メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 研究推進本部> オープンファシリティーセンター 

共同利用研究設備サポートセンター

研究者リスト >> 藤井 多久磨
 

最終確認日時:

編集

藤井 多久磨

 
アバター
研究者氏名藤井 多久磨
 
フジイ タクマ
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 産婦人科学
職名教授
学位医学博士(慶應義塾大学)
J-Global ID200901003765483759

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 産婦人科学 / 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
藤田医科大学 研究支援推進本部 共同利用研究設備サポートセンター 副センター長 
 
2013年4月
 - 
現在
藤田医科大学 医学部 産婦人科学 講座教授 
 
2016年3月
 - 
2019年3月
藤田学園共同利用研究施設  副施設長 
 
2015年2月
 - 
2016年1月
藤田医科大学病院  副院長 
 
2005年4月
   
 
慶應義塾大学医学部産婦人科専任講師   
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1995年3月
慶應義塾大学医学部大学院  
 
1981年4月
 - 
1987年3月
慶應義塾大学 医学部 
 

委員歴

 
2021年8月
 - 
現在
日本癌治療学会  代議員
 
2021年7月
 - 
現在
I.F.C.P.C (The International Federation of Cervical Pathology and Colposcopy)  理事
 
2020年2月
 - 
現在
日本婦人科ロボット手術学会  理事
 
2017年6月
 - 
現在
日本産科婦人科内視鏡学会  常務理事
 
2015年6月
 - 
現在
日本臨床細胞学会  理事
 

論文

 
 
Fumitaka Ito   Hiroyuki Nomura   Masayuki Ito   Kazuya Takahashi   Takuma Fujii   Shinya Hayashi   
European Journal of Gynaecological Oncology   43(5) 100-103   2022年10月   [査読有り]
Although concurrent chemoradiotherapy (CCRT) is an effective treatment for advanced cervical cancer, its use in advanced cervical cancer with a pedunculated cervical leiomyoma remains challenging. The prognosis of recurrent cervical cancer is poor...
 
Kiriko Kotani   Aya Iwata   Iwao Kukimoto   Eiji Nishio   Takeji Mitani   Tetsuya Tsukamoto   Ryoko Ichikawa   Hiroyuki Nomura   Takuma Fujii   
Scientific Reports   12(1) 16231   2022年9月
Abstract

Cervical cancer is the fourth most common cancer in women worldwide. Although cytology or HPV testing is available for screening, these techniques have their drawbacks and optimal screening methods are still being developed. Here, we sou...
 
Hikari Yoshizawa   Haruki Nishizawa   Hidehito Inagaki   Keisuke Hitachi   Akiko Ohwaki   Yoshiko Sakabe   Mayuko Ito   Kunihiro Tsuchida   Takao Sekiya   Takuma Fujii   Hiroki Kurahashi   
Journal of clinical medicine   11(15)    2022年8月
BACKGROUND: FLT1 is one of the significantly overexpressed genes found in a pre-eclamptic placenta and is involved with the etiology of this disease. METHODS: We conducted genome-wide expression profiling by RNA-seq of placentas from women with pr...
 
Yoshiko Sakabe   Haruki Nishizawa   Asuka Kato   Yoshiteru Noda   Akiko Ohwaki   Hikari Yoshizawa   Takema Kato   Takao Sekiya   Takuma Fujii   Hiroki Kurahashi   
Fujita medical journal   8(3) 96-101   2022年8月   [査読有り]
Objectives: Alterations in the vaginal bacterial flora reflect the status of various obstetric conditions and are associated with mechanisms that underlie certain pregnancy-associated complications. These changes are also a predictive biomarker fo...
 
Michiyasu Miki   Yoshihiro Imaeda   Hiroshi Takahashi   Aya Iwata   Tetsuya Tsukamoto   Hiroyuki Nomura   Kiriko Kotani   Takeji Mitani   Ryoko Ichikawa   Takuma Fujii   
International Journal of Clinical Oncology      2021年12月   [査読有り]
<title>Abstract</title><sec>
<title>Background</title>
As the population ages in developed countries, the number of Pap smears for cervical cancer screening of older women is increasing. There is concern that cervical atrophy may cause misinterp...

MISC

 
 
藤井多久磨   
細胞診専門医会会報   58 12-13   2022年8月
 
藤井 多久磨   
臨床婦人科産科   76(8) 800-806   2022年8月
<文献概要>●子宮頸がん検診では,HPV検査のほうが細胞診より感度がよいが特異度が劣る.●細胞診陰性だがHPV陽性例の前がん病変進展のリスクが注目を集めている.●HPVワクチンと検診で子宮頸がん予防の相乗効果が期待できる.●HPV単独検査陽性例のトリアージでは細胞診が活用されているが,細胞診免疫染色法も期待される手法の1つである.
 
藤井 多久磨   
日本臨床細胞学会雑誌   61(4) 227-237   2022年7月   [招待有り]
子宮頸がんはアジア、アフリカに多いことから、これらの地域においてヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの普及が第一に望まれる。HPVワクチンはHPV感染率の減少、コンジローマの減少、CIN2+の減少の報告を踏まえ、浸潤がんの減少が報告された。接種率の上昇とともに集団免疫効果の報告もみられた。世界では3回接種から2回接種へとシフトし、1回接種の検証も始まっている。一方、わが国においては定期接種となったものの、その直後に積極的勧奨の中止が宣言された。HPVワクチンの認知度が接種世代に低いこと...
 
 
藤井多久磨   
週刊日本医事新報   5112 52-52   2022年4月

書籍等出版物

 
 
藤井多久磨(担当:単著)
メジカルビュー社   2022年3月10日   (ISBN:9784758321334)
 
藤井多久磨(担当:分担執筆, 範囲:巻頭トピックス5 子宮頸がん検診とワクチン)
南江堂   2021年12月23日   (ISBN:4524230564)
 
市川亮子, 藤井多久磨(担当:分担執筆, 範囲:妊娠中の円錐切除術)
メジカルビュー社   2021年3月   (ISBN:9784758319850)
 
藤井多久磨(担当:分担執筆, 範囲:ヒトパピローマウイルス(HPV)ジェノタイプ判定)
医学書院   2021年1月   (ISBN:9784260042871)
 
藤井多久磨(担当:共著)
メジカルビュー社   2021年1月   (ISBN:9784758319973)

講演・口頭発表等

 
 
藤井多久磨   
群馬産科婦人科学会・群馬県産婦人科医会 令和4年度 第2回(第177回)集談会 特別講演   2022年11月19日   群馬産科婦人科学会・群馬県産婦人科医会/MSD株式会社(共催)   [招待有り]
 
中島葉月   大脇晶子   伊藤真友子   市川亮子   宮村浩徳   仲村 勝   西澤春紀   藤井多久磨   
第45回日本産婦人科手術学会   2022年11月12日   
 
市川亮子   仲村 勝   髙木淳一   大脇晶子   野村弘行   西尾永司   西澤春紀   藤井多久磨   
第45回日本産婦人科手術学会   2022年11月11日   
 
磯村くるみ   市川亮子   等々力彩   髙田恭平   大脇晶子   仲村 勝   野村弘行   塚本徹哉   藤井多久磨   
第61回日本臨床細胞学会秋期大会   2022年11月6日   
 
藤井多久磨   
第61回日本臨床細胞学会秋期大会   2022年11月5日   [招待有り]

所属学協会

 
 
   
 
The International Gynecologic Cancer Society
 
   
 
日本周産期・新生児医学会
 
   
 
日本生殖医学会
 
   
 
日本性感染症学会
 
   
 
日本臨床腫瘍学会

Works(作品等)

 
 
藤井多久磨   
2022年6月 - 現在   Web Service

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
環境因子に着目した子宮頸部発がん機序の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
藤井 多久磨 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
マイクロRNAを用いた子宮頸がんの分子診断開発と分子標的薬への治療応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
藤井 多久磨 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
癌特異的mRNA再スプライシング現象から探る遺伝子発現系の秩序維持と大規模破綻
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
前田 明 藤井 多久磨 白木 良一 恵美 宣彦 
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月
 
子宮頸部発癌の分子機構解明とその結果の臨床応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
藤井 多久磨 高柳 淳 岩田 卓 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 
若年女性がん患者の妊孕性温存に関する意思決定支援統合ケアモデルの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
小松 浩子 森 明子 矢ヶ崎 香 藤井 多久磨 中村 幸代 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月

社会貢献活動

 
 
【講師】
共催:岡崎市医師会・MSD株式会社 第1回予防接種協力医講演会 2021年7月14日 - 2021年7月14日
 
【講師】
愛知産科婦人科学会、愛知県産婦人科医会 女性の健康広場in名古屋 健康美人セミナー 2018年3月3日

その他

 
 
miRNAの発現レベルを利用した婦人科がんの診断技術(関連知財あり、日本特許出願済))
本研究シーズに関する産学共同研究の問い合わせは藤田医科大学産学連携推進センター(fuji-san@fujita-hu.ac.jp)まで。