メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター

医学部 精神神経科学

研究者リスト >> 岸 太郎
 

最終更新日時:2015/09/16 08:46

編集

岸 太郎

 
アバター
研究者氏名岸 太郎
 
キシ タロウ
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/40536801.ja.html
所属藤田医科大学
部署医学部
職名准教授
学位医学博士(藤田保健衛生大学大学院)
その他の所属精神神経科学
J-Global ID201501010851874820

研究キーワード

 
エスシタロプラム ,大うつ病性障害と ,無作為割付試験 ,パロキセチン徐放製剤

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 精神神経科学 / 

経歴

 
2018年4月
   
 
藤田医科大学 医学部 准教授, 
 

学歴

 

委員歴

 

受賞

 

論文

 
 
Taro Kishi   Kenji Sakuma   Ikuo Nomura   Yuki Matsuda   Kazuo Mishima   Nakao Iwata   
The international journal of neuropsychopharmacology   22(11) 698-709   2019年11月   [査読有り]
BACKGROUND: This systematic review and meta-analysis included double-blind, randomized, placebo-controlled trials of brexpiprazole adjunctive treatment (0.5-3 mg/d) for major depressive disorder where antidepressant treatment had failed. METHODS: ...
 
Nguyen L   Kakeda S   Katsuki A   Sugimoto K   Otsuka Y   Ueda I   Igata R   Watanabe K   Kishi T   Iwata N   Korogi Y   Yoshimura R   
European archives of psychiatry and clinical neuroscience   269(7) 785-794   2019年10月   [査読有り]
Vascular endothelial growth factor (VEGF) is involved in the development of major depressive disorder (MDD). Recently, a genome-wide association study has revealed that four VEGF-related single nucleotide polymorphisms (SNPs) (i.e., rs4416670, rs6...
 
Kishi T   Sakuma K   Okuya M   Ninomiya K   Oya K   Kubo M   Matsui Y   Nomura I   Okuyama Y   Matsunaga S   Iwata N   
Neuropsychopharmacology reports   39(3) 252-255   2019年9月   [査読有り]
 
Taro Kishi   Toshikazu Ikuta   Yuki Matsuda   Nakao Iwata   
Neuropsychopharmacology reports   39(3) 256-259   2019年9月   [査読有り]
OBJECTIVE: It is unknown whether there are differences in efficacy and safety between quetiapine extended-release, 300 mg/d (QUEXR300), and olanzapine, 5-20 mg/d (OLA), for Japanese patients with bipolar depression. METHODS: We conducted a Bayesia...
 
Kazuto Oya   Kenji Sakuma   Satoru Esumi   Yasuhiko Hashimoto   Masakazu Hatano   Yuki Matsuda   Yuki Matsui   Nobumi Miyake   Ikuo Nomura   Makoto Okuya   Nakao Iwata   Masaki Kato   Ryota Hashimoto   Kazuo Mishima   Norio Watanabe   Taro Kishi   
Neuropsychopharmacology reports   39(3) 241-246   2019年9月   [査読有り]
AIM: Whether patients with adult bipolar disorder (BD) who have been clinically stabilized with lithium or lamotrigine should continue this medication is not established fully. This systematic review and meta-analysis evaluated the efficacy and sa...

MISC

 
 
岸 太郎   久保 桃子   岩田 仲生   
睡眠医療   11(1) 43-50   2017年4月   
目的:われわれは、原発性不眠症に対する国内承認用量のスボレキサントの有用性(有効性と安全性)を評価するため、二重盲検無作為化プラセボ比較試験の系統的レビューとメタ解析を行った。方法:電子データベース(PubMed、Cochrane Library、PsycINFO)を用い、2015年6月27日時点までの文献を検索した。有効性の主要評価項目は、1ヵ月目の主観的総睡眠時間と主観的睡眠潜時とした。副次評価項目は、その他の有効性を評価する項目、治療中断率、個々の有害事象の出現率とした。リスク比、n...
 
松井 佑樹   岸 太郎   岩田 仲生   
薬局   67(12) 3209-3214   2016年11月   
<Key Points>抗精神病薬には明らかな再発予防効果があり、長期間の内服継続が望ましい。そのために良好なアドヒアランスを維持することが重要である。初発精神病性障害の第一選択薬としては第二世代抗精神病薬(SGAs)が望ましい。SGAsのうち、どの抗精神病薬を選択するかについては、患者個別の要因を十分に吟味する。抗精神病薬の投与は低用量から行うことが望ましい。治療反応がみられない場合や効果不十分な場合には副作用に注意をしながら至適用量まで増量を検討する。抗精神病薬の治療効果の判定には2〜...
 
松永 慎史   岸 太郎   安江 一朗   岩田 仲生   
Dementia Japan   30(4) 577-577   2016年10月   
 
松井 佑樹   松田 勇紀   岸 太郎   岩田 仲生   
日本神経精神薬理学会年会プログラム・抄録集   46回 161-161   2016年7月   
 

書籍等出版物

 

講演・口頭発表等

 

担当経験のある科目(授業)

 

所属学協会

 

Works(作品等)

 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 

産業財産権

 

学術貢献活動

 

社会貢献活動

 

メディア報道

 

その他

 

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 

教育方法・教育実践に関する発表、講演等