メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索総合医科学研究所>システム医科学
 

総合医科学研究所 システム医科学

研究者リスト >> 宮川 剛
 

最終確認日時:

編集

宮川 剛

 
アバター
研究者氏名宮川 剛
 
Miyakawa Tsuyoshi
URLhttp://www.fujita-hu.ac.jp/~smedsci/
所属藤田医科大学
部署総合医科学研究所 システム医科学
職名教授
学位博士(心理学)(東京大学), 修士(東京大学), 学士(東京大学)
科研費研究者番号10301780
ORCID ID0000-0003-0137-8200

プロフィール

<p>遺伝子改変マウスの表現型解析を通じて、遺伝子・脳・行動の関係を研究しています。また、精神疾患様の表現型を示すマウスの脳を調べることにより、精神疾患の発症メカニズムの研究も行っています。<br /> 私たちの研究室では大学院生を募集しています。一研究室に助教以上のスタッフが私も含めて5人おり、現状では院生はゼロですので、学生/教員 ratioは他に比べて圧倒的に良いです。研究経験豊富なスタッフによって、きめ細やかで重点的な指導を行うことができます。<br /> ツイッター:@tsuyomiyakawa</p>

研究キーワード

 
包括脳ネットワーク・リソース・技術開発委員会 , 包括脳ネットワーク・データベース委員会 , 包括脳ネットワーク , 作業記憶 , 行動 , マウス , 双極性気分障害 , 海馬 , 歯状回 , 画像解析システム , gene-drivenミュータジェネシス法 , 網羅的行動テストバッテリー , 立直り反射 , ホームケージ , 情動的行動 , ミュ-タントマウス , 恐怖反応 , 攻撃行動 , 脳・神経 , ゲノム , 探索欲求 , 社会的行動 , 精神疾患 , 行動学 , 遺伝子改変マウス , 遺伝子 , 統合失調症 , 統合脳・病態脳

研究分野

 
  • Life sciences / Neuroscience - general / Neuroscience
  • Life sciences / Neuroscience - general / Neuroscience
  • Humanities & social sciences / Experimental psychology / Experimental Psychology

学歴

 
1995年4月
 - 
1997年3月
東京大学大学院 人文社会系研究科博士課程 
 
1993年4月
 - 
1997年3月
University of Tokyo Department of Psychology, Graduate School of Humanities and Sociology 
 
1993年4月
 - 
1995年3月
東京大学大学院 人文科学研究科修士課程 
 
1991年4月
 - 
1993年3月
東京大学 文学部 
 
1989年4月
 - 
1993年3月
University of Tokyo Department of Psychology, Faculty of Letters 
 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
藤田医科大学(大学の名称変更による) 総合医科学研究所 システム医科学研究部門 教授
 
2007年4月
 - 
現在
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 システム医科学研究部門 教授
 
2007年9月
 - 
2017年3月
自然科学研究機構 生理学研究所 行動様式解析室 客員教授 室長
 
2003年4月
 - 
2007年3月
京都大学医学研究科 先端領域融合医学研究機構 助教授
 
2001年4月
 - 
2003年3月
米国 マサチューセッツ工科大学 ピコワー学習・記憶センター 主任研究員
 

論文

 
Atsuki Kawamura, Yuta Katayama, Masaaki Nishiyama, Hirotaka Shoji, Kota Tokuoka, Yoshifumi Ueta, Mariko Miyata, Tadashi Isa, Tsuyoshi Miyakawa, Akiko Hayashi-Takagi, Keiichi I Nakayama
Human molecular genetics      2020年3月   [査読有り]
Mutations in the gene encoding the chromatin remodeler CHD8 are strongly associated with autism spectrum disorder (ASD). CHD8 haploinsufficiency also results in autistic phenotypes in humans and mice. Although myelination defects have been observe...
Toru Miwa, Kunimasa Ohta, Naofumi Ito, Satoko Hattori, Tsuyoshi Miyakawa, Toru Takeo, Naomi Nakagata, Wen-Jie Song, Ryosei Minoda
Molecular brain   13(1) 29-29   2020年3月   [査読有り]
Tsukushi (TSK)-a small, secreted, leucine-rich-repeat proteoglycan-interacts with and regulates essential cellular signaling cascades. However, its functions in the mouse inner ear are unknown. In this study, measurement of auditory brainstem resp...
Tsuyoshi Miyakawa
Molecular brain   13(1) 24-24   2020年2月   [査読有り]
A reproducibility crisis is a situation where many scientific studies cannot be reproduced. Inappropriate practices of science, such as HARKing, p-hacking, and selective reporting of positive results, have been suggested as causes of irreproducibi...
Hirotaka Shoji, Tsuyoshi Miyakawa
Neuropsychopharmacology reports      2019年12月   [査読有り]
AIMS: Restraint stress is one of the most widely used experimental methods for generating rodent models of stress-induced neuropsychiatric disorders, such as depression and anxiety. Although various types of restraint apparatuses have been used to...
Hagihara H, Horikawa T, Irino Y, Nakamura HK, Umemori J, Shoji H, Yoshida M, Kamitani Y, Miyakawa T
Molecular brain   12(1) 107-107   2019年12月   [査読有り]

MISC

 
宮川 剛, 小清水 久嗣
週刊 医学界新聞   (3308) 3   2019年2月
宮川 剛, 昌子浩孝
日本基礎心理学会 監修/坂上貴之, 河原純一郎, 木村英司, 三浦佳世, 行場次朗, 石金浩史 編 朝倉書店      2018年7月
萩原 英雄, 昌子 浩孝, 宮川 剛
日本薬理学雑誌 = Folia pharmacologica Japonica : くすりとからだ : ファーマコロジカ   148(4) 168-175   2016年10月

書籍等出版物

 
真鍋 俊也, 森 寿, 渡辺 雅彦, 岡野 栄之, 宮川 剛 (担当:共編者(共編著者))
羊土社   2013年3月   ISBN:4758120404
森 寿, 真鍋 俊也, 渡辺 雅彦, 岡野 栄之, 宮川 剛
羊土社   2006年3月   ISBN:4897064996
羊土社   2000年6月   ISBN:4897066468

受賞

 
2016年10月
日本学術振興会 審査委員表彰
 
2016年7月
Association for the Study of Neurons and Diseases (AND) AND Investigator Award
 
2011年8月
Association for the Study of Neurons and Diseases Molecular Brain Award 2011
 
2011年1月
Elsevier Neuroscience Research Top Reviewer 2009-2010
 
2010年2月
Research Foundation for Opt-Science and Technology: Hiruma-Wagner Award
 

担当経験のある科目(授業)

 
  • 2012年9月 分子生命科学特別講義 大学院生・4年生 (九州大学理学部)
  • 2011年9月 分子生命科学特別講義 大学院生・4年生 (九州大学大学院システム生命科学府)
  • 2011年11月 生物学特論Ⅵ 学部学生 (名古屋大学 理学部)
  • 2011年10月 精神・行動 4学年 (藤田保健衛生大学医学部)
  • 2011年6月 特別講義 大学院生 (久留米大学医学研究科)

所属学協会

 
American College of Neuropsychopharmacology , 日本神経化学会 , 日本神経精神薬理学会 , Association for the Study of Neurons and Diseases , Society for Neuroscience

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2016年4月 - 2022年3月
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2013年 - 2017年
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2010年4月 - 2016年3月

講演・口頭発表等

 
小林三和子, 三宅牧子, 本宮真, 高雄啓三, 幸田敏明, 宮川剛, 松岡一郎
日本薬学会年会要旨集   2012年3月5日   
竹内啓喜, 井上治久, 樋口真人, 高雄啓三, 月田香代子, 唐津歓子, 岩本由美子, 宮川剛, 須原哲也, 高橋良輔
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   2012年   
渡邉彰大, 小河匡, 高雄啓三, 友永省三, 平林義雄, 宮川剛, 古屋茂樹
日本アミノ酸学会学術大会講演要旨集   2011年11月4日   
千田隆夫, 尾之内高慶, 唐沢延幸, 一瀬千穂, 高雄啓三, 近藤一直, 宮川剛
解剖学雑誌   2011年6月1日   
森下裕貴, 吉岡靖雄, 吉岡靖雄, 吉岡靖雄, 高雄啓三, 高雄啓三, 山下浩平, 東阪和馬, 藤村真穂, PAN Huiyan, 小椋健正, 長野一也, 阿部康弘, 鎌田春彦, 鎌田春彦, 角田慎一, 角田慎一, 鍋師裕美, 伊藤徳夫, 吉川友章, 宮川剛, 宮川剛, 堤康央, 堤康央, 堤康央
J Toxicol Sci   2011年6月   

委員歴

 
2018年11月
 - 
現在
日本神経精神薬理学会  理事
 
2018年11月
 - 
現在
The Japanese Society of Neuropsychopharmacology  Member of the board of directors
 
2018年1月
 - 
現在
日本神経精神薬理学会  Neuropsychopharmacology Reports 編集長
 
2017年7月
 - 
現在
Molecular Brain  Editor-in-Chief
 
2014年3月
 - 
現在
(株)ジーンクエスト  社外アドバイザー/倫理委員会・委員
 

産業財産権

 
西 昭徳, 小林 克典, 宮川 剛, グリーンガード,ポール
大西 新, 南本 敬史, 永井 裕司, 須原 哲也, 宮川 剛, 萩原 英雄
ガーバー, デイビッド ジェイ, カライオーゴー, マリア, 宮川 剛, トネガワ, ススム

その他

 
2018年9月   トップ1%査読者(神経科学&行動) Publons 2018
https://publons.com/author/167865/tsuyoshi-miyakawa#profile
産学連携活動、利益相反など。
田辺三菱製薬、アステラス製薬、住友化学、富山化学などの製薬企業との精神疾患研究関連の共同研究あり。
Editorial board member of the journals listed below.
Molecular Brain (Associate Editor)
European Journal of Neuroscience
Frontiers of Behavioral Neuroscience
Journal of Visualized Experiments
Editorial board member of the journals listed below.
Molecular Brain
European Journal of Neuroscience
Frontiers of Behavioral Neuroscience
BMC Neuroscience
Journal of Visualized Experiments
教育方法・教育実践に関する発表、講演等
2006年〜
マウスの行動実験の方法のムービーをJournal of Visualized Experimentsにムービー論文(査読付き)として出版し、行動実験の学習を容易にするための活動を行なっている。