メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター研究統括監理部
> 医学部> 基礎> 生理学Ⅰ 

医学部 生理学Ⅰ

研究者リスト >> 亀山 俊樹
 

最終確認日時:2021/09/14 12:25

編集

亀山 俊樹

 
アバター
研究者氏名亀山 俊樹
 
 
URLhttp://www.fujita-hu.ac.jp/~tkame
所属藤田医科大学
部署医学部 生理学 I
職名講師
学位博士(理学)(名古屋大学)
科研費研究者番号60298544
ORCID ID0000-0002-7348-7572
J-Global ID200901005394038415

プロフィール

神経細胞の分化機構を研究しています。
 

研究キーワード

 
視床下部 ,ノックアウトマウス ,神経回路形成 ,RNA-seq ,,スプライシング ,神経幹細胞 ,GFP ,共焦点顕微鏡 ,NZF ,神経分化 ,増殖 ,Zinc Finger ,胚性腫瘍細胞 ,転写制御因子 ,過剰発現実験 ,分化 ,神経前駆細胞

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 神経細胞分化
  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学 / 
  • ライフサイエンス / 細胞生物学 / 
  • ライフサイエンス / 発生生物学 / 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / スプライシング機構

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
藤田医科大学 医学部 生理学 I 講師 
 
2016年4月
 - 
現在
中京学院大学 看護学部 非常勤講師(兼務) 
 
2018年10月
 - 
2020年3月
藤田医科大学 総合医科学研究所遺伝子発現機構学研究部門 助教 
 
2007年
 - 
2018年10月
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所遺伝子発現機構学研究部門  助教 
 
1997年4月
 - 
2007年
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所応用細胞学研究部門  助手 
 

論文

 
 
Otani, Yuta   Fujita, Ken-ichi   Kameyama, Toshiki   Mayeda, Akila   
International Journal of Molecular Sciences   22(12) 6519   2021年6月   [査読有り]
 
Kentaro Tsukamoto   Naoaki Shinzawa   Akito Kawai   Masahiro Suzuki   Hiroyasu Kidoya   Nobuyuki Takakura   Hisateru Yamaguchi   Toshiki Kameyama   Hidehito Inagaki   Hiroki Kurahashi   Yasuhiko Horiguchi   Yohei Doi   
Nature communications   11(1) 3571-3571   2020年7月   [査読有り]
Pathogenic bacteria of the genus Bartonella can induce vasoproliferative lesions during infection. The underlying mechanisms are unclear, but involve secretion of an unidentified mitogenic factor. Here, we use functional transposon-mutant screenin...
 
Huey-Huey Chua   Toshiki Kameyama   Akila Mayeda   Te-Huei Yeh   
International Journal of Molecular Science   20(3) 773   2019年2月   [査読有り]
 
Akihiro Abe   Yukiya Yamamoto   Akira Katsumi   Akinao Okamoto   Masutaka Tokuda   Yoko Inaguma   Kiyoko Yamamoto   Masamitsu Yanada   Tadaharu Kanie   Akihiro Tomita   Yoshiki Akatsuka   Masataka Okamoto   Toshiki Kameyama   Akila Mayeda   Nobuhiko Emi   
International Journal of Hematology   108(2) 208-212   2018年8月   [査読有り]
© 2017, The Japanese Society of Hematology. Variant chromosomal translocations associated with t(8;21) are observed in 3–4% of acute myeloid leukemia (AML) cases with a RUNX1–RUNX1T1 fusion gene. However, the molecular events that occur in variant...
 
飴本剛之介   亀山俊樹   日下守   前田明   白木良一   
藤田学園医学会誌   42(1) 37-40   2018年   [査読有り]

MISC

 
 
安部 明弘   山本 幸也   岡本 晃直   入山 智沙子   徳田 倍将   稲熊 容子   蟹江 匡治   冨田 章裕   赤塚 美樹   岡本 昌隆   亀山 俊樹   前田 明   恵美 宣彦   
臨床血液   59(9) 1642-1642   2018年9月   
 
Abe Akihiro   Yamamoto Yukiya   Okamoto Akinao   Tokuda Masutaka   Inaguma Yoko   Yanada Masamitsu   Kanie Tadaharu   Tomita Akihiro   Akatsuka Yoshiki   Okamoto Masataka   Kameyama Toshiki   Maeda Akira   Emi Nobuhiko   
臨床血液   58(9) 1603-1603   2017年9月   
 
Abe Akihiro   Mizuta Shuichi   Yamamoto Yukiya   Okamoto Akinao   Iba Sachiko   Tokuda Masutaka   Inaguma Yoko   Yanada Masamitsu   Morishima Satoko   Kanie Tadaharu   Tomita Akihiro   Akatsuka Yoshiki   Okamoto Masataka   Kameyama Toshiki   Maeda Akira   Emi Nobuhiko   
臨床血液   57(9) 1704-1704   2016年9月   
 
Abe Akihiro   Yamamoto Yukiya   Okamoto Akinao   Tokuda Masutaka   Inaguma Yoko   Yamamoto Kiyoko   Yanada Masamitsu   Morishima Satoko   Kanie Tadaharu   Mizuta Syuichi   Akatsuka Yoshiki   Okamoto Masataka   Kameyama Toshiki   Mayeda Akila   Emi Nobuhiko   
臨床血液   56(9) 1540-1540   2015年9月   
 
亀山俊樹   前田明   
ファルマシア   51(1) 22-26   2015年1月   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
亀山俊樹(担当:分担執筆)
2009年1月      
 
亀山俊樹(担当:共著, 範囲:プレキシン ファミリー)
羊土社   1996年2月      

講演・口頭発表等

 
 
EJCが癌特異的な成熟 mRNA再スプライシングを抑制する:mRNAの品質管理に関わる新たな EJCの役割
大谷 勇太   亀山 俊樹   Peter Venhuizen   Maria Kalyna   前田 明   
【ワークショップ】真核生物におけるストレスに応答した遺伝子発現制御とその破綻に伴う老化および疾患 第42回日本分子生物学会年会   2019年12月5日   
 
EJC CORE REPRESSES CANER-SPECIFIC MATURE mRNA RE-SPLICING: EJC AS A SIGNAL TO TERMINATE SPLICING
Yuta Ohtani   ○Toshiki Kameyama   Peter Venhuizen   Maria Kalyna   Akila Mayeda   
Cold Spring Harbor Laboratory Meeting “EUKARYOTIC mRNA PROCESSING”   2019年8月20日   
 
Cancer specific aberrant mRNA re-splicing and its repressors: What are the splicing termination mechanisms destroyed in cancer cells?
亀山俊樹   
招待セミナー、ウィーン天然資源・生命科学大学(ウィーン農科大学)応用遺伝学・細胞生物学科   2019年2月27日   
 
がん抑制遺伝子RBM4aはがん細胞特異的成熟mRNA再スプライシングを抑制する
亀山俊樹   
第77回日本癌学会学術総会   2018年9月27日   
 
がん抑制因子RBM4aはがん細胞特異的成熟mRNA再スプライシングを抑制する: mRNA品質保証の鍵となる因子か?
亀山俊樹   福村和宏   井上邦夫   廣瀬哲郎   前田明   
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)   2017年12月6日   

担当経験のある科目(授業)

 
2021年4月
 - 
現在
Human Biology (藤田医科大学医学部)
2021年4月
 - 
現在
読書ゼミナール (藤田医科大学医学部)
2020年
 - 
現在
人体の生理(実習) (藤田医科大学医学部)
 
   
 
発生遺伝学 (中京学院大学看護学部)
 
   
 
疾病・治療概論 (中京学院大学看護学部)

所属学協会

 
2008年
 - 
2020年3月
日本RNA学会
 
   
 
日本癌学会
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
Society for Neuroscience
 
   
 
日本神経科学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
成熟mRNA再スプライシングの癌細胞生物学的悪性化に対する広範な影響の解析
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
亀山俊樹 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
癌に関わるコーディング・エクソン内のスプライシング「エキシトロン」の全貌に迫る
日本学術振興会/Austrian Science Fund (FWF): 二国間交流事業 オーストリアとの共同研究
前田 明 Maria Kalyna(オーストリア 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月
 
関節拘縮を呈するNZF-2/-3二重変異マウスを用いた神経回路形成機構の解析
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
松下 文雄 
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月
 
成熟mRNA再スプライシングに由来する癌細胞特異的異常転写産物の網羅的探索と制御機構の解析
公益財団法人愛知県がん研究振興会: 第41回(平成28年度)がんその他の悪性新生物研究助成
亀山俊樹 
研究期間: 2016年8月 - 2017年3月
 
成熟mRNA再スプライシングに由来する癌細胞特異的異常転写産物の網羅的探索と制御機構の解析
公益財団法人愛知県がん研究振興会: 第40回(平成27年度)がんその他の悪性新生物研究助成金
亀山俊樹 
研究期間: 2015年8月 - 2016年3月

学歴

 
1992年4月
 - 
1997年3月
名古屋大学大学院 理学研究科 生物学専攻
 
1988年4月
 - 
1992年3月
東北大学 理学部 生物学科
 

学術貢献活動

 
 
企画立案・ 運営等
藤田学園医学会 2020年1月 - 2020年10月
 

メディア報道

 
 
中日新聞   2012年6月   [新聞・雑誌]

その他

 
 
その他教育活動上特記すべき事項