メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター研究統括監理部

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 
> 医学部 

医学部

研究者リスト >> 土井 洋平
 

最終更新日時:

編集

土井 洋平

 
アバター
研究者氏名土井 洋平
 
ドイ ヨウヘイ
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 微生物学講座・感染症科
職名教授
学位分子病態内科学(名古屋大学)
その他の所属University of Pittsburgh School of Medicine
J-Global ID201701005117405993

研究キーワード

 
感染症学 ,臨床微生物学 ,細菌学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 細菌学 / 
  • ライフサイエンス / 感染症内科学 / 

経歴

 
2021年2月
 - 
現在
ピッツバーグ大学医学部 感染症内科 教授   
 
2018年4月
 - 
現在
藤田医科大学医学部 感染症科 教授 
 
2017年4月
 - 
現在
藤田医科大学医学部 微生物学講座 教授 
 
2016年2月
 - 
2021年1月
ピッツバーグ大学医学部 感染症内科 アソシエートプロフェッサー 
 
2008年7月
 - 
2016年1月
ピッツバーグ大学医学部 感染症内科 アシスタントプロフェッサー 
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2004年3月
名古屋大学 医学部医学研究科 
 
1992年4月
 - 
1998年3月
名古屋大学 医学部 
 

委員歴

 
2013年12月
 - 
現在
Antibacterial Resistance Leadership Group  Gram-Negative Committee
 
2018年10月
 - 
2021年10月
Infectious Diseases Society of America  IDWeek Program Committee
 
2019年6月
 - 
2021年6月
American Society for Microbiology  ASM Microbe Program Committee
 

論文

 
 
Siyuan Feng   Wanfei Liang   Jiachen Li   Yong Chen   Dianrong Zhou   Lujie Liang   Daixi Lin   Yaxin Li   Hui Zhao   Huihui Du   Min Dai   Li-Na Qin   Fan Bai   Yohei Doi   Lan-Lan Zhong   Guo-Bao Tian   
Emerging microbes & infections   11(1) 1236-1249   2022年12月
The global dissemination of the mobilized colistin resistance gene, mcr-1, threatens human health. Recent studies by our group and others have shown that the withdrawal of colistin as a feed additive dramatically reduced the prevalence of mcr-1. A...
 
Rafael Canton   Yohei Doi   Patricia J Simner   
Expert review of anti-infective therapy   1-18   2022年5月
INTRODUCTION: Carbapenem-resistant (CR) Pseudomonas aeruginosa infections constitute a serious clinical threat globally. Patients are often critically ill and/or immunocompromised. Antibiotic options are limited and are currently centered on beta-...
 
Siyuan Feng   Zhuoxing Wu   Wanfei Liang   Xin Zhang   Xiujuan Cai   Jiachen Li   Lujie Liang   Daixi Lin   Nicole Stoesser   Yohei Doi   Lan-Lan Zhong   Yan Liu   Yong Xia   Min Dai   Liyan Zhang   Xiaoshu Chen   Jian-Rong Yang   Guo-Bao Tian   
Molecular biology and evolution   39(5)    2022年5月
The antibiotic resistance crisis continues to threaten human health. Better predictions of the evolution of antibiotic resistance genes could contribute to the design of more sustainable treatment strategies. However, comprehensive prediction of a...
 
Kentaro Tsukamoto   Kayo Kumadaki   Kaoru Tatematsu   Natsumi Suzuki   Yohei Doi   
mSphere   7(2) e0008122   2022年4月
Bartonella bacilliformis is a Gram-negative bacterial pathogen that provokes pathological angiogenesis and causes Carrion's disease, a neglected tropical disease restricted to South America. Little is known about how B. bacilliformis facilitates v...
 
Yoshiharu Ohno   Kota Aoyagi   Kazumasa Arakita   Yohei Doi   Masashi Kondo   Sumi Banno   Kei Kasahara   Taku Ogawa   Hideaki Kato   Ryota Hase   Fumihiro Kashizaki   Koichi Nishi   Tadashi Kamio   Keiko Mitamura   Nobuhiro Ikeda   Atsushi Nakagawa   Yasuko Fujisawa   Akira Taniguchi   Hirotaka Ikeda   Hidekazu Hattori   Kazuhiro Murayama   Hiroshi Toyama   
Japanese journal of radiology      2022年4月
PURPOSE: Using CT findings from a prospective, randomized, open-label multicenter trial of favipiravir treatment of COVID-19 patients, the purpose of this study was to compare the utility of machine learning (ML)-based algorithm with that of CT-de...

MISC

 
 
藤垣英嗣   竹村正男   大澤道子   藤田孝   水谷謙明   酒井好美   土井洋平   秋山秀彦   畑忠善   斉藤邦明   斉藤邦明   
医学と薬学   78(3)    2021年
 
藤垣英嗣   竹村正男   大澤道子   櫻井亜樹   佐々木俊治   稲葉正人   伊藤亮太   仲本賢太郎   瀬戸孝一   藤田孝   畑忠善   秋山秀彦   土井洋平   齋藤邦明   
臨床化学   49    2020年
 
鈴木 匡弘   土井 洋平   荒川 宜親   
日本細菌学雑誌   75(1) 61-61   2020年1月   
 
稲葉 正人   土井 洋平   荒川 宜親   
日本細菌学雑誌   75(1) 144-144   2020年1月   
 
飯島 杏奈   鈴木 匡弘   土井 洋平   川村 久美子   荒川 宜親   
日本臨床微生物学会雑誌   29(Suppl.1) 439-439   2018年12月   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
感染症学 (藤田医科大学)
 
   
 
微生物学 (藤田医科大学)
 
   
 
医学微生物学 (ピッツバーグ大学)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2014年3月 - 2025年3月
 
MECHANISMS OF CEFIDEROCOL RESISTANCE
National Institutes of Health: 
研究期間: 2020年3月 - 2022年2月
 
研究期間: 2018年6月 - 2021年5月