メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>内科
 

医学部 内科

研究者リスト >> 中野 達徳
 

最終確認日時:2020/09/02 19:09

編集

中野 達徳

 
アバター
研究者氏名中野 達徳
 
ナカノ タツノリ
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 内科
職名准教授
学位博士(医学)
J-Global ID201501001377709775

研究分野

 
  • ライフサイエンス / ウイルス学 / 

学歴

 
1982年4月
 - 
1988年3月
名古屋市立大学 医学部 
 

論文

 
 
Hiroshi Okano   Tatsunori Nakano   Ryugo Ito   Ami Tanaka   Yuji Hoshi   Keiji Matsubayashi   Hiroki Asakawa   Kenji Nose   Satomi Tsuruga   Tomomasa Tochio   Hiroaki Kumazawa   Yoshiaki Isono   Hiroki Tanaka   Shimpei Matsusaki   Tomohiro Sase   Tomonori Saito   Katsumi Mukai   Akira Nishimura   Keiki Kawakami   Shigeo Nagashima   Masaharu Takahashi   Hiroaki Okamoto   
Clinical Journal of Gastroenterology   13(2) 252-259   2020年4月   [査読有り]
 
Nakano T   Okano H   Takahashi M   Nagashima S   Shiraki K   Oya Y   Inoue H   Ohmori S   Tsukimoto M   Ishida S   Fujimoto S   Kobayashi M   Yamawaki M   Kumagai M   Ninomiya J   Maegawa T   Kojima Y   Araki J   Hamaoka S   Horiike S   Yoshimura H   Takeuchi K   Itoh K   Akachi S   Uraki S   Yamamoto N   Ogura S   Sugimoto K   Yoshikawa K   Hasegawa H   Iwasa M   Takei Y   Okamoto H   
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   49(9) 1003-1014   2019年4月   [査読有り]
 
Tatsunori Nakano   Masaharu Takahashi   Kazuaki Takahashi   Shigeo Nagashima   Yusuke Suzuki   Yoichi Nishigaki   Eiichi Tomita   Hiroshi Okano   Yumi Oya   Katsuya Shiraki   Kojiro Takase   Kazushi Sugimoto   Junichi Koyama   Hitoshi Mizuo   Kazuto Ikezawa   Tatsuya Aikawa   Masahiro Arai   Hiroaki Okamoto   
VIROLOGY   513 146-152   2018年1月   [査読有り]
Hepatitis E virus subtype 3f (HEV-3f) strains are usually isolated in Europe and Thailand. Recently, HEV-3f strains were detected from six acute hepatitis E patients in Japan, none of whom had a history of travel to endemic areas. We inferred the ...
 
Tsutomu Nishizawa   Putu Prathiwi Primadharsini   Masashi Namikawa   Yuichi Yamazaki   Satoko Uraki   Hiroshi Okano   Shinichiro Horiike   Tatsunori Nakano   Shintaro Takaki   Manri Kawakami   Shigeo Nagashima   Masaharu Takahashi   Hiroaki Okamoto   
INFECTION GENETICS AND EVOLUTION   55 343-349   2017年11月   [査読有り]
Hepatitis E virus (HEV) causes acute or chronic hepatitis in humans worldwide and can be transmitted via the fecal-oral route. Four HEV strains (HE-JA14-2173, HE-JA15-1335, HE-JA15-1920 and HE-JA16-0610) obtained from patients with imported (from ...
 
Tatsunori Nakano   Kazuaki Takahashi   Masaharu Takahashi   Yoichi Nishigaki   Naoki Watanabe   Satoshi Ishida   Shino Fujimoto   Hideaki Kato   Hiroshi Okano   Yoshiyuki Takei   Minoru Ayada   Eiichi Tomita   Masahiro Arai   Hiroaki Okamoto   Shunji Mishiro   
LIVER INTERNATIONAL   36(1) 31-41   2016年1月   [査読有り]
Background & Aims: Hepatitis E virus (HEV) genotype 4 has mainly been isolated from sporadic hepatitis cases and swine in Asian countries. We analysed the origin and global dispersal history of genotype 4 using a Bayesian phylogeographical approac...

MISC

 
 
中村 仁彦   楠元 寿典   落合 俊雅   川越 富夫   田井 博   松岡 均   中野 達徳   永田 賢治   下田 和哉   岡本 宏明   
日本消化器病学会雑誌   112(8) 1533-1541   2015年8月   [査読有り]
宮崎県内で同時期に2例のE型急性肝炎症例を経験した。2例に交友関係、共通の生活歴はなかった。両症例のE型肝炎ウイルス(HEV)株は、遺伝子配列の解析から近縁ではあるが同一株ではなく、感染源は異なると考えられた。2例のHEV株はともに12年前に同県内の飼育ブタから検出された遺伝子型3型株の子孫と考えられ、このウイルスが宮崎県内で存続していることが証明された。1例は急性末梢性顔面神経麻痺を合併した。(著者抄録)
 
岡野 宏   赤地 重宏   中野 達徳   岡本 宏明   
肝臓   55(9) 553-555   2014年10月   [査読有り]
2007年の三重県北中部地域16農場からの廃棄豚レバー計85個に由来するRNAをORF2領域の457塩基長を増幅しうるRT-PCR法に供し、既報のE型肝炎ウイルス(HEV)株と比較した。HEV RNAは2検体(swJ-Mie07-37L、swJ-Mie07-80L)が検出され、分子系統解析の結果、それぞれ3e/3sp株、3b/3jp株に属することが判明した。swJ-Mie07-80Lは、三重県内の急性E型肝炎例を含め、既報株との一致率は93.2%以下であった。一方、swJ-Mie07-37...
 
岡野 宏   中野 達徳   岡本 宏明   
肝臓   55(6) 325-334   2014年   [査読有り]
薬物性肝障害診断時の項目にE型肝炎の除外は含まれていないが、IgA-HE抗体測定系保険収載後の2012年よりE型肝炎届出数は増加している現状がある。2003年〜2012年の期間に当院で経験したE型肝炎13例で、薬物性肝障害診断時のE型肝炎除外の必要性について検討した。E型肝炎12例の感染源は不明であった。E型肝炎マーカー未測定時、8例が薬物性肝障害と誤診され、薬物性肝障害例の11.6%を占めた。E型肝炎例はスコアリングシステムを使用時全例が5点以上となり、点数分布を薬物性肝障害例と比較して...
 
藤本 信乃   石田 聡   中野 達徳   北川 良子   樋口 国博   泉 道博   中川 直樹   相川 竜一   足立 幸彦   高橋 雅春   竹井 謙之   岡本 宏明   
肝臓   55(7) 405-408   2014年   [査読有り]
69歳男。主訴は全身倦怠感であった。眼球結膜の黄疸と肝逸脱酵素・ビリルビン上昇を認め、IgA-E型肝炎ウイルス(HEV)抗体、IgM-HEV抗体、IgG-HEV抗体、HEV RNA陽性から急性E型肝炎と診断した。補液とグリチルリチン製剤にて第29病日に軽快退院した。患者の凍結保存血清からHEVのORF2領域の412塩基長の塩基配列を決定し、既報株の塩基配列とともに分子進化系統樹を作成した結果、4型愛知静岡株と100%のbootstrap値でクラスターを形成し、このクラスターに属する株との塩...
 
渡部 直樹   西垣 洋一   冨田 栄一   高橋 和明   中野 達徳   鈴木 祐介   林 秀樹   渡邊 諭   加藤 則廣   内木 隆文   新井 雅裕   三代 俊治   
肝臓   55(11) 713-716   2014年   [査読有り]
岐阜市近郊に在住で各々前医から異なる時期に肝障害で紹介受診した急性E型肝炎6例(男性5例、女性1例、年齢51〜71歳)について検討した。全例が異なる主訴で前医を受診し採血で肝障害を指摘された。当院初診時にIgA-HE抗体陽性で急性E型肝炎と診断し、後のHEV-RNA検査で確定診断した。1例は顕性黄疸を認め、PTが40%の重症例であったが、他の5例は黄疸を認めず、輸液等で回復した。問診で豚レバー・心臓を生で喫食1例、調理豚肉喫食3例、豚しゃぶしゃぶ喫食1例が判明したが、1例で感染の危険因子は...

書籍等出版物

 
 
日本臨床社      2011年      
 
工藤正俊, 泉並木
診断と治療社      2010年      

講演・口頭発表等

 
 
薬物性肝障害診断基準にIgA-HEV抗体測定の追加は必要である
岡野宏、中野達徳、岡本宏明   
第56回肝臓学会総会   2020年   
 
互いに関連がないと思われたがHEV遺伝子解析により感染源が同一と推測された中部地方発生E型肝炎の3ペアー6症例
中野 達徳   岡野 宏   西垣 洋一   鈴木 祐介   清水 省吾   杉原 潤一   山下 晃司   小林 真   高橋 和明   新井 雅裕   岡本 宏明   
肝臓   2018年9月   
 
肝炎ウイルスの新規感染や再活性化の現状とその対策 当院における14年間のE型肝炎症例の特徴の分析と今後の対策
岡野 宏   中野 達徳   岡本 宏明   
肝臓   2018年4月   
 
肝炎ウイルスの新規感染や再活性化の現状とその対策 当院における14年間のE型肝炎症例の特徴の分析と今後の対策
岡野 宏   中野 達徳   岡本 宏明   
肝臓   2018年4月   
 
遷延する肝障害にEpstein-Barr virusの再活性の関与が示唆されたStevens-Johnson症候群と薬剤性過敏症症候群と考えられた薬物性肝障害の1例
綾田 穣   森下 宗自   中野 達徳   石川 哲也   
肝臓   2016年10月   

所属学協会

 
 
   
 
アメリカ肝臓病学会
 
   
 
日本肝臓学会
 
   
 
日本消化器内視鏡学会
 
   
 
日本消化器病学会
 
   
 
日本内科学会