メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>内科
 

医学部 内科

研究者リスト >> 中野 達徳
 

最終確認日時:2020/09/02 19:09

編集

中野 達徳

 
アバター
研究者氏名中野 達徳
 
ナカノ タツノリ
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 内科
職名准教授
学位博士(医学)
J-Global ID201501001377709775

研究分野

 
  • ライフサイエンス / ウイルス学 / 

学歴

 
1982年4月
 - 
1988年3月
名古屋市立大学 医学部 
 

論文

 
 
Hiroshi Okano   Tatsunori Nakano   Ryugo Ito   Ami Tanaka   Yuji Hoshi   Keiji Matsubayashi   Hiroki Asakawa   Kenji Nose   Satomi Tsuruga   Tomomasa Tochio   Hiroaki Kumazawa   Yoshiaki Isono   Hiroki Tanaka   Shimpei Matsusaki   Tomohiro Sase   Tomonori Saito   Katsumi Mukai   Akira Nishimura   Keiki Kawakami   Shigeo Nagashima   Masaharu Takahashi   Hiroaki Okamoto   
Clinical Journal of Gastroenterology   13(2) 252-259   2020年4月   [査読有り]
 
Nakano T   Okano H   Takahashi M   Nagashima S   Shiraki K   Oya Y   Inoue H   Ohmori S   Tsukimoto M   Ishida S   Fujimoto S   Kobayashi M   Yamawaki M   Kumagai M   Ninomiya J   Maegawa T   Kojima Y   Araki J   Hamaoka S   Horiike S   Yoshimura H   Takeuchi K   Itoh K   Akachi S   Uraki S   Yamamoto N   Ogura S   Sugimoto K   Yoshikawa K   Hasegawa H   Iwasa M   Takei Y   Okamoto H   
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   49(9) 1003-1014   2019年4月   [査読有り]
 
Tatsunori Nakano   Masaharu Takahashi   Kazuaki Takahashi   Shigeo Nagashima   Yusuke Suzuki   Yoichi Nishigaki   Eiichi Tomita   Hiroshi Okano   Yumi Oya   Katsuya Shiraki   Kojiro Takase   Kazushi Sugimoto   Junichi Koyama   Hitoshi Mizuo   Kazuto Ikezawa   Tatsuya Aikawa   Masahiro Arai   Hiroaki Okamoto   
VIROLOGY   513 146-152   2018年1月   [査読有り]
Hepatitis E virus subtype 3f (HEV-3f) strains are usually isolated in Europe and Thailand. Recently, HEV-3f strains were detected from six acute hepatitis E patients in Japan, none of whom had a history of travel to endemic areas. We inferred the ...
 
Tsutomu Nishizawa   Putu Prathiwi Primadharsini   Masashi Namikawa   Yuichi Yamazaki   Satoko Uraki   Hiroshi Okano   Shinichiro Horiike   Tatsunori Nakano   Shintaro Takaki   Manri Kawakami   Shigeo Nagashima   Masaharu Takahashi   Hiroaki Okamoto   
INFECTION GENETICS AND EVOLUTION   55 343-349   2017年11月   [査読有り]
Hepatitis E virus (HEV) causes acute or chronic hepatitis in humans worldwide and can be transmitted via the fecal-oral route. Four HEV strains (HE-JA14-2173, HE-JA15-1335, HE-JA15-1920 and HE-JA16-0610) obtained from patients with imported (from ...
 
Tatsunori Nakano   Kazuaki Takahashi   Masaharu Takahashi   Yoichi Nishigaki   Naoki Watanabe   Satoshi Ishida   Shino Fujimoto   Hideaki Kato   Hiroshi Okano   Yoshiyuki Takei   Minoru Ayada   Eiichi Tomita   Masahiro Arai   Hiroaki Okamoto   Shunji Mishiro   
LIVER INTERNATIONAL   36(1) 31-41   2016年1月   [査読有り]
Background & Aims: Hepatitis E virus (HEV) genotype 4 has mainly been isolated from sporadic hepatitis cases and swine in Asian countries. We analysed the origin and global dispersal history of genotype 4 using a Bayesian phylogeographical approac...

MISC

 
 
岡野 宏   中野 達徳   松崎 晋平   佐瀬 友博   齋藤 知規   向 克巳   西村 晃   伊藤 圭一   白木 克哉   竹井 謙之   岡本 宏明   
肝臓   52(5) 295-302   2011年   [査読有り]
2003年10月から2010年11月までの約7年間に6例の散発性E型肝炎症例を経験した。いずれの症例も幸い重症化せず軽快したが、HEVの遺伝子解析が可能であった5例のうち4例から3型の中でも我が国では稀な、ヨーロッパで分離される株に近縁なHEVが検出された。個々の症例間の関連は認められず、明らかな感染原因は不明であったが、分離株4株の類似性が高く、遺伝子配列の一致率はORF2領域の412塩基長の配列において99.3〜99.5%であった。これら4例の発生時期は2004年から2010年に及んだ...
 
綾田 穣   堀田 直樹   中野 達徳   内村 正史   花井 恵美   伊藤 陽子   徳永 有姫   吉田 篤生   石川 哲也   増子 和郎   
在宅医療と内視鏡治療   14(1) 46-51   2010年9月   
症例は54歳の男性。経皮内視鏡的胃瘻造設術(percutaneous endoscopic gastrostomy:PEG)が施行された後、脳血管障害後遺症のため他院に入院中であった。X線検査で上部食道に鋭利な人工歯根を有する局部床義歯を認め、胃穹窿部に1本の鋭利な義歯を認めたため紹介となった。内視鏡的静脈瘤結紮術用オーバーチューブとネット鉗子を用いることにより、重篤な合併症を発症することなく、内視鏡的に異物除去を行うことが可能であった。この方法は合併症の予防に有用で、かつ、安全であると考...
 
松本 美富士   中野 達徳   寺澤 晃彦   井上 久   
日本脊椎関節炎学会誌   2(1) 109-114   2010年9月   
20歳以下の若年でほぼ同時期に発症したHLA-B27陽性の脊椎関節炎(SpA)の姉妹例を報告した。症例1(二人姉妹の姉)、症例2(症例1の妹)、母方伯母に強直性脊椎炎(AS)の既往があり、2例とも20歳以下で臀部痛などの脊椎関節炎症状が出現し、HLA-B27は陽性であった。SpAのAmor診断基準はそれぞれ11点、10点であったことからSpAと診断され、非ステロイド系抗炎症薬、サラゾスルファジン投与により臨床症状とCRPは正常化した。本症例は女系家族集積性の極めて高いSpAの姉妹例で、AS...
 
中野 達徳   高橋 和明   松本 美富士   三代 俊治   
肝臓   50(Suppl.2) A543-A543   2009年9月   
 
綾田 穣   堀田 直樹   中野 達徳   鮫島 庸一   吉田 篤生   花井 恵美   伊藤 陽子   徳永 有姫   石川 哲也   増子 和郎   
在宅医療と内視鏡治療   13(1) 19-24   2009年9月   
BSCガストロストミーシステム:BSC gastrostomy system(以下BSCGSと略す)は、ガイドワイヤーを用いずに胃瘻造設後のカテーテル交換を行うことができるバンパータイプ・ボタン型カテーテルキットである。今回BSCGSに改良が加えられたため、交換に要する時間や、バイタルサインの変化について、ガイドワイヤーを用いる同タイプのキットとの比較検討を行った。BSCGSでは、有意に交換時間が短縮され(p<0.01)、バイタルサインの変化に有意差は認めず、有用かつ安全と考えられた...

書籍等出版物

 
 
日本臨床社      2011年      
 
工藤正俊, 泉並木
診断と治療社      2010年      

講演・口頭発表等

 
 
薬物性肝障害診断基準にIgA-HEV抗体測定の追加は必要である
岡野宏、中野達徳、岡本宏明   
第56回肝臓学会総会   2020年   
 
互いに関連がないと思われたがHEV遺伝子解析により感染源が同一と推測された中部地方発生E型肝炎の3ペアー6症例
中野 達徳   岡野 宏   西垣 洋一   鈴木 祐介   清水 省吾   杉原 潤一   山下 晃司   小林 真   高橋 和明   新井 雅裕   岡本 宏明   
肝臓   2018年9月   
 
肝炎ウイルスの新規感染や再活性化の現状とその対策 当院における14年間のE型肝炎症例の特徴の分析と今後の対策
岡野 宏   中野 達徳   岡本 宏明   
肝臓   2018年4月   
 
肝炎ウイルスの新規感染や再活性化の現状とその対策 当院における14年間のE型肝炎症例の特徴の分析と今後の対策
岡野 宏   中野 達徳   岡本 宏明   
肝臓   2018年4月   
 
遷延する肝障害にEpstein-Barr virusの再活性の関与が示唆されたStevens-Johnson症候群と薬剤性過敏症症候群と考えられた薬物性肝障害の1例
綾田 穣   森下 宗自   中野 達徳   石川 哲也   
肝臓   2016年10月   

所属学協会

 
 
   
 
アメリカ肝臓病学会
 
   
 
日本肝臓学会
 
   
 
日本消化器内視鏡学会
 
   
 
日本消化器病学会
 
   
 
日本内科学会