メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 教養 

医学部 教養

研究者リスト >> 中野 高志
 

最終確認日時:

編集

中野 高志

 
アバター
研究者氏名中野 高志
 
ナカノ タカシ
URLhttps://nakano-lab.github.io/
所属藤田医科大学
部署医学部
職名准教授
学位博士(理学)(NAIST)
J-Global ID201001070039507320

プロフィール

強化学習の神経機構について、分子、細胞、神経ネットワークレベルで脳を多階層モデル化し、コンピュータ上で脳をつくることで理解しようと取り組んでいます。特に神経生物学実験の経験を生かして生物学的に妥当な詳細なモデルを構築することで、強化学習がどのようにして脳で実装されているのかを研究しています。また、様々な研究機関と共同研究を行い脳神経活動などのデータを機械学習などの手法を用いて解析をすることで、脳の仕組みを研究しています。

研究キーワード

 
大脳基底核 ,ニューロインフォマティクス ,計算論的神経科学 ,電気生理学 ,計算論的精神医学 ,ドーパミン ,シミュレーション ,機械学習 ,うつ病 ,強化学習 ,シナプス可塑性

研究分野

 
  • 情報通信 / 数理情報学 / 
  • ライフサイエンス / 精神神経科学 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 
  • 情報通信 / 生命、健康、医療情報学 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
藤田医科大学 医学部 医学科 情報科学 准教授 
 
2017年5月
 - 
2020年3月
奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 数理情報学 特任准教授 
 
2016年3月
 - 
2017年4月
広島大学 医歯薬保健学研究院(医)神経生物学 助教 
 
2014年10月
 - 
2016年2月
沖縄科学技術大学院大学 神経生物学研究ユニット スタッフサイエンティスト 
 
2010年4月
 - 
2014年9月
沖縄科学技術大学院大学 神経生物学研究ユニット 研究員 
 

学歴

 
 
 - 
2010年
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 
 
 
 - 
2005年
大阪大学 基礎工学部 
 

委員歴

 
2020年1月
 - 
現在
日本神経科学学会  情報基盤整備委員会 委員
 
2018年
 - 
2018年
日本神経回路学会 第28回全国大会 プログラム委員
 
2011年12月
 - 
2011年12月
日本神経回路学会  第21回全国大会 実行委員
 

受賞

 
2009年
情報処理学会 バイオ情報学研究会 学生奨励賞
 

論文

 
 
Wanpeng Cui   Tomomi Aida   Hikaru Ito   Kenta Kobayashi   Yusaku Wada   Shigeki Kato   Takashi Nakano   Meina Zhu   Kaoru Isa   Kazuto Kobayashi   Tadashi Isa   Kohichi Tanaka   Hidenori Aizawa   
The Journal of Neuroscience   2020年8月   [査読有り]
 
Atsuo Yoshino   Yasumasa Okamoto   Yuki Sumiya   Go Okada   Masahiro Takamura   Naho Ichikawa   Takashi Nakano   Chiyo Shibasaki   Hidenori Aizawa   Yosuke Yamawaki   Kyoko Kawakami   Satoshi Yokoyama   Junichiro Yoshimoto   Shigeto Yamawaki   
Frontiers in human neuroscience   14 165-1652020年   [査読有り]
Human habenula studies are gradually advancing, primarily through the use of functional magnetic resonance imaging (fMRI) analysis of passive (Pavlovian) conditioning tasks as well as probabilistic reinforcement learning tasks. However, no studies...
 
Takashi Nakano   Masahiro Takamura   Naho Ichikawa   Go Okada   Yasumasa Okamoto   Makiko Yamada   Tetsuya Suhara   Shigeto Yamawaki   Junichiro Yoshimoto   
Frontiers in psychiatry   11 400-4002020年   [査読有り]
Resting-state fMRI has the potential to help doctors detect abnormal behavior in brain activity and to diagnose patients with depression. However, resting-state fMRI has a bias depending on the scanner site, which makes it difficult to diagnose de...
 
Takanori Matsubara   Takayuki Yanagida   Noriaki Kawaguchi   Takashi Nakano   Junichiro Yoshimoto   Satoshi P. Tsunoda   Shin-ichiro Horigane   Shuhei Ueda   Sayaka Takemoto-Kimura   Hideki Kandori   Akihiro Yamanaka   Takayuki Yamashita   
BioRxiv   2019年10月   
 
Xinjian Zhang   Taku Nagai   Rijwan Uddin Ahammad   Keisuke Kuroda   Shinichi Nakamuta   Takashi Nakano   Naoto Yukinawa   Yasuhiro Funahashi   Yukie Yamahashi   Mutsuki Amano   Junichiro Yoshimoto   Kiyofumi Yamada   Kozo Kaibuchi   
Neurochemistry international   122 8-182019年1月   [査読有り]
Medium spiny neurons (MSNs) expressing dopamine D1 receptor (D1R) or D2 receptor (D2R) are major components of the striatum. Stimulation of D1R activates protein kinase A (PKA) through Golf to increase neuronal activity, while D2R stimulation inhi...

MISC

 
 
Takashi Nakano   Catherine Chin   David Mo Aung Myint   Eng Wui Tan   Peter John Hale   John N. J. Reynolds   Jeff Wickens   Keshav M. Dani   
2014 CONFERENCE ON LASERS AND ELECTRO-OPTICS (CLEO)   2014年   
The development of fast and robust chemical delivery systems is important step for nanomedicine. We demonstrate on-demand, sub-second, controlled release of a neuromodulator by applying femtosecond laser pulse trains to robust, liposome structures.
 
中野 高志   吉本 潤一郎   Jeff Wickens   銅谷 賢治   
情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学   2009(16) 1-82009年5月   
線条体は大脳基底核の入力部であり,皮質からグルタミン酸,黒質からドーパミンの投射を受けている.それらの入力から引き起こされるカルシウム変化およびドーパミン強度自身によって皮質線条体間のシナプス強度が変化することが報告されているが,その入力タイミングの依存性についてはまだほとんど分かっていない.線条体シナプスのタイミング依存可塑性の背後にあるカルシウム変化のメカニズムを明確にするために,現実的な形態を備えた線条体ニューロンモデルを構築し,スパイクタイミングに依存する細胞内カルシウム濃度変化を...
 
中野 高志   土居 智和   吉本 潤一郎   銅谷 賢治   
情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学   2007(60) 55-622007年6月   
大脳基底核線条体はドーパミンの投射を受けており,その強度によって大脳皮質と線条体間のシナプス伝達効率が調節される.本研究では,このシナプス可塑性を実現している細胞内シグナル伝達機構を解明するために,その動力学モデルを構築し,様々な条件下における細胞の応答をシミュレーションによって予測した.また,そのモデルが持つ力学的特性の解析を行ったその結果,PKAおよびDARPP-32がドーパミンおよびカルシウム依存性シナプス可塑性において必須の分子であり,特に,CK1-Cdk5-D75経路はカルシウム...

担当経験のある科目(授業)

 
2020年4月
 - 
現在
情報処理の基礎 (藤田医科大学)
 
   
 
人体の構造 (広島大学)
 
   
 
情報生命学特論 (奈良先端科学技術大学院大学)
 
   
 
計算神経科学 (奈良先端科学技術大学院大学)
 
   
 
神経解剖学 (広島大学)

所属学協会

 
 
   
 
北米神経科学学会
 
   
 
日本神経回路学会
 
   
 
日本神経科学学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
線条体神経回路における多細胞・多階層相互作用の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
中野 高志 
研究期間: 2020年4月 - 2024年3月
 
研究期間: 2020年2月
 
ストレス対処行動におけるモノアミン制御経路の障害と回復
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
相澤 秀紀 相田 知海 田中 光一 崔 万鵬 伊藤 日加瑠 Kasaragod Deepa Kamath 野崎 香菜子 中野 高志 齊木 愛希子 
研究期間: 2014年7月 - 2019年3月
 
ストレスによる持続性ドーパミン変化における外側手綱核の役割
文部科学省: 科学研究費補助金(若手B)
中野高志 
研究期間: 2017年 - 2019年