メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 
> 医学部 

医学部

研究者リスト >> 村田 貴之
 

最終更新日時:

編集

村田 貴之

 
アバター
研究者氏名村田 貴之
 
ムラタ タカユキ
所属藤田医科大学
部署医学部 ウイルス・寄生虫学
職名教授
学位博士(医学)(名古屋大学)
その他の所属名古屋大学大学院医学系研究科 Graduate School of Medicine
J-Global ID200901055677433687

研究キーワード

 
EBウイルス ,B型肝炎ウイルス ,新型コロナウイルス ,遺伝子機能解析 ,エピジェネティックス ,転写 ,RNAメチル化 ,ウイルス複製 ,がん化 ,感染様式 ,再活性化 ,溶解感染 ,潜伏感染

研究分野

 
  • ライフサイエンス / ウイルス学 / 
  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学 / 

経歴

 
2017年9月
 - 
現在
藤田医科大学医学部  教授 
 
2013年5月
 - 
2017年9月
名古屋大学大学院医学系研究科 准教授   
 
2007年7月
 - 
2013年4月
愛知県がんセンター研究所 研究員   
 
2006年4月
 - 
2007年6月
マギル大学 博士研究員   
 
2002年4月
 - 
2006年3月
京都大学ウイルス研究所 博士研究員   
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2002年3月
名古屋大学 医学系研究科 
 
1992年4月
 - 
1998年3月
東京大学 農学部 獣医学科
 

受賞

 
2013年11月
日本ウイルス学会, 日本ウイルス学会杉浦奨励賞
 
2013年10月
日本癌学会, 日本癌学会奨励賞
 

論文

 
 
Hironori Nishitsuji   Satoko Iwahori   Mariko Ohmori   Kunitada Shimotohno   Takayuki Murata   
mBio   e0097122   2022年7月
Patients with severe coronavirus disease 2019 tend to have high levels of proinflammatory cytokines, which eventually lead to cytokine storm and the development of acute respiratory distress syndrome. However, the detailed molecular mechanisms of ...
 
Takeshi Suzuki   Yoshitaka Sato   Yusuke Okuno   Fumi Goshima   Tadahisa Mikami   Miki Umeda   Takayuki Murata   Takahiro Watanabe   Koichi Watashi   Takaji Wakita   Hiroshi Kitagawa   Hiroshi Kimura   
Communications biology   5(1) 694-694   2022年7月
Herpes simplex virus type 1 (HSV-1) is a ubiquitous pathogen that causes various diseases in humans, ranging from common mucocutaneous lesions to severe life-threatening encephalitis. However, our understanding of the interaction between HSV-1 and...
 
Yuya Hara   Takahiro Watanabe   Masahiro Yoshida   H M Abdullah Al Masud   Hiromichi Kato   Tomohiro Kondo   Reiji Suzuki   Shutaro Kurose   Md Kamal Uddin   Masataka Arata   Shouhei Miyagi   Yusuke Yanagi   Yoshitaka Sato   Hiroshi Kimura   Takayuki Murata   
Journal of virology   e0051822   2022年7月
Protein-protein interactions (PPIs) are crucial for various biological processes. Epstein-Barr virus (EBV) proteins typically form complexes, regulating the replication and persistence of the viral genome in human cells. However, the role of EBV p...
 
Kondo Satoru   Okuno Yusuke   Murata Takayuki   Dochi Hirotomo   Wakisaka Naohiro   Mizokami Harue   Moriyama-Kita Makiko   Kobayashi Eiji   Kano Makoto   Komori Takeshi   Hirai Nobuyuki   Ueno Takayoshi   Nakanishi Yosuke   Endo Kazuhira   Sugimoto Hisashi   Kimura Hiroshi   Yoshizaki Tomokazu   
CANCER SCIENCE   113(7) 2446-2456   2022年7月   [査読有り]
Nasopharyngeal carcinoma (NPC) is caused by infection with Epstein-Barr virus (EBV) and endemic in certain geographic regions. EBV lytic gene, BALF2, closely associates with viral reactivation and BALF2 gene variation, the H-H-H strain, causes NPC...
 
Yoshitaka Sato   Masahiro Yaguchi   Yusuke Okuno   Hanako Ishimaru   Ken Sagou   Somi Ozaki   Takeshi Suzuki   Tomoki Inagaki   Miki Umeda   Takahiro Watanabe   Masahiro Fujimuro   Takayuki Murata   Hiroshi Kimura   
Cell communication and signaling : CCS   20(1) 95-95   2022年6月
BACKGROUND: Viruses must adapt to the environment of their host cells to establish infection and persist. Diverse mammalian cells, including virus-infected cells, release extracellular vesicles such as exosomes containing proteins and miRNAs, and ...

MISC

 
 
村田貴之   木村宏   
血液内科   81(5) 593-598   2020年11月   [招待有り]
 
村田 貴之   木村 宏   
血液内科   71(2) 181-186   2015年8月   [招待有り]

講演・口頭発表等

 
 
村田貴之   
第4回児童遺伝性疾病及造血幹細胞移植フォーラム   2021年9月26日   [招待有り]
 
村田貴之   
環境バイオテクノロジー学会   2021年9月3日   [招待有り]
 
村田貴之   木村宏   
第63回日本ウイルス学会学術集会 日沼頼夫メモリアルシンポジウム   2015年11月   [招待有り]
 
村田貴之   
平成26年度北海道大学遺伝子制御研究所研究集会「感染、免疫、炎症、発癌」   2014年7月3日   北海道大学遺伝子制御研究所   [招待有り]

担当経験のある科目(授業)

 
2013年4月
 - 
現在
ウイルス・寄生虫学

所属学協会

 
 
   
 
American Society for Microbiology
 
   
 
日本ウイルス学会
 
   
 
日本癌学会
 
   
 
藤田医科大学医学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
EBV感染・がん化機構解明のための多分野連携研究
日本医療研究開発機構: 新興・再興感染症研究基盤創生事業(多分野融合研究領域)
研究期間: 2020年6月 - 2023年3月
 
EBVテグメントタンパク質による不完全溶解感染の制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
村田 貴之 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
レポーターHBVを駆使したHBV複製解析および創薬研究
日本医療研究開発機構: 感染症実用化研究事業(肝炎等克服実用化研究事業)
下遠野 邦忠 
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月
 
新規臨床データと革新的技術の融合で読み解くEBウイルス再活性化
日本医療研究開発機構: 感染症研究革新イニシアティブ(J-PRIDE)
村田 貴之 
研究期間: 2017年8月 - 2020年3月
 
EBV未解明遺伝子の同定と機能解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月

その他

 
 
    
Publonsに記載。
 
 
①EBVの大腸菌内遺伝子組み換え
②CRISPR/Cas9によるEBVのゲノム編集
*本研究シーズに関する産学共同研究の問い合わせは藤田医科大学産学連携推進セン
ター(fuji-san@fujita-hu.ac.jp)まで