メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 内科学> 腎臓内科学 

医学部 腎臓内科学

研究者リスト >> 平野 恭子
 

最終確認日時:

編集

平野 恭子

 
アバター
研究者氏名平野 恭子
 
ヒラノ キョウコ
所属藤田医科大学
部署医学部 腎内科学
職名助教
学位医学博士(藤田医科大学)
J-Global ID201501005952740308

論文

 
 
Midori Hasegawa   Junichi Ishii   Fumihiko Kitagawa   Hiroshi Takahashi   Kazuhiro Sugiyama   Masashi Tada   Kyoko Kanayama   Kazuo Takahashi   Hiroki Hayashi   Shigehisa Koide   Shigeru Nakai   Yukio Ozaki   Yukio Yuzawa   
BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL   2016 87614752016年   [査読有り]
Background. Our aim was to assess plasma neutrophil gelatinase-associated lipocalin (NGAL) as a predictor of cardiovascular (CV) events in patients with chronic kidney disease (CKD) and no history of CV events. Methods. This was a prospective obse...
 
Kitaguchi N   Hasegawa M   Ito S   Kawaguchi K   Hiki Y   Nakai S   Suzuki N   Shimano Y   Ishida O   Kushimoto H   Kato M   Koide S   Kanayama K   Kato T   Ito K   Takahashi H   Mutoh T   Sugiyama S   Yuzawa Y   
Journal of neural transmission (Vienna, Austria : 1996)   122(11) 1593-16072015年11月   [査読有り]

MISC

 
 
多田 将士   伊藤 辰将   金山 恭子   杉山 和寛   小出 滋久   長谷川 みどり   湯澤 由紀夫   
腎と透析   79(別冊 腹膜透析2015) 261-2622015年10月   
高齢かつ低心機能患者に腹膜透析(PD)を導入し、生活の質(QOL)のみならず心機能が改善した87歳男性の症例を報告した。10年前より腎硬化症による慢性腎不全にて加療中、心エコーでの所見で高度の低心機能を認めていたが、腎機能が不良のため心カテーテル検査による心精査を施行できなかった。うっ血性心不全を発症し入退院を繰り返していた。腎機能は緩徐に増悪したため、PDカテーテルを挿入し、体液量コントロールを目的にPD導入とした。導入後1年の時点で、心機能、SF-36v2によるQOL評価ともに改善を認...
 
水口 隆   北條 千春   金山 恭子   高石 幸   岡田 和美   中條 恵子   藤原 佐和子   吉川 悦子   三宅 直美   川島 周   
日本透析医学会雑誌   47(3) 191-1972014年3月   
高容量(遺伝子組換型エリスロポエチン換算で9,000IU/週以上)のerythropoiesis-stimulating agent(ESA)が必要な血液透析患者13例にレボカルニチン塩化物補充療法(エルカルチン600mg/日、12週間)を行い、貧血やESA必要量に対する効果を観察した。レボカルニチン投与前の血清総カルニチン(TC)および遊離カルニチン(FC)濃度は全例、異常低値であった。レボカルニチン投与4週後にはTCおよびFC値は正常域まで上昇し、12週後まで上昇していった。中止後は徐...
 
金山 恭子   大橋 篤   長谷川 みどり   湯澤 由紀夫   
日本アフェレシス学会雑誌   33(1) 31-362014年2月   
 
岡田 和美   水口 隆   山田 真由美   中條 恵子   大橋 照代   金山 恭子   水口 潤   川島 周   
腎と透析   75(5) 759-7632013年11月   
通院中の血液透析患者でダルベポエチンα(DA)を週1回投与されている32例を対象とし、静注用鉄剤の投与方法別に、DAと同日に投与する群(9例)、DA投与の次の透析日に投与する群(11例)、DA投与の前の透析日に投与する群(12例)に無作為に分け、「赤血球造血」「鉄代謝」「酸化ストレス」に関わる諸指標の推移を群間比較した。結果、いずれの指標にも有意な群間差は認められなかった。このことから、DA週1回投与下にある透析患者において静注用鉄剤の投与日の違いは赤血球造血や酸化ストレスに影響を及ぼさず...
 
Midori Hasegawa   Junichi Ishii   Fumihiko Kitagawa   Kyoko Kanayama   Hiroshi Takahashi   Yukio Ozaki   Yukio Yuzawa   
HEART AND VESSELS   28(4) 473-4792013年7月   
Serum troponin T levels using a highly sensitive assay (hsTnT) in patients with chronic kidney disease (CKD) not on dialysis have not been examined. The aim of this prospective cohort study was to investigate the association of hsTnT with cardiac ...

講演・口頭発表等

 
 
赤血球造血刺激因子製剤(ESA)低反応性の血液透析患者の貧血に対するレボカルニチン塩化物(エルカルチンR)の有効性の検討
金山 恭子   北條 千春   岡田 和美   中條 恵子   高石 幸   末包 博人   川島 周   水口 隆   
日本透析医学会雑誌   2012年5月   
 
長時間透析は「鉄の囲い込み」を改善する
村上 和隆   小林 由典   小島 昌泰   新居 春菜   荒瀬 友紀子   金山 恭子   多田 将士   山本 義浩   杉山 和寛   山本 幸一郎   高橋 和男   林 宏樹   小出 滋久   富田 亮   長谷川 みどり   湯澤 由紀夫   
第57回日本透析医学会学術集会・総会   2012年5月   
 
腹膜透析におけるFGF23と各パラメータとの関係
小林 由典   学病院   腎内科   村上 和隆   小島 昌泰   新居 春菜   荒瀬 友紀子   金山 恭子   多田 将士   山本 義浩   杉山 和寛   山本 幸一郎   高橋 和男   林 宏樹   小出 滋久   富田 亮   長谷川 みどり   大橋 篤   湯澤 由紀夫   
第57回日本透析医学会学術集会・総会   2012年5月   
 
慢性腎臓病患者におけるFree-Light Chainの臨床的意義
金山 恭子   長谷川 みどり   近藤 文子   北川 文彦   石川 潤一   新井 次郎   湯澤 由紀夫   
第55回日本腎臓学会学術総会   2012年4月   
 
Glucocorticoid治療開始前後の腎組織を評価し得たIgG4関連疾患5例の検討
新居 春菜   林 宏樹   金山 恭子   山本 幸一郎   小出 滋久   長谷川 みどり   湯澤 由紀夫   
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   2012年3月