メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター研究統括監理部
> 研究推進本部> 医科学研究センター> 遺伝子発現機構学 

総合医科学研究所 遺伝子発見機構学

研究者リスト >> 福村 和宏
 

最終確認日時:2016/09/08 11:57

編集

福村 和宏

 
アバター
研究者氏名福村 和宏
 
 
URL
所属藤田医科大学
部署総合医科学研究所 遺伝子発現機構学研究部門
職名講師
学位博士(理学)(神戸大学)
科研費研究者番号80622117
J-Global ID201501008881227956

プロフィール

pre-mRNA splicing 制御機構の研究を行っています。

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 

経歴

 
2021年10月
 - 
現在
藤田医科大学 総合医科学研究所 遺伝子発現機構学研究部門 講師   
 
2015年8月
 - 
2021年9月
藤田医科大学 総合医科学研究所 遺伝子発現機構学 助教 
 
2011年11月
 - 
2015年7月
ライフテクノロジーズ (現サーモフィッシャーサイエンティフィック)  Field Application Scientist 
 
2011年4月
 - 
2012年10月
神戸大学理学部生物学科  博士研究員 
 
2009年8月
 - 
2011年3月
ペンシルバニア大学医学部 博士研究員   
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
神戸大学大学院 自然科学研究科 生命機構科学 博士課程修了
 

受賞

 
2021年10月
第53回藤田医科大学医学会優秀演題
 

論文

 
 
Kazuhiro Fukumura   Julian P. Venables   A. Mayeda   
MOLECULAR & CELLULAR ONCOLOGY      2021年11月
The early splicing complex A occupies at least eighty nucleotides of intron, in which U2AF covers the polypyrimidine tract. SPF45 (RBM17) functionally substitutes for U2AF on a subset of short introns. Since SPF45 expression confers resistance to ...
 
Hoshino Daisuke   Hisamori Kato   Kazuhiro Fukumura   Akila Mayeda   Yohei Miyagi   Motoharu Seiki   Naohiko Koshikawa   
Cancer science      2021年10月   [査読有り]
Laminins are heterotrimeric ECM proteins composed of α, β, and γ chains. The γ2 chain (Lm-γ2) is a frequently expressed monomer and its expression is closely associated with cancer progression. Laminin-γ2 contains an epidermal growth factor (EGF)-...
 
Kazuhiro Fukumura   Rei Yoshimoto   Luca Sperotto   Hyun-Seo Kang   Tetsuro Hirose   Kunio Inoue   Michael Sattler   Akila Mayeda   
Nature communications   12(1) 4910-4910   2021年8月
Human pre-mRNA introns vary in size from under fifty to over a million nucleotides. We searched for essential factors involved in the splicing of human short introns by screening siRNAs against 154 human nuclear proteins. The splicing activity was...
 
Shintaro Muraoka   Kazuhiro Fukumura   Megumi Hayashi   Naoyuki Kataoka   Akila Mayeda   Daisuke Kaida   
International journal of molecular sciences   21(22)    2020年11月   [査読有り]
Pre-mRNA splicing is an essential mechanism for ensuring integrity of the transcriptome in eukaryotes. Therefore, splicing deficiency might cause a decrease in functional proteins and the production of nonfunctional, aberrant proteins. To prevent ...
 
Fukumura K   Yoshimoto R   Hirose T   Inoue K   Mayeda A   
bioRxiv   784868   2019年9月   

書籍等出版物

 
 
福村和宏(担当:共著, 範囲:「スプライシングと抗がん剤耐性」)
2021年12月   
 
福村 和宏(担当:共著, 範囲:mRNA前駆体スプライシングの精度を保つ未知の機構を探る)
羊土社   2016年12月      
 
福村 和宏(担当:共著, 範囲:エキソン認識と選択的スプライシング制御の分子メカニズム)
蛋白質 核酸 酵素   2009年12月      

講演・口頭発表等

 
 
Fukumura K, Yoshimoto R, Hirose T, Inoue K, Mayeda A   
The 24th Annual Meeting of the RNA Society, Kraków, Poland. 2019   2019年   [招待有り]
 
Kazuhiro Fukumura, Rei Yoshimoto, Tetsuro Hirose, Kunio Inoue, Akila Mayeda   
第42回日本分子生物学会   2019年   [招待有り]
 
Kameyama T, Fukumura K, Nakatani M, Ohtani Y, Inoue K, Hirose T, Mayeda A   
Cold Spring Harbor Asia Conference: RNA Biology, Dushu Lake Conference Hotel, Suzhou, China. 2018   2018年   
 
Fukumura K, Mayeda A   
Gordon Research Conference: Post-Transcriptional Gene Regulation, Jordan Hotel at Sunday River, Newry, Maine, U.S.A. 2018   2018年   
 
Fukumura K, Yoshimoto R, Hirose T, Inoue K, Mayeda A   
The 23th Annual Meeting of the RNA Society, University of California–Berkeley, Berkeley, California, U.S.A. 2018   2018年   

担当経験のある科目(授業)

 
2021年4月
 - 
現在
スチューデントリサーチャープログラム (藤田医科大学)
2021年3月
 - 
現在
医学演習III (藤田医科大学)
2020年4月
 - 
現在
生命科学特論I (藤田医科大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本RNA学会
 
   
 
日本分子生物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
抗がん剤耐性を打破するmRNAスプライシング制御ペプチドの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
福村 和宏 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
Pre-mRNAスプライシング制御機構から解明する新しい抗がん剤耐性獲得メカニズム
公益財団法人 愛知県がん研究振興会: 第46回(2021年度)研究助成金
福村 和宏 
研究期間: 2021年4月 - 2022年3月
 
研究期間: 2020年11月 - 2021年11月
 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
mRNAスプライシングに作用して効果を発揮する新規抗がん剤の開発
公益財団法人 堀科学芸術振興財団: 第28回研究費補助事業(医学系)
福村 和宏 
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月

社会貢献活動

 
 
【運営参加・支援】
藤田医科大学 総合医科学研究所 2019年
 

その他

 
 
特になし
 
 
ヒトの新規スプライシング因子として再発見されたSPF45の抗がん多剤耐性への関与機構の解析、 *本研究シーズに関する産学共同研究の問い合わせは藤田医科大学産学連携推進セン ター(fuji-san@fujita-hu.ac.jp)まで