法の基礎から特異的反応評価まで
千田隆夫,野村隆士,向後晶子,尾之内高慶
日本組織細胞化学会編「組織細胞化学2010」   15-28   2010年   [依頼有り]
免疫組織化学の原理と応用
千田隆夫,野村隆士,向後晶子,尾之内高慶
日本組織細胞化学会編「組織細胞化学2009」   1-18   2009年   [依頼有り]
コレステロール依存性ウイルス侵入機構
野村隆士
化学療法の領域   22(8) 1286-1290   2006年   [依頼有り]
野村隆士
日本ウイルス学会誌「ウイルス」   55(1) 19-26   2005年   [依頼有り]
野村隆士
日本顕微鏡学会誌「顕微鏡」   40(2) 131-133   2005年   [依頼有り]
初心者のための免疫電顕法 —その目的ならこの方法で—.
千田隆夫,野村隆士
日本組織細胞化学会編「組織細胞化学2003」   57-75   2003年   [依頼有り]
培養細胞を使った蛍光抗体法の実践的テクニック
野村隆士,向後晶子,千田隆夫
日本組織細胞化学会編「組織細胞化学2003」   25-34   2003年   [依頼有り]
カベオラの機能
野村隆士,向後寛,藤本豊士
病理と臨床   18(8) 853-857   2000年   [依頼有り]
組織化学法の原理と展開(概論)
藤本豊士,向後寛,野村隆士
日本組織細胞化学会編「組織細胞化学2000」   65-73   2000年   [依頼有り]
カベオラとラフト:脂質が担う膜ドメインの形成
藤本豊士,野村隆士,向後寛
細胞工学   18(8) 1155-1161   1999年   [依頼有り]
カベオラとその生物学的役割
藤本豊士,野村隆士,青木武生,向後寛
Bio Clinica   14(2) 184-188   1999年   [依頼有り]
藤本豊士,野村隆士,青木武生,向後寛
膜(Membrane)   24(1) 2-8   1999年   [依頼有り]
細胞膜カベオラの細胞生物学的解析
藤本豊士,向後寛,野村隆士,青木武生
日本皮膚科学会誌   108(12) 1536-1539   1998年   [依頼有り]
Caveolae-caveolin systemと血管内皮細胞
藤本豊士,向後寛,野村隆士
血管と内皮   8(2) 117-123   1998年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Ross組織学 原書第7版
藤本豊士,野村隆士 (担当:共訳, 範囲:核以外の構造)
南江堂   2019年   
Ross組織学
藤本豊士,野村隆士 (担当:共訳, 範囲:核以外の細胞構造)
南江堂   2010年   
染色・バイオイメージング実験ハンドブック
野村隆士,千田隆夫 (担当:分担執筆, 範囲:培養細胞を形態観察するための試料調整法と蛍光抗体法)
羊土社   2006年   
病気と細胞小器官-細胞から病気のしくみを理解する
野村隆士,向後寛,藤本豊士 (担当:分担執筆, 範囲:カベオラの機能)
文光堂   2002年   
最新・分子動脈硬化学
向後寛,野村隆士,藤本豊士 (担当:分担執筆, 範囲:カベオラとカベオリン)
メディカルレビュー社   2000年   

担当経験のある科目

 
  • 人体解剖学実習 (藤田保健衛生大学)
  • 解剖学 (藤田保健衛生大学)
  • 神経解剖実習 (広島大学)
  • 組織学実習 (広島大学)
  • 組織学総論 (広島大学)

所属学協会

 
日本解剖学会 , 日本細胞生物学会 , 日本組織細胞化学会 , 日本獣医学会

Works

 
カベオラの機能と構造に関する研究
1996年

競争的資金等の研究課題

 
上皮細胞間ジャンクションの再編成におけるDLG1の機能解析
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究C
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 向後晶子
ウイルスを載せて『滑走』するラフトの巨大クラスタリングとそのドライビングフォース
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究C
研究期間: 2016年10月 - 2019年3月    代表者: 野村 隆士
細胞膜ドメインの“マクロ”クラスター形成機構とそのドライビングフォースについて
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究C
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 野村隆士
ウイルスを載せたラフトのカベオラへの滑走機構とカベオラ膜輸送の動態解析
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究C 
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 野村隆士
APC蛋白質のC末特異的な新規機能の探索
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究B 
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 千田隆夫
ウイルス感染に利用されるカベオラ膜輸送の動態解析
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究C
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 野村隆士
胎生マウス初期後腎の尿管芽分岐に関わる因子の網羅的解析
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究C
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 長谷川義美
Wntシグナル系制御因子APC,ICATの細胞分化・形態形成への関与
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究B
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 千田隆夫
細胞膜コレステロールに依存するウイルス侵入機構の動態解析 —特にヒトコロナウイルスの侵入機構について
文部科学省: 科学研究費補助金 特定領域研究 感染と宿主応答
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 野村隆士
ウイルス感染におけるラフト・カベオラの機能と細胞内シグナル応答について
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究C
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月    代表者: 野村隆士
細胞組織の構築における細胞骨格の役割
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究C
研究期間: 2001年4月 - 2005年3月    代表者: 片岡勝子
細胞膜コレステロールに依存するウイルス侵入機構の動態解析 —特にヒトコロナウイルスの侵入機構について
文部科学省: 科学研究費補助金 特定領域研究 感染と宿主応答
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 野村隆士
細胞膜カベオラのクラスター形成機構とその機能分担の解析
文部科学省: 科学研究費 若手研究B
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 野村隆士
細胞膜カベオラに局在するカルレティキュリンについて
文部科学省: 特別研究員奨励費
研究期間: 1998年4月 - 2000年3月    代表者: 野村隆士

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 
 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 

その他教育活動上特記すべき事項