メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 基礎> 微生物学 

医学部 微生物学

研究者リスト >> 港 雄介
 

最終確認日時:2021/09/15 10:05

編集

港 雄介

 
アバター
研究者氏名港 雄介
 
ミナト ユウスケ
URLhttp://www.fujita-hu.ac.jp/~microb/index.html
所属藤田医科大学
部署医学部
職名講師
学位博士(薬学)(岡山大学)
科研費研究者番号10836620
ORCID ID0000-0002-0888-8564
J-Global ID201801013224197104

研究キーワード

 
抗菌薬創薬 ,抗菌薬相互作用 ,病原細菌 ,細菌代謝 ,結核 ,非結核性抗酸菌(NTM) ,機能ゲノム解析 ,薬剤耐性 ,コレラ ,ペスト

研究分野

 
  • ライフサイエンス / ゲノム生物学 / 
  • ライフサイエンス / 薬系衛生、生物化学 / 
  • ライフサイエンス / 細菌学 / 

経歴

 
2019年10月
 - 
現在
藤田医科大学 医学部 医学科 講師 
 
2013年4月
 - 
2019年9月
ミネソタ大学 医学部 博士研究員 
 
2009年9月
 - 
2013年2月
オレゴン州立大学 獣医学部 博士研究員 
 
2008年6月
 - 
2009年9月
カルフォルニア大学 ロサンゼルス校 医学部 博士研究員 
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2008年3月
岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 
 
2003年4月
 - 
2005年3月
岡山大学 大学院自然科学研究科 
 
1999年4月
 - 
2003年3月
岡山大学 薬学部 総合薬学科
 

論文

 
 
Shintaro Kusaka   Kazuki Yamamoto   Motoko Shinohara   Yusuke Minato   Satoshi Ichikawa   
Bioorganic & medicinal chemistry   73 117011-117011   2022年9月
The total synthesis of capuramycin (1), which is a promising anti-tubercular antibiotics, has been accomplished using Ferrier-type I reaction as a key step. This total synthesis is an alternative approach to the synthesis of capuramycin and its an...
 
Malcolm S Cole   Michael D Howe   Joseph A Buonomo   Sachin Sharma   Elise A Lamont   Scott I Brody   Neeraj K Mishra   Yusuke Minato   Joshua M Thiede   Anthony D Baughn   Courtney C Aldrich   
Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)      2022年6月
Tuberculosis (TB) is a leading source of infectious disease mortality globally. Antibiotic-resistant strains comprise an estimated 10% of new TB cases and present an urgent need for novel therapeutics. β-lactam antibiotics have traditionally been ...
 
Shintaro Kusaka   Kazuki Yamamoto   Motoko Shinohara   Yusuke Minato   Satoshi Ichikawa   
Bioorganic & medicinal chemistry   65 116744-116744   2022年4月
It is important to understand and control the biologically active conformation in medicinal chemistry. Muraymycins and caprazamycins, which are strong inhibitors of MraY, are promising antibacterial agents with a novel mode of action. Focusing on ...
 
Joshua M Thiede   Nicholas A Dillon   Michael D Howe   Ranee Aflakpui   Samuel J Modlin   Sven E Hoffner   Faramarz Valafar   Yusuke Minato   Anthony D Baughn   
mBio   e0043921   2022年2月
Pyrazinamide (PZA) plays a crucial role in first-line tuberculosis drug therapy. Unlike other antimicrobial agents, PZA is active against Mycobacterium tuberculosis only at low pH. The basis for this conditional drug susceptibility remains undefin...
 
Yuki Arimura   Yusuke Minato   Takayuki Wada   Masaaki Nakayama   Ayako Ryumon   Nao Hirata   Chie Nakajima   Yasuhiko Suzuki   Manabu Ato   Kazuo Kobayashi   Naoko Ohara   Seiji Iida   Naoya Ohara   
Microbiology and immunology   66(1) 10-14   2021年9月
Mycobacterium tuberculosis, the causative agent of tuberculosis, possess flavin-dependent thymidylate synthase, ThyX. Since thyX is absent in humans and was shown to be essential for M. tuberculosis normal growth, ThyX is thought to be an attracti...

担当経験のある科目(授業)

 
2020年4月
 - 
現在
アセンブリ2 (藤田医科大学)
2020年4月
 - 
現在
読書ゼミナール (藤田医科大学)
2019年10月
 - 
現在
細菌・真菌と感染 (藤田医科大学)

所属学協会

 
 
   
 
american society for microbiology
 
   
 
ゲノム微生物学会
 
   
 
日本細菌学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
デュアル・エフェクトにより殺菌作用を発揮する新規抗結核薬の標的同定
公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金: 
御手洗聡 市川聡 佐藤綾人 Eric Rubin Courtney Aldrich Anthony Baughn 
研究期間: 2021年7月 - 2023年6月
 
非結核性抗酸菌症治療薬創出のための標的検証
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 創薬総合支援事業(創薬ブースター)
研究期間: 2021年4月 - 2022年3月
 
コエンザイム A 生合成経路を標的とした抗結核薬の開発
武田科学振興財団: 医学系研究 助成 <感染領域>
研究期間: 2020年10月 - 2022年3月

その他

 
 
https://51018037.wixsite.com/website
 
 
作用機序未同定の抗菌活性を有する化合物ライブラリー。非結核性抗酸菌症および結核の治療薬候補の探索を目的に、我々独自の方法で化合物の再評価および作用機序解明を実施したい。

*本研究シーズに関する産学共同研究の問い合わせは藤田医科大学産学連携推進セン
ター(fuji-san@fujita-hu.ac.jp)まで