メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 外科系> 眼科学 

医学部 眼科学

研究者リスト >> 谷川 篤宏
 

最終確認日時:2021/10/04 12:00

編集

谷川 篤宏

 
アバター
研究者氏名谷川 篤宏
 
 
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 眼科学
職名准教授
学位博士(医学)
J-Global ID201501015013658440

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 眼科学 / 

論文

 
 
関戸 康祐   水口 忠   島田 佳明   櫻井 亮太   谷川 篤宏   堀口 正之   
眼科臨床紀要   13(11) 717-721   2020年11月
目的:新しく開発したアークスキャン式広画角超音波診断装置を用いて、健常眼の眼軸と赤道部径を計測して眼球の形状を検討した。対象および方法:対象は正常眼41眼。B-mode画像より、眼軸長axial length(AL)、赤道部水平径horizontal diameter(HD)、赤道部垂直径vertical diameter(VD)を定量した。結果:全体でALとHD、VDは正の相関を認めた。長眼軸群と非長眼軸群に分けて検討すると長眼軸群でAL、VD、HDが有意に大きかった。赤道部径/眼軸長は...
 
小池 絵実果   谷川 篤宏   関戸 康祐   成相 由依   水口 忠   堀口 正之   
臨床眼科   74(8) 991-996   2020年8月
<文献概要>目的:網膜剥離を合併した朝顔症候群の治療法は確立していない。筆者らは,片眼性または両眼性の本症3例4眼の病状と治療経過,転帰について今後の治療法選択の一助となるよう報告する。症例:症例1は14歳の女児(片眼性),症例2は43歳の女性(片眼性),症例3は20歳の男性(両眼性)で,症例3の左眼は前医で治療された後に眼球癆となった。所見:症例1の矯正視力は,右1.0,左0.01で,左眼に朝顔症候群と黄斑を含まない乳頭周囲に限局した網膜剥離を認めた。網膜裂孔は同定されなかったため,経過...
 
Hirano K   Tanikawa A   
Case Rep Ophthalmol   11(2) 430-435   2020年8月
 
木全 正嗣   水口 忠   三宅 悠三   野村 僚子   山本 直樹   谷川 篤宏   堀口 正之   
臨床眼科   74(6) 721-728   2020年6月
<文献概要>目的:網膜と水晶体前嚢の異常を示し,水晶体再建術により良好な視力を得たアルポート症候群の症例の報告。症例:27歳男性。両眼の視力低下で当院紹介となった。既往歴にアルポート症候群で腎移植歴があった。所見:矯正視力は右0.3,左0.5で,両眼に前部円錐水晶体があり,両眼黄斑耳側に白色斑の散在を認め,光干渉断層計では同部位の網膜内層菲薄化を認めた。黄斑微小視野計では同部位に感度低下を認めず,多局所網膜電図でも同部位に一致した振幅の減弱はなかった。当院にて両眼の水晶体再建術を施行した。...
 
Hidenori Tanaka   Atsuhiro Tanikawa   Yoshiaki Shimada   Yuzo Miyake   Tadashi Mizuguchi   Masayuki Horiguchi   
Japanese journal of ophthalmology   64(2) 210-215   2020年3月
PURPOSE: We present a novel technique for measuring volume of space replaced by air during fluid-air exchange in vitrectomy (vitrectomized space) for intravitreal gas injection. To confirm the feasibility of this technique, we assessed postoperati...

MISC

 
 
山本直樹   平松範子   平松範子   大熊真人   磯谷澄都   谷川篤宏   今泉和良   宮地栄一   堀口正之   
日本臨床分子形態学会総会・学術集会講演プログラム・要旨集   50th 101   2018年8月   
 
山本直樹   大熊真人   平松範子   磯谷澄都   今泉和良   谷川篤宏   宮地栄一   堀口正之   
日本臨床分子形態学会総会・学術集会講演プログラム・要旨集   49th 95   2017年8月   
 
山本 直樹   大熊 真人   平松 範子   磯谷 澄都   今泉 和良   谷川 篤宏   宮地 栄一   堀口 正之   
組織培養研究   36(3) 111-111   2017年5月   
 
山本直樹   大熊真人   平松範子   磯谷澄都   今泉和良   谷川篤宏   宮地栄一   堀口正之   
日本臨床分子形態学会総会・学術集会講演プログラム・要旨集   48th 86   2016年8月   
 
Yoshiaki Shimada   Atsuhiro Tanikawa   Masayuki Horiguchi   
INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE   56(7)    2015年6月   

書籍等出版物

 
 
谷川篤宏, 堀口正之
大鹿哲郎・他編, 文光堂   2020年   
 
谷川篤宏
メディカ出版   2016年      
 
谷川篤宏
医学書院   2016年      

講演・口頭発表等

 
 
谷川篤宏   水口忠   島田佳明   堀口正之   
第74回日本臨床眼科学会; Web開催.   2020年11月5日   
 
中田大介   岡田浩   島田佳明   谷川篤宏   堀口正之   
第74回日本臨床眼科学会; Web開催.   2020年11月5日   
 
筧清香   水口忠   谷川篤宏   堀口正之   
第74回日本臨床眼科学会; Web開催.   2020年11月5日   
 
高御堂裕基   水口忠   櫻井亮太   谷川篤宏   杉本光生   堀口正之   
第59回日本網膜硝子体学会総会; 福岡/Web開催.   2020年11月27日   
 
谷川篤宏   島田佳明   堀口正之   
第68回日本臨床視覚電気生理学会; Web開催.   2020年9月19日