メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 教養 

医学部 教養

研究者リスト >> 中野 高志
 

最終確認日時:

編集

中野 高志

 
アバター
研究者氏名中野 高志
 
ナカノ タカシ
URLhttps://nakano-lab.github.io/
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科
職名准教授
学位博士(理学)(NAIST)
その他の所属医学部 医学情報教育推進室, 精神・神経病態解明センター
J-Global ID201001070039507320

プロフィール

強化学習の神経機構について、コンピュータ上で脳をつくることで理解しようと取り組んでいます。特に神経生物学実験の経験を生かして生物学的に妥当な詳細なモデルを構築することで、強化学習がどのようにして脳で実装されているのかを研究しています。また、様々な研究機関と共同研究を行い脳神経活動などのデータをデータサイエンスの手法を用いて解析をすることで、脳や精神疾患の理解を目指しています。

研究キーワード

 
計算論的神経科学 ,計算論的精神医学 ,ニューロインフォマティクス ,強化学習 ,機械学習 ,シミュレーション ,ドーパミン ,大脳基底核

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 
  • ライフサイエンス / 精神神経科学 / 
  • 情報通信 / 数理情報学 / 
  • 情報通信 / 生命、健康、医療情報学 / 

経歴

 
2021年4月
 - 
現在
藤田医科大学 精神・神経病態解明センター 計算科学部門  
 
2020年4月
 - 
現在
藤田医科大学 医学部 医学情報教育推進室 副室長 
 
2020年4月
 - 
現在
藤田医科大学 医学部 医学科 情報生命科学 准教授 
 
2017年5月
 - 
2020年3月
奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 数理情報学 特任准教授 
 
2016年3月
 - 
2017年4月
広島大学 医歯薬保健学研究院(医)神経生物学 助教 
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2010年3月
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 
 
2001年4月
 - 
2005年3月
大阪大学 基礎工学部 
 

委員歴

 
2020年1月
 - 
現在
日本神経科学学会  情報基盤整備委員会 委員
 
2020年
 - 
2021年
第51回日本神経精神薬理学会  プログラム委員
 
2020年
 - 
2021年
第43回日本生物学的精神医学会  プログラム委員
 
2018年
 - 
2018年
日本神経回路学会 第28回全国大会 プログラム委員
 
2011年12月
 - 
2011年12月
日本神経回路学会  第21回全国大会 実行委員
 

受賞

 
2009年
情報処理学会 バイオ情報学研究会 学生奨励賞
 

論文

 
 
Takashi Nakano   Masahiro Takamura   Takahiro A. Kato   Shin-ichi Kano   
Frontiers in Psychiatry   13    2022年12月
 
Yukie Yamahashi   You-Hsin Lin   Akihiro Mouri   Sho Iwanaga   Kazuhiro Kawashima   Yuya Tokumoto   Yo Watanabe   Md Omar Faruk   Xinjian Zhang   Daisuke Tsuboi   Takashi Nakano   Naoaki Saito   Taku Nagai   Kiyofumi Yamada   Kozo Kaibuchi   
Molecular psychiatry      2022年6月   [査読有り]
Acetylcholine is a neuromodulator critical for learning and memory. The cholinesterase inhibitor donepezil increases brain acetylcholine levels and improves Alzheimer's disease (AD)-associated learning disabilities. Acetylcholine activates striata...
 
Takashi Nakano   Shakila B. Rizwan   David M. A. Myint   Jason Gray   Sean M. Mackay   Paul Harris   Christopher G. Perk   Brian I. Hyland   Ruth Empson   Eng Wui Tan   Keshav M. Dani   John NJ Reynolds   Jeffery R. Wickens   
Pharmaceutics   14(2) 468-468   2022年2月   [査読有り]
Drug delivery systems have the potential to deliver high concentrations of drug to target areas on demand, while elsewhere and at other times encapsulating the drug, to limit unwanted actions. Here we show proof of concept in vivo and ex vivo test...
 
Takashi Nakano   Masahiro Takamura   Haruki Nishimura   Maro G Machizawa   Naho Ichikawa   Atsuo Yoshino   Go Okada   Yasumasa Okamoto   Shigeto Yamawaki   Makiko Yamada   Tetsuya Suhara   Junichiro Yoshimoto   
NeuroImage   245 118733-118733   2021年11月   [査読有り]
Neurofeedback (NF) aptitude, which refers to an individual's ability to change brain activity through NF training, has been reported to vary significantly from person to person. The prediction of individual NF aptitudes is critical in clinical app...
 
Paul Rossener Regonia   Masahiro Takamura   Takashi Nakano   Naho Ichikawa   Alan Fermin   Go Okada   Yasumasa Okamoto   Shigeto Yamawaki   Kazushi Ikeda   Junichiro Yoshimoto   
Frontiers in Psychiatry   12 780997-780997   2021年11月   [査読有り]
Our current understanding of melancholic depression is shaped by its position in the depression spectrum. The lack of consensus on how it should be treated—whether as a subtype of depression, or as a distinct disorder altogethe—interferes with the...

MISC

 
 
松原崇紀   柳田健之   河口範明   中野高志   瀬崎真衣子   滝澤仁   山中章弘   山下貴之   山下貴之   
日本生理学雑誌(Web)   83(2)    2021年
 
酒井翠   高村真広   岡田剛   岡本泰昌   山脇成人   丸野由希   中野高志   吉本潤一郎   
電子情報通信学会技術研究報告   118(322(NC2018 22-27)(Web)) 1 (WEB ONLY)   2018年11月   
 
酒井 翠   中野 高志   丸野 由希   岡田 剛   高村 真広   岡本 泰昌   山脇 成人   吉本 潤一郎   
情報処理学会関西支部支部大会講演論文集   2018 3p   2018年   
 
Takashi Nakano   Catherine Chin   David Mo Aung Myint   Eng Wui Tan   Peter John Hale   John N. J. Reynolds   Jeff Wickens   Keshav M. Dani   
2014 CONFERENCE ON LASERS AND ELECTRO-OPTICS (CLEO)      2014年   
The development of fast and robust chemical delivery systems is important step for nanomedicine. We demonstrate on-demand, sub-second, controlled release of a neuromodulator by applying femtosecond laser pulse trains to robust, liposome structures.
 
中野 高志   吉本 潤一郎   Wickens Jeff   
電子情報通信学会技術研究報告   109(53) 103-110   2009年5月

書籍等出版物

 
 
藤原, 幸一, 久保, 孝富, 山川, 俊貴, 伊藤, 健史, 中野, 高志, 吉本, 潤一郎, 松尾, 剛行, 藤田, 卓仙, 桐山, 瑤子
コロナ社   2021年7月   (ISBN:9784339033816)
 
Springer   2009年9月3日   (ISBN:9783642042737)

担当経験のある科目(授業)

 
2022年
 - 
現在
アセンブリIII (藤田医科大学)
2022年
 - 
現在
医学統計学 (藤田医科大学)
2021年
 - 
現在
Neuroscience Course (藤田医科大学大学院)
2021年
 - 
現在
読書ゼミナール (藤田医科大学)
2021年
 - 
現在
基礎データサイエンス (藤田医科大学)

所属学協会

 
 
   
 
北米神経科学学会
 
   
 
日本神経回路学会
 
   
 
日本神経科学学会
 
   
 
人工知能学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
線条体神経回路における多細胞・多階層相互作用の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
中野 高志 
研究期間: 2020年4月 - 2024年3月
 
研究期間: 2020年2月
 
ストレス対処行動におけるモノアミン制御経路の障害と回復
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
相澤 秀紀 相田 知海 田中 光一 崔 万鵬 伊藤 日加瑠 Kasaragod Deepa Kamath 野崎 香菜子 中野 高志 齊木 愛希子 
研究期間: 2014年7月 - 2019年3月
 
ストレスによる持続性ドーパミン変化における外側手綱核の役割
文部科学省: 科学研究費補助金(若手B)
中野高志 
研究期間: 2017年 - 2019年

学術貢献活動

 
 
企画立案・ 運営等・査読
Frontiers in Psychiatry 2021年11月 - 現在

その他

 
 
① レーザーとリポソームを用いた薬物投与法
*本研究シーズに関する産学共同研究の問い合わせは藤田医科大学産学連携推進センター(fuji-san@fujita-hu.ac.jp)まで