メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>内科
 

医学部 内科

研究者リスト >> 中野 達徳
 

最終確認日時:2020/09/02 19:09

編集

中野 達徳

 
アバター
研究者氏名中野 達徳
 
ナカノ タツノリ
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 内科
職名准教授
学位博士(医学)
J-Global ID201501001377709775

研究分野

 
  • ライフサイエンス / ウイルス学 / 

学歴

 
1982年4月
 - 
1988年3月
名古屋市立大学 医学部 
 

論文

 
 
Bialek, SR   WA Bower   K Mottram   D Purchase   T Nakano   O Nainan   IT Williams   BP Bell   
JOURNAL OF URBAN HEALTH-BULLETIN OF THE NEW YORK ACADEMY OF MEDICINE   82(3) 468-478   2005年9月   [査読有り]
During January-April, 2 000, 12 cases of acute hepatitis B were reported in Pierce County, Washington, compared with seven in all of 1999. Seven (58.3%) case patients were injection drug users (IDUs), three of whom were coinfected with hepatitis D...
 
SM Kamal   AA El Tawil   T Nakano   Q He   J Rasenack   SA Hakam   WA Saleh   A Ismail   AA Aziz   MA Madwar   
GUT   54(6) 858-866   2005年6月   [査読有り]
Background: The response rates and duration of peginterferon alpha ( PEG- IFN- a) and ribavirin combination therapy in chronic hepatitis C genotype 4, the prevalent genotype in the Middle East and Africa, are poorly documented.
Aims: To compare th...
 
L Lu   T Nakano   GA Smallwood   TG Heffron   BH Robertson   CH Hagedorn   
JOURNAL OF VIROLOGICAL METHODS   126(1-2) 139-148   2005年6月   [査読有り]
The goal of this study was to adapt a long RT-PCR technique to amplify large PCR fragments from the genome of hepatitis C virus (HCV) isolates using clinical samples. This was done by using a reverse transcriptase devoid of RNase H activity and a ...
 
L Lu   T Nakano   YS He   YS Fu   CH Hagedorn   BH Robertson   
JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY   75(4) 538-549   2005年4月   [査読有り]
To determine hepatitis C virus (HCV) genotype distribution in China, a total of 148 HCV RNA positive serum samples were collected from nine geographic areas and subjected to RT-PCR followed by direct DNA sequencing and phylogenetic analysis of the...
 
SM Kamal   A Amin   M Madwar   CS Graham   Q He   A Al Tawi   J Rasenack   T Nakano   B Robertson   A Ismail   MJ Koziel   
JOURNAL OF VIROLOGY   78(22) 12252-12258   2004年11月   [査読有り]
Acute hepatitis C virus (HCV) is typically defined as new viremia and antibody seroconversion. Rates and immunologic correlates of hepatitis C clearance have therefore been based on clearance of viremia only in individuals who initially had an ant...

MISC

 
 
中川 直樹   中野 達徳   阪口 亮平   福井 淑崇   樋口 国博   中島 滋人   高司 智史   三好 美穂   長嶋 茂雄   高橋 雅春   渡邉 省三   竹井 謙之   岡本 宏明   
肝臓   61(5) 270-272   2020年5月   
 
岡野 宏   中野 達徳   岡本 宏明   
肝臓   61(Suppl.1) A360-A360   2020年4月   
 
中野 達徳   岡野 宏   西垣 洋一   鈴木 祐介   冨田 栄一   小林 真   山脇 真   清水 省吾   山下 晃司   杉原 潤一   高橋 和明   新井 雅裕   高橋 雅春   長嶋 茂雄   岡本 宏明   
肝臓   59(12) 700-703   2018年12月   
著者らは三重県と岐阜県を中心にE型肝炎の発生状況を調査し、患者の喫食歴などを問診するとともに、原因となったHEVの遺伝子配列を決定し、症例相互の原因HEV株の関係や、データベースから探究した近縁株との関係を調べることで、感染源・感染経路の解明に努めている。今回、問診では互いに接点がないと思われたが、発症時期と遺伝子解析結果から感染源が同一と推測された3組6症例が存在したので、各症例の概要を報告した。6例とも同一経済圏内の発生であり、感染にはブタ肉などの食品の流通や人の往来が関与していると考...
 
清水 省吾   山下 晃司   杉原 潤一   中野 達徳   高橋 雅春   長嶋 茂雄   岡本 宏明   
肝臓   59(9) 497-500   2018年9月   
症例は73歳男性で、進行胃癌+肝転移に対する化学療法にて薬剤性間質性肺炎を発症し、プレドニゾロンを12日間投与され軽快傾向で退院した。定期受診にて急性肝障害が指摘され緊急入院となり、グリチルリチン製剤投与にて経過観察中IgAクラスE型肝炎ウイルス陽性が判明し急性E型肝炎と診断した。血小板減少を伴ったが、入院13日目には肝障害が改善したため退院し、血小板数も正常に復した。退院後52日目に再入院して胃癌に対しニボルマブを投与したところ血小板が0.2×10^4/μlまで減少し、血小板輸血とデキサ...
 
綾田 穣   中野 達徳   石川 哲也   松家 健一   坂井 圭介   小野 幸矢   廣岡 正史   牛山 知己   大場 浩次   中村 昌樹   
在宅医療と内視鏡治療   21(1) 66-74   2017年9月   
バイタル変化や消化器症状、胃瘻部位のトラブルなどにより経腸栄養の中止が必要となることがある。今回、我々は、Stevens-Johnson症候群と考えられる症例において、反復する高熱や頻脈、振戦、および、遷延する低血圧の出現により、経腸栄養の再開時期を躊躇した。これらの症状は、Epstein-Barr virus(EBV)の再燃が関与したと考えられた。EBVのような日和見病原体によって発症する症状により、胃瘻からの経腸栄養の継続が困難となることがあり注意が必要である。(著者抄録)

書籍等出版物

 
 
日本臨床社      2011年      
 
工藤正俊, 泉並木
診断と治療社      2010年      

講演・口頭発表等

 
 
薬物性肝障害診断基準にIgA-HEV抗体測定の追加は必要である
岡野宏、中野達徳、岡本宏明   
第56回肝臓学会総会   2020年   
 
互いに関連がないと思われたがHEV遺伝子解析により感染源が同一と推測された中部地方発生E型肝炎の3ペアー6症例
中野 達徳   岡野 宏   西垣 洋一   鈴木 祐介   清水 省吾   杉原 潤一   山下 晃司   小林 真   高橋 和明   新井 雅裕   岡本 宏明   
肝臓   2018年9月   
 
肝炎ウイルスの新規感染や再活性化の現状とその対策 当院における14年間のE型肝炎症例の特徴の分析と今後の対策
岡野 宏   中野 達徳   岡本 宏明   
肝臓   2018年4月   
 
肝炎ウイルスの新規感染や再活性化の現状とその対策 当院における14年間のE型肝炎症例の特徴の分析と今後の対策
岡野 宏   中野 達徳   岡本 宏明   
肝臓   2018年4月   
 
遷延する肝障害にEpstein-Barr virusの再活性の関与が示唆されたStevens-Johnson症候群と薬剤性過敏症症候群と考えられた薬物性肝障害の1例
綾田 穣   森下 宗自   中野 達徳   石川 哲也   
肝臓   2016年10月   

所属学協会

 
 
   
 
アメリカ肝臓病学会
 
   
 
日本肝臓学会
 
   
 
日本消化器内視鏡学会
 
   
 
日本消化器病学会
 
   
 
日本内科学会